Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

渓流2018 3回目

前日のイベントの後、夜は仲間でBBQ。
早朝、仲間と別れ、帰宅途中に昨日のポイントへ寄り道。

水温が低いのか、反応はイマイチ。
昨日まずまずサイズのイワナが出た落ち込み下の対岸エグレに数投したものの反応は無い。
そこで、ミノーをアピールの強いものに変え、エグレの奥に入れてヒラヒラ。
するとヒット。

魚が暴れるのを感じながら、強い流れを横切らせて無事キャッチ。
まずまずサイズのイワナ。
もしやと思って測ってみると、一応尺ありました。
どうにかシーズン初の尺イワナということで、短時間だったけど満足して家路につきました。

渓流2018 2回目

今日は参加するイベントがあって、移動の途中で数年ぶりにこの水系に入ってみることにしました。
春先に仕事で移動中の休憩時に、たまたま川を見た時、すぐに魚影を見つけることができたあたり。
期待を胸にキャスト開始。
流心脇にキャストし、流心脇の岩を回る様に流れの緩くなってるところを引いてくると、第一投目でヒット。
小さいけど、今シーズンのファーストヒットは小型のイワナでした。
幸先が良いかな?(^^;

少し移動して落ち込み下の対岸にエグレがあるところで、エグレの奥にキャストしてヒラヒラさせたところでヒット。
流心を無難に通して寄せてみると、尺にはちょっと足りないもののまずまずサイズのイワナでした。
ちょっと痩せてるけど、まずは満足。

後は、イベント開始に間に合うように移動しながら、ところどころ寄ってみました。

途中の大淵は1チェイスのみ。
更に移動して、支流の出合でチビヤマメをヒット。
サイズはイマイチなものの、ヤマメも出てくれて一安心。

更に移動した曲流とぶっつけのポイントで1バラシしたところでタイムアップ。
実釣時間はそんなになかったけど、まずは今シーズン初の釣果で満足でした。

渓流2018 1回目

様子見がてら数か所回ってみたものの、まったく反応なし。
魚影も見えず、ノーチェイス。
途中、漁協さんが回ってきたけど、本日は釣り人は私だけだったらしい。(笑)

しかし、お気に入りの場所も実績のある場所も、埋まって浅くなっている。
ホームリバーは今年も苦戦しそうですね。

渓流 5回目

やなさんと、終盤戦の出撃に行ってきました。

夜明け前に現地に到着、準備をして入渓。
入渓直後に、最初に探った下流側の護岸沿いでヒット。
ちょっと重くなって生命反応があったものの感触はチビ。

ちびヤマメでした。
幸先良いスタートです。

しかし、やなさん情報では、いつもに比べてだいぶ水位が落ちているとのこと。
水が足りないせいか、水温が下がったせいか、産卵を意識して上流に上ったのか、反応はイマイチ。
実績ポイントも今日は反応なしで、たまにチビヤマメがかかる程度。
水深のあるポイントも落ち込み下もチェイスがない。
良さげなぽんとはあるものの反応が悪いので移動することにしました。

その後、数か所移動したものの、先行者の姿や気配も見えるし、釣れるのはチビばかり。

やっと、落ち込みがあってその下が水深のあるぶっつけになって、更にその下まで深瀬が続いているポイントでまずまずの感触のヒットがあったもののバラシ。
その他はちびヤマメばっかりだったので、別河川に移動。

次のポイントでは、最初の大きめの落ち込み下で、アップで泡下に入れたところでヒット。
これまでのちびヤマメとは違って、それなりの感触がある。
大物ではないけど、まずはまともサイズみたい。
寄せると、良い感じのヤマメ。

幸先良いスタート、期待できるかなと思ったけど、その後は反応がイマイチ。
渓相は良いんだけど、反応がイマイチなので諦めて退渓。

疲れたのでそこで終了にし、着替えてからカップラーメンタイムを楽しみ、それから帰ってきました。

大物を狙っての出撃なのに、水量はイマイチで反応もイマイチの一日。
それでも、久々やなさんとたっぷり話をしながらの釣行で、ボウズも免れたし、チビばかりだったけどヤマメもそこそこ釣れたし、最後に20cm台中盤だったけど綺麗なヤマメも釣れたし、楽しい釣行となりました。

渓流 4回目

5月以来の久々の釣り、にしやんと出撃してきました。

前日の雨の影響で本流はまだまだ落ち着いてないだろうということで、支流からスタート。
予想に反して、イワナばかりでヤマメが釣れない。

そこで、一気に上流に移動したのですが、私の感違いでポイントを間違えた。
上流は余計に厳しく、またもやイワナばかり。
それでも、数は出たので楽しめました。
だいぶ疲れたので、一旦昼休憩を取り、その後、本流へ。

しかし、天気予報とは違って、この日も時々雨が降る状態。

狙ってたポイントは反応がイマイチで、数匹のイワナが出た程度。

遡上魚を期待して一気に上流に上ってみたものの、そちらでもイワナで、雨が酷くなってきたので危険を感じて移動。
最後に雨の降ってなかった下流の別な支流に入ってみました。

そして、最後に出てくれたのが、泣き尺のヤマメ。
最後の最後にヤマメが出てくれて、それもまずまずサイズでラッキー。
あと1cmには泣いてしまったけど、引きも味わえたし、良い〆になりました。

いろいろ一緒に回ってくれたにしやん、ありがとうー。(^^;

渓流 3回目

4時前に目が覚めたので、雨の後ということも考慮して、久々出撃してみることにしました。

1年ぶりに年券を買ったホームリバーへ。
まずは、かつての定番ポイントへ。

しかし、渓相がすっかり変わっていて、何回も良い思いをした下流側はすっかり浅くなっている。
反応なし。(泣)
上流側に移ったものの、一回もしかしてアタリ?それとも底をこすった?って感触があっただけで、あとはチェイスはない。
魚影が薄い感じ。
それでも、ミノーを変えて、もう一度戻りながら探っていて、中間地点あたりでやっと&どうにかヒット。
良い感じの感触を味わいながら寄せると、20cm台中盤だけど、ヒレピンの綺麗なヤマメ。
綺麗なパーマークを見れたし、感触も味わえて気持ち良かった。(^^;
ミノーのサイズを上げて潜るやつにしたのが正解だったのかも。
やっぱりレンジの違いが大きかったのかな。

その後は反応がないのですぐに移動。
偵察も兼て、その後は数か所回ったものの、すっかり渓相というか地形が変わっていて深みもないし、魚が隠れるところが無くて、魚影も見えない。
かつて良い思いをしたポイントも、しばらくは期待が持てそうにない。

用事があるので9時頃には帰路につきたかったので、最後にと思って入ったポイント。
ここは岩の間にヨレもあるし浅くはないしもしかして...?
下流側の落ち込み下は反応なかったけど、せっかく来たんだからと思ってその上も探ってみたらヒット。

かつての水深は無さそうだけど、対岸のボサの生えた岸は残っていて、川の中に大岩もあって、その間にやや深そうなところもある。
ややアップ気味のクロスで対岸に落として、引いてきたところでヒット。
ヤマメだ。
サイズは大きくはないものの、流れのきつめのここで出てくれるのはうれしい。
更に、その後も数匹のヤマメをヒット。
しかし、このまま釣り上がってくと時間が足りなそう。
ということで、タイムアップで諦めて、帰路に就くこととしました。

今日は、思いもかけず、ヤマメが遊んでくれて、楽しい朝を過ごせました。
久々のホームリバーもいろんなポイントを見て回って、今後の参考データが取れた感じ。
雨上がりの日曜ということで釣り人も多かったけど、かつてほどポイントがないのがつらいところ。
それでも、ある程度ポイントを絞れる情報も得ることができて、短時間だったけど行った甲斐のある朝を過ごすことができました。(^^;

渓流 2回目

GWということで道路は滅茶混みだったけど、せっかくの連休中なので、近場に昼からちょいと竿出してきました。

時間も時間だし、あまり期待しないで...と言いつつも、期待が持てそうなポイントへ。
しかし、現地に着いてみると、すっかり渓相が変わって、落ち込みも深みも無くなってる。
こりゃダメか?

それでも流れの筋の脇に緩流帯があるぶっつけを狙ってダウンで流してみるとヒット。
流れの抵抗もあるだろうけど、けっこうな抵抗があるので、サイズはまずまずか?
しかし、下り辛い場所だったし、抵抗もあるからアワセはどの程度入れれば良いのだろう?
そのまましばらく引いてきたところでバレ。
残念。

更にもう一尾バラしたところで、そういえば去年のままフック交換してない。(笑)
ということでフック交換したものの、さすがにもう出てきてくれなかった。

少し移動して、流れの筋の奥の緩流帯に投げ込み、ダウンクロス気味に流れを横切って手前の緩流帯に入るあたりで、追ってきた魚影がヒット。
どうにかイワナ君が釣れてくれました。
その後、数か所叩いたものの、別の川で一回チェイスがあったのみで反応が薄いので終了。
ま、今日は各川やポイントの状況の偵察目的だったし、坊主を免れたから良かったのでしょう。
これで、次回はあの辺を狙おうかという雰囲気もわかった感じだし、行った甲斐があったかな。
天気も良く、景色もきれいで、気持ちの良い午後が過ごせました。(^^;

渓流シーズン初釣行

今年の初釣行。
やなさんとご一緒。

開始そうそう、良型をバラシ。
対岸ギリギリにキャストした後、立ち位置が気になってちょっと動いてからミノーを引き出そうとしたら根がかり?と思った瞬間にグリント動いて、アワせるまもなく反転する魚体がギラリ。
直後にフッと軽くなってフックアウト。
釣れると思ってなくて油断してました。
無念。
その後、瀬でちびヤマメがヒットしたのみ。
一応、ルアーから逃げる?大きな魚体も見たし、やなさんも良型をかけたけど、怪しいラインを使ってたせいかラインブレイク。

二人とも油断しすぎましたね。(笑)
でも、久々の釣行は楽しめました。(^^;

ワカサギ その2 菜魚湖

今週は解禁直後の菜魚湖へ。
ほとんど初体験という同僚のOさんとご一緒です。
しかし、解禁日とは違うのか、ラッシュがなく、ポツポツと底で拾い釣り状態。
昼が近づくにつれアタリは遠のき、たまに数匹の群れが一瞬通る間だけ1〜2匹釣れる状態。
浮いた群れは一回も入ってこなかった。
例年とは違い、デカサギばかり。
中型もほとんどいなく、小型は皆無。

菜魚湖にしては物足りない釣りとなってしまったけど、初釣行のOさんも楽めたみたいだったんで、まずは良かったかな。

ワカサギ その1 岩洞湖

今年の岩洞は、1/26(木)に氷上解禁。
昔に比べるとだいぶ遅くなったけど、去年みたいに2月に入らなくて一安心。
ということで、最初の週末に出撃。
しかし、午前中は風が強く、状況はイマイチ。
それでも、午前中は入れ食いはなくともポツポツ釣れ続け、さすがに午後はアタリが遠のいたけど、まずは初釣行を楽しむことができました。
水深の深めのところだったので、手返しが悪かったけど、次回への練習になったかな。(^^;
1/55 >>