Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

ルアーリターン

先日壊れてしまったルアーリターン。
9段のパイプが伸縮するようになっているけど、途中から抜けてしまってる。
で、家に帰ってから良く見てみた。

フムフム、各パイプの後ろに小さな穴が開いていて、そこにポッチのついた銅板かなにかでできた薄板がはまっている。
で、ポッチの先が内側のパイプに引っかかることで、パイプが後ろに抜け落ちなくなる構造みたい。

勢い良く引っ張ったことで、パイプの穴から銅版のポッチが抜けてしまい、しまう時にパイプの後ろで押されて、抜けた状態で引っかかり、パイプがきちんとしまわれなくなり、同時に内側のパイプが想定以上に奥まで入るようになってしまったみたい。(ここまでが今までの故障の原因)
更に、そのことで、銅版がつぶれ、完璧に外れ、パイプが抜け落ちてしまったみたい。(これが今回の破損の原因)
これはシロートじゃ直せないね。

注意書きなどを見ると、横方向に力をかけないでとも書いてある。
パイプが変形することで、更に故障が発生しやすくなるということなんだろうねー。

こうなると、構造的なもんだから、どうにもならないし、買いなおしても、弱点を抱えながら使っていくしかない。

たぶん、もともとが、バスなどの止水域を想定してるんだろうなー。
川の中じゃ、水流の圧力で、かなり曲がるように変形するもんなー。
あれじゃ、横方向の力はかなりのものになる。

こうなると気になるのが、アユ用の囮はずし?
あれだと、川で使うことを想定しているはずだから、けっこう強いんではないだろうか?
ルアーリターンの先端だけ付け替えできないものか?

2.5mとかなり長くなるし、引くだけでなく押すこともできるし、良い感じだったんだけど、流れに弱いのと壊れやすいってのは想定外だった。
でも、ルアーリターンがあるのとないのじゃ、ルアー回収率はかなり変わってくるし、買い換えて、今度は気をつけながら使うしかないかな。
事故対策としては、伸ばす時に、ゆっくりと伸ばし、少し戻すようにして、各パーツの伸びに余裕を残しておく?
元は取ってるとはいえ、まだまだ使えると思ってたのに、想定外の破損でしたねー。
外れたところから先が1.2mくらい残ってるから、2.5mは伸びないけど、当面はそれで対応するしかないか。
細い部分だから、流れに負けてけっこう厳しそうだけど、今シーズンはこれで乗り切って、あとは来シーズンへの宿題ということになりそうです。(笑)
  • -
  • -