Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

友釣り体験+α

今日は、釣り仲間と縁の深い日というか、一日で二回も渋い釣りを体験できたというか、思いがけない経験のできた日でした。

その1 早朝編

昨日は出られないでしまったので、今日こそ出たいところ。
天気は晴れという予報だけど、早朝なら問題ないでしょう。
と思ってたのに、出発が遅れ、タイムリミットまではあまり余裕がない。
ということで、近場のポイントへ...

この辺は鮎ポイントなんだけど、駐車スペースに車がないところがあったので、そこへ入ることにしました。

まずは、下流の瀬を探る。
しかし、反応無し。
次に移動しつつ流れの筋を狙いつつ、サイドクロス・アップクロス・ダウンクロスとキャストを繰り返したものの反応がないので、渡河のついでにダウンでも探ってみたけど、やっぱり不発。
諦めて上の落ち込みへ向かい、落ち込み下を探ったけど、こちらも不発。
その上の実績ポイントのあたりを探りたかったけど、そちらには鮎師が入っていたので諦め、川から上がって次のポイントへ移動...のつもりが...

車に戻ると、隣に車が停まっていて、車の前で鮎師が準備をしていた。
一声懸けて、様子を聞こうと思ったら...ん?...なんか見たことあるような?
おー、だしこんぶさんだ。(笑)
ということで、移動のつもりだったのが、そのままだしこんぶさんと再入渓。

友釣りの準備を興味深々で眺めていると「ちょっとやってみない?」とのこと。
まずは遠慮して、そのままだしこんぶさんの友釣りを見学。

しばらくして、再度薦められたところで、私も人生初友釣りに挑戦。(笑)
まずは竿の持ち方と、流れの中での操作法を二種類ほど教えてもらい、訳も判らないまま即実践。
流れの筋のところで、竿を寝かせたまま、ゆーっくりと上流側へ誘導。
一回鮎が浮いてしまったので仕切りなおした後、またゆっくりと...
しばらくして、今度は竿を立て気味に、糸を緩ませる感じ?で下流へ誘導?
再び上流へと引き始めると、しばらくしたところで感触が変わった。
もしかして釣れた?
それとも葉っぱでもひっかかったか?
ということで、竿を立てて鮎を浮かせてみると、おー、かかってる。
人生初鮎(^^;(友釣りで)
そのまま寄せて、無事(だしこんぶさんが)ネットでキャッチ。(笑)

まだ小さいけど、このサイズでアレくらい重いんですねー。
これで大きくなって遊泳力が高まると、良い引きするんだろうなー。
口じゃなく背がかり?だから、余計引くだろうし。
長く柔らかい竿ということもあるし、かなり楽しめそう。

更にもう一回挑戦すると、今度もゆっくり引いてる途中に急に重さが変わり、再びヒットー。
今度は良くみる空中キャッチに挑戦。(受けるのはだしこんぶさんだけど...笑)
こちらは竿を立てて飛ばすだけだけど、それを受けるだしこんぶさんは大変だったでしょう。(笑)
寸前に水面をかすって危ないところだったけど、今度も無事キャッチ成功。

ということで、雰囲気だけは味わわせていただきました。
だしこんぶさんありがとう。(^^;
あの感触からすると、もう少したって鮎のサイズが上がってくると、良い引きを楽しめそう。
面白そうですねー。

その後は、だしこんぶさんの釣りを見学しているうちに、タイムリミットがきたので、そこで別れて帰路につきました。


---途中休憩---

その後の恒例の用事を済ませるべく車を走らせていると、つかボンさんからメールが...
晴れて暑くなりそうなこの時間から、つかさんも出撃とのこと。
そう聞くと、早朝ボウズ(本命は)ということもあって黙っていられない。(笑)
用事を済ませた後合流しますと返信をして、急いで用事を済ませるべく車のスピードを上げる。
そして...用事を済ませたところで、急いでポイントへ。


その2 日中編

連絡を取り合って、つかさんと無事合流。
この辺は久しく入ってなかったところだけど、水量も水色もなんか良さげな雰囲気ー。(^^;

そして、少し上って対岸沿いの岩下の流れが緩むあたりが水深があってボサもあるという絶好ポイントへ。
サイドクロスでキャストしてアクションを入れたところでヒット。
テンションを保ったまま、流れの中で早く引きすぎないように気をつけながら寄せると、まずまずサイズのイワナ。
ちょっと痩せてスレンダーな感じだったけど、念のためにネットを出して、無事キャッチ。
これで、やっとボウズは脱出。(笑)
細身だけど、尻尾は大きく立派。(^^;
一安心したけど、ポイントはまだまだいっぱい(あるはず)。
しかし、せっかくの好ポイントの連続のはずなのが、ここにきて急にもよおしてきたので、コース途中でリタイアしてトイレ休憩に向かいました。

その後、再びつかさんと合流。
つかさんは、待ってる間に別ポイントへ入ってたけど、そちらの反応はイマイチとのこと。
ということで次は、サイズは望めないけど、魚影は濃いはずの支流へ行ってみることにしました。

入渓して最初の落ち込みに反応がないので幾分の不安を抱えながら釣り上がり。
途中渓相が変わってたりとかもあったけど、いつもの落ち込みへ。
つかさんに攻めてもらうと、早速チェイス。
そして、つかさんがイワナをヒット。(^^;

てっきりヤマメだと思ってたら、ここもすでにイワナの時期なんですねー。
それにしても、つかさんのスピナーには反応があるのに、私のミノーには反応がなかなか出てこない。
数回のチェイスがあった程度。
そのまま上っていき、上の落ち込み下へ到達。
そこで後ろを振り返ると、途中の瀬で、つかさんが再びイワナをヒットしたところでした。(^^;

つかさんのタイムリミットが来ていたので、その落ち込みで終了ということで、最後の攻めを...
しかし、反応がない。
おかしいなー。
ここで反応ないってことは、先行者の影響だろうか?
しばらく攻めたものの反応はなかったので、後ろ髪を引かれる思いもしたけど、朝からの疲れもあって、つかさんと一緒に上がる事にしました。


---まとめ?---今日は偶然&久々だしこんぶさんと会って、話もできたし人生初友釣りも楽しめたし、つかさんともご一緒できたし、会話をしながらの釣りが楽しめました。
釣果の方はイマイチだったけど、まずは楽しい釣行ができたかな。(^^;

Comments

JAMES
うーん、私ならかたくなに拒否しちゃいそう(笑)
何事も経験なんですけれどね。
でもってちゃんと釣れたようでなによりです。

んでイワナは尺無いのん?
つかさんが尺オーバーって言ってましたが(^^;
2010/07/22 23:24
Yuu
すくなくとも、ヤマメよりは魚影が濃そう。(笑)

なんか、尺なかったような...(笑)
2010/07/23 20:51

Comment Form

Trackbacks