Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

遠征 その4(ドライブ?)

前日の朝にかけて、そこそこ雨が降ったものの、各河川の水位はそんなに上がってないみたい。
そして、午後に強い雨が降る予報だったのが、ほとんど降らないまま終わったため、「こりゃいけるんじゃない?」ということで、まだ暗い中、一発逆転を狙って?やなさんと出発。(笑)
途中、各エリアの情報やら周辺の人たちの話とかをしながら目的地に向かう。
と、なぜか突然のシャックリが...
これは尺が出るぞとの吉兆か?それとも...なんて言いながら走っているうちに現地に到着。

まだ暗くて川の状況がわからないので、下流側のポイントで夜明け待ち。
うーん、思ったより水が多そうだ。

薄明るくなる頃にウェーダーに着替えて準備を整えたものの、気温が低くて寒いし、風は強いし、今日は厳しそう?
そして、明らかに水量は多く、最初のポイントは渡河が無理そうなのでそのまま移動。。

移動しつつ、明るくなってきた川を覗いてみる。
水量は明らかに多いけど、一応川底は見える感じ。
やや色が入ってるものの、泥にごりではないみたい。
しかし、水量が多いので、遡行が楽なポイントへ。

以前、ヤマメが溜まっていたポイントに入ってみたけど、水量はこの辺はちょうど良い感じだったけど、反応はない。
やっぱり上流に上ってるんだろうなー。
ということで、すぐに移動。

ユースケ君(やなさんの弟)から上流側の情報を聞いていたんだけど、途中、支流へ寄り道。

少し上ったあたりの、落ち込みがあるエリアへ入ってみた。
しかし、ノーチェイス。
そのまま上っていくと、後ろから追ってきたやなさんが突然「これってスズメバチ...?」。
見ると、ちょうど顔の高さで、今、通り過ぎたばかりの川岸の枝に、20cmくらいの巣が...
恐ろしー。
早朝で気温が低いので動いてなかったのか、それともすでに居ないのか?
一応写真は撮ってきたけど、30cm程度の至近距離を顔が通り過ぎた訳ですね。
川を見ていて気がつかなかったけど、危険だなー。

蜂の巣の写真は撮れたものの、魚の写真が撮れない。
その先の落ち込み下でやなさんにチェイスがあったものの、反応はそれのみ。
この辺は魚影が薄そうということで、上流側へ移動。

しばらく上って、落ち込みの連続区間へ。
良い感じの渓相が続いている。
ちなみに、この川は初めてなので、普段の水量や濁りはわからないけど、今朝は濁りが入っているし、増水気味のようだ。
で、流れがきついせいか、反応がない。
やなさんが巻き返しにブラクリみたいにミノーを落とし込んでみると、初めてヒット。
しかし、引く距離もなく上への抜く動きですぐにバレ。
でも、なかなか良型だったみたい。

その後も、良さげなポイントは連続するものの、ダウンか落とし込みじゃないと反応しない感じ。
どうも良くない。
ということで、しばらく上ったところで諦めて移動。

次は一気に本流の上流部へ。
ユースケ君の言っていたポイントがよく判らないまま、上流部に入ってみた。
しかし、こちらも濁りはたいしたことないものの、水勢が強い感じ。
落ち込み下でやなさんにチェイスがあった他は反応無し。
しばらく上って、ポイント的にもあまり良い感じでないので、今度は朝のポイントを覗きに戻ってみた。

しかし、そちらは、明らかに水が多い。
ちょっと渡河は無理そうで、肝心のポイントを攻められない。
それでも、今日始めて私にもそこそこサイズのチェイスがあったし、やなさんにもチビのチェイスはあったみたい。

でも、攻めようがないので、再び上流部へ向かい、ユースケ君に連絡を取ってポイントを確認してから、やっと前回の入れ食いポイントを見つけて入渓。

しかし、水勢が強いせいか、今日は反応がない。
たぶん、更に上流へ上ってしまったんだろうな。
この時期、溜まってるところ以外は魚影が薄くて、一発勝負だとなかなか厳しい。

ということで、適当なところで諦め、一気に川を変えることにしました。

次に向かったのも、以前から気になっていたけど私は入ったことがなかった川です。

現地に着いてみると、こちらは濁りも入ってない状況。
そして、目の前のポイントは素晴らしい。
水深もあって、時期によっては最高なのかも。
と思いつつも、最初のポイントは入りやすくて叩かれ尽くしているようで、まったく魚影はなし。
そこで、少し上流へ移動。

次のポイントも、落ち込みの連続する瀬やボサのかかった水路的なところや大淵などが点在する素晴らしい渓相。
落ち込みではミノーから逃げていくまずまずサイズの魚影も見えた。(笑)
シビアになってるみたいだけど、さっきと違って一応魚影はあるなー。

更に上ると、水路状のボサのかかった流れのあたりで、先行していたやなさんから「岸沿いのボサの下から良型も含めてたくさんの魚が逃げてった」とのこと。
狭くなって水深もあり、流れも強めだったけど、岸沿いのボサの下に魚は隠れてたんでしょうね。
あそこは流れも強いし、ボサに覆われているので、ダウンじゃなきゃ攻めようがないし、下流からの遡行では無理。
別ルートで上ってからダウンで攻めてみれば良かったかもしれないけど、通ってないと判らないポイントだし、しっかり見られて、魚にとってはバレバレかもねー。

そして、その上の大淵の淵尻にかかるあたりで、かなりの良型が逃げてくのを目撃。
40cmくらいはありそうだったけど、あれは何だろう?
頭がけっこう大きく見えたけど...

そして、大淵に入って、淵尻の対岸方面にクロスで投げたところで、今日初めてのヒット。
しかし...寄せてみるとウグイ。(泣)
淵尻で、確かにウグイポイントだね。
そして、更にその上でもウグイを連続ヒット。
これじゃない。(笑)

更に少し上ったものの、めぼしい反応もなく、時間も時間なので泣く泣く諦めて、今日の遠征は終了。

なんか、走行距離の割りに、成果の乏しい釣行となってしまったけど、移動途中はやなさんとたっぷり話ができて、それはそれで楽しかったかな。(笑)

そして、やなさん宅へ戻ったところで、ユースケ君がちょうど到着。
ユースケ君の38のショートロッドを見せてもらったり、やなさんのエリアロッドを見せてもらってるうちに、ユースケ君に電話が入り、その後に、写メが...

うおー、凄い。
40cmの尺ヤマメの雄で、鼻曲がりで、ブナ模様...だけど、釣ったんじゃない?(笑)
上流から流れてきたそうで、拾ってサイズを測ってみたら40cm。
もったいない。
何が原因で死んだかは判らない(いくつかは想像できるけど)けど、剥製ものの一品だよね。(笑)

普段ならもっと前の時期に大物のつくエリアなのに今年は不調といったエリアでだったらしいけど、今頃になって魚が入ってきてたらしい。
どうやら今年は天候の影響で、遡上が遅れていたらしく、今が旬なのか?

しかし、そういう状況に乗れないのが今年の特徴で、カスリもせずの釣行の繰り返し。
どうにかならないものかー?(笑)

Comments

あひる
なんか馬っぽい川ですね。
この時期の釣りは運と実力の両方が揃わないと厳しいですからね。
その点、私は今年強運に恵まれていたのに、尻すぼみでした。
8月までは運だけで通用するんですけどね〜
2010/10/03 19:21
やなさん
Yuuさん、先日はラスト釣行にお付き合いいただいてありがとうございました。本当に楽しかったです!!
釣果だけじゃない!釣友との同行こそが楽しみです!!

今年は、個人的に多忙な年で、毎年必ず秋田の櫻鱒だけは行くのですが、秋田解禁どころか、今年は県内だけでも1日半しか行けませんでした(泣き)

それにしても、盛岡のじゅん君の40cm山女魚の画像は凄すぎですね!!
思わず、ミヤマクワガタに似ているので『ミヤマヤマメ』って言ったけど、居るんだよなぁあそこは・・・・
今回は250km走ったけど、ミヤマはすぐそこにいたじゃん!!て感じ(笑)

そのうち、今期反省会(オイラは反省だらけ・・笑)をしましょうね!!
2010/10/03 21:48
Yuu
あひるさん>
秋ヤマメは簡単には食ってくれないから、難しいですよねー。
テクも必要だし、ウェポンの選択も重要だし...

やなさん>
お疲れ様でした&ありがとうございました。
遠征は車中の時間が長いから、ゆっくり話できて楽しいですね。(^^;

最後に入った川、良い感じでしたね。
あの辺でウグイが多かったってことは、もう少し上に上ると...
来年、盛期に行ってみたいですね。(^^;

あのヤマメ...あんなの釣ってみたいですねー。(^^;
ということで、反省会、頑張りましょう。(笑)
2010/10/04 18:20

Comment Form

Trackbacks