Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

渓流 その11

今日は土曜日釣行ということで時間的にも余裕がある。
でも、梅雨も明けて流石に暑くて、長時間はやる気にならないかも。
ということで、主に早朝狙いで行ってきました。

7/24・25に少し雨が降って、それから減水傾向にあるなか、水量はすでに少なめになってるはず。
まずは、前回水が多すぎる時に反応のなかったポイントから入ってみることにしました。

今回は水量少なめ。
やや色が入ってる感じだけど一応クリアーかな。
深めのポイントは水量はちょうど良い感じで攻めやすいしチャンスと思ったものの...反応がない。
うーん、厳しい。

諦めて上のエリアにも入ってみたものの、こちらは水量が足りなくなっているせいか反応無し。

諦めて移動。
次は少し下流に入ってみました。
まずは下流の瀬からスタート。
うーん、反応がない。

しかし、途中の橋の真下の水路の流れ込みのところで反応あり。
白泡の下に入れた途端にヒット。
しかし、すぐにバレ。
良型とは言えないけど、20cmちょいという感じだっただけに残念。
更に、上から流していて再びヒットしたものの、今度もバレ。
無念。(泣)

そのまま上り、次の水路の流れ込みを狙っていて、落水の少し下流の深い流れの筋でヒット。
というか、引っかかったという感じでちびヤマメがヒット。
もろにリリースサイズ。

一応坊主は脱出だけど、サイズ的に納得できないものが残るなー。
さらに釣り上りました。

しかし、雰囲気は良いんだけど、チェイスが見えない。
そのまま上ってみたものの、増水による渓相変化のせいか、深いところがなくなってすっかり荒れてしまってました。
岩盤の深瀬もなくなり、支流出合いのあたりの深瀬や落ち込み下の深みもなくなってる状態。
これは厳しい。
ということで、出合い上流のはパスして移動することにしました。

次は一気に別河川に向かってみました。
いつもの駐車スペースに車を停め、少し下流に下ってから入渓。

さすがにこちらは水量が少ない。
濁りもほとんどなくて水色はクリアー。
これぐらい水が少ないと根がかりも怖くない。(笑)

ということで、水量が少ないこのあたりは反応無し。
落ち込み下に期待かな。

と思ったら、上の落ち込みが、流れが変わってなくなってしまってました。
あそこは水深もあったし、強い流れの脇にたるみもあって、常に魚影が感じられたところ。
それがすっかり干上がり、新しい落ち込みはまだ形成途中で水深がない状態。
これは勝負にならない。
落ち込み上の流れも分流して三方向に流れていて水量がまとまらない状態。
ここはしばらく使えないかもねー。

落ち込み上の対岸の木の根前は水深があって良い感じだけど、狭すぎて狙い辛い感じ。
そして、反応は無し。
さらにその上の岸沿いも反応無し。
落ち込み下も反応無し。

その上の右岸側の落ち込み下からボサ前の流れの筋あたりが次の狙い目。
しかし、川幅が広がって浅くなっている。
下流側の対岸沿いは深いものの、隠れるものがなくて日に照らされてるので厳しそうだし、上側はすっかり浅くなってしまっている。
これはこのポイントはしばらくは無理そうだなー。

その上の岸沿いの護岸の前もイマイチで、さらに上の護岸前の落ち込みまではポイントらしいポイントはない状態。

やっと護岸前で深めのところが出てきたものの反応無し。
と思ったら、新しく成長中のかつての落ち込みエリアで今は三段の落ち込みになってるところの、途中の段の流れの脇でヒット。
しかし、小さい。
リリースサイズのヤマメ。
うーん、またこのサイズかー。

しかし、このサイズですらワラワラとは見えない状態。
魚影薄いなー。

さらにその上の落ち込み下、その上のと釣り上っていきました。

そして、増水時には越えられない落ち込みまで到着。

ここは落ち込みの流れの筋が見事だし、筋沿いに深いところがあるし、岸沿いに木が茂っていてその下も深くなっている期待のポイント。

それでも今日は反応がイマイチの日なので、そんなには期待しないまま、対岸木の間にキャストして、かけ上がりのあたりでヒット。

これはまずまずサイズ?
そのまま寄せて、一気にズリ上げ。
20cm台中盤のヤマメ。
模様が縦に伸びて長くなってる。
一気に成長したのかねー?(^^;

やっとまともサイズが出て一安心。

さらにそのあたりを探っていて再びヒット。
今度はさっきのよりも少し大きそう。
と思ってたら、あっという間にフックオフ。
バラしたー。無念。
20cm台後半って感じで尺まではなかったと思うけど、貴重なアタリだったのに、残念。

その後、落ち込み下などを探ったものの反応なし。
暑くなってきたし、あまり反応は期待できないし、ということで、ここで終了にして帰路につきました。

けっこう歩いたものの、反応があるポイントはわずか。
ほとんど魚影が見えないというか、同じところでヒットとバラしたやつがいたポイント以外はほとんどノーチェイス。
魚っけが薄いというか、ホームリバーは厳しい状態。
これは年内の回復は望めないかもねー。
厳しい釣りが続きそうな気配。
キビしーい。(泣)

Comments

Comment Form

Trackbacks