Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

偵察 その4

雨が降らないままでどこも水不足。
この状況じゃ厳しいとは思いつつも、終了間近ということもあって、様子見に行ってきました。

気になる支流があったので、まずはその手前の本流へ。

しかし、予想通り、おもいっきり減水しているし、久々来てみると渓相の様子もかなり変わっている。
軽く探ってみたものの反応はなし。
支流の出合いの落ち込み下の深場でやっと反応があったものの、速攻でバラシ。
もったいない。
そして、反応はそれ一回きりで、後はまったく魚影も見えない。

そして支流に入ってみたものの、水が少なすぎるし、なんか水質も悪い状態。
水質が悪いのは、上の堰堤に流れ込む水量が少なすぎて、堰堤の水質が悪くなってるせいかな?
それにしたって、水量も少なすぎるし、まったく反応もないので、そうそうに諦めて移動。

次のポイントは、水量が少ないし、時期的にはもうこの辺にはいないかもと思いながらも下流側から入渓。
案の定まったく反応がない。
ノーチェイス。
水量が少なくて浅いし、しょうがないのかも。
ということで、そのまま釣り上り、上流側へ。

しかし、上流側も浅いし流れも弱め。
反応もなく、魚影は見えない状態。
大場所の上まで行ってみたものの、時期の関係もあるし、期待はできないということで諦めて移動。

そして、下流の深場のあるポイントに行ってみたものの、そちらは車が複数停まっていて、人が多いみたい。
水量も少なくてポイントが限られる中、人が多いということは、攻めようがないかも。
ということで諦めて川から上がることとしました。
なんか締まらない終わり方で満足できない状態。
なんかなー...って感じの様子見となりました。

P.S.
その後、最終日にも水がある所という意味でそのポイントに行ってみたものの、先行者の車多数という状態。
諦めてウェーダーも履かず、ワンキャストもせずに終了。
今シーズンは、不満足のまま終了ということになってしまいました。
今年はなんといっても水不足と猛暑のシーズンでした。
おかげでホームは絶不調だったし、それ以外の川も低調。
満足できないシーズンで終わってしまいました。
なんか、心残りというか残念。
異常気象というか温暖化のせいというか、来年以降もこういう状況が多くなりそうなのが心配なところ。
来年はもっとまともに雨が降って、良い状況になってくれると嬉しいんだけどねー。
ま、来年に期待です。

遠征 その6

昨日に引き続いての釣行。
今日は別水系です。
一気に上流に向かい見てみたものの、こちらも水がない。
とりあえず車を停めれるところを見つけて入ってみたものの反応もない。

ということで、すぐに見切りをつけ、やなさんが以前より気になっていたという小渓流に向かい再入渓。
こちらも水が少ないけど、先ほどの川よりはマシな感じ。
そして、少し上ったあたりの落ち込み下でやなさんがヒット。
まずまずの20cm台中盤のヤマメ。
これは良い感じ。
少し上った落ち込み下でもやなさんがヤマメをヒット。
これも綺麗な20cm台中盤のヤマメでした。
その後もチェイスは多数あるし、逃げてく魚影も豊富。
魚影はたくさんあって良い感じ。

ただし、水量が少ない細い川ということで、第一投でかけれないと、すぐに見切られてしまう感じ。
私の苦手な難しい小渓流パターン。
ということで、チェイスはあるものの、なかなか食わせられない。


やなさんは何匹かのヤマメをヒットしているものの、私は腕の差を感じる状態でボウズの時間が続く。
川は良い感じで魚影も濃いけど難しいなー。
途中、良い感じのところもいっぱいあるのにねー。

川と道路の落差があるのでなかなか退渓地点がないまま、多数のチェイスを見ながら上っていったけど、あまり上っていくと、車から離れすぎて大変。
ということで、途中の橋の袂を使ってどうにか川から上がり少し上流へ移動。

今度も車を停められる所を見つけ、少し下った所の橋の袂から再び入渓。

こちらも魚影は濃いみたいだけど、反応がイマイチ。
すると、少し上った橋の下で、魚の内臓が散乱している。
どうやら餌釣り師が入って、釣った魚をさばいた後みたい。
内臓の様子から見ると、つい最近みたいだから、昨日人が入ったのかも。
けっこうな数釣ったみたいだし、こういう小渓流は先行者の影響が大きいから、このエリアは厳しいのかも。

でも、しばらく上った小さな落ち込み下で、やっと、どうにか私もヒット。
寄せてみるとヤマメではなくイワナ。
20cmちょいとサイズに不満はあるものの、どうにかボウズだけは脱出。(^^;
その後も、やなさんは数匹のヤマメをかけたものの、私は不調のまま。
川は良い感じのポイントがあるし、魚影もあるんだけどねー。

しばらく上って、高巻きしないと越えられない滝までたどり着いたところで、時間的にもちょうど良いし、体力的にもちょうど良かったので終了することにしました。

雨が降らずにどこも渇水という状況の中、この魚影の濃さは素晴らしい。
渇水時の良い川を見つけられたって感じ。
逆に、渇水じゃないと遡行できないという気もするけど、来年以降に渇水時のポイントとして良いデータが取れた感じ。

苦戦はしたし、こういう小渓流でのテクとこういうところにあったミノーを作る必要があるんだろうけど、来年に向かって良い情報が取れたし、初めての川で楽しむことができました。
釣果的には自分はイマイチだったけど、収穫のある釣行となりました。

遠征 その5

やなさんと、渓流シーズンも残り少ないので二日連続で出撃しようという話になり、その一日目。
初日と二日目は別の水系に行くことにし、前夜が会社の飲み会というやなさんを迎えに行くと、予想通り?飲み過ぎでグロッキー。(笑)
現地に着いたものの、とりあえず車の中で寝ているということで、一人で入渓。
相変わらず水量は少ないものの、反応はどうかな?
しかし、減水が続いているせいか、秋パターンで遡上が進んでいるのか、反応が悪い感じ。
数回のチェイスはあったものの、前回ここに来た時ほどではない。

それでも、小さな落ち込み下でヒット。
落ち込み下の白く見える流れの筋の脇あたりでヒットしたのは、小型のイワナ。
物足りないサイズだけど、とりあえずボウズ脱出で一安心。(^^;

さらに上っていったものの、やっぱり前回よりも反応が悪く、これといったアタリもなし。
どんどん釣り上り、前回良型をバラした葦の囲まれた瀬でも反応はなし。

そのまま終点までいったので、一旦車に戻って移動。

次はまた前回と同じ、大場所下流のエリア。
やなさんはまだグロッキーなので、再び一人で入渓。

しかし、時々チェイスはあるものの、反応はイマイチ。
イマイチのまま大場所に到着。

ロングキャストで流れ込み付近を狙って引いてくると、尺ぐらいの魚影がチェイスしてくる。
スピードを緩めつつ暴れさせて食わせようとしたけど、結局食ってこないままでUターン。
残念。

さらに、自作の40mmにミノーチェンジして狙っていると、流れの筋の脇で何者かがミノーを咥えて横走り。
良い感じで走ったもののフッキングせず。
これは、ミノー自体に問題があるかも。
幅広でテールフックのみの設計なので、うまくアワセられないと、フックが魚に触りもしないのかも。
問題だー。
さらに、小型の何かもアタったもののフッキングせず。

諦めて近づくと、なんか魚影は見えるんだけど、すでに警戒モードでミノーからは逃げてく状態。
でも、見えてるのはウグイっぽい気もするなー。

車に戻ると、やなさんが幾分復活していたので、車はそのままで、さっきとは逆の下流エリアに二人で入ってみました。

少し川沿いを下って入渓。
水が少なくて、流れも弱いし浅いので、ここぞってポイントがないのが辛い。
と思っていたら、浅い平瀬の中の小さな落ち込み下の流れの薄い筋でヒット。
寄せてみるとヤマメ。
おー、久々って感じで寄せてゴボウ抜きで岸の草の上へ。
ところが、岸沿いは急斜面で、魚が暴れたところで草の間から水の中へポチャン。
写真撮らないでしまったー。
それでも20cm台前半はあったので、久々ーという感じでした。

その後は目立った反応もなく、車のあたりまで戻るとその上に餌釣り師が割り込んでいたので、諦めて移動。
さっきの大場所の上の区間に入りなおしてみたものの、そちらも反応はイマイチで数回のチェイスのみ。

他にも人が入っていたので諦めて移動。

本流の護岸のエリアに入ってみたものの、稚魚はたくさん居るけど反応なくノーチェイス。
しかし、護岸エリアの岩周りを探ろうとしているところで尺はありそうな良型がライズ。
たぶんヤマメだろうけど、釣れてくれーとキャストを繰り返したものの反応なし。
諦めて移動。

途中Miyaちゃんと連絡を取ってみると、下流方面にいるとのことで後を追い、別河川で落ち合いました。
すでにMiyaちゃんはその下流に入ってみて、魚影豊富で小型だったけどヤマメが連続ヒットだったとのこと。
ということで、二日酔いで頭が痛いというやなさんを車に残し、入渓。
こちらは水は濁っているけど水量は良い感じ。
しかし、反応はイマイチ。
そのまま釣り上ると小堰堤があり、その下でヒットしたものの、稚魚サイズのヤマメ。
川中だったんで、ぶら下げて写真を撮ろうと思ったら、暴れてフックオフ。
ま、あのサイズだから写真は良いでしょう。

堰堤下は期待したんだけど反応がないので、堰堤上へ。
しかし、堰堤上は高巻きしないと上流方面には行けない崖だったので、諦めて車に戻りました。
良い感じの小堰堤もあったし、駐車スペースから小堰堤までは攻められつくしてるのか?
逆に駐車スペースより下流は入渓者が少なくて魚が残っていたのかも。


さらに上っていったものの、疲れも出てて、川への上り下りも嫌だったので、そのまま川に入らず、上流の小堰堤付近をMiyaちゃんが探るということで見に行ったところで私たちはウェーダーを脱いで見学のみ。
反応もないので、そこでMiyaちゃんと別れ、私とやなさんは近くの温泉に向かうことにしました。

二人で温泉入ってきたけど、さっぱりできて気持ち良かったー。
その後、一人で釣りを続けたMiyaちゃんは、20cm台中盤のヤマメをかけたそうで、行った甲斐があったみたいだし、グロッキー状態の私たちも温泉でさっぱりできて満足だったし、まー無難な終了かな。

釣果の方はイマイチだったけど、いろんな場所の下見もできたし、疲れたけど楽しい釣行でした。

ちょい投げ

やなさんから「暇なんで釣具屋巡りでもしようかと思ってる」なんてメールが来たので、温泉に誘ってみました。

せっかく温泉に行くんなら、奥地の温泉が良いし、どうせならその途中で少し遊んでみるのも良いかな?
ということで、やなさんには「ウェーダーはいらないけど、軽く遊べる装備してきてね」と連絡。

やなさんに拾ってもらった後、途中の渓流でひと遊び。
真昼間で暑いし、水も少なくて、どうせ釣りにならないということは判っていたので、普段着のままウェーディングシューズだけ履いて水遊び。
私は速乾のズボンを履いていたけど、やなさんなんか、Gパンのままでテンカラ。(^^;
15分程度だったと思うけど、やっぱり渓流に居るのは気持ちよい。
ま、結果は魚影すら見えずのノーチェイス。
予想通りですね。(笑)

軽く遊んだ後、温泉へ向かい、ゆっくり湯に浸かって来ました。
気持ち良かったー。(^^;

偵察 その3

雨が降らなくて渇水が続き、暑さで大変な今年の夏。
条件が悪くて釣れそうな気もしないのでなかなか出撃できないで居たけど、たまには行かなきゃと思って様子見で出撃。
しかし、水がなくて勝負にならなかった。

最初は、水深があるところと思って、落ち込み下が深いポイントに向かってみたものの、現地について愕然。
ここまで水がなかったのねー。
まったく勝負になりません。
普段は荒瀬のポイントも水がなくてチョロチョロ状態。
チェイスもなく魚影も見えない。

下流側の荒瀬や落ち込みは早々に諦め、移動することにしました。

次に向かったのは、田んぼの中を流れる支流。
こちらは、いくぶん水量があって、小堰堤の落ち込み下は良い感じ。

と思ったけど、まったく反応がない。
チェイスも見えず、魚影が確認できない。
周囲が田んぼということで農業用水が流れ込むんだろうけど、その分、水温も高いのかもねー。(岸の上からのキャストのみだったので、水温測りませんでした)

早朝に来れば違うのかもしれなけど、どうも、遡上魚が遡上して来れなくて、抜かれたままで魚が居ない可能性もある。

まったく反応がないまま、途中までのぼったところで諦め、帰路につきました。

どうやら、ホームリバー系の中流以上は、水不足で厳しそうな感じ。

一雨欲しいし、もう少し涼しくなって欲しいなー。

遠征 その4

前日にMiyaちゃんからお誘いがあり、急遽出撃。

現地に着いてみると、さすがに水がない。
まずは上流域に入ってみたけど、かなりの渇水。
それでも魚影があるのはサスガ...
渇水で浅い小渓流って感じの川を釣り上っていくと、逃げてく魚影もあり、普段のホームリバーとは違って魚影が濃いことがわかる。
それでも、Miyaちゃんが少し前に来た時に比べると、かなり渋い状態らしい。
そんな中、ヒットを繰り返すMiyaちゃんに比べて、私はなかなかかけられない状態。
そのまま上っていき、川幅が狭くなり、両岸が葦で覆われたところで、先に見える落ち込み下へキャスト。
左側の流れの筋に着水したと思ったら、いきなりラインが右側に移動。
何これって思った瞬間には右岸の枝に引っかかっていた。
結局、そのまま寄せられず...(泣)
Miyaちゃんに交代して攻めてもらった後に回収に行ったけど、たぶん良型がヒットした瞬間に走ったんでしょうね。
瞬間にアワセを入れて寄せなければならなかったんでしょうねー。
もったいないー。(泣)

しばらく上ったものの、結局バラシとチェイスはあったけど、私はヒットさせられずに終了。
移動となりました。


一旦下流に向かい、次のポイントへ。

こちらも渇水で、以前に尺イワナをかけたあたりも、簡単に渡河できる状態。
少し下って探ってから、上りなおし。

上流に向いて、水深がたいしてない平瀬(水量が少ないからでしょうね)の中の流れの中で波打ってるあたり(たぶん多少の水深の違いが出てるところ)をアップで探っていてヒット。

一気に寄せて、そのまま岸沿いに持っていってキャッチ。
小さいけど、やっとヤマメをキャッチで、どうにかボウズ脱出。
しかし、その後は泣かず飛ばず。
数回のチェイスがあった程度で、サイズも皆小さいものばかり。

やっぱり減水の影響で、魚がつくところがないってことでしょうね。

上の橋のところで諦めて移動。

次は以前、尺ヤマメを見たポイント。

現地に着くと、水が少ないせいで、流れも静か。(笑)
稚魚がたくさん泳いでいたものの、まともサイズは見えないなー。

対岸ボサ周りの水深がなくて反応なし。
足元では魚影が濃い(稚魚ばかり)んだけどねー。(笑)

上っていって、一つ目の期待ポイントである落ち込み下へ。
すると、対岸側の流れの筋から手前に引いてきたところでヒット。
しかし、ギラギランと体を光らせながら反転したところでバレ。
無念。
せっかくの良型っぽかったのにー。

チャンスを物にできず、水量が少なく浅いだけあって後は反応なし。

そして、落ち込みを上った先の、第二の期待ポイントである護岸の曲流で対岸岸沿いから引いてきたところでヒット。
しかし、またまた稚魚サイズの小物ヤマメ。
ここだったら、もっと大きいのが出ても良いはずなのにー。

結局、上の落ち込み上流の階段のところで諦めて移動。

次はずっと下って、沢の出合いのポイントへ。
私は上流側に入ってみたけど、見た感じは凄い良い感じ。
しかし、反応はイマイチ。
結局、大岩の陰から1チェイスがあっただけで終了。

どうも反応がイマイチで、水量が少なくて下流からの遡上魚は、この辺まで遡上できてないのかもという感想だったんで、再び魚影のあった上流域へ戻ることにしました。

そして、先程よりは下流のあたりに入渓。
しかし、この辺は反応がない。
逃げてく魚影を2回ほど見た程度なんで、この辺は魚影が薄いと判断して、もっと上流へ移動することにしました。

先ほどの終点よりも上のエリアで再入渓。
すると、しばらく上ったあたりのさもない平瀬でヒット。

やっと20cm程度までサイズアップのヤマメ。
稚魚サイズではなくて一安心。(笑)

ちょっと変わった模様のヤマメですね。

とりあえず一安心して、そのまま釣り上る。
しかし、腕のイマイチな私にとっては、非常に難しい状況。
渇水でナーバスになってるのもあるだろうし、自作ミノーの泳ぎに問題があるのかもしれないし、腕が悪いのが一番なんだろうけど、なかなか釣れない。
魚影は豊富なんだけど、かけれない状態。
そして、せっかくかけてもバラシ。(泣)

苦労しながら釣り上っていくと、大き目の落ち込みが出現。

ロングキャストで狙ってみると、良型がチェイスしてきたものの、食ってこないまま反転して消えていった。
そのほかにも、小型のチェイスが数回。
そして、久々のヒット。
今度も20cm程度のチビだったものの、ヤマメがヒット。
落ち込み下はかなり深くなってるし、良型の姿も見える場所だったから、サイズに納得はしてないけど、まずは釣れて良かった。

時間も良いかんじだったんで、結局この落ち込み下で終了。

腕のイマイチな私にとってはかなり厳しかったけど、ホームリバーとは違って魚影自体はたくさん見られて、飽きずに釣りすることができたかな。
そんななかでもビシバシ釣り上げていたMiyaちゃんはさすが。(^^;
腕の差を感じてしまいました。(笑)

Miyaちゃん、連れてってくれてありがとうございました。(^^;

渓流 その11

今日は土曜日釣行ということで時間的にも余裕がある。
でも、梅雨も明けて流石に暑くて、長時間はやる気にならないかも。
ということで、主に早朝狙いで行ってきました。

7/24・25に少し雨が降って、それから減水傾向にあるなか、水量はすでに少なめになってるはず。
まずは、前回水が多すぎる時に反応のなかったポイントから入ってみることにしました。

今回は水量少なめ。
やや色が入ってる感じだけど一応クリアーかな。
深めのポイントは水量はちょうど良い感じで攻めやすいしチャンスと思ったものの...反応がない。
うーん、厳しい。

諦めて上のエリアにも入ってみたものの、こちらは水量が足りなくなっているせいか反応無し。

諦めて移動。
次は少し下流に入ってみました。
まずは下流の瀬からスタート。
うーん、反応がない。

しかし、途中の橋の真下の水路の流れ込みのところで反応あり。
白泡の下に入れた途端にヒット。
しかし、すぐにバレ。
良型とは言えないけど、20cmちょいという感じだっただけに残念。
更に、上から流していて再びヒットしたものの、今度もバレ。
無念。(泣)

そのまま上り、次の水路の流れ込みを狙っていて、落水の少し下流の深い流れの筋でヒット。
というか、引っかかったという感じでちびヤマメがヒット。
もろにリリースサイズ。

一応坊主は脱出だけど、サイズ的に納得できないものが残るなー。
さらに釣り上りました。

しかし、雰囲気は良いんだけど、チェイスが見えない。
そのまま上ってみたものの、増水による渓相変化のせいか、深いところがなくなってすっかり荒れてしまってました。
岩盤の深瀬もなくなり、支流出合いのあたりの深瀬や落ち込み下の深みもなくなってる状態。
これは厳しい。
ということで、出合い上流のはパスして移動することにしました。

次は一気に別河川に向かってみました。
いつもの駐車スペースに車を停め、少し下流に下ってから入渓。

さすがにこちらは水量が少ない。
濁りもほとんどなくて水色はクリアー。
これぐらい水が少ないと根がかりも怖くない。(笑)

ということで、水量が少ないこのあたりは反応無し。
落ち込み下に期待かな。

と思ったら、上の落ち込みが、流れが変わってなくなってしまってました。
あそこは水深もあったし、強い流れの脇にたるみもあって、常に魚影が感じられたところ。
それがすっかり干上がり、新しい落ち込みはまだ形成途中で水深がない状態。
これは勝負にならない。
落ち込み上の流れも分流して三方向に流れていて水量がまとまらない状態。
ここはしばらく使えないかもねー。

落ち込み上の対岸の木の根前は水深があって良い感じだけど、狭すぎて狙い辛い感じ。
そして、反応は無し。
さらにその上の岸沿いも反応無し。
落ち込み下も反応無し。

その上の右岸側の落ち込み下からボサ前の流れの筋あたりが次の狙い目。
しかし、川幅が広がって浅くなっている。
下流側の対岸沿いは深いものの、隠れるものがなくて日に照らされてるので厳しそうだし、上側はすっかり浅くなってしまっている。
これはこのポイントはしばらくは無理そうだなー。

その上の岸沿いの護岸の前もイマイチで、さらに上の護岸前の落ち込みまではポイントらしいポイントはない状態。

やっと護岸前で深めのところが出てきたものの反応無し。
と思ったら、新しく成長中のかつての落ち込みエリアで今は三段の落ち込みになってるところの、途中の段の流れの脇でヒット。
しかし、小さい。
リリースサイズのヤマメ。
うーん、またこのサイズかー。

しかし、このサイズですらワラワラとは見えない状態。
魚影薄いなー。

さらにその上の落ち込み下、その上のと釣り上っていきました。

そして、増水時には越えられない落ち込みまで到着。

ここは落ち込みの流れの筋が見事だし、筋沿いに深いところがあるし、岸沿いに木が茂っていてその下も深くなっている期待のポイント。

それでも今日は反応がイマイチの日なので、そんなには期待しないまま、対岸木の間にキャストして、かけ上がりのあたりでヒット。

これはまずまずサイズ?
そのまま寄せて、一気にズリ上げ。
20cm台中盤のヤマメ。
模様が縦に伸びて長くなってる。
一気に成長したのかねー?(^^;

やっとまともサイズが出て一安心。

さらにそのあたりを探っていて再びヒット。
今度はさっきのよりも少し大きそう。
と思ってたら、あっという間にフックオフ。
バラしたー。無念。
20cm台後半って感じで尺まではなかったと思うけど、貴重なアタリだったのに、残念。

その後、落ち込み下などを探ったものの反応なし。
暑くなってきたし、あまり反応は期待できないし、ということで、ここで終了にして帰路につきました。

けっこう歩いたものの、反応があるポイントはわずか。
ほとんど魚影が見えないというか、同じところでヒットとバラしたやつがいたポイント以外はほとんどノーチェイス。
魚っけが薄いというか、ホームリバーは厳しい状態。
これは年内の回復は望めないかもねー。
厳しい釣りが続きそうな気配。
キビしーい。(泣)

遠征 その3

雨の後の水位が落ち着いてきた頃を狙って、やなさんと釣りに行ってきました。

前日の夜にやなさんの車で出発し、現地で車中泊。
早朝の薄暗い時刻に目を覚ますと、雨が降ってるみたいということで、寝直してもう少し明るくなるのを待ちました。
しかし、次に目を覚ましても、雨はまだ降ってる感じ。
車から出てみると、霧雨が時々パラついている感じ。

まずは時間も良い感じなので、着替えて入渓。

すると、対岸下流の岸沿いにミノーをキャストし、ダウンクロスで引きながら流れの筋に入れて、落ち込み下流の流れが効いてるあたりでヒット。
そのまま寄せてみると、20cmちょいのヤマメでした。

しょっぱなに坊主脱出で一安心。(笑)

水量は去年よりは若干少ない感じだけど、まずまずの量だし、濁りも取れていてチャンス?
かと思ったけど、1匹釣れた後は沈黙。
一投目で釣れたし雨上がりだから高活性を期待したけど、どうもイマイチ?

減水が続いていたし、魚影自体が薄いのかも。

それでも、流れの効いた浅いところなどで、ポツポツとヤマメが釣れる状態。
サイズは皆20cm前後とイマイチだけど、ホームリバーよりは魚影は多いのは確かかな。(笑)
ところどころでバラシたりしながら上るものの、良型はなかなか見当たらない状態。

でも、しばらく上って、瀬の中の流れ込みのポイントで、やなさんがしつこく通していると良型がヒット。
しかし、すぐにバレてしまったそうな。

更にそのちょっと上流の落ち込み下で、やなさんがアメマスをヒット。
白点の大きさは確かにアメマス。
サイズも尺オーバー。(^^;
今日初めての尺物ヒットです。(^^;
私は相変わらず小物ばかりだけど、最近良型どころか小物すらあまり釣ってないんで、とりあえずこれでも満足?(笑)
水量は少なめだけど、良い感じの渓相と水量。
でも、反応があるところとないところがはっきりしていたのは、先行者がいたというよりは、前の日に餌釣り師でも入っていたのか?

良い感じのポイントでも反応はイマイチ。
たまに小型のヤマメが釣れる程度。
なかなか厳しい雰囲気です。

白泡の下から出てきたヤマメも20cm前後。
水深のある駆け上がりでどうにか私も尺イワナをヒット。
私にとっては久々の良型。(^^;
白点のサイズから言うと、アメマスっていうよりはイワナなんだろうなー。
すると、そのちょっと上の落ち込みしたで、今度はやなさんがアメマスをヒット。
こちらは白点の大きさから見てアメマスと言えるでしょうね。(^^;
サイズも良型。良いですねー。(^^;

更に釣り上ったものの、多少がバラシがあった程度で、良型はかけることができない。
深いところとか、良い感じのポイントはあるんで、たぶんいるんだろうけど、活性が低かったのかなー。

最後のポイントでは気力も尽き気味で、フック交換をする気力もなかったのが敗因で、流れの筋のなかでバラシ。
でも、サイズは普通だったから、それほど悔しくはない。

とはいえ、そのバラシがラストで、ここで終了。
川から上がることにしました。

そこそこ小物は釣れたし、かろうじて尺イワナも上げれたけど、遠くまで行ったんだから、もう少し楽しみたかったってのが本音?
それにしても、雨(水)不足のせいか、別要因か、前回この川で見たような大物が全くと言って良いほど見られなかったは厳しい感じ。

曇って(小雨降って)涼しかったせいか、あまり疲れは酷くないものの、久々たっぷりと長時間釣りしてきて、思う存分キャストできた感じ。
疲れたけど、楽しい遠征でした。(^^;
帰りの空は、雲のあいだから赤い夕日が差し込んでて綺麗でした。
そろそろ梅雨もおしまいかなー?

偵察 その2

恒例の早朝偵察行へ。
久々雨が降ってけっこう水が出たみたいだけど、そろそろ落ち着いたんじゃないかなと思ってホームリバーへ行ってみました。
しかし、増水した後、意外と水の引きが遅い感じ。
濁りはたいしたことないけど、まだまだ水量は多い状態でした。

最初に入ったポイントは、全体的に水をかぶっていて、下流側は水量多すぎて攻めに行けない状態。
岸から投げたものの期待したものの反応はなくイマイチ。
そのまま上流に行くと、数回のチェイスとバラシ。
ただ、サイズは小さい。
その上の落ち込み方面は反応がないので、次のポイントへ移動。

次に入ったポイントも水が多かったけど、その分、岩の間も深くなっていて良い感じ。
ただ、ちょっと流れはキツイか?
それに濁りも入ってしまってる。
なんて考えながらキャストをしていると、手前の岩前の深みから急に食い上げてきてヒット。
サイズはいまいちだけど、綺麗なヤマメでした。
しかし、その後は反応無し。

ということで、次のポイントへ移動。
こちらは濁りは薄めだけど、やっぱり水量が多い。
岸沿いまで水が出ていて川幅も広がり、対岸まで届かない状態。
一旦下って大場所まで行ってみたものの、大場所で数回のチェイスと1バラシをした他は、魚影は見えませんでした。

そこから釣り上っていったけど、反応はなし。
それ以上を諦め退渓することにしました。

水は綺麗だし水量もあって良い感じだったけど、大水で流されたのか、まだ水温が低くて疲れが抜けずに動きが悪いのか、活性はイマイチでした。
それでも、かろうじて坊主は免れたからラッキーだったかも。
そんな感じの朝だけ釣行となりました。

遠征 その2

今日は久々、kazuさんとの釣行。
今回は、kazuさんが気になってるという川の偵察に行ってみることにしました。

ただ、珍しく雨が降ってしまった。
しばらく雨が降らずに水不足だったのに。
心配しながらも遠征決行することにして、途中でkazuさんと合流。
道を間違って時間に遅れた上、集合場所を間違ったりとkazuさんに迷惑をかけつつもどうにか合流し、一路目的地へ。

しかし、現地に着くと、濁りがけっこう強い状態。
水量は...たいしたことないけど、濁りが...

まずは中流で様子見の入渓。
しかし、濁りが強すぎるせいか、反応は無し。
水量は若干少なめって感じ。
ということは、しばらくはかなりの減水が続いていたんだろうなー。

反応がイマイチなので、濁りの少ない支流へ入ってみることにしました。

支流は...やや濁りは入ってるものの、そんなに酷くない。
さてということで、一応出合い付近を探ったところでkazuさんがチビをヒット。
とりあえず、坊主はまぬがれたねー。
魚影見れて良かったねーと言いつつ支流を釣り上りました。

すると、若干川幅が狭くなって流れのきつくなってるところをダウンで探っていてヒット。

こちらもチビ。
これで私も坊主を脱出で一安心。(^^;

水量少なめだけど、川を遡行するには楽かも。
ということで、そのまま釣り上りました。

しばらく上った、流れのゆるい曲流には、稚魚がけっこう溜まってる。
追ってきた稚魚がかかったので見てみると、おー、ヤマメだー。
ただ、極小のリリースサイズ。(笑)

更に上っていき、周りがボサで岩の関係で流れの効いた落ち込みという絶好のポイント到着。

まずはと、岩の下流の対岸ボサ周りの浅場から流れの筋の脇あたりを探っていて中サイズがヒット。
やっとまともなサイズが釣れて一安心。

続けて、今度はkazuさんがヒット。
これは良型みたい。

強い引きに負けずに寄せてブジネットイン。
駆け寄って見てみると、おー、良型だー。
まずは良型ヒットでとりあえず一安心かな?(^^;

更に上っていき、瀬の下の水深のあるポイントをアップクロスで探っていてヒット。
いくらかサイズアップのまずまずサイズでした。(^^;

更に上っていくと、川幅が狭くなって深くなってる近くで、再びkazuさんが良型をヒット。
深いポイントへの流れ込みの強い流れのあたりで、食い上げてきたとのことでした。

私の方は、ポイントをkazuさんに譲って上を狙っていたんだけど、上方面は反応なしでガックリ。(笑)

その上も気になったけど、他のエリアの偵察もあったので、一旦川から上がって移動しました。

次は本流の下流側へ。
濁りは強め。水量は少なめ。魚影は...なんか反応悪いなー。

良い感じのポイントも、水量が少なくて浅く感じられる状態。
おまけに濁りがけっこうキツイ。
これは厳しいか?
結局、曲流のトロの深みの方で1チェイスあった他は、めぼしい反応なないまま終了。

濁りがキツイ下流部は諦め、再び濁りの薄い上流部を探してみることにしました。

上流部で車を停め、草刈している農家の人から教わって、良さげなあたりから入渓。
濁りはあるものの雰囲気はまずまず。
しかし、1回チェイスがあった程度で、あとは反応無し。
そのままずっと釣り上っていきました。

しかし、反応がイマイチ。
濁りが強めのせいもあるだろうけど、全体的に深いポイントが少ない川って感じ。
水量が少ないせいもあるだろうけど、隠れ場所が少ないのかな?
と言いつつも上っていったものの、道路と川との落差が大きすぎて、崖も絶壁やほぼ垂直の護岸なんで、道路が上にあるのは判っていても登れない状態。
そのまま魚影が薄くてほとんど反応ない川を延々と上っていくのは疲れて大変でした。(笑)

だいぶ上ってやっと落差が少なくなってきたところで、落ち込み下のポイントでkazuさんが中サイズをヒットしたところで終了。
橋手前の土手を上ってどうにか退渓。
だいぶ疲れていたし時間も手頃だったんで、これで終了ということにして帰路につきました。

一応、雰囲気もわかったし、行った甲斐はあったかな?
ただ、kazuさんに腕の差を見せつけられた感じ。(笑)
自分では出せなかったけど、とりあえずは良型も見れたし、疲れたけど楽しい釣行でした。
1/3 >>