Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

これで納竿

今日は久々、まめむしさんと大弓さんとのトリオで出撃。
ポイントも、夏場に最高だったという、これまで私が行ったことのない川へ。
この川は初めてだけど、凄く渓相も良く魚影も豊富という事だし、久々大弓さんとご一緒という事で楽しみ。

ポイントまでは2時間以上かかるということで、かなり早めに途中のコンビニに集合。
車2台体制で現地へ。

ポイントに着くと、まずは様子見という事で、とある旧道から川へ降りる。
良い感じー。
水は綺麗だし、水量もあるし、深みもあるし、流れも複雑で岩も入ってバリエーションがたくさんって感じ。
まずは下流側からスタート。

今日は、まめむしさんの好意で、インターボロンの5ftを一日お借りし、いつものロッドと違いを比べてみることになった。
まずはキャストしてみると、ティップが柔らかいファーストアクションなので、軽く振るだけでかなりの飛距離が出る。
手首の返しで投げれる感じで、いつものフルキャストに比べて余裕ができるので、ミノーのコントロールも楽。
キャスト、サミング、などなど動きが少ない分、余裕をもてるので、コントロールもつけやすい。
反面、短距離のキャストはついつい飛び過ぎそうで難しい。
この辺は慣れなんでしょうね。
以前、シルファーを使い出した時も、最初は弾かれるようなバラシ連発だったけど、今日は気をつけないとなー。

と思ってる先から、チビのバラシ2連発。
ま、食いが浅かったからかも。

しかし、後の二人がすでに釣果を上げているという事だったので、内心焦りを感じつつ次のポイントへ。

次はちょっとロングコース。
一応上下に車を止め、大場所からスタート。
ここも、渓相にバリエーションがあって面白いー。

と、少し上ったところで、やっと私も今日のファーストヒット。
小さ目のヤマメだけど、色づいた魚体はかなりのファット。

今のところ大物は出てないけど、傾向としては流れの中にはいない感じ。
ということは、産卵場所はまだ上流なんだろうなー。
私以外の二人も、一応、流れの弱いところで釣れてるみたいだから、この辺では緩い岸沿いの深みなどを狙いながら上っていった。
更に上っていくと、落ち込みの瀬の中で、脇から流れ込む小さな流れの岩の下が、少し流れが緩くなってるみたいなところがあった。
アップクロスで投げ込み、流れの中まで引いてこようとしたあたりでチェイスが見えヒット。
今度はさっきより少しサイズアップのヤマメ。
それでも、まだまだ希望サイズには達しない。(笑)

更に上っていったけど、地形も流れもバリエーションたっぷりで、面白い川。

護岸脇の深みでチェイスが見えたと思ったら、次にヒットしたのはチビイワナ。
「うーん、違う。君じゃなく、あっちのもっと大きい方に来て欲しかったのですが...」
と思ってると、目の前で大弓さんもヒット。

しかし、これも希望サイズには達しない。(笑)

そこを過ぎて少し行ったところで一旦休憩タイム。
今日は、まめむしさんが、コーヒーセットを持ってきてくれていたのでした。(まめさん、ご馳走様です)
バーナーで湯を沸かし、コーヒーとおやつをいただきながらの歓談。
聞こえるのは水の流れる音ばかり。
ゆったりと流れていく時間を堪能。(^^;
コーヒータイムの後は、再び釣りに集中。
しばらく上って、大岩の間から淵にキャスト。
幾分サイズアップのヤマメ君。
やっぱり最終日前の週末後ということで、魚も警戒しているのか、それとも、この辺にはすでに大物はいないのか?

更に上っていって、大弓さんが、まずまずサイズのイワナをかけたりしたものの、良型はなかなか出てきてくれない。
大淵を上から覗いたら、良型イワナがいたりしたけど、反応してくれない。

更に上ったところで、まめむしさんの今日のベストワンがきたらしいけど、痛恨のバラシ。
というところで、このコースは終了。

その後、二箇所ほど探ってみたものの、めぼしい反応もなく、時間も押してきたので終了とし、一路まめむしさん宅へ。
そのまま鍋をご馳走になって、長い一日も終了。(^^;

今日は、まずは、渓相の綺麗さに感動。
ここは釣ってて気持ち良い。
残念ながら大物は出てくれなかったけど、チビはそれなりにいたので、時期を選べば凄い楽しい思いができそう。
ガイド役のまめむしさん、ありがとうございました。

ロッドも、使ってみていろいろ感じることが出来た。
残念ながら大物がかからなかったので、その辺の感触はわからないけど、ファーストアクションのコントロールのしやすさ、キャストの楽さは感じられた。
ただ、好みから言えば、もう少し硬い方が好きかも。
ということで、一つの目安ができました。
ありがとうございました。

今年の渓流シーズンも残り一日。
できれば少しだけでも出たいところだけど...
(結局出られず、これが今シーズンの納竿となりました)
今年は、尺ヤマメはとれずじまい。
ホームリバーがメタメタというのもあったけど、バラシの多発も大きな要因。
あとで、今シーズンを振り返って反省文を書かないと...(笑)

ま、満足行くとまでいえないシーズンだったけど、それでも大きな事故もなく終われたし、今年はいくつかの良い川に初めて行くことが出来たし、それなりに面白かったかな。
続きを読む>>
  • -
  • -

遠征 3

kazuたかしさんから緊急連絡が入って急遽出撃。(笑)
しかし、私のホームの状況はかなり厳しい。
ということで、他水系を考えたけど、実は、前日Kazuさんが尺を上げたところも、気になっていた川。
でも、どうせなら普段Kazuさんが行かないところが面白いかと思って目標選択。
しばらく行ってない水系も気になっていたので、冒険ではあるけど、ダメな時の逃げ場もあるところなので、そちらへ向かうことにした。

Kazuさんの実家近くで合流し、Kazuさんの車で現地へ向かう。
途中、いろいろ話しながら走っていくと、ちょうど良い感じに夜も明けだし、現地についた頃にはちょうど良い時間帯。
しかし、気になるのが、いたるところに河川工事が入ってるみたい。
やっぱりこの水系も、去年の大水でそうとう痛手を受けたのか?

まずは、以前、泣き尺を上げたことがあるポイントへ。
しかし、落ち込み下の淵がなくなっている。
おまけに水量も少なく、下流の瀬も浅すぎる状態。
チビのチェイスがあった程度で良型の気配はない。
普段なら下流も探るのだけど、すっかり見晴らしが良くなっている状態だったんでそちらはパス。
そのまま釣り上っていったけど、岸沿いのボサ前の深みもなくなり、すっかり川はならされた状態。
しばらく上ったところで諦め、移動。

次に入ったポイントも水量が少なく厳しい。
深みも埋まっていて、良型がいるにはきつそう。

しかし、しばらく上って岩盤脇に深みのある落ち込みの近くまで行ったところで、後ろを見るとKazuさんのロッドが曲がっている。(笑)
お、ヒット?
良型らしき魚を取り込んでる姿が見えたので、慌てて寄っていくと、尺はありそうな雰囲気。
近づいてみると、良型のニジマス。
ヤマメではないけど良い型。

測ってみると33cmと尺オーバー。(^^;
尻尾やヒレも欠けがなく、ピンと尖った綺麗なニジマスでした。
養魚場育ちのニジマスは尻尾が丸く欠けていたりするけど、これは綺麗。
ジャンプもしたらしいし、引きも良かったんじゃないかなー。
出たところを聞くと、平瀬の岸沿いの木が差し掛かってるところのゴミが引っかかっているあたりらしい。
一応私も探ったところなんだけど、後で寄ってみると、ちょうど良く深くなっているポイント。
奥に入ったのと、スピナーを使ってたのが効果的だったのか?

良型が出てテンションも上がってきた感じ。(笑)
上の落ち込みの下の、岩盤脇を探ったところで、私にも良型の反応。
ゴンとアタリがあった瞬間、ひったくるような引き。
「ヒットー」と言いながら寄せにかかろうとしたところで、いつものごとくの失敗をしてしまった。
せっかく、硬めのロッドを使っていたのに、今日のファーストヒットだったせいもあるかもしれないけど、追いアワセを入れるのを忘れ、グーと引いてしまった。
これは、最近の失敗パターン。
フックが貫通しないまま引いたため、流芯を超えるあたりでバレ、フッと軽くなってしまった。
やってしまったー。(泣)
当然ながら、その後は反応なし。

しょうがないので少し上って、落ち込み上の急な流れの岸沿いのボサ下にルアーを放り込んだところでチェイス。
ボサ下の隙間は狭いけど、そちら側はいくらか流れが緩くなっていて、ちょうど良いつき場って感じ。
もう一回、どうにか入れることに成功し、流れの筋に出るあたりで再びチェイスが見え、一瞬のポーズを入れたところでヒット。
今度は流れが強いので、オートフッキング気味に一気にズリあげると、25cmのヤマメ。
まずは、ボウズ脱出で一安心。
しかし、さっきの魚影は見るからにこれより上のサイズだったから、尺ヤマメだったかも。(泣)

もう一回、上のボサの間に放り込むと、まだチェイスがある。
しかし、次の一投で、とうとうボサに引っ掛け、Kazuさんと交代。
その後も数回のチェイスはあったものの後は出てくれないまま移動。

その後は目立った反応もなく、次のポイントへ。
そちらも、落ち込み下の大きな淵に魚が溜まってるのが見えたものの反応せず。
更にしばらく上ってから、落ち込み下でチビヤマメがヒット。
しかし、あとは目立った反応もなく、水量も少ないということで、次の川へ移動。

しかし、こちらも工事が入っていて、一番期待していたポイントは泥濁り状態。
しょうがないので、工事の上に入ったものの、水量も少なく、反応もイマイチ。
Kazuさんが小型のヤマメやイワナを数匹釣った程度。
イマイチ期待も持てないので、再び河川変更。

こちらは大物一発勝負という感じのところだったけど、やっぱり水が少なく反応もイマイチ。
しばらく上ったところで、kazuさんが粘っていたけど、かなりの良型がいたものの反応しなかったらしい。
その上のあたりでは、尻尾の丸くなったニジマスがスピナーにだけ反応。
ミノーには反応しないけど、スピナーにはガンガンヒットしてくる。
Kazuさんが順調に釣果を伸ばしているのを尻目に、ミノーを使ってる私には全然反応がない。
本当はミノーで通そうと思っていたけど、こらえきれずにAR-Sに変更した途端、私にもニジマスがヒット。
しかし、すぐに退渓ポイントに達し、時間もちょうどということで、帰路についた。

今日はどの川も水量が少なく厳しい状況。
おまけに、去年の痛手が多い川ばかりを選ぶというミスチョイスの連続。
ガイドは失敗気味だったけど、それでも、Kazuさんの尺ニジマスが釣れてて、最低限はクリアか?
私は、最初のバラシに尽きたなー。
いつもと同じ失敗と、成長がない。
ま、ボウズは逃れたけど、やっぱり尺ヤマメには縁がないのか?(笑)

いろいろ問題ありの釣行だったけど、Kazuさんの釣りも見れたし、最低限はクリアできたし、いろいろ話も出来たので、実りはあったかな?という釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

本ヤマメ


今日はやなさんのとっておきの秘密河川へ遠征。
vaiさんも来られると言うことで期待も倍増。(^^;

早めに現地に着いたので、しばらく車の中で雑談。
vaiさんからSOULS関連の話や大物の話ほか、いろんな話が聞けて楽しい時間が過ぎていくうちに、いつの間にやらあたりは段々と明るくなってきていた。
そして、明るくなると共にスタート。
雨の影響で水量は多めで濁りも入っていて良い感じ。

しばらく釣り上るうちに、やなさん、vaiさん共にヒット。

綺麗に色づいた見事な本ヤマメ。
素晴らしい。(^^;
しかし、雰囲気は良いのになかなか私は出せないでいたけど、しばらく上ったトロになっているところでやっとヒット。
と思ったら、すぐにバレ。
かかりが浅かったのか?
なかなか釣れなくて油断していたせいで、アワセが遅れたかも。
今日は、バラシ対策に、硬めのロッドを持ち込んだんだけど...と思いつつ、一応フックを交換して次に備える。
すると、すぐに成果が出て、今度もトロのところでヒット。
今度はしっかりアワセが入り、しっかりキャッチ。
すると、見事に色づいた、綺麗なヤマメ。
サイズはそんなに大きくないけど、この綺麗さは感動。
これぞ本ヤマメ?
なんともいえない色に興奮を覚えると共に、やっとボウズ脱出で一安心。

更に少し上った深瀬でもヒット。
今度もヤマメで、腹がぷっくり膨らんだ太った一尾。
やなさんもvaiさんの釣果も含め、今日のヒットは流れの弱いところが多い。
今日のヒットパターンはトロ?
雨の後で増水気味なので、やっぱりお疲れモードかな?(笑)

その次に出たのは、落ち込み下の岩の後ろ。
岩の下流の泡立ちにアップクロス気味にキャストして引いてこようとしたら、リトリーブをはじめてすぐにヒット。
良い感じの引きを楽しみながら寄せると、今度も綺麗な雄ヤマメ。
反応もまずまずだし、サイズもアップしてきて楽しーい。(^^;

このやなさんの秘密河川は、水量もあるし、深みもあるし、渓相が良い感じ。
ポイントが次々と出てくる感じで、歩いていてうれしくなってくる。

更に上った流れの速めの深瀬で、対岸の浅場にアップクロスでキャストし、岩盤の切れ目の流れの筋を引いてきて、手前の大岩の前が深くなっているところでスピードを緩めてゆらっとさせたところでヒット。
岩前の深みからユラッと白っぽい魚体が食い上げてきて、うねったと思った瞬間にゴン。
ヒットした瞬間に、一気に加速して疾走開始。
ギラギラッと光った白い魚体はナイスサイズを予感させる。
ロッドをあおって大きく追いアワセを入れ、グイグイギューンと走ろうとする魚体を、硬めのロッドを利用して岸沿いに誘導。
足場にしていた岩から降り、前回までの失敗を参考に、急いでネットを用意すると共に一気に掬い上げてキャッチ成功。
今度も色づいた、模様のはっきりした綺麗なヤマメ。

サイズも28cmと泣き泣き尺?(笑)で、ヒレピンで、ナイスプロポーション。
これぞ、本ヤマメ?(笑)
しかし、この秘密河川は、やなさんが釣ったのも、vaiさんが釣ったのも、皆綺麗な色で良い形をしている。
いかにも天然って感じ?(^^;

魚にも感動だったけど、もうひとつ再認識したのはロッドのこと。
最近、ナイスサイズはバラシ連発だったけど、前回、硬めのロッドで27cmをとってから、今回も含め、バラシは減らすことに成功している?
やっぱりロッドは大事ってことでしょうねー。
今まで柔らかいロッドでアワセが吸収され、しっかりフッキングできてなかったのでしょうね。
今回もしっかりフッキングして、ガップリ針が食い込んでいる。
良型ヤマメの顎は硬いから、貫通させるためには大きな力を必要と言うことでしょう。
それに、柔らかめのロッドの場合は、アワセを入れても胴のしなりで一瞬力が伝わるのが遅れるだろうし。
反面、パラボリックに円弧を描くという面では柔らかロッドも楽しいんだろうけど。
寄せるパワーもしっかりしたバットを持ったロッドの方があるし、大物を狙うなら、やっぱりしっかりと張りのあるロッドが必要ということを再認識。

この少し上のところで、しばらく休憩を取りながらお食事タイム。
ロッドのことやミノーのこと他、いろいろ話しに花が咲いた。(笑)
ミノーも、vaiさんのプロトタイプを見せてもらったり、面白ルアーケースの話や紐の話とかいろいろ...(^^;
超大物の話とかも聞けて面白かったー。(^^;

しかし、バラット-6はほんと良い動きをする。
まるで小魚が泳いでいるみたい。
あれだと思わず食いついちゃうだろうなー。
なんて思いつつも、先ほど話が出たので、私も自作ミノーで釣りを再開。

ここしばらく自作からは遠ざかってるので、大分前に作ったバルサミノーだったけど、今日は久々持ってきてたのでした。
秋だからチャート系が効きそうということで持ってきたやつだけど、これは市販のチャート系よりも更にど派手なまっ黄色のサスペンドモデル。
リップの関係もあって、普段使ってるミノーよりも深い泳層を泳いでくれる。
すると、早速成果が出て、落ち込み下流の深瀬の中からヒット。
サイズはたいしたことないけど、久々自作ミノーでヤマメが釣れ、これはこれでうれしい。(^^;

更に少し上った底石の入った深瀬で、再び自作ミノーでヒット。
対岸ギリギリにアップクロスにキャストし、底を這うように泳いでくる自作ミノーを流れの真ん中近くまで引いてきたところでのヒットだった。
ヒットした瞬間、またユラユラッと白っぽく魚体がうねるのが見えてゴン。
一気に加速して対岸下流方面に逃げていこうとする。
あの魚体のうねりとこの引きは良型っぽい。
走ろうとする魚体にガンと追いアワセをくれてやり、その後は余裕?で寄せると、飲み込むようにガップリとミノーに食いついていた。
今度も、色づいた良型ヤマメで、さっきよりは1cm小さいけどナイスサイズ、ナイスプロポーション。(^^;

しかし、このあたりで私は体力的に限界が近づいてきたというか、すっかりお疲れモード。
あとの二人はガンガン先に進みつつ、良型をバシバシあげているものの、私は遅れてついていく状態。(笑)

改めて、二人の釣りを見ながら上ったけど、やっぱり二人ともうまいなー。
ビシバシと正確にポイントに入れていく。
対岸の小さな落ち込みに対して、最初は直下、次は泡だちの中、次は泡の切れ目と、距離があるのにピンポイントで放り込んでいく。
木の枝や蔓が茂った間のわずかな空間にも見事にピンポイントキャスト。
さすが。(^^;
リトリーブもお手本って感じで、参考になる。
アワセの入れ方なども教えてもらって、ほんとお勉強になりました。
最後にvaiさんが、かなり強い流れの中から良型をヒット。

こんなところに居たの?って位の狭くて流れの強いところ。
綺麗な綺麗な本ヤマメでした。(^^;

下流のある程度川幅のあるあたりでは、トロでのヒットが多かったけど、川幅の狭くなったこの辺では、流れの中から出てくる。
渓相も、段々になった落ち込みの連続って感じのところが多くなってきてるから、産卵床になってるのかも。
下流は、荒瀬を上ったところで次に備えて一休み状態?で、この辺は定位して縄張りを持ってる?
よく言われる、変なやつを追い払おうとする行動が出てるのかも。

そうこうしているうちに雨が降ってきたのを機に、車へと戻ることにしました。

今日は尺は出なかったけど、3人で釣っていて、3人とも28cmの綺麗なヤマメが釣れたし、その他にも良型、まずまずサイズがバシバシ。
綺麗なヤマメの連続で最高でした。
これで水量が落ち着いていたら、もっと凄いことになってたかも。(笑)

vaiさんにもいろいろ参考になることを教えてもらえたし、とても楽しい一日でした。
ガイド役のやなさん、vaiさん、ありがとうございました。

続きを読む>>
  • -
  • -

チェイスは一回のみ

シーズンも終盤で、どこに入っても釣り人を見かける状況。
釣果の方もホームは厳しいのは判ってるけど、昼には戻らなきゃならないので遠出もできない。
ということで、人の少なそうなマイナーポイントをメインに入ってみることにしました。

まずは、渓相の綺麗なポイントから。
以前入った時のこのエリアは、渓相は良いのだけど魚影が少なかった。
はたして、その後はどうなってるか?
しかし、ここしばらく雨が降ってないせいか、かなり減水している。
おまけに、魚影が薄いのはそのまま。
クリアな水で、水量も減ってるので、水深のあるエリアも底が見える状態。
当然ながら苦戦。(笑)
水深のあるところをメインにキャストしながら釣り上っていったけど、なかなか反応がない。
良い感じの落ち込みや水深のある瀬もあるんだけど、しばらくはチェイスすらなし。

岩盤の壁の近くの木が川に覆いかぶさってるところで、小さな落ち込み下でやっとチェイス。
少し上って落ち込みの下流でやっとチビイワナがヒット。
ヤマメを期待していたけど、この辺にはいないのかなー?

その上の水深のある瀬も期待していたけど、数回チェイスはあったものの食ってこない。
水量が少なく、普段なら水深のあるポイントも浅いし、普段から浅いところは勝負にならない状況。
そのまま上の落ち込み区間に入ったものの、そちらではチェイスもなく、更に上の大場所を通り過ぎ...
一旦諦めて陸に上り、少し移動。

こちらも水量が少ないせいか、しばらくは魚影もなく、そのまま護岸脇の深瀬へ。
ここは期待していたけど、落ち込みの流れも弱く、かなり水深が少ない状態。
それでも、対岸寄りの木のあたりを通したら、そこそこサイズがチェイス。
最初のチェイスで食わせられなかったので、もう駄目かと思ったけど、奥に放り込んで引いてきたところで再びチェイスしてきて、いったんポーズを入れたところでヒット。
寄せてみると小さめのイワナ。
まだまだ小さいけど、さっきよりはサイズアップ。

しかしその後は、途中の落ち込みや、深瀬などを探りながら上っていったものの、どうも反応が良くない。
数回チェイスがあったものの、ルアーからは距離が離れている状態。
ということで、諦めて車に戻った。

一旦休憩を取ったものの、次に入るポイントが思い浮かばない。
ということで、帰り際に別な支流に寄ってみることにした。
先日は下流部に入ったけど、反応はイマイチ。
ということで、今度は中流部へ。
しかし、この辺もまったく反応がない。

しばらく上った堰堤下はある程度水深がありそうだったけど、先ほどまではいなかった餌釣り師がいつの間にか出現していた。(笑)
声をかけると全然駄目とのこと。
餌釣り師がいるので、その堰堤は諦め、堰堤上の区間へ。

その先には、農業用水の流れ込みが分流で流れていた。
幅は1m程度だけど、ある程度水深がある早めの流れになっている。
とりあえず、その分流の流れから探ってみると、ルアーに変な反応があると思ったら、目前まで良型の魚影がチェイスしてきていた。
しかし、流れが速いせいか、食わせるタイミングを作りづらく、食わせられないまま魚影はUターン。
油断していて、完全に姿を見られてしまったせいか、あとは出てきてくれなかった。
んー、残念。
良型ヤマメじゃないかなー?
やっぱり刺してきていたか...
あのルアーへの反応は、たぶんフックに魚がアタックしていた反応なんだろうなー。
水深もあって良い感じの流れなんだけど、幅がないのと流れが速いので、ルアーの動きが限定されるのが辛いところ。しばらく前後を探ったり、上の堰堤を探ったりしたものの、反応がないので諦めることにした。
車に戻る途中、先ほどの堰堤の餌釣り師が消えていたので、護岸の上からキャスト。
すると、大きな魚影がちょっとチェイスした後、泡の中へと消えていった。
40cmはありそうな良型。
たぶんイワナだろうな。
しかし、その後は出てきてくれない。
下流側にキャストしたところで、通常サイズの魚影が数回見えた程度。
川に下りてキャストもしてみたけど、後は反応がないので諦め、家路についた。

今日は気持ちの良い景色の中での釣りができたけど、魚影が薄いのがきつかった。
最後に入ったポイントで、良型が2チェイスだったけど、どちらも最初の1投でしか出てきてくれない状態。
日も高い時間帯だったし、朝一ならもう少し反応は良かったのかも。

シーズンも残りわずかだけど、どうもこのまま終わってしまいそう。
雨も降らない(大雨が降られても困るけど)し、厳しい終盤戦となりそうです。
続きを読む>>
  • -
  • -

秋ヤマメ

今日はJAMESさんと、朝だけ釣行へ。
最近のホームの水系は釣れる気がしないけど、いくつか気になるところはある。
ということで、その中のひとつを選んでみました。
ここは、魚影はそんなに濃くないし、去年の増水で大きな痛手を受けた河川。
でも、この時期、良型が刺してきているんじゃないかとの期待もある。
とりあえず、調査の意味と渓相チェックの意味も含めての釣行。
ついでに、最近私は、良型のバラシが多く、フッキングが甘いのが原因っぽい。
フッキングの甘さはアワセの弱さもだけど、ロッドの張りも問題がありそう。
ということで、ついでに固めのロッドで効果をテストしてみることにした。

まず入渓下のは、以前は実績のある最高の落ち込みと淵があったポイント。
しかし、去年の大雨で川筋が変わりすっかり埋まってしまっている。
そこで、一応下流側に下って、下の落ち込み付近からスタートしたものの、反応はイマイチ。

JAMESさんに、落ち込み下等でチビのチェイスはあったものの、やる気がなく距離を置いたままのチェイスだったらしい。

そのまま上って、岸沿いの流れを探った後、水量のある落ち込みの前を探る。
対岸寄りの流芯を奥から狙ったものの反応がないので、手前側の泡立ちの前を通したところでヒット。
今日はいつもとは違う固めのロッドを使っていたので、ガツンとアワセた後、一気に寄せる。
寄ってくる魚体のサイズはまずまずで、どうやらヤマメみたい。
走ろうとする魚体を押さえ込みながら一気にズリ上げると、綺麗なヤマメ。
サイズも尺には足りないけど、20cm台後半の久々のサイズ。(最近このサイズはバラシまくりでしたので...汗)
やりました。
これで今日は満足。
この辺まで刺してきているんじゃないかとの二人の読みはバッチリ当たったわけですね。(^^;

それにしても、ロッドを変えた効果はバッチリ。
最近のバレの一番の原因はアワセだと思っていたけど、固めのロッドでしっかりアワセがはいったみたいで、ガッチリフッキングしていた。
これが、いつものロッドだと、アワセをロッドに吸収され、刺さりが悪い状態で抜けやすいのだろうなー。
やっぱり新しいロッドが欲しいもんだ。(笑)
トゥイッチングした時の動きも違うし、キャストもライナーにしやすいし、張りのあるロッドは使いやすいかも。

しかし、その後は再び釣り上っていったんだけど、やっぱりこの川はポイントが少ないのが問題。
渓相が変わったことで、深いポイントが激減。
川虫も少ないし、数年間は厳しそう。

ほとんどチェイスもなく、たまにあってもチビって感じだったけど、上ってったところの崩れたブロックがあるあたりから、ブロック下の対岸のくぼみのあたりがちょっと深そう。
水流が弱いのが問題だけどと思いつつも「絶対いますよ」と言うJAMESさんの言葉に従い、対岸くぼみの奥へキャスト。
すると、引き始めてすぐにヒット。
これもまずまずサイズか?
一気に寄せて岸にズリ上げると、今度はイワナ。
以前にラインに巻かれたのが、痛々しい傷があるものの、20cm台後半のまずまずのサイズで納得。

しかし、その上流の一番期待していたエリアは、すっかり土砂で埋まって深さがない。
反応もないので、そこで終了。
時間もちょうどということで撤収になった。

今日は途中途中でJAMESさんといろいろ話をしながらの釣りで楽しかった。
それに、この時期のこの辺に良型ヤマメが入っているかの調査という目標も達成できたし、久々まずまずサイズをバラさずに釣り上げられたし、固めのロッドでの感触も試せて、今後に繋がりそうなデータも入手できた。
朝だけの釣行だったけど、大きな収穫のある釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

久々の川 2

今日はちょうど水が落ち着きかけた川に行ってみました。
昼までの予定でやなさんとご一緒。
今日はまーくんも来て、車の中でお留守番している中、下流部から入渓。

水色は良いし、水量もあって良い感じ。
しかし、今日も反応がイマイチ。
原因はなんだろう?
と思いつつしばらく釣り上ったけど、これといった反応がないので、もう少し上流に移動してみることにした。
途中数箇所を探ってみたものの、反応がイマイチ。
中流のロングランコースに入ってしばらく上ったところでやっとチェイス。
しかし、食ってくれない。
更に上って行き、落ち込み下の深瀬の脇にキャストしたところで、やっとチビヤマメがヒット。

すっかり色づいていて、秋を感じさせる。
酷いボサの中など藪漕ぎで大変な思いをしながら釣り上ったものの、それ以外はこれといった反応がない。

数箇所移動した後、上流部にかかるあたりで、やなさんの目の前を、ペアリングした尺ものが移動してったくらいで、後はたまにチビのチェイスがある程度。
その少し上流で、やっと私にも20cmくらいの魚影が猛然と追ってきたものの、1チェイスだけで終了。
その辺で昼近かったので諦め、上がることにした。

帰り際、道端を歩いているルアーマンを見かけたものの、私はそのままスルー。
やなさんがスピードを落としたのを見たものの、私はそのまま通り過ぎちゃったけど、後で聞いたらCさんだったらしい。
Cさんもイマイチの状態ってことだったから、私達が出せなかったのもしょうがないでしょう。(笑)
その後、下流でもちょっと寄り道したものの、ここでも1チェイスのみ。
ちょうど昼になったので、そこで終了し帰路についた。

今日は反応が厳しかった。
いないわけではないと思うけど、すっかり秋モード。
食い気がないのかなんなのか?

落ち葉が舞い散る秋の渓流って感じで、釣果を別にすれば気持ち良い釣行でした。
すっかり秋。
シーズンも残りわずか。
なんか寂しくなってきますねー。
続きを読む>>
  • -
  • -

久々の川

今日はやなさんとご一緒してきました。
今日の目的地は、私にとっては久々の川。
大物を狙っての釣行です。

早めに目的地近くのコンビニに集合した後、初めてのポイントに向かいました。
現地に着くと、水量は適度。
ここもあまり雨の影響はなく、水量も多くはなく濁りもあまりない状態。
でも、水量のあるあたりは適度な透明度で期待が膨らむ...

まずは、大物ポイントを釣り上っていったけど、なんか反応がない。
水も良い感じだし、渓相は最高なんだけど、全然反応がない。
上っていくにつれ、チビのチェイスが数回あった程度で、そのまま退渓ポイントにたどり着いたところで、右の小さめの落ち込み下でやっと20cmオーバーが1チェイスしてきた程度。
なんか、今日は活性が低い感じ。
流れの中からチビのチェイスがあったりしたものの、良型は全然出てこない。
いないというよりも、活性が低くて出てこない雰囲気。
これは厳しそうということで、思い切って河川変更してみることにした。

現地に着いてみると、こちらも水量が少なめ。
どうも奥羽山脈系は雨の影響をあまり受けなかったみたい。

まずは、最初のポイントへ。
しかし、出てこない。
そうこうしていると、やなさんが堰堤下の対岸の流れで、ダウンで引いていてやっとヒット。
20cm台前半から中盤にかけての綺麗なヤマメ。
ダウンじゃないと出てこないってことは、活性がそうとう低そう。
その後もヤマメが出てきたみたいだけど、アップやクロスでは全然反応がない。
堰堤上まで行ったところで移動。

次のポイントも、最初の落ち込みでやなさんにチェイスがあったらしいけど、その他は反応なし。
しばらく上って行き、瀬の中の石の下を狙ったところでヒット。
お、まずまずサイズ。
しかし、引き方がなんか変?
と思いながら寄せると、またしても鮎。(笑)
しっかり背がかりした鮎は24cmとナイスサイズ。
鮎の稚魚なら釣ったことはあったけど、今年はなぜかまともサイズの鮎が釣れる。
なぜでしょうねー?(笑)

しかし、その後は反応もないまま退渓ポイントに到達。
次のポイントへ。

次は少し下流の橋から入ってみた。
まずは、落ち込み下はやなさんに任せ、落ち込み上の対岸にクロスでキャストし引き始めた途端にヒット。
今度も良型。
走り回る魚影を寄せてくる途中、色づいたパーマークがしっかり見える。
今度こそヤマメだー。
と、寄せてくる途中でスポーンとミノーが抜けた。
またバラしたー。
こうなると病気。
やっぱり良型ヤマメとは相性が悪いようで...(泣)
もう、言うことはありません...(泣)

その後は釣り上っていったものの反応はなし。
そのまま支流に入り、しばらく上った堰堤の下流で、岩の間の流れの奥に、やなさんのキャストが見事に決まったところでヒット。
今度も綺麗なヤマメ。

しかし、その後は反応がないので本流に戻り、上の堰堤下で、やっと私にもチビヤマメがかかった。
チビしかかけれないのは、運命かも。(笑)

その上も行ってみたものの反応がないので、そこで終了し、もう一度最初の川に戻り、今度はさっきよりも下流に入ってみた。
しかし、鮎がキラリキラリと泳いでるのが見える程度で反応なし。
すでに夕方ということで諦め、帰路についた。

今日は厳しかった。
反応がイマイチ。
そんな中ヒットした良型ヤマメをまたしてもバラしてしまったのは痛恨。
代わりに上がったのが良型鮎とはこれいかに?(笑)
ま、釣果はイマイチだったけど、渓相の良いポイントも覚えられたし、楽しい釣行でした。
やなさん、ありがとうございましたー。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

偵察 3

たまたまホームリバーの近くまで行ったので、雨上がりの濁りを期待して、午後も遅めに様子見へ。
しかし、途中の川には、けっこう鮎釣り師の姿が見える。
水色も問題なく、水量も少なめ?

とりあえず、途中のポイントに寄ってみると、増水も少なめで濁りも少ない感じ。
あまり雨が降らなかったのかな?
続いて大物期待の堰堤に行ってみると、こちらは水が少なく、ほとんどクリア。
はっきり言って勝負にならない条件。
堰堤を乗り越えようとジャンプしている魚影が見えたけど、反応はなし。
上の区間もまったく反応がないので、早々に離脱。

最後に支流に寄ってみた。
先日JAMESさんやつかさんと入ったエリアの上はどうなってるのか様子見。
今年はそのエリアは初めてだけど、渓相は以前とかなり変わっている。
でも、水量も濁りも少ないけど、ところどころに良い感じのポイントがあるのは変わってない。
しばらく上って、落ち込み下へロングキャストし、アップで引き始めたところでヒット。
お、グリグリ泳ぎまくる。
ロッドも曲がってるし、良い感じのヤマメ。
追いアワセを入れ、ギアチェンジしたように突然走り回るヤマメを寄せつつ、ネットを取り出したあたりでスポーンとルアーが抜けてバラシ。(泣)
また、やってしまった。
今年はヤマメに縁が薄いのだろうか?

原因を分析するといくつか考えられることがある。

状況は、
1.ロングキャストでヒットした後、ある程度近くまでは寄せたけど、ヤマメは逃げようとそのあたりで走り回っていた。
2.一応追いアワセは入れた。
3.寄ってきた時点(というか途中)ですぐにネットを取り出そうとして、脱落防止の紐をはずさずにインスタネットを取り出し、それから紐をはずすのに手間取った。(←紐問題は以前も失敗の原因になっている)
4.そんな中、ヤマメが反転して走り出した直後に、ルアーがスポーンと抜けた。

原因は、
1.やはり、アワセが弱いのかも。
ロッドの特製の関係か、アワセが伝わりきってないというか、弱くなってしまうのかも。
ということは、もっと大きなアワセが必要なのか?
それと、リールのドラグをもっときつくするという手もあるのか?
2.ネット問題があるかも。
紐をあらかじめはずしておくとか、紐をもう少し長くするとか、ネットを出す段階で手間取らないような工夫は必要かも。
あと、インスタネットでは一気に掬えないので、木製のネットの利用も考慮するべきか?
3.強引に寄せすぎてる?
もう少しいなして暴れない様に休ませると良いのか?
でも、早く取らないとバラシそうでついつい焦っちゃう。
4.寄せた後やネットイン直前のロッド角度と魚の動きが合ってないのか?
もしかしたら立ててしまってたかも。

改善点は、
1.一番の改善点はロッドで、それを変えるだけでかなり状況は変わりそう。
でも、懐も厳しいし、ここまでくると意地も出てくる。
どうせなら、このロッドで良型をとりたいものだが...(笑)
2.アワセを大きく強く。
下手するとバラシの原因にもなりかねないけど、ロッドの特製に合ったアワセを見つけないと...
3.ヒット後の寄せ方を、もう少し工夫する余地があるのかも。
無理に一気に寄せない?
ただ、これはどんなものだか、やってみないと判らない。
4.ネットインで手間取らない工夫と、ネットインの際のロッドの角度に気をつけること、ネットインの練習が必要かな。
5.フックの種類の変更やサイズアップなども、もしかしたら効果があるかもしれないけど、できれば今のままで行きたいんだけどなー。

良型ヤマメの模様まで見た後のバラシでショックを受けたけど、ここにも居るってのが判っただけ収穫。
その後も、良い感じのポイントを探りながら上ってったけど、尺イワナのチェイスがあった程度で、日も暮れてきたので帰路についた。

基本的に水量が足りない川だけど、渓相は綺麗で良かったなー。
時間がなくて、ゆっくりしてこられなかったけど、今度時間があるときに、もっと探ってみたい川でした。

今日は、思ったよりも雨の影響がなく期待はずれ。
それに、せっかく出てきた良型ヤマメをバラシたし、釣果は厳しい状態だったけど、支流の偵察は良い感じだった。
次に期待って感じの釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

ご一緒に その6

今日は久々つかボンさんとホームリバーへ。
朝一の用事を済ませた後の9時頃からの釣りということで、先に行って早朝から釣ろうかとも思ってたけど、いつものごとく寝過ごしてしまい、待ち合わせ時間のちょっと前に出発。
一箇所軽く様子見してから集合と思いながら走っていると、途中、JAMESさんとすれ違ったみたいで、「今からですかー?」とのメールが入った。
JAMESさんが出てるなら、やっぱり早起きしてれば良かったと思いつつ聞いてみると、一応まずまずサイズのヤマメが出たみたい。[良かったですねー(^^;]
「どこ入ったの?」と聞いてみると、見事に私がこれから寄ろうと思っていたポイントと同じ。(笑)
それでも、他に思いつくポイントもないのでちょっと寄ってみたものの、すぐに鮎釣り師が出勤しだしたので、大場所にも入らずに集合場所へ向かった。

つかボンさんと合流した後、とりあえず思いついたポイントに向かったものの、途中のポイントはすべて車が停まっている状態。
時間も時間で、朝からまわってれば数箇所まわれるっていうような遅いスタートだし、入るところがないかもなんて思いながら走っていくと、案の定、目的ポイントにも先行者がいて、他にも入渓者がいるとのことだったので、しばらく話をした後、入渓せずに速攻で移動。
思い描いていたポイントは入渓者がいそうということで諦め、ちょっと入りづらいポイントに向かってみた。

しかし、半分予想はついていたけど、イマイチ魚影が見えない。
おまけに、予想外に水が少なく濁りもなく、天気も予報と違って晴れてしまってる。
そんな厳しい条件の中、つかボンさんは数匹のイワナをヒットしていたけど、私はチビのチェイスのみの坊主状態。
一番期待していたポイントもノーチェイスで、このままじゃまずいということで、もう一箇所、離れたポイントへ車で移動。

こちらは先日JAMESさんをご案内したちょっとマイナー?なポイント。
しかし、こちらも、水量が少なくちょっと厳しいかな。
狙いのポイントではチェイスはあるものの、イマイチ食ってこない状態。
それでも、しばらく上がって、落ち込み下のここぞってポイントで、やっと私にもイワナがヒット。
これでボウズは脱出で一安心。
しかし、すぐに退渓ポイントで、ちょうど予定終了時間だったので、その先には進まず、今日の釣りは終了となった。

つかボンさん、へっぽこガイドで申し訳ない。
大物狙いのはずが、全然駄目でしたねー。
最近のホームは厳しいとは言え、期待してたんだけどなー。
でも、まずはいろいろ話もできたし、短時間の釣りだったけど楽しかったですね。
どうもガイドに連敗中ですが、次回こそ、成功したいものです。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

ご一緒に その5

いつものごとくの遅い就寝の後、寝ていたら、まめむしさんからのメールで叩き起こされました。
とはいっても、普段から「24時間いつでもOK。お誘いください」と言っている手前、文句をいう筋合いもない。(笑)
そのままお誘いに乗って、まめむしさんとムロさんと川へ行ってきました。

途中で集合し、ムロさんの車に皆で乗って現地へ。
やっぱりいろいろ話しながらの道行きは楽しい。
尺ヤマメを釣りたいとか、まずは25cmを目指すとか、和気藹々と目的地へ向かいました。

今日はまず、私は2年ぶりくらいになる支流へ向かいました。
現地に着くと、まずは最初の橋のところから入渓。
そのまま釣り上る。
しかし、今朝の本流はまだまだ水位も高く、濁りも入っている状態。
支流も濁りは取れて良い感じなものの、水量は多め。
水温も低めなんじゃないかな。
そのせいか、反応が芳しくない。
小さな魚影は時々見えるものの、ヒットがない。
そうこうしているうちに、落ち込み下に岩があって流れが巻いているところで、岩脇に落として引いてきたルアーに今日のファーストヒット。
岩下から出てきた魚影がチェイスし、流れの下流で反転したところでヒットしてきたものの、バタバタって暴れたところでバラしてしまった。
チビではなかったからたぶん20cmちょいのやつだと思うけど、貴重な反応なのに残念。
なんか、今日も最初に釣ったのにバラしてしまって幸先悪いなー。(笑)
その後は目立った反応もないので、しばらく上がったところでポイント移動。
上流って手もあったけど、そのまま川を変えてみることにした。

次に入ったポイントも水量が多めなものの、濁りも適度で良い感じ。
下の堰堤から入り、すぐのあたりで、対岸ギリギリにキャストしてきて引いてくる途中でアタリがあったものの、すぐにバレ。
更に少し上り、対岸の木の枝脇のへこみの奥まで入れて引き出したところでヒット。
今度はしっかりフッキングしたみたいで、抵抗を受けながらも寄せる。
下流で見ていたムロさんは、リトリーブにしてはずいぶん矯めていると思ったらしいけど、良い感じで寄せた後、無事ネットイン。
まずは、尺はないけどまずまずのサイズのイワナ。
岸に持っていき測ってみると27cm。
これでボウズは免れたし、そこそこのサイズでうれしいな。
その後、出合いのアタリには魚影があったものの反応しないので移動。

次は少し下流の落ち込み下へ。
ここでも手前の小さな方の流れの落ち込み下流で早速ヒット。
今度は小さめだけどヤマメ。
しかし、その後は、時々チェイスはあるものの、なかなか成果が出ない。

数箇所移動したところで、ムロさんにも今日の初ヒットが出て、これで残るはまめむしさん。
一旦上流へ行ったところで、ついにまめむしさんにもヒット。
しかし、寄せてみると何か変。
なんと、こんな絶好のポイントなのに、あがったのはウグイだった。
岩盤脇から出てきた時にはヤマメを確信していたみたいで、ショックを隠せず苦笑いのまめむしさん。
それでこの辺は諦め、本流との出合いへ。

しかし、この辺は以前とは地形が変わってたりするし、水量も多くてなかなかポイントに入れない状態。本流は流れも強く、濁りもまだまだ強かったせいか、これといった反応もないので移動。

次に入ったポイントも、流れが強く濁りが強いせいか、数回のチェイスがあったのみ。

更にその後入ったポイントも濁りも流れも強めだったけど、ここはチャンスはあるか?
と思いつつ、キャストをはじめると、対岸のへこみ近くにキャストして流れの中に引き始めてすぐにヒット。
流れに乗せて一気に寄せ、そのままズリ上げると、良い感じのヤマメだった。
暗くて写真写りがイマイチだけど、実際の魚体は綺麗だった。
少し上ると、中盤の深瀬のエリアで、ムロさんもヤマメを連続ヒットしたとのこと。

今日は活性が低いせいか、ギラギラのアピールを狙ってリッジを多様してきたけど、深瀬のエリアということで、沈めることを考えて、D-ダイレクトにチェンジ。
すると早速成果が出て、20cm台中盤のイワナがヒット。
それに気を良くして、再びリッジに戻した後で、落ち込み上の対岸の切れ込みの一番奥にキャストし、ヒラヒラさせながら引いてきたところでヒット。
水面でバシャバシャ暴れさせてしまい、再びバラシ。
今度のは大きそうだったので残念。
その後は反応もなく、しばらくして再びポイント移動。

その後は、まだ釣れてないまめむしさんに釣ってもらうべく、数箇所を回ったものの、更に水温が下がって活性が低くなってきたせいか、釣れたのは私のチビヤマメのみ。
暗くなってきたので、そこで諦め終了となった。

今日は、私は尺には足りなかったもののまずまずサイズのイワナもヤマメも釣れたけど、尺ヤマメを狙って来た訳だし、時間的にもフルタイムで入った割には、サイズも数も出なくて残念。
水量も多く、濁りも強く、流れも強く、水温も低く、晴れなかったので水温も上がらず...
あまり条件は良くなかったのかも。
それでも、ムロさんと初めてご一緒できて、ムロさんの釣りも見れたし、一緒の車でいろいろ話もできたし、楽しい一日でした。
運転のムロさん、ガイドのまめむしさん、ありがとうございました。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/6 >>