Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

久々のG湖

ひげさんのミノーのスイムテストも兼ねて、久々G湖に行くことになりました。
遅めに集合して現地に向かう途中、せっかくだからまめむしさんにも声をかけようということで寄り道。
幸い居たので、準備する間ちょっと待ってから、三人で現地へ。

時はすでに昼近くで、慌ててポイントに入る時間でもない。
ということで、まずは数箇所様子見がてら覗きに行ってみました。

まずはスイムテストに良さそうな場所ということで一箇所入ってみて、軽くテスト。
一応魚影も見えたけど、ここは大物はいるばしょじゃないので、少しテストしたところで移動。

次の場所では、そのままポイントに向かう二人と別れて、私は奥からスタート。
すると、小さい魚影がチェイス。
小さいのが慌てずに追ってくるところをみると、警戒していないということかもしれないし、大きいのはいないのかな。

探りながら移動して二人と合流。
そちらも、小さめの魚影がチェイスしてくるけど、大きい魚影は見えないとのこと。

暫く探ったものの、ライズも見えないし反応もないので、狙っている時間帯の3時が近づいてきたところで、本命のポイントに移動。

しかし、こちらも大きいライズはない。
というか、ところどころで小さな魚がたまにライズしてる程度。
うーん、今日は天気も良いし波もないし、厳しそうだ。

まめさんが本命外のチビをヒットした程度で、大物の気配はないまま時間は過ぎていく。
結局そのまま日没ということでタイムアップ。

ま、G湖はこんなもんでしょう。
この天気だと、朝一じゃなきゃ厳しかったのかも。
それでも久しぶりにロッドも振れたし、ミノーのテストもできたし...

しかし、この時期に流れの中で釣りのできるポイントが欲しいなー。
南の方と違ってこちらは管釣りが発達してないから、あまりないし、あってもポンドばかり。
ストリームの管釣りが欲しいところだし、冬の間もできるところがあったら良いのにな。
屋内と屋外の組み合わせで、降雪期にも釣りができたり、暗い時間帯もライトアップしてたりなんてところがあると面白いだろうな。
でかい建物で、室内にストリームもある管釣りがあったり、ついでにアウトドア用品や釣具の店や、食事どころや、どうせなら室内全域を樹木などで雰囲気作りして、室内キャンプ場などもあれば...
膨大な金がかかるだろうから、まずはありえないだろうけど、そんな妄想を笑いながら話し合いながら帰ってきました。(^^;

楽しい楽しい交流会

●下準備編

最初はひげさんの一言からスタート。
「みんなで集まりたいよねー。反省会したい。」
それに合の手を入れた私。
「そうだよねー。やりたいよねー。」
なんて、たわいない会話から企画スタート。

そんな話をしているうちに盛り上がり、「ひげカップ」と合同企画なんて流れに...

実はこんなこと、以前にもやってたんです。
2005年の10月21〜22日にG湖畔のキャンプ場で。
「第一回ひげカップ」と銘打ち、釣りとバーベキュー&キャンプのセットでの企画。
優勝商品は「DO-LUCK ひげミノー」ということで、燃えまくったメンバーが集まり、夕方からバーベキューで酒盛りやって大盛り上がり。
燃えすぎた皆さんは深夜まで飲みまくり、おかげで大会本番の朝は、無理やり起こしたつかボンさんと私のみがキャストしてました。(笑)
結局、2名しか起きられなかった「ひげカップ」は幻と消え...(笑)

後に、2006年6月3〜4日に「第二回ひげカップ」が行われ、つかボンさんが優勝。
ということで、今回が「第三回ひげカップ」?


その後、ひげさんに「どこが良い?」とかいろいろ聞かれ、知ってる限りの情報を提供。
今年の秋は早い気がして、なんか寒いってこともあり、とりあえず、他の候補地も下見してみようということになり、一回下見の旅へ。
近場をメインに山際や里近くとかいろいろ回ってみました。

メンバーからも、「寒いのは嫌」という意見もあって、結局、G湖は諦めて、キャビンが安く使える「都南つどいの森」に場所を決定。

後は持ち物等の打ち合わせを重ねて、とうとう決行とあいなりました。

●本編

開催期日は2009年の10月17日〜18日に決定。
場所は都南つどいの森でキャビンを借り、バーベキュー&酒盛りをして、翌日には「第三回ひげカップ(仮)キャスティング大会」を開催ということになりました。

各方面に声をかけていたけど、仕事が忙しかったり、試験があったり、用事があったりと「残念ながら不参加に相成りました」なんて人もいて、結局集まったのは7人。
参加メンバーは、ひげさん(幹事&大道具担当)、Yuu(幹事補佐?&大道具担当)、根が坊さん(食事&調理機材担当)、つかボンさん(つまみ担当)、kazuたかしさん(小道具担当)、JAMESさん(仕事のため夜のみ参加)、スペシャルゲスト(シークレット)ということになりました。

当日は、直前まで「話のネタ」(釣果の写真や今年の釣果情報他)をまとめたり、キャンプ道具を引っ張り出したりして大変だったけど、どうにかそのハードルもクリアし、パッキングといえない状態でバッグに放り込んだ大荷物を車に詰め込み、ひげさんとつかさんと連絡を取り合いながら早めに集合。
ちょっとした買出しをしてからつどいの森へ。
現地に着いたのは、受付開始の2時ちょうど。(笑)
さっそくキャビンを2棟(1棟一泊2千円)借り、片方には電気(500円)もお願いして、後は車を交代でキャビン横まで持っていって荷物降ろし。

下見の時には見れなかったけど、キャビンの中も良い感じ。
「これで2千円(一棟四人)は安いよねー」「前回と違って寒い夜を過ごさないで済むねー」なんて言いながら準備開始。

あーだこーだ言いながらタープの位置を決めて、まずはタープ張り。
「張り方忘れた」なんて言ってるひげさんの指示で、どうにか設営完了。(笑)
その後はテーブルを並べたりイスを並べたりしたものの、バーベキュー道具が来ないことには、位置決めもできない。
そうこうしているうちにkazuたかしさんが登場。
ひげさんとは初お目見えということで、軽く紹介&挨拶をした後、さっそくkazuさんの小道具でコーヒーを沸かし、まったりと話をしながら他のメンバーを待ちました。

時間があったので、宿題となっていた各自の釣果の写真を見せ合ったり、イワナ池にイワナを見に行ったり(釣り人の集まりだから、皆が心が騒ぐ状態...笑)してから翌日のキャスティング大会用のタックルをひげさんが試用。

実は数日前にひげさんと打ち合わせを行い、キャスティング大会用のタックルは、イコールコンディションを狙って、「使ってないタックル」「変なセット」というコンセプトで、ちょうど私のところにあった未使用のしょぼいロッドを使うこととしてました。
持ち出したのは、管釣り用みたいな柔らかさの56のパックロッド。
それにリールは普通のをつけ(変なリールを使いたかったけど、ちょうど良いのがなかったので)、ルアーはフローティングの35mm・2gというセット。
張りのない柔らかロッドで2gのミノーをキャストし、離れた木の根元に置いた段ボール箱に入れるという感じです。

ロッドを振ったとたんにひげさんは大絶賛。
「最高、超難しい(笑)」
箱を置いた木のは、少し上にいくらか枝も出ていて、シェードの下に投げ込むシュチュエーション。
難しいです。
おまけにタックルが...(笑)
賞品提供で競技参加しないひげさんは、本番用の滅茶苦茶タックルで挑戦するものの、さすがのひげさんもなかなか入れれない状態。
本番タックルは他の人は試用不可(イコールコンディションのため)ということで、他のメンバーも、つかさんの高級タックルを借りてちょっとだけ練習。←良いのかな?(笑)
こちらはさすがに狙えるものの、本番用は難しそうだなー。(笑)

そうこうしているうちに、料理担当の根がかり坊主さんが登場。
私もkazuさんも、根が坊さんとは実際にはお会いしたことがなかった(ウェブ上では話してたけど)ので挨拶大会をしてから、準備開始。
バーベキューコンロやダッジオーブン、その他大量の機材と食材を配置し、早速炭起こしスタート。

炭も起こり、暗くなったところで、スペシャルシークレットゲストのチャップ横田さんが登場。
今回は、北海道遠征前夜ということなのに、わざわざおいでいただきました。(^^;

初顔合わせの皆さんとのご挨拶が終わって、荷物をとりあえず車から降ろしてから、焼き焼きスタート。

遠野ジンギスカンからスタートし、焼肉、焼き魚、他いろいろ食べながらの会食。
つかさん特製の「さんまのなめろう」「塩キャベツ」「特製煮卵」や、kazuさん特製の「貴重なワカサギ燻製」、チャップさん持参のなかなか手に入らない焼酎(すいません。名前を忘れました)、その他のアルコールと、盛りだくさんのメニュー。
そのうちに、根が坊さんの「特製いものこ汁」も登場。
凄い...(^^;

チャップさんとひげさんのコアなミノー談義とか、いろんな経験談、その他貴重な話を聞きながら、思い出話に盛り上がりながら夜も更けていく...
楽しかったー。(^^;
夜も更けてきてから、雨がパラつきだしたところで、後片付けをしながら荷物をキャビンに移して、民族大移動開始。

すっかり出来上がったチャップさんを引っ張って、場所をキャビンに移すと、今度はチャップさんのDVD(根が坊さん持参)を見ながら更に盛り上がる。
担当者(←やなさん?...笑)欠席で、駄洒落全開のチャップさんに適切な合の手が入れれないでいたメンバーだったけど、この頃には暖機運転も終わっていて、DVDに映った魚影に「ニジマスだー」と言うチャップさん(釣った本人)に速攻で「ブラウンでしょう(笑)」と突っ込みを入れるひげさんとか、すっかり出来上がってる状態。(笑)
それまで、合間を見つけては料理をしたり翌日のための仕込をしたりと奮闘の根が坊さん(ほんと、ありがとうございます)が船を漕ぎ出し、年寄り組み?(つかさん、ごめん...笑)もグロッキーということで、そこで一旦お開き。

前述のメンバーの介護?をkazuさんに任せ、寝部屋へ送り込んだ後、ひげさんと私の二人でDVD鑑賞を再開。
すると、30分もしないうちにJAMESさん登場。
惜しかったー。
あとちょっと早く来れれば、まともな食事にありつけたのに?
JAMESさん、申し訳ない。(笑)

その後は、DVDを見て、JAMESさんとひげさんの自作談義、設計の話を聞きながらも、私も眠かったので、順次急かしながら寝る体制に持って行きました。
そのまま2時半過ぎに電気を消し、ライトをつけながらアイディアを練っているJAMESさんを残して就寝。

寒いと思っていたのに意外と暖かい夜だったし、キャビンでは電気ストーブも使っていたせいか、なんか暑くて寝苦しい。
シートを敷いてから寝袋をしいていたけど、慣れない布団?で腰も痛くなるし、熟睡できない。
と思いながらもいつの間にか寝入っていると、JAMESさんの逆襲か?(笑)
突然のバタンという音で目が覚めると、JAMESさんの手が目の前に。
寝返りを打って横に半身になったJAMESさんが私の領地を侵略中。(笑)
ちょうど時間は4時半で外で人の気配がしたし、寝苦しくて眠れそうになかったこともあって私も起床。
真っ暗な外に出て炊事場に行ってみると、やっぱり起きてたのは根が坊さん。
一人で起きての朝食準備、お疲れ様です&ありがとうございます。

役立たずの私が邪魔する中、いものこ汁を煮たり、秋刀魚の炊き込みご飯を作ったりと奮闘中。
そういえば、前夜のキャビンへの移動の頃に、kazuさんが瞬時に秋刀魚を三枚におろしたり(見事でした)と、下ごしらえしてましたねー。

昨夜のキャビンへの移動の際に、雨に備えて濡れたら困るものを移動したりしてたのが幸いしたけど、夜中の強い雨でタープの中まですっかり濡れていて、イスも使えない状態。
そんな中、根が坊さんと二人で、いろいろ雑談しながら、夜が明けて皆が起きてくるのを待ちつつ、パーコレーターでコーヒーを入れて飲みつつ朝食準備。(^^;

昨夜、燃えるゴミの袋を下においておくとヤバイ(動物が食い散らかしに来たら大変)と思って、念のため、炊事場の流しの中に入れておいたんだけど、そのビニール袋に食い破った跡があるとか、いろんな話をしているとkazuさんが起きてきた。
すると、その原因が判明。
kazuさんは眠れず、夜中にトイレに起きてきた時、逃げていく狐を見たそうな。
そういえば、ゴミの袋の上に入れていた、秋刀魚の骨がなくなっている。
狐が来て、持っていったんだなー。
なんて言ってるうちに、kazuさんは再度の就寝に挑戦にキャビンへバック。
すると、少したってからつかさんが登場。
早速コーヒーを所望するつかさん。(笑)

そのうち夜が明けてきて、皆さんが顔を出し始めたあたりで、つかさんがひげ&JAMESコンビを強制的に起こして全員集合。(笑)
そこから再びミノー談義。
前夜、すっかりひげミノーに魅了されたチャップさんに、明るいところで再度、ひげミノーを紹介。
いろいろこだわりのあるひげさんのミノーだから、実際にスイムテストしてみたいもんですよね。
ということで、見事ひげミノーをゲットしたチャップさん。
その後、バラットやその他の明日から使うミノー(北海道遠征)も見せていただきました。
ミノーの品評会?ミノー談義をしているうちに時間もどんどん過ぎていき、タイムアウト寸前にJAMESさんに朝食を提供し、無事送り出したところで、私達も食事開始。
秋刀魚ご飯、いものこ汁、美味しかったです。(^^;

食事をしながらいろいろ話し込んでいると、いつの間にか残り時間がなくなっていて、慌てて撤収準備。
どうにかこうにか荷物をまとめ、時間ギリギリに鍵を返しにいけたのは良かったけど、キャスティング大会の時間がなかった。
ということで、鍵を返してから、キャビン前で大会開始。

しかし、難しい...
まぐれだろうけど、昨日、つかさんのロッドを借りた時は、私は3投目で入れれたのに...
柔らかグニャグニャロッドに苦戦し、惜しいショットはあるものの、入れれない人続出。
各10投で交代だったけど、全員挑戦したのに誰も入れれず、第二クールに突入。
と思ったら、管理の人に掃除するので移動してくださいと言われて、そこで大会も強制終了。(笑)
下の駐車場でという手もあったけど、もう良いでしょうということで、優勝者無しでも満足のまま、駐車場へ。
そこで記念写真を撮ってから、順次別れて帰路につきました。
いやー、楽しい交流会でした。
貴重な話をいろいろ聞けたし、いろいろ話もできたし、美味しいものも食べれたし...
楽しかった。(^^;

当初予定では、今年のさまざまな反省と分析、情報交換の予定だったけど、盛り上がってその辺の詳しい話はできなかった。
でも、楽しかったから、これもありでしょう。(^^;

忙しい中、駆けつけてくださったチャップさん、ありがとうございます。
食事の用意をすっかり任せてしまい、奮闘して大変だった根が坊さんありがとうございます。
企画のひげさん、そして、さまざま楽しませてくれた皆様、ほんとありがとうございました。

楽しい一夜もあっという間に過ぎちゃったけど、次は何があるのかなー?
チャップさんの遠征報告会?
そして、今度こそ今年の反省会?
楽しい時間がまたまた訪れると良いなー。
ほんと、釣りって最高!(^^;

最終日

泣いても笑っても、今日が渓流の最終日。
昨日の釣行の後、反応を考えて、遠出も検討に入れながら、今日は一日歩き回ろうと思っていると、前日夜につかボンさんから連絡があり、つかさんも出撃するとのこと。
それを聞いたとたんに、あっさり方針転換。
「最終日だし、釣果は気にせず、ホームで終わろう」
ということで、明るくなってからつかさんと合流し、昨日の状況と最近の状況を考え、幾分でも魚影の多かったポイントから入ってみることにしました。

現地に着いてみると、さらに幾分水位が下がってる感じ。
それでも入渓して少し行った所にある落ち込み下の深みで、さっそくチェイス。
しかし、人影を見てすぐに引返していって、後は反応がない。
後はひたすら、そんな繰り返し。
チェイスだけはいっぱいあるんですけどねー。

すると、だいぶ歩いた後の、荒瀬の途中で、やっとチビをヒットしたものの、すぐにバレ。
すると、少し上を探っていたつかさんにもやっとバラシがあったそうだ。

更に少し上ったところでつかさんに尺イワナのチェイスがあったそうだけど、結局1チェイスのみで、後は出てきてくれなかったそうな。

そのまま上っていくと、チェイスする魚影のサイズも上がってきたものの、追い方もイマイチなので諦めて移動することにしました。

次のポイントに向かう途中で一旦つかさんと別れ、私はちょっと寄り道。

入渓点より入り、良い感じの護岸脇を攻め上ったものの反応なし。
後は上のエリアしかないかと思いつつ、途中の荒瀬を探って、ミノーをピックアップした瞬間に魚影を確認。
「尺イワナが追っていたー(泣)」
やっぱり最後まで気を抜かずにキッチリ確認するまではピックアップしてはダメという、基本を怠った罰でしょうね。
更に探ったものの、やっぱり二度目のチェイスはなし。

そのまま上って、上のエリアを探ったところでやっとヒット。
しかし、小さい。
おまけに、寄せてみるとギンザケ。
これじゃないのにねー。
そこで諦め、再び荒瀬を探りながら戻ろうかと思っていると、ひげさんから電話が入り、しばらく長電話。(笑)
思ったより時間がたってしまったので、慌ててつかさんの後を追いました。
すると、駐車スペースに見慣れた車が。
まめさん登場。(笑)

昨日の夜にメールで連絡取った時に出るってのは聞いていたけど、朝一、電波の通じないエリアに入ってしまったため、合流は諦めていたので、ラッキーって感じ。
早速入渓すると、上流にまめさんの姿が見える。
つかさんは、更にその上に居るはずなので、電話で連絡を取りつつ、キャストもせずに追いかけて合流。
それからは、しばらくキャストはせずに話しメインで時間が過ぎていく。(笑)

キャストを再開し、まめさんの自作を試したりしているうちにタイムアップとなったつかさんと判れ、そこからはまめさんと放浪の旅へ。

話をしながら、自作を試しながら上っていったものの、なかなか反応がないので、一旦川から上がって移動。

魚がいて釣れそうなポイントが思い浮かばず、入る場所に悩んだものの、とりあえず次のポイントへ。
しかし、まったく反応がないので、少し上に入りなおし。
しかし、そちらもイマイチ。
落ち込み下の深瀬で反応が見えたらしいけど、結局出てきてくれない。
さらに、やたらとライズはじまったものの、ルアーには反応してくれない。
そうこうしているうちに時間も過ぎていき、残り時間もわずかになってきた。


そこで、最後の締めのポイントに向かってみました。
しかし、こちらもライズは見えるものの反応無し。
そのまま、空が赤く染まり、しだいにあたりは暗くなってくる。
薄暗くなってルアーも見えなくなってきたので、そこで諦め、今シーズンは終了。

今日は最初はチェイスはたくさんあったもののかけられず、その後は魚影がなく、最後はライズはあっても反応無し。
まるで今年のシーズンみたいな感じ。(笑)

今年は40upをはじめ、尺ヤマメの情報をたくさん聞いたし、尺イワナも大物の話をたくさん聞いた年。
そんな中、話題に乗り遅れた感はあるものの、それなりには楽しめた。
しかし、前半はまずまずだったものの、終盤は失速してしまったなー。
いろいろ発見もあったけど、反省点も多かったシーズンだったかも。
総括は後に回すとして、厳しいなりには成果もあったかな。(釣果じゃなく...笑)
まずは、周辺で大きな事故もなく、無事に終了できたので、まずまずの年だったのかも。
自分にも、周りのみんなにも、「お疲れ様(^^;」

偵察 その6

タイムリミットまであと2日。
ということで、当然ながら、今日も出撃。
最終日は一日釣りをしようと思ってるので、そのためのポイント選びを兼ねた偵察です。
しかし、朝方雨が降ったこともあり、今日は午後からの出撃予定...予定だったのに、結局は遅めの午後からの出撃となってしまった。

実はここ数日、友人から流れてくる尺ヤマメ情報のラッシュで、いくつか思うところがあった。
やっぱり産卵期を迎えて上ってきている魚を狙うなら...
しかし、ホームでは、なかなか良い場所を思い浮かばない。
あれだけ水がないのが続いていて、そういう場所まで上っているんだろうか?
そういう疑問もあったので、今日は支流めぐりにしてみようかな。

まずは、とある沢からスタート。
終盤のここは気になるポイント。
しかし、現地に着くと、思ったよりも増水している。
濁りもきつく、入渓も厳しい状態。
ということで、明日のポイントの一つに入れて、今日は早々に移動。
次は、終盤の良型情報も聞いたことのある堰堤へ。
しかし、途中でみた川は、まったく水がない。
それでも一応行ってみたものの、水はなく、水の色も悪く、まったく魚影がない。
これじゃしょうがないということで、くたびれもうけのまま移動。

そのまま周辺の川の様子を伺いながら一気に移動。
やっぱりその辺の川は水がない。
この辺は、雨はあまり降らなかったのかも。

そのまま、やはり気になっていた支流まで行ってみると、こちらは増水はしてないものの、それなりに水はあるみたい。
ということで入渓。

しかし、入ってみると、やっぱり水は少ない。
そして、クリア。
澄み切った水の中、深場で魚が泳いでるのが見える状態。
「一応、魚はいるんだ...」
しかし、浅瀬はまったく反応がなく、深場の魚がたまに、やる気なさげにチェイスしてくる程度。
暫く粘ったものの、反応してくれなくなったので、諦めて移動。
そのまま、近くの沢へ。

こちらも、水は少なくクリアなものの、深場を中心に探ってみた。
すると、ちょっとした落ち込み下の深みに近づく途中で、まずまずサイズが逃げていく。
どうやらかなりプレッシャーが高いみたいで、人影にもシビアになっているみたい。
なるべくストーキングしてロングキャストで攻めてったものの、チェイスはあってもなかなか食ってこない状態。
深場を中心に探っていくと、けっこうチェイスはあるものの、食わずにUターン。
そして、チャンスは1〜2回程度。
すぐに見切られるので、どんどん上りながら攻めてったものの、どうも食わせられない。

そのまま時間は過ぎていき、スタートが遅かったこともあって、日暮れが近づき、段々あたりは暗くなっていく。
そうして、日没頃にやっとヒットしたのは、小さなイワナ。
どうにかボウズは脱出したものの、満足いかない結果。
ま、偵察だし、ボウズは免れたわけだから、よしとすることにし、一気に暗くなってきた川から上がると、薄暗い林道を車へと移動。
景気付けに歌を歌いながら車に戻った頃には、かなり暗くなってきていて、今日の釣りは終了。
本当は、もう何箇所か偵察したいところがあったんだけどねー。
ということで、今年の渓流も残り一日。
はたしてどうなりますことやら?(笑)

偵察 その5

週末は出られないでしまったけど、渓流シーズンも残り3日。
ということで、午前中、出かけてきました。
半日だと遠出は難しいので、厳しいのは判っていたけど、近場のホームへ。

そんな状態なのに、出発が遅れ、明るくなってからの出撃。
まずは、近場のポイントから入ってみました。

最近はなかなか魚影を見れないでいたけど、先日つかぼんさんがヤマメをかけたし、ひげさんも泣き尺をかけたということで、幾分の期待を持ちながら、暫く入ってなかった下流方面からスタート。
しかし、反応なし。
水量が少なく、普段は渡れない岸沿いのボサ前まで行ってみたけど、地形確認ができたのは収穫だったものの、魚影は見えず。
そのまま上っていくと、JAMESさんから「どうですかー?」メールが到着。
返事を送って上りだしたところで、JAMESさんが入渓しているのが見えたので合流。
珍しくここに来てたんですねー。(笑)

水量が少ないので全体を攻めれるのは良いけど、厳しい状態は相変わらず。
そんな中、ミノーのスイムテストを始めたJAMESさんの上流側で、落ち込み下にアップクロスでキャストし、大岩脇の深瀬を引いてきたミノーにチェイス。
尺はなさそうだったけど、まずまずサイズの魚影はヤマメかな?
しかし、深みから出てきた魚影は、岸沿いの駆け上がりを追ってきたところで、食わずにバックしていってお終い。
「しまったー...」
千歳一遇のチャンスを逃して後悔しても後のまつり。

暫く休んでから再挑戦したものの、二度と出てきてくれなかった。

そのまま上っていき、途中で追い越していったJAMESさんが、タイムアップで帰路につくのに合わせてポイント移動。

次は久しく行ってない上流のポイントに、様子を見るのもかねて行ってみました。
しかし、当然ながらこの辺も水はなし。
入渓点より上っていき、分流の落ち込み下を探り、上の段々の瀬まで行ったものの反応はなし。
水がなくて攻めれるポイントも限られるし、ちょうど雨も降ってきたので上は諦め、分流の反対側を探ってみたものの、そちらも反応なし。
下の深場もなくなっていて、これじゃ無理か?
そのまま落ち込みを探りつつ戻ったものの、結局魚影はなし。
ということで移動。

そして、今日最後のポイントへ。
こちらも、入渓点付近は水がなく、先日は良い感じになりかけていた荒瀬区間も、すっかり荒瀬じゃなくなっている。

そのまま一旦下って下流の落ち込み下に入り、倒木の下にキャストしたところで、久々の魚影とご対面。
20cm台中盤の魚影がチェイス。
それも、数匹いる感じ。
でも、ちょっと追っては来るものの、それほど活性は高くない。
立ち位置が限られるポイントだから、あまりに近くて引いてくる距離もなく、食わせられないまま魚も移動して反応が消えてしまった。
それでも、岸沿いに魚のいる雰囲気が伺えたので、ダウンで岸沿いの木の下にロングキャスト。
すると、チェイスが見えたので、ミノーを一瞬止めてからアクションをかけたところでヒット。
久々の反応を味わいながら?寄せると、サイズはイマイチだけど、一応イワナがかかっていた。
近くに上がれる岸もないので、そのままハンドランディング。
20cm中盤のイワナが釣れて、ホッと一安心。(^^;

しかし、良かったのはそれまでで、後はいくら探っても反応なし。
期待のポイントが全て水不足ってのもあったけど、魚影が薄いのと活性が低いのも感じられる。
結局、そのまま退渓ポイントにさしかかり、時間も昼が近づいていたのでタイムアップ。

しかし、相変わらず上の方は渋い。
状況確認できたのは良かったけど、成果には乏しかったなー。
最終日に向けて、いよいよ入渓場所が難しくなってしまった。
良い思いはできなかったものの、坊主は免れたのだけは幸い?という釣行でした。

ショートタイム その6

川の近くに送迎があったので、ついでに昼にあわせてちょい投げしてきました。

しかし、思いっきり減水している昼頃。
頭上は太陽が燦々と照りつけてる。
ノーチェイス覚悟で入ってみると、浅いボサ前でヒット。
チビのヤマメだろうか?
ところが、間の急流を引いてきて寄せてる途中に強引にやりすぎたせいか、寄せた時点で魚はいない。
バラしてしまった。(笑)
つかさんから借りたロッドの感触に慣れてないせいだろうけど、マズイなー。

その後も、浅場の瀬の中の白泡あたりからチェイスがある。
食わせられずに戻っていって二度と出てこないってのが連発。

そうこうしているうちに、対岸よりの流れで小型がヒットしたものの、ショートバイトですぐにバレ。

更に、今度も対岸よりでヒット。
今度のはまともサイズで20cm台後半はありそうだったけど、白っぽく魚体が暴れるのが見えてるうちにバレ。
しまったー。
今度のはちゃんとアワセを入れていれば取れそうだった感じ。
つかさんから借りたロッドに慣れてないせいか、アワセの感触が判らず、しっかりアワセが入らなかった感じ。
いつもの硬いロッドと違うから、ある程度アワセを入れても、ティップが食い込んでくれるでしょう。
もう少ししっかりアワセを入れる必要があるのかも。
慣れが必要ですね。

その後も数回のチェイスがあったものの、ヒットせず。
アップで白泡にキャストして、まともサイズ追ってきたりもしたけど、食わせることができなかった。
最後の落ち込みで良型が底を泳いでるのが見えたものの、出すことはできず。

その上は開けているところだし、水が足りなくて魚影も見えないので諦め、川から上がりました。

ま、日中のカンカン照りの中のちょい投げだから、ボウズは覚悟だったけどね。
でも、チェイスはあったし、ヒットもあったのに、バラシってのはいただけない。
せっかく借りたんだから、ロッドに早く慣れないとなー。
それでも、このエリアに魚影があるのが確認できたのは収穫。
ここに居るということは、あそことあそこはどうなんだろう?
ということで、短時間だったけど、魚影を見れただけ良かった。
でも、修行の必要を感じたちょい投げでした。

遠征 その2

最近のホームは魚影が薄いので、遠征に行こうかと思っていたところにつかボンさんから連絡があって、同じ川を狙っているということだったので、ご一緒することにしました。

早朝に集合して一路目的地へ。

まずは実績のあるポイントから。
堰堤上より入り、上から堰堤下を探っていると、流れの筋の下流側にキャストしたところで軽い抵抗を感じた。
何かな?と思いながら引いてくると、小さな魚影が見える。
そのまま引き抜くと、小さなヤマメ。
とりあえずボウズは免れたけど、このサイズじゃ話にならない。

しかし、一番の狙い目の、張り出した木の下を探ってたつかボンさんにはアタリがなかったみたい。
私も探ってみたものの、水量が少なくて木の下が浅すぎる。
それに、木も枯れ気味でシェードになってない感じ。
その上流の枝のあたりがまだマシって感じだけど、ボサ前も含め、反応はない。

そのまま上って、退渓点前の岩の入った瀬の中で、再び軽い抵抗が...
極小のヤマメでした。
サイズが足りない...(笑)

一旦川から上がって、その後は放浪。

次の堰堤上の瀬の上で1チェイス。
更に上の深瀬で1チェイスしただけで、後は反応が皆無。
つかさんの下ろした足元から、ペアリングした尺イワナが逃げてったくらいで、チェイスすら稀。

その後、やっと落ち込み下でチビヤマメを追加したものの、まともサイズは見ることさえできなかった。

これはいかんということで、次に移動してみたものの、期待の護岸前は、ちょうど先行者が入渓するところで入られず。
下流の橋から上の落ち込みを狙いにいったものの、水が少なく厳しい条件。
橋下流の対岸前でやっとヒットしたものの、感触は軽い。
で、寄せてみるとチビウグイ。(泣)

堰堤下も反応なく、堰堤上も浅くて反応なし。
落ち込み下も反応がなく、上に向かってみると、途中で黒っぽい鯉みたいな魚影が逃げてった。
更に上った上の落ち込みのところでも鯉みたいなサイズの魚影が、目の前から消えてった。
こちらは黒っぽかったものの、背が赤い感じ。
何だったんだろう?
しかし、魚影を見たのはそれが最後で、後は反応がないので終了。

せっかく遠出をしたのに、まともな反応もなく、これじゃホームの方がマシだったって感じ。
更に、帰ってからひげさんから連絡があり、先日入ったポイントに入るとのこと。
その後、29cmと28cmのヤマメを上げたそうで、こんなことならそっちに行っておけば良かった。(笑)
ま、私は出せなかっただろうけど。(笑)

それでも、車の中でつかさんとたっぷり話ができたし、久々の川の現状が確認できたので、来年には繋がるかも。

つかさん、未熟なガイドで申し訳ない。
お疲れ様でしたー。

久々の集合

シーズンも残りあとわずか。
終わる前につかボンさんがロッドを振りたいということで、ご一緒することになりました。
すると、タイムリーにJAZZYさんもこちらに来てるということで、どこに入るか、つかさんと相談。
「魚影を見たいならあっちの川が良さそう」「魚影は薄いけど、皆と会うならホームリバーだね」ということで、せっかくだから皆と集合しようということで、目的地はホームリバーに決定。

まずは途中でつかさんと集合。
すると、程なくJAZZYさんも来たので、JAMESさんに一発「起きろーメール」を送ってから出発。(すでに起きてたみたいだけど...笑)

ホームリバーでもどこに入るか悩むところだけど、人数がいて釣りになりそうなところということと、一発大物狙いも考えて、ポイント選択。
現地に向かいました。

現地に着いて程なくJAMESさんも合流。
さっそく入渓。

今日はかなり減水しているので、普段は立ち込めないところも楽勝。
エリア全体を狙える状態。
そこで、つかさん&私のペアとJAZZYさん&JAMESさんペアで右岸と左岸に分かれる感じで実釣開始。
すると、入渓してすぐに、以前ニジマスをかけたことがある大岩下流で、JAZZYさんがロッドをしならせているのが見えた。
「お、良いサイズみたい」
あそこは尺ニジマスの実績があるけど、減水している最近は鯉も溜まっていたりするポイント。
さてどちらか?
すると、水面ではねるように暴れる魚影が見えたところで...ん?...バラした?
遠くから声をかけると、ラインブレイクでバレてしまったとのこと。
もったいない。
しかし、ラインブレイクということはもしかしたら2尺鯉?(笑)
後でよく話を聞いたら尺くらいだったということなんで、尺ニジマスじゃないかな。

更に探りながら上っていくものの、なかなか良い反応がない。
減水でつかさんでも渡河できそうな感じだったので、移動のコースを教えながらどんどん上っていく。
下流側を見ると、JAZZYさんペアが歩いているのは、その先絶対渡れないポイントに迷い込んでたりと、コース取りに苦戦しているみたい。
携帯で連絡取ったりしながらも、私達は少し先を進み、一番期待のポイントへ到着。

今日のコースの中でも、ここから少し上流までが一番の狙いのポイント。
つかさんに、「あそこが一番の狙い目です」と言って先に入ってもらい、私は下流側を探っていて、ふとつかさんの方を見ると、「おっ、釣れたみたい」
以前35cmくらいのヤマメをバラしたこともあるポイントで、ほぼ同じ立ち居地で、つかさんが魚を持っているみたい。

寄っていくと、20cm台中盤の綺麗なヤマメだったとのこと。
更に大きいのが一緒に追ってきて、小さい方がかかったとのことでした。
その後、JAZZYさん達に早くおいでと連絡しながら下流側を探っているつかさんに、再度アタリがあったものの、今度はバレ。

その辺で合流し、後は前後しながら釣り上って行ったものの、その後は目立った反応もないまま、JAMESさんがタイムアップで帰宅。

更に釣り上って行ったものの、数回のアタリらしきものがあった程度で、目立ったチェイスもないまま退渓点へ。
今度はJAZZYさんもタイムアップということで別れ、つかさんと二人でもう一箇所回ってみました。

途中入ろうかと思ったところは渓相が変わっていたのとフライマンがいたので諦め、次のポイントへ。
そちらもフライマンがいたものの、下流側はやってなさそうだったので、そちらへ入渓。
しかし、まったく反応がないので諦め、今日の釣りは終了。

今日は、魚影が薄いのはわかっていてボウズ覚悟だったけど、とりあえずつかさんに釣ってもらえたのは収穫。
サイズもまずまずで引きが味わえたということで、良かったですねー。(^^;
久々あの辺でヤマメを見れたし、狙ったポイントで出してもらったのも収穫。
ただ、釣れたのはそれだけだったし、JAZZYさんとJAMESさんには釣ってもらうことができなかったので、その辺は反省点。
というか、あの状況の川(ポイント)に向かったこと自体が無謀で、この釣果は予想できてたけどね。(笑)
一匹でも出たのはラッキーだったんでしょう。(^^;

今日は久々集まれて話もできて楽しかったし、とりあえずつかさんには釣ってもらえたから、まずは納得?の釣行だったかな。(^^;

ガイド失敗

今日は、語ることがない見事なノーチェイス。
書くこともなく、三行で終わってしまいそう。
とも言ってられないけど、厳しい釣行となってしまいました。

昨日は良い感じで曇っていたけど出られず。
そして今日は、晴れの予報。
そんな中、kazuたかしさんから連絡があり、「スーパーレインボーに会いたいので行きます」とのこと。
しかし、最近のホームは魚影が薄いし、カンカン照りの晴れの日は厳しい。
「ボウズ覚悟でおいでください」と伝えながら、薄暗いうちに合流して出撃。

霧の中、まずは尺ヤマメが狙えるポイントへ。
しかし、水量が少なく濁りがない状態で、まったく反応がない。
その周辺も含め、しばらく探ったものの反応がないので、本命ポイントへ移動。

今日はこちらをロングランの予定。
かなり下流側からスタートし、大物ニジマスのポイントを探りつつ上っていったものの、期待のポイントも反応なし。
水量が少なくて、落ち込みも弱いし、水深もないもんなー。
厳しい。

更に上って、深瀬や荒瀬、岩周り、ボサ前とかどんどん探ったものの、まったく反応がない。
前回スーパーをバラしたポイントも、良型ニジマスをヒットしたポイントもノーチェイス。
結局、かなり歩いたのに、まったくのノーチェイスのまま退渓ポイントへ。
退渓直前に更にトラブルもあったりと、散々の結果でした。

前日、kazuさんは近場で泣き尺ヤマメをヒットしたとのこと。
その後の遠征だったのに、ノーチェイスってのは、ガイドとして大失態。

せっかくお土産の自作ミノーをいただいたのに、私の方はガイド失敗と、ほんと申し訳ない。

次は来年になるだろうけど、良い時期に来てもらって、ぜひともガイドに成功したいものです。
しかし、釣れなくて疲れました。(笑)
kazuさん、ごめんなさい。
お疲れ様でした。(^^;

敗北

時々雨が降る天候で、今朝は条件の良い朝だったかも。
でも、昨日の疲れもあって、今朝は起きられず。(笑)

のんびりしていると、昼くらいにひげさんから連絡があって、スイムテストにお付き合いして出かけてくることにしました。

時間も時間だし、ホームリバーで釣れる気はまったくしない。(笑)
それでも、鮎師の少ないポイントを狙って入ってみることにし、ちょうど誰もいなかったポイントに入ってみることにしました。

ちょうど現地に着く頃には、強い雨が降ってきた。
で、川の様子を見ると、けっこう強い濁りが入っている。
水量もだんだん増えてきたみたい(そんなに多くはないけど)で、ちょっと厳しそう。

それでもキャストを始めると、ひげさんに一回ヤマメがかかったらしいけど、すぐにバレたそうな。
その後は反応もなく、濁りのせいか魚影も確認できないので移動。

次は、以前から気になっていた、雨の影響の少なそうなポイントに入ってみることにしました。

ポイントに着いてみると、水量はちょうど良い感じだけど、濁りがきつい。
ここも厳しいかも。
でも、ほんと、渓相的には、大物の臭いがプンプン。
これで濁りが少し取れていると、チャンスだろうなー。

しかし、対岸よりに良さげなポイントがあるんだけど、手前の流れの水深がわからず、立ち込めないので届かない。
濁りが薄ければ立ち込めたんだけど、この濁りじゃ知らないポイントは危険。
ということで、一番狙いたいところは狙えず、強い濁りのせいか、反応もないまま、退渓ポイントに到着。
諦めて、移動。

夕暮れまで残りわずかだけど、最後に、もう一箇所寄ってみました。
探りながら上っていき、最後に大場所を探り出した頃には、あたりは薄暗くなりだしてました。
しかし、対岸寄りで、盛んにライズが見られるものの、アタリは全然ない。
ひげさんに一回アタリがあったそうだけど、それもすぐにバレ。
そうこうしているうちに、暗くなってきたので終了となりました。

結局今日は二人ともボウズ。
短時間だったけどけっこう雨も降ったし、上流部でも降ってそうな感じ。
水量も若干増え、濁りもけっこう入った状態で、ちょっと厳しかったかな。
この濁りの取れかけがチャンスかもなー。

厳しい条件の中で当然の結果とも言えるかもしれないけど、厳しいボウズで終わってしまった釣行でした。
1/7 >>