Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

モーニング その1

昔から天気予報は当たらないものと相場が決まってるようだけど、データ量も技術も計算設備も進化してるはずなのに、いっこうに当たらないのは何故でしょうかね?(笑)
安全パイを狙ったような予報の出し方が問題なのかも。
あと、降水確率という評価法にも問題あるかも。
降水確率ってのは、エリア内で1mm以上の雨が降る可能性の高い地区がどれくらいあるか?(だったかな?)
ということは、1mmの雨も100mmの雨も、降水確率上では同じパーセントということもありえる。
知りたいのは、特定の地点で、どれくらいの確立で、どれくらいの量の雨が降るのか...
民間の気象情報提供サービスも増えてる現在、もう少し役に立つ予報が欲しいもんだ。(笑)

梅雨に入って、序盤は梅雨空が続くという、最近にしては珍しい状況が続いた。
と思ったら、最近は夏のような天気が...
半月から一ヶ月季節が進んでいるような...
梅雨寒なんて言葉は嘘のようですね。
ここ数日も、雨の予報が晴れ時々曇りになってみたり、曇りの予報が一日晴天だったりして...
晴れてるのに大雨洪水警報が出てたりして...

と、前置きが長くなったけど、最近出られないでいたので、今朝は、朝一のみ出撃してきました。

出られるのは早朝のみということで、遠出は避けたい。
そこで、あまり遠くないところにある川を歩いてきました。

早朝、現地に着いて準備をしていると、普段なら静かなポイントに、続々と車が入ってくる。
鮎が始まっちゃったんですねー。
まずは、一番にササッと探るつもりで入渓。

今日は水量はそんなに多くない。
でも、濁りはちょっと入ってる状況。
陽が差してくる前で、ちょうど良い感じかな?

ということで、一番の狙い目の、落ち込み付近を探ってみたものの、どうも反応がない。
ミノーを変えながらクロス、ダウンと探るものの、チェイスは見られない。
幸先悪いなー。
ここで出ないと辛いかも。
しばらく粘っってから、今度は上のカーブの辺りを探る。
しかし、ここも反応なし。
渓相が変わってしまってるので、その辺が影響してるのかもなー。
結局ノーチェイスのまま、鮎師達が入渓してくる前に探り終えて移動。

次のポイントも車が停まってて、下があの状況だと厳しいかも。
ということでスルーし、次は少し走って上流側のポイントに入ってみました。

ここは深みもあるので期待しながら入渓。
しかし、深みを探りながら上ったものの、反応はない。
ちょっと水の色が濃いし、なんか良い感じの色ではないけど、クリアよりは良いはずなんだけどなー。

しかし、上の荒瀬の区間に入り、流芯脇の緩流帯にかけて、ダウンクロスで流したところでヒット。
サイズは大きくないので一気に上がると、20cm弱のヤマメ。
こんな所に入ってるってことは、すでに餌とりは始まってるんだなー。

どうにか一尾はヒットしたものの、その上はめぼしいポイントもないので、軽く探って反応ないので更に上流側へ車で移動。

次のポイントも、駐車スペースから一旦下り、落ち込み下の開きのポイントからスタート。
浅い開きでは反応なし。
ということで、対岸沿いの深い流れのあたりに期待。
すると、張り出した木のあたり着水させ、一旦沈めてからクロスで引いてる途中で反転する魚影が見えてヒット。
中サイズか?
まずまずのサイズっぽい。
しかし、確信犯的にフックを変えてなかったので、あっさりバレ。
自業自得とはいえ残念。

ここで改めてフックを変えて再挑戦。
すると、一回チェイスがあった。
しかし、それ以降は沈黙。
そこで少し上り、落ち込み下のあたりでアップ気味にキャストして引いてくる途中、再びヒット。
今度はしっかりアワセを入れて、テンションを保ったままズリ上げ。
20cm台前半のヤマメ。
サイズはたいしたことないけど、模様のはっきりした綺麗なヤマメでした。
がっぷりベリーフックを食ってるいるから、やる気だけはあるんだろうな。

どうにかまともなヤマメが出てくれたところでタイムアップ。
この上も良いポイントがあるんだけど、朝の渋滞が始まる前に帰るためには、そろそろ川から上がらないとね。

ということで、相変わらず魚影の薄い川だけど、どうにかボウズも免れて、無事早朝フィッシングは終了。(^^;
1/1