Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

小河川 再び

水量は少ないものの、水の感じは良かったのに...
一昨日の模様の変形したヤマメは天然ものじゃないかということで、それを見たいというまめむしさんと、今日も一昨日行った小河川に行ってきました。
もともと水量が足りなかったので、昨日の雨で水量が増えてるんじゃないかという読みで行ったんだけど、10センチほどしか増えてなくて、濁りもない状態。
おまけに、同様の読みをした釣り人が複数入っていて、こないだより条件が悪かったかも。

一応、雰囲気は良いんだけど、魚影がこないだより少ない感じ。
チェイスがあっても、すぐ見切られてしまうあたりは、スレてる感じ。
どうやら、先行者がいたみたい。
今日は出発が遅かったので、複数の人が入った後なのかも。
こうなると、小河川はなかなか条件が厳しくなってしまう。

まめむしさんが途中で綺麗なイワナを出したけど、結局ヤマメは拝めないでタイムアップとなってしまいました。
残念。
次はもう少し上流部を探ってみたいところだなー。
せっかく調子がでかかったと思ったのもつかのま、またまたの坊主となってしまったので、この川もリベンジが必要かも。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

寝坊の成果

今日は、本格的に釣りする気だったんだけど寝坊してしまい、遠出は厳しいし、有名河川は人も多そうということで、マイナーな小河川に行ってみることにした。

現地に着くと、小河川ということで水が足りない状態。
ま、想像はしていたけどね。
水位は低いし、水はクリア。
逃げてく魚が見える状態。
どっかには溜まってるんだろうけど、なかなか魚影の濃いところが見つからない。
それでも、落ち込み下が深瀬になってるところにアップ気味にロングキャストしていて、やっとチビヤマメ(レギュラーサイズ?)をヒット。

水量は少なく、水はクリア
レギュラーサイズ?
更に、支流の沢の流れ込みのあたりでもヒット。
今度もヤマメで、さっきよりはサイズアップだけど、なかなか20台後半にいかない。
しかし、ここのヤマメは色は濃いんだけど、パーマークが変形している。
何故なんだろう?
これってヤマメだよね?

さっきよりはでかい
パーマークが変形している
良さげなポイントもでかい倒木が倒れこんでいて狙えなかったり、水深のあるところが限られ、厳しい状態。
瀬に入ってても不思議じゃないけど、瀬の水深が浅すぎるのも問題。
ということで、私の腕じゃこれ以上出せそうにないので、諦めて撤退してきました。
でも、山の中の川だったし、人も全然いなくて気持ち良かった。
釣果の方は満足できなかったけど、天気も良く、まずは気持ち良い一日でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

気になる小河川

今日は午後から時間があったので、気になっていた小河川に行ってみた。
ここは大きいのもいるところらしいけど、今日は水量が足りなくて辛い感じ。
水量が多いと釣り上るのが難しいし、水量が少ないと魚が出てくれないだろうし、コンディションが難しいなー。
しかし、入渓してみると、「お、けっこうチェイスがあるな」
ということで、大きいのはいないけど、小さいのがけっこうチェイスしてくる。
瀬尻や落ち込み下で、イワナが連続ヒット。

水量が足りなかった
イワナをヒット
先日作った自作でのヒットだったので、けっこううれしい。
しばらく釣り上ると、今度は小さなヤマメが連続ヒット。
ここは尺もいるはずだけど、残念ながら出てくるのは小さいのばかり。
でも、綺麗なヤマメだった。
チェイス、バラシ(←相変わらずバラシ病)もけっこうあったけど、しばらく遊んで帰ってきました。
しかし、尺はどの辺にいるんだろう?
次は別のエリアに入ってみて、秋に向けて良さそうなポイントを探しておこうかな。

自作ミノーにヒット
小さいけど綺麗なヤマメ
続きを読む>>
  • -
  • -

バリバスカップ

すでにトンボやスズメバチが飛び交っていた
今日は、私が年に一回、ゆいいつ参加しているバリバスカップの日。
去年は小さ目のビクに合わせた小さな釣果だったので、今年は大き目のビクも買って気合を入れての参加。
三匹の合計長での勝負は厳しいにしても、大物賞狙いのつもりだった。
しかし、せっかくイメージしていたポイントも、金曜日の雨でボツ。
どこに入ったら良いかは五里霧中。

出だしでつまずいたせいか、大会開始後も良いポイントが見つけられず、人も多い分、狙える場所が見つけられず、最後に入ったポイントで大き目のやつをヒットしたものの、痛恨のバラシ。
結局参加賞のみもらって帰ってきました。
悔しーい&残念。

厳しい結果だったけど、来年への肥やしとしてやりましょう。
しかし、バラシ病、どうにかしないと...
続きを読む>>
  • -
  • -

自作ミノー第5・第6段

第5段 オモリを重くしシンキングに
第5段 少し形を変えてみた
 
第6段 オモリを元に戻したもの。更に軽くした薄型もあり
第6段 オモリをやや軽くした通常タイプだけど、
ディッピング回数の差の方が、重さに影響が出るみたい
私の知りあいの方々は、けっこう自作好きの方が多い。
ワカサギ用の穂先からはじまり、電動リールまで作る方も多いし、ルアーの方では、ミノーの自作をされてる方もけっこういる。その影響で私も始めたんですけどね。
で、ワカサギの時に思い知ったのが、私には細かい作業は向いてないってこと。(笑)

ミノーの自作で感じたのは、バランスの重要性。
オモリが同じでも、ボディの違いで浮き方が変わる。当然泳ぎも変わるんだろう。
ほんのちょっとの削り方の違いで変わるわけだから、作品を安定して作りたいなら、できるだけ同じに削る必要が出てくるというわけです。(それでも、素材であるバルサの品質=比重の違いで、浮力に違いが出てくるんだろうけど)
私もボディ形状の型紙は使ってるけど、横から見た状態のものだけ。
当然、厚みが一個ごとに違ってしまう。
人によっては、横のR用の型紙(それもポイントごとに複数)を作ってる人もいるようだし、細かく測りながら作ったり、感性でほぼ同じに作れるなんて人もいるみたい。
面倒臭がりの私には無理な話。(笑)
当面、ワンオフ状態で作ってくしかないかねー。(^_^;

何回か作っていて困ったのが、ウレタンの問題とリップの問題。
ウレタンは、要領が悪いせいと保管が悪いのか、どんどん硬くなってドロドロになってきてしまった。うまく使えば半年は持つそうだけど、私は3〜4ヶ月しかもたない?
薄め液を使ってみよう(次回からは、粘度が上がりすぎる前に加えてみたい)かと思ってるけど、やっぱりそろそろ買い換える必要があるのかも。
また、仕上げのみウレタンで、途中はセルロースって方法が良いのかも。

ミノーを作っていて、芯を作るところ、中を削ってオモリを埋め込むところ、ボディ成型も難しいけど、一番苦手なのがリップの取り付け。
リップを削るのが大変だけど、皆はどうやってるのかな?
私はプラスチック用のカッター(切るんではなく削るやつ)でPET素材の板から切り出してヤスリで削って成型しているけど、それがけっこう大変。
で、それを本体に埋め込むのが、また難しい。
どうも曲がったりしやすく、なかなか統一した感じにならないで、1個ずつのばらつきが大きくなってしまう。
やっぱり、数作って慣れるしかないのかなー。
なかなか難しいもんですね。

ということで、第5段と第6段の一部を載せておきます。
第5段は、連休中に作ってみたんだけど、高さや幅を削ってみて、更にオモリを重めにしてシンキングにしてみたもの。
どうも、バランスがとりづらく失敗かも。

たまたまかもしれないけど、今までの製作では、
・丸みを帯びた形状は安定が良くなる。(ま、当全でしょうね)
・角張ってるものは、不安定でバランスを崩す時があって面白い動きをする。
・太目の方が安定が良くなる。
・オモリが重過ぎたり軽すぎたりするとバランスが悪くなる。
ということで、薄くしたり、低くしたり、重いオモリを入れると、バランスをとるのが難しくなるみたい。
オモリなんて、結局本体の浮力とのバランスだから、削り方と重さのちょうど良いバランスを考えながら入れる必要が出てくるんだろうなー。

第6段は、オモリを元に戻し、削り方で幾パターンかを作ってみた。(というか、勝手に幾パターンかになってしまった...笑)
一応久々の薄型と標準タイプで、前回が使えそうにないので、今度はまともに使えそうなやつを作ろうというもの。
これからテストだけど、無事泳いでくれると良いなー。
続きを読む>>
  • -
  • -

今日も敗北

明日から雨模様ということだったんで、早めに休みをとって釣りに行ってきました。

連休後半は釣りに行けなかったので、久々の釣りということで期待していったけど、現地に着くとまだ雪代が入っていて、水量も多めで濁りも入っている。
しょうがないので支流に入ったものの、そちらも濁りが入ってる状況。
それでも狙いのポイントに入ってみたけどノーチェイス。
しょうがないので、そこから上流部に向かいながら何ヶ所かを拾い釣りしてったものの、時々チェイスがあるものの、なかなかヒットできない。
やっと、普段は魚が溜まってるもののスレまくりってポイントの下の瀬でヒットしたものの、小さなイワナだった。
それでも、坊主は免れたので一安心?(笑)
でも、小さくて手ごたえがなかったのが残念。

その後、お気に入りのポイントに入ったら、そこでは結構チェイスがあったものの食わせられず。
尺クラスのイワナもいたんだけど...
相変わらずの食わせるタイミングをうまく作れない病で、修行の必要性を感じた一日でした。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1