Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

自作 第7段

先週、無理矢理間に合わせた自作ミノーの第7段です。
先週末は釣りに集中して、ほとんどテストをしないでしまったので、イマイチどう泳ぐかわからない。
明日テストしようと思ってたけど、この雨だし、ちょっと厳しいかな。
はたしていつテストできるんだろう?
ちなみに、どれもテスト無しに作ったもの。泳ぐかどうか、自信がない。
とりあえず、Aタイプは厳しそうだなー。

Aタイプはフローティングで、いつもより小さ目の型紙を使い、高さを減らしてみたもの。
スリムになって、動きがどうなるか。
流れで使ってどうなるかがポイント。
まだしっかりテストしてないけど、動きはあまり良くなさそう。
流れで飛び出さなきゃ良いのだけど...
次回は、このタイプの背高の薄型を作ってみようかな。

Bタイプもフローティングで、標準型の他、前を薄く尖らせてみたもの。
これも、流れへの抵抗がどうなるかのテストって感じ。
どの程度泳いでくれるか非常に不安。
次回は、この系統でシンキングも作ってみようかな。

Cタイプは、ちょっと大きめで先端を尖らせてみようかなと思って作ってみたもの。
でも、幅をもう少し削るんだった。

はたしてどんな泳ぎをするのか...
不安だなー。
続きを読む>>
  • -
  • -

ギリギリセーフ

良い型のヤマメ。リリース後もしばらく休んでいた
 
私もかろうじてヤマメをヒット
釣り仲間のまめむしさんが最近釣りできないでいたということだったので、今日は誘って行ってきました。

入渓直後に、さっそくまめむしさんがチビイワナをヒットし、坊主は免れたと一安心。
しかし、私の方は、昨日の疲れが残ってるのか、体が動かない。
入渓直後から足元がさだかじゃなく、体の反応も鈍い。
せっかくヒットと思っても、反応が鈍くアワセが遅いのか、バラシ連発。
アワセが早すぎるのを修正しようとしてたら遅くなりすぎたのかって感じもあり、アワセのタイミングがわからなくなってるって感じもあるけど、それ以上に体の切れが悪くてアワセが遅くなっていたのかも。

その点、英気十分のまめむしさんはバシバシと連続ヒット。
良い型の幅広ヤマメもヒットし、イワナもヒットと絶好調。

片や私の方は、川を渡ろうとしていて足を滑らせ、思いっきりコケそうになり、頭まで水を浴びながらも手をついてどうにかひっくり返るのを防ぐなんて始末。
全身ビショビショ、腰と肩を捻り、モモの裏側を伸ばし、脛を強打。
肩が痛くてしばらく動けず、結局最後までモモは張ったままで腰も痛い状態。
でも、幸いウェーダーの中にはあまり水が入らないで済み、ウェーダーの中にはさんでいたデジカメも水をほとんどかぶらないで済んで一安心。

その後、何箇所かに入渓し、どうにか私も20センチ台のヤマメをヒットし、坊主は免れて一安心。
まめむしさんは相変わらず絶好調で、バシバシ連続ヒット。
しかし、入渓者が多く入れるポイントが限られたこともあって、昼前に撤退することにした。

今日はまめむしさんに釣ってもらうってのが一番の目的だったので、その意味ではバッチリ。
でも、自分の方はうまくアワセられずバレ続出だし、体力の不足を感じた一日でした。
面白かったけど、疲れたー。
続きを読む>>
  • -
  • -

偵察


昨晩は夜半から朝にかけて雷雨だったのでチャンスと思い、様子見がてら午前中ちょい投げに行ってきました。
朝一の用事を済ませ、ラッシュが終わった後に出発。
しかし、現地に着いてみると、全然増水してない。
濁りもなく水もクリアな状態。
こりゃ厳しいかなと思いつつキャストを開始すると、ミノーが深場の上を通るところでヒット。
小さ目のヤマメ。でも綺麗ー。
でも、肝心の大物君は出てこない。今日はお出かけ中かな?
今日は水も少なめなので、次はポイントを変え、今まで入ったことがないエリアに入ってみることにした。


手前の荒瀬区間を越えると、岸沿いに良い感じで茂みがあり、ボサ下も水に浸かってる瀬に出た。
ちょうどボサ前が深くなっていて良い感じ。
ボサの間を狙ってやると、案の定ヤマメが出てきてくれた。でも型は20センチ台前半どまり。
そこで流れの速い荒瀬のエリアに入って、対岸寄りの岩下のヨレを狙ったら一発。
こんどはまずまずの型だったけど、流れに負けて下流に入られ、焦るうちにバレ。うーん残念。ま、足場が悪かったからしょうがないか。
ちょっと足場が悪くて狙いづらいところだったので、支流に移動し、落ち込み下で再びヤマメとご対面。
そのあたりでタイムアップ。

もうちょっとサイズが欲しかったところだけど、今日は珍しくヤマメばかりと戯れた2時間でした。
  • -
  • -

アクアシール

先日、深場をウェーディングした時に「あれ、なんかマタグラが冷たい」。
しかし、その後はそんなに深いところに入らなかったので、自然に乾いてしまった。

念のため、家に帰ってから風呂場でウェーダーに水をいれてみたけど、水漏れ発見できず。
ウェーダーに水を入れると、重くて持ち上がらず、うまく穴を見つけられない。
「もしかしたら、気のせい?」とも思いながら放置していたけど、昨日のウェーディングで再びマタグラが...
よく見るとそれらしい傷がありました。
たぶん、根がかりしたミノーを強引に外そうとしてウェーダーに飛んできた時だな。
そういえば、あの時、ウェーダーにぶら下がっていたもんなー。
貫通はしてないと思ったけど...

場所を確認の上、家に帰ってから見てみたら、たしかに裏にも通ってるみたい。
なぜ、この前は見つからなかったんだろう?

とりあえず、アクアシールで補修と思ったが、蓋を開けてみると、口のあたりに付いたアクアシールが完璧に固まってる。
どうにかはがしてこじ開けたものの、穴の内側も固まってるみたい。
針は通るものの中身が出てこない。
こりゃ、ダメか...
しばらく考え、「どうせ使えないんなら、チューブの途中に穴を開けたって問題ないな」と思い、チューブの下の方に針を刺すと、今度こそ液体のアクアシールとご対面。
とりあえず、裏側に塗っておいたけど、後で表にも塗っておこうかな。

次回使えるかどうかは心配だけど、とりあえずウェーダーの補修は完了ということでよしとしておきましょう。
しかし、別のところから水漏れしてたらえらいこったなー。(笑)
  • -
  • -

バラシ王復活

最後のポイントでやっとキャッチしたイワナ
 
同上
梅雨に入って雨も降り、水が引いてきたところでチャンスかもということで、今日は久々釣りに行ってきました。

最初に入ったのは、最近よく行く、大物のつくポイント。
水量多めで濁りも少し入っているという状態で期待したんだけど、ノーチェイス。
おかしい。いるはずなんだけど...
しょうがないので、一つ上の落ち込み下の深瀬に移動しキャストするものの、そちらもノーチェイス。
もしかしていないの?
気を取り直し、ミノーから久々スプーンに取り替えて、対岸ギリギリにクロスで投げ、ゆっくり引き始めたところで水中でギラリと光ってヒット。
今日は焦らずゆっくりいなしながら引きを楽しむ。
しばらくしたところで、少しずつ寄せると、尺以上はあるイワナ。
しかし、岸沿いが急に深くなるところなので、立ち込まずに少し上流の浅瀬に寄せようとしていて、バラシてしまった。
弱らせ方が足りなかったのか?
悔しい。
リベンジを誓い、もう一度同じコースで泳がせていると、再びヒット。
今度は前回以上に気を使い、ロッドのテンションを利用して、送ったり寄せたりしながら引きを楽しむ。
たしかに、これまでみたいに無理矢理寄せようとしないと、魚も暴れないなー。
少し寄せたところで見ると、もしかして、さっきのイワナって感じの、やっぱり尺以上は確実って感じのイワナ。
よっぽど写真を撮ろうかと思ったけど、寄せに集中することにしてしばらくやり取りし、今度は立ち込んでネットを用意したものの、なかなかネットに入ってくれない。
どうも、この辺が下手なんだよなー。
急に深くなるところなんで足場も悪く、なかなか魚を捕らえられないでいるうちに、口がゆるくなったのかバレてしまった。
再び悔しーい。
どのタイミングで強引に切り替えるか、悩みどころだ。

その後は別ポイントの瀬で、これもまずまずのサイズのイワナをヒットしたものの、アワセに失敗して(というか、アワセをしっかりやらなくて)すぐバラシ。
なんか、バラシ王?
しょうがないので最後に入った小河川は、こちらはすでに水が引いてしまっていて水位が足りない状態。
それでも、どうにかイワナをヒット。
今度は焦らず時間をかけて確実に取り込みを狙う。
といいつつ、ネットインが心配で最後は強引にズリ上げ。
しかし、前から思ってたけど、ネットインが下手。練習が必要だなー

ま、坊主は免れたし、昼が近づいてきてたので、そこで今日の釣りは終了。
しかし、キャッチしたイワナは、朝一のイワナに比べ確実に小さいのに尺近くあったから、朝一のは35センチ近くあったんじゃないかなーと思うとけっこう複雑な心境。

続きを読む>>
  • -
  • -

半日釣行

週末釣りに行けなくてパタパタしていたので、今日は午前中だけ釣りに行ってきました。
まずは、前回40センチ近いと思われるイワナをバラシた所に行ってみたものの魚影は見えず。
前回は水量が多く濁りも入っていたけど、今日は水量が少なくクリア。週末もはさんでしまったし、釣り上げられたか移動したか...
諦めて、別河川の上流部へ。
すると、まずは落ち込み下の岩の周りを通していてヒット。
最近のバラシの原因の一つが、無理矢理寄せてることじゃないかと思ったので、今日は余裕を持って寄せるようにして無事イワナをキャッチ。
続いて、もう少し上った、やはり落ち込み下の緩流と流芯の境目あたりでヒット。
寄せてみると今度はヤマメ。
へー、この辺にもヤマメがいるんだー。

上流部だけどヤマメがいた
残念ながら尺に足りず
更に、少し下流の淵のあるポイントでも、イワナとヤマメがヒット。
浮かせてるとチェイスしてはくるけどなかなか食いつかないみたいなので、ちょっと沈めたらリアクションバイト?
しかし、数的にはまずまずなんだけど、サイズが出ない。
次は、別な川に移動してみて、やはり落ち込み下を狙って沈めてみたらヤマメがヒット。
しかし、これもサイズは同じくらい。

水量は少なめ
大きくなって帰って来いとリリース
尺狙いポイントにも入ってみたけど、水量がちょっと少なめなせいか、魚影が見えず、そのあたりで昼が近づいたのでタイムアップ。

今日はけっこう魚影も見れたし、数回のバラシはあったものの、以前よりはバラシは少なくなったところを見ると、やはり慌てて無理矢理上げようとしていたのが、バラシの原因の一つにはなってたみたい。
しっかりフッキングをさせることと共に、寄せには細心の心配りも必要ってことなんでしょうね。
次回こそ、尺オーバーで実践してみたいものです。
続きを読む>>
  • -
  • -

プログラム変更

最近、掲示板や日記やその他の投稿型のCGIプログラムに英語の書き込みが多くてまいる。
商品を売りつけようってことみたいだけど、リンクの羅列が並んでいてうっとうしい。
各項目にプログラムを使って書き込まれると、向こうは簡単な作業でも、こちらはいちいち手動で削除じゃ割に合わない。(笑)
ということで、プログラムを変更することにしました。

今度のものは、コメント書き込み時に簡単な計算の答えを書かないと書き込みできないってもの。
まだ、プログラムのカスタマイズなどの途中だし、バグがあるかもしれないけど、当面これで運用してみます。
お手数ですがご協力よろしくお願いしまーす。

[※ Nickyより、ネットサーフレスキューブロキュー(bloq)というプログラムに変更しましたが、現在はまた、別のもの(Serene Bach)に変更しています(2007/6/8現在)]
続きを読む>>
  • -
  • -

痛恨のちょい投げ

今日、家に帰る途中、水量や濁りを見たかったんで、ちょっと足を伸ばして某所に寄ってみました。
せっかく来たんだし、魚影見えるかなと思い、暗くなるちょい前に10分程度と思いながら、ウェーダーも履かず、ネットも持たず、普通の格好でロッドのみ持って、とりあえず様子見って感じで、キャスト開始。
3投目くらいで、クロスで投げてU字を切る手前で根がかり?と思ったらしっかりヒットしていて、ロッドをグニャっとさせながら、ドラグを慣らしながらも寄せてみると、自己最大サイズのイワナ。
なんか40cm近くあったような気がする。
でも、ウェーダーも履いてないし、ネットも持ってないので、そのまま強引にごぼう抜きしようとした。
でも、重くてなかなか寄せきれなくて上げられないでいて、やっと目の前の浅場まで寄せたところで暴れだし、そのままバラシ。
痛恨。
後で考えたけど、もっと弱らせてから上げるんだった。
どうも、ヒットしたらバラさないよう早く上げようと焦ってしまう。
ドラグを慣らしながら、ロッドをパラボリックに曲げながらなんて久しぶりだったのに。
当然ながら二度と出てくれず、悔しい思いを胸に家路につきました。
やっぱり、ちょい投げでもウェーダー、ネットは必需品ですね。(泣)
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1