Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

久々の...

すっかり天気予報に騙され、早めの出発とはならなかったけど、どうにか出撃。
同様に騙されたーと言いながら近場に出撃となったつかボンさんと現地で合流して釣りしてきました。

最初に入ったポイントは、雨の影響がほとんどなかったみたいで、水量は少なめ。
大物のライズはあったもののヒットせず。
つかボンさんが小物を連続バラシして、ここにバラシ兄弟復活。(笑)
そうそうに諦め、別ポイントに移動するものの、私は相変わらずバラシ絶好調。
荒い流れの岩盤の間のあたりだったけど、使っていたD-コンは腹のフックをつけてなかったせいだろうか、一瞬のアタリとバタバタ暴れながら流されてく魚影を見ただけで終わってしまった。
つかさんも、落ち込み下でイワナをヒットしたものの、二人ともバラシの連発状態。
どうもバラシ病を移してしまったみたいだ。(笑)

更に上のエリアに移動すると、瀬の中からチェイスがあって、すかさずつかさんがイワナをヒット。
その少し上の落ち込み下で、私もやっとチビイワナをヒット。
更に上の深瀬や対岸ボサ下のエリアでは、今日は反応が薄くヒットなしだったので、ポイント移動。
次に入ったポイントでは、こんなところにもいるの?って感じの外道をヒットしたのみで後はノーヒット。
このエリアは魚いないねということで、早上がりのつかさんと分かれ、私はもう一箇所寄ってくことにした。

ここは平水って感じだったので、下の荒瀬の区間は諦め、上のエリアに絞って入ってみると、対岸の奥にキャストし、間の流れを通して、真中の岩下のヨレを通したあたりでヒット。
どうにかしっかりフッキングできたみたいで、手前の早い流れを横切り、下の荒瀬に入られないように気をつけながら寄せると、久々のまずまずの型のヤマメ。(チビでないだけででかくもないけど...笑)

無難にネットインしたところまでは良かったけど、ネットの中で暴れて、ラインを体身巻きつけてしまった。
私のネットは編み上げタイプなので、フックが絡んでしまい、ネットから出すまでに魚体を傷つけてしまったのは残念。
それでも、写真撮影後は、元気に帰っていったので一安心。
とりあえず満足ということで、ここで終了、帰路についた。

下に荒瀬に入られないために、じっくりやり取りを楽しむってところまで行けなかったけど、それなりに引きは楽しめたし、久々のまずまずのヤマメを釣れたし、まずは満足の釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

不完全燃焼

今日は午後から時間があったので、気になってたポイントへ行ってみた。
いつも魚が溜まってる落ち込み下の深瀬からスタート。
しかし、今日は魚影が薄く、サイズも小さい。
時間帯が悪かったのかもしれないけど、小さいののチェイスのみでノーヒット。
その上の岩盤エリアもノーヒットだったので、少し上流の入ったことがないエリアの探検をしていくことに。

片側が開けていて、対岸には木の枝がかかっているような感じのポイント。
木の枝がかかってる方が深くなっているので良い感じ。
アップクロスでキャストしていると、早速ヒット。
しかし、イマイチのサイズのイワナ。
対岸寄りというより、瀬の中から出てきた感じ。


そのまま釣り上ると、大きな落ち込みと深瀬のあるポイントがあったけど、そこではノーチェイス。
何故だろう?いそうなところなんだけど。
その上の深瀬もノーチェイス。
と思ったら、もう少し上ったところの対岸寄りに枝がかかっていて流れも緩やかになってるところにイワナが溜まっていた。
大きいのと小さいのとガンガンチェイス。
しかし、なかなかヒットせず。
やっとヒットしたと思うと小さいイワナばかり。


それでもけっこう楽しみ、その上の落ち込みを過ぎると、しばらく浅い流れになっていたので、ここで打ち止め。

この辺はヤマメがいてもおかしくないところだけど、今日はイワナばかりだった。
ということは、もう少し下流に溜まってるのかなー?
この川はもっと探検が必要かな。ゆっくり釣りできる時に来てみる必要がありそうですね。
続きを読む>>
  • -
  • -

スイムテスト

腹がパンパンに膨れていた
今日は、すぐ近くに良い感じの川のあるお客さんのところで打ち合わせだったけど、早く終わったので帰り際ちょっと川を見に行ってみた。
小雨模様で、水量と濁りが気になる状態。
でも、着いてみると、まだ雨の影響は出てないみたいで、水量も増えてないし濁りも入ってない。
せっかくだからミノーのスイムテストをしていくことにして、スイムテストにちょうど良さそうな落ち込みと淵と平瀬のあるポイントへ。

落ち込み下の瀬は一応反応なし。
落ち込み下は...おっ、チェイスがある。
目の前までヤマメが追ってきた。
ここでミノーを久々のSTOOPにチェンジし、流芯を越えた対岸方面にキャストし、流芯近くまで引いてきたところでヒット。
ヤマメかと思ったら、釣れたのは20センチのイワナ。
その後もとっかえひっかえミノーをチェンジしながらキャストしていると、けっこうチェイスしてくる。
DD−パニッシュに換えて淵の脇を引いてるところで再びヒット。
しかし、なまったトリプルフックのせいか、バレちゃった。

泳ぎをみたり、シングルフックに変えたりといろいろ試して泳ぎを見るのが目的だったので、とっかえひっかえミノーをキャストしていると、そのうち反応もなくなってしまったけど、青い魚体やいろんな魚体がチェイスしてきて、けっこう魚は溜まってるみたい。
ただ、そんなに大きいのは見えなかったのは、いないのか、それとも底に着いているのか...
とりあえず、いろんなミノーのスイムテストという目的は果たせたし、ついでに釣果もあったから、短時間の(というか、10m程度しか移動しなかった)割には、楽しめたのかな。
  • -
  • -

厳しーい

今日は久々つかボンさんとご一緒。
昨晩の雨がたいしたことなかったので、若干水量が多そうだけど、どうにかなりそうということで、まずは一番の狙いのポイントへ。

ちょうど明るくなった頃に現地に着き入渓してみると、水量はちょっと多めだけどどうにかウェーディングできそうだし、濁りはすでにない状態。
入渓直後に、対岸ギリギリにキャストし深めの所を引いてきて、浅瀬に変わるあたりでヒットしたものの、すぐバラシてしまった。
うーん、幸先よいのか悪いのか...


つかさんのヤマメ
しかしその後が続かない。
水量が多いせいなのか、曇りで活性が上がらないのか、なかなか魚影が見えない。
それでも、しばらく上ったあたりからやっとチェイスが出てきて、そのうちつかボンさんが連続ヒット。20センチ台前半から中盤の良い感じのヤマメ。
どちらも岩周りなど流れのちょっとゆるくなってるあたりから出てきたみたい。
やはり、水量が多く荒い流れの中は厳しいかな?
でも、次のポイントでは、アンダーで引いていたら流れの中から出てきたらしい。
こちらも良い感じの綺麗なヤマメ。
しかし、別ポイントでイワナを追加したつかボンさんに比べ、私はバラシ&チェイスのみで未だ坊主。まずい。

いくつかのポイントで釣りをした後、最後に川を変えてみる事にし、移動してみたら、今度は水が足りない。
いつもなら魚影が濃いあたりも、水量が少ないせいかぜんぜん魚影が見えない。
上るうちに魚影がいくらか出てきたけど、低水位でそうとうプレッシャーがかかってるみたいで、ルアーを見ると逃げていく始末。
さらに、蜘蛛の巣が酷く、最初のキャストは蜘蛛の巣払いという感じ。

私のヤマメ
それでも、木の枝下の薄暗い部分にある岩脇のヨレという感じのところで、やっと私もヒット。小さいけど色の濃いヤマメを上げてどうにか坊主脱出。
その後も魚影は見えるし時々チェイスはあるものの、ヒットに結びつかないまま終点まで行き着き、そこでタイムアップとなってしまった。

つかボンさんにまずまずの型を複数ヒットし楽しんでもらえたから良かったけど、私の方は問題点がますます浮かび上がってきた。
それでも、二人ともヘロヘロになるくらい思いっきり歩いて、厳しいけど充実した一日でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

仕事中に

客先での打ち合わせが早めに終わったので、その近くの川をちょっとだけ様子見してこようかなということで寄ってきてみました。

今日は小雨模様。はたして水位や濁りはどうだろう?
目的ポイントへの途中の川は、増水はしてるけど濁りはそれなり。
これだと釣りできそう?
で、ポイントに着いてみると、増水してるし濁りは入ってるけど、とりあえずルアーは見えそう。
ということで、ちょっとだけ投げてみることにしました。
最近の様子から見て、ここはいないかなとも思ったけど、とりあえず探ってると、小さな魚影がチェイスしてくる。
かるくトゥイッチをかけて変化をつけたところでヒット。
小さな小さなイワナ。
で、肝心の大きめなのは?と思ったけど、後は反応なし。
もう一箇所と思って近くの別河川に移動してみると、そちらは濁流状態。
速攻で諦め、もう一箇所寄りたかったけど、雨も降ってたし、仕事途中ということもあってタイムアップ。
10分ほどの釣りで、とりあえず釣れたけど、次はまともなやつを釣りたいなー。(笑)
  • -
  • -

今日も敗北

大好きな川だけど、今年はあまり行ってなかったところに久々行ってみました。
鮎シーズンが始まってしまったので、全域混んでることが予想されるけど、梅雨時期の水量のあるところでの釣りもねらい目かもということで、鮎釣り人が出てくる前の早朝狙いで出撃。

まだ暗いうちに出発し、明るくなるのと共に入渓したけど、今日は水が多い。
いつもは陸となっているところもすっかり水没している。
水量が多いために流れもきついのか、それとも朝早くで活性が低いのか、全然チェイスが見えない。
対岸付近のトロで小さなライズが一回あった程度で、後は全然魚影が見えない。
そのまま釣り上がり、最初の深瀬へ。
しかし、ここも反応なし。
けっこう濁りが入っていて、良い条件か悪い条件か微妙なところ。
その上の平瀬は、久々水量のある状態で入れて良かったけど、やっぱりチェイスがない。
そのまま淵の近くまで行ったところで、かなりの大物がライズ。
魚影はよく見えなかったけど、音が凄かった。
でも、ここで大きいのを出したためしがないんだよなー。
しばらく粘ったけど出ないので諦めポイント移動。

そろそろ鮎釣り師達が入り始めてきたけど、ちょうど人が入ってないエリアがあったので
入渓してみたものの、全然魚影が見えなかったのでポイント移動しようかと思ってるところで、まめむしさん登場。

合流して支流の合流点に行ってみた。
私は合流点まで降りてキャストしてみたもののノーチェイス。
合流点あたりで小さなライズが盛んに見られたけど、追ってくるほどのサイズじゃないのかな?
状況がイマイチなので、一旦まめむしさんと別れ、別ポイントへ。
良い型のヤマメが狙える瀬のポイントに入りたかったけど、水量が多めで川を渡るのが厳しそうだったので諦め、淵の上でキャストしていて、初めてチェイスあり。
普通サイズのほかに、まずまずのサイズのチェイスがあったものの食ってこなかった。

しょうがないので最後のお気に入りポイントに入ってみた。
入渓直後に再び合流していたまめむしさんはイワナを複数ヒットしてたけど、私はヒットなし。
最初の枝下エリアがダメで、落ち込みがダメで、上の深瀬もダメ。

上エリアはテンカラの人がいたけど、少し休んでいたら帰っていったので、落ち込みの上と下を攻めたもののノーチェイス。
結局、ここでやめて帰ってきた。

今日はイマイチ。
どこも魚影が濃くない。
活性がイマイチ。
どっかに溜まってるんだろうけど、どこなんだろうなー。
期待が大きかった分ガッカリだったけど、久々水量のある深瀬の釣りを堪能できたことだけは良かったかな。
さー、次こそは釣らないと。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1