Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

今日も敗北

 
しばらく雨が降ってないので、水量が足りないのは判っていたけど出撃。
普段なら水量があって流れもあるポイントを選んで行ってみたものの、さすがに減水ですっかり浅くなってしまっていた。
濁りもないし、水深は少ないし、天気も良い。
厳しーい。

最初に入ったポイントも、落ち込み下の深瀬になってるようなポイントが、すっかり浅瀬になっている。
それでも、流れの手前の浅い瀬の部分まで引いてきたところで中型のイワナがヒット。
続いて、落ち込み下の瀬の部分で20センチ台後半のイワナが追ってきたけど、そういう時に限ってミノーがエビになっていて食わせられなかった。
残念。
しかり、普段なら反応のあるようなポイントは、浅すぎるのか全然反応なし。
その後は反応がないのでポイント移動。


次に入ったポイントも、水量が少なすぎ、水深が浅すぎる状態。
魚影も見えず、けっこう粘ったけどノーチェイス。
そのまま釣り上り、落ち込みの間の、深瀬が浅くなっているところでチェイスはあったものの食ってこなかった。
結局、そこではほとんど魚影はないままポイント移動。

その次のポイントも、普段水深があるところもすっかり浅くなっていて、魚影が薄い。
たまに小さな魚影がチェイスしてくるものの、ヒットにいたらず、かなり歩いたものの、結局ノーヒット。

「さて、次はどうするか?」と悩んだものの、水量が少なく濁りも入ってないし、天気も良すぎるので、次のポイントが思い浮かばない。
しょうがないので、少し早いけど帰路についた。

今日は、とりあえず坊主を免れただけでラッキーって感じ。
ただ、今日一番のサイズが追ってきたときに、ミノーがエビになってしまったのは残念。
それ以外は、チェイスしてきたのは皆小さかったし、この条件だとしょうがないんだろうなー。
今シーズンの最低水位で、このまま雨が降らないと、次はどうするか悩むところ。
早く、ちょうど良い雨が欲しいとこだ。
続きを読む>>
  • -
  • -

尺上

盆の後半頃より、時々、局地的にスコールのような強い雨が降り、雷による停電や川の増水も見られるようになった。
とはいえ、乾いた大地に吸い込まれるのか、増水も一時的なものですぐ引く状態。
先日の増水の影響が気になる川へ行ってみた。
実は昨日の朝に偵察に行き、泥濁りの川やクリアの川など複数回って偵察済み。
とりあえず、その中の一本へ行ってみた。
ここは、昨日はかなり濁っていたけど、今日は釣りになるんじゃないかという読み。
現地に着くと、まだまだ濁っているけど、浅瀬の底は見えるし、白泡が白っぽく見えるので、とりあえず入渓してみることにした。

上から見るとどうにかなりそうだったけど、いざ川に入ってみるとかなり濁りが酷い。
こりゃ厳しいかなと思いつつ、キャストを繰り返していると、急な流れの脇の岩の下で、流れがゆるめになって浅くなっているポイントに入るあたりでヒット。
流れがきついので取り込みが難しかったけど中型のイワナ。


「おー、一応釣れるんだー」と思いつつ、似たようなポイントにキャストしていると、再び中型のイワナがヒット。

続いて、対岸方面の流れの緩やかなところにキャストしていて、流れに入って少し引いたあたりでヒット。
これは重い。一瞬、流れの水圧かとも思ったけど、大きな魚体が見えたので、しっかりアワセを入れ、ロッドを寝かせ立てないようにしながら、90度を保ってテンションをかけつづけるよう気をつけながら寄せる。
しかし、急な流れが間にあるので、どうしてもどんどん下流にもってかれる。
大きな岩の間をなるべく急いで下りながら、どうにかこうにか寄せたけど、最後の岩場の下の流れまで流されてしまって、これ以上下れないので厳しい状態。
それでも、どうにか小落ち込みを上らせることに成功し、体の横までは持ってきたものの、なかなかネットインできない。
何回も失敗し、その都度横や前に走られながらも、どうにかネットインに成功、苦労の甲斐あって、久々の尺サイズのイワナをキャッチ。
測ってみると33センチ。


今シーズンは尺サイズをバラシてばかりだったけど、やっとキャッチ成功。
久々自作ミノーでの大型サイズの釣果ということもあって、とてもうれしい。

こうなると、しょっぱなのアワセの入れ方、タイミング、強さが最初の関門。
続いて、ロッドワークとロッドの角度とテンションと巻きスピードでいかにいなしながら寄せるかが第二の関門。
最後にネットインをいかに行うかが最終関門って感じ。
たまたま、流れに押されてフッキングがしっかり入ったってこともありそうだけど、なんとなく判ってきた気もしてきた。

と思ってたら、やっぱり対岸寄りからひってくる途中、ヒットしてすぐにバラシ。
けっこうデカイサイズの魚体が見えて悲しい気分。尺はあったなー。

続いて、落ち込み下の、流れの落ち着く手間の岩のあたりでギラリ。
軽く触った感じだったけど、うまくフッキングせず、バラシ。
その次のキャストで、今度は少し岸寄りの岩のあたりでヒットしたものの、今度も二拍程度でバレ。
うーん、感覚をつかんだと思ったのは気のせいか...

次はポイント移動し、荒瀬のエリアに入ってみた。
こちらはさっきより濁りが強いような気もするけど、対岸にへこみがあって流れのゆるくなってるところにキャストし、ミノーを躍らせていると、一瞬ヒットしたものの、うまくアワセられず、すぐにバレ。
うーん、まずい。
今度のもでかかったんだけどなー。
続いて、同じエリアに再びキャストすると、流れを超えて一旦浅くなってるあたりでヒット。
今度はしっかりアワセ、下流を回して寄せる。
流れが強いので寄せづらかったし、けっこう走るので、ネットインが難しい。
しょうがないのでそのままズリ上げると、尺はないけどまずまずのサイズのイワナ。
続いて、同じエリアでチビイワナをヒット。

さらに、落ち込み下の瀬尻の方でヒット。
お、これはデカイ。
しっかりアワセは入れたけど、引きが強くてなかなか寄ってこない。
近くまで寄せると、ドラグを鳴らして逃げていく状態で、ロッドの角度に気をつけつつ寄せては逃げるの繰り返し。
それでも、頭の向きを岸に合わせてどうにか岸よりまで持ってきてネットに入れようとするものの、魚体もでかいしなかなかネットインさせられず、思い切って体ごと岸に乗り上げながらズリ上げに挑戦。
泳ぐ勢いを利用しながらどうにかズリ上げ、サイズを測ると36センチとこれまでの最高サイズのイワナ。


うれしい。
いつも使うネットは、ネット部分が深いから一応入るけど、輪っか部分のサイズより大きい状態。これじゃ入れるの大変で苦労するはず(他の方は、問題なく入れれるようだけど、私には難しい)だし、大きなインスタントネットが欲しいななんて思いながらも記念撮影開始。
手に持つと、ヤマメと違って細身なはずだけど、やっぱりサイズが大きい分、片手だと大きく感じる。
これで、今年の目標の一つであるイワナの35アップ達成。
これは早速メールしなきゃということで、このポイントはこれで終了。

友人達にメールを送った後、次のポイントへ。
現地に着くと、こちらは濁りも少なく水量も少ない状態。
水量が思った以上に少ないせいか、魚影が見えない。
もしかしたら、先日の増水で流されてしまったのかも。
しばらく上ったところで霧雨が少し強くなってきて、濁りも増えてきたように感じたので、これはちょっとヤバイかと思い、途中で引き返す事にした。
戻る途中、落ち込み下の瀬にキャストしたところでヒット。
お、どうやら今度はヤマメ。
そんなに大きくないけど走る。
ジャンプしながら走り回るヤマメを、岸沿いに誘導し、ズリ上げ。
写真でははっきり模様が出なかったけど、目で見る分には綺麗な中型のヤマメだった。



その後数ヶ所回ったものの、水量が少なくて釣りにならなかったり、アブが多かったり、入渓者が多かったりでどうもイマイチ。
そうしているうちに、朝のメールを見たつかボンさんが急遽出撃してきた。

とりあえず合流すると、すでに中型のイワナを一尾上げたとのこと。
そのままつかボンさんに先行してもらい、様子を見ながら時々私もキャストって感じで移動開始。
すると、落ち込み下の瀬尻で、つかボンさんのミノーに反応し、デカイ魚体がグネッと反転するのが見える。
ぶっとい魚体とイワナの模様をはっきり見せがら一回反転したあと、すぐまた体を捻って反転。
2回目の反転はつかボンさんにも見えたらしいけど、残念ながらうまくヒットしなかった。
しかし、デカかった。
もしかしたら40オーバーって話し合い、私は上流方面にキャストに行き、ふと振り返ると、つかボンさんがヒットしている。
慌てて駆けつけると、かなり良いサイズのイワナをヒットし、寄せてるところ。
しかし、寄せてネットを取ろうとしているものの、ネットがうまく取れなかったらしい。そうしているうちに、イワナが暴れたのか、突然バレ。
これも確実に尺オーバー、うまくすれば35オーバーはありそうだったから残念。

その後は良型は見られず、少したったあたりでタイムアップということで、帰路に着いた。

今日は尺ものを2本キャッチ。
そのうち1尾は自己新と、最高の釣果。
濁りが酷かったけど、逆に濁りで警戒心が薄れたんだろうなー。
最後に超特大を見せられ、後ろ髪を引かれる感じはしたけど、それでも、イワナもヤマメも釣れたし、数の方もまずまず上がったし、成果のある釣行だったかな。
続きを読む>>
  • -
  • -

速乾性

両親が温泉に行きたいというので、さりげなく?誘導し、近くを川が流れている温泉に行くことにした。
途中、道路脇の川が見えるところまでくると、水がない...
すっかり減水している。
それでも、まだマシそうなポイントを見つけて、「ちょっとだけ釣りしてくるね」と両親を車に残し川へ入る準備を開始。
しかし、ここは虫が凄い。
窓を開けて風が通るようにしてと思っていたら、アブやスズメバチが大集合。
とてもじゃないけど窓を開けてられないので、しょうがなくエンジンをかけたままエアコン作動。
それでも、ドアを開ける一瞬に蜂が車内に入ってきたりして大変だった。
今シーズン、こんなに蜂が多いところは初めて。この辺は危険だ。(笑)

実は、今日は準備時間短縮も考え、ノーウェーダーで釣りしてみようと思っていた。
速乾性のシャツ・パンツ・ズボンを着てきていて、ウレタン系の靴下とウェーディングシューズを履けば準備OK。
釣り道具をウエストバッグに入れれば、涼しい格好で釣りができ、準備も簡単と思ってたけど、虫が多くて車のドアを開けてられず、やむなく荷物の移し変えを諦め、フィッシングベストはそのまま着用で川へ。
たしかに涼しいんだけど、靴の中で足が直接水に浸るのは、流れのあるところでは意外と冷たいし、流れのないところは生暖かい。あまり気持ち良くはないなー。
綺麗な水のところ意外は、あまり使いたくない手ではあるな。(笑)

で、大岩の間を段々になって流れているようなポイントでキャストを開始したものの、時間も10時過ぎでカンカン照りで、全然反応がない。
と思ってたら、誰かの声がして、岸沿いを見ると、道路から声かけている人がいる。
誰かなと思いつつ、近づいていくと、先行者が車に帰るところで、「この辺は全然魚影がなかった。やっても無駄かも」ってことだった。
ちょいと投げただけですぐに川から上がり、虫の攻撃を避けるためにちょっと移動したところで、先ほどの釣り人と立ち話。
この辺は全然魚影が見えないって話から、どの辺が良さそうなんて話、他河川の話、道具の話と、スズメバチとアブの攻撃におびえながら、けっこう長時間話して面白かった。

両親を長時間車の中で待たせてしまったので、あとは諦めて温泉へ。
温泉に着いた頃には、ウェーディングシューズとレッグガードを履いてた足元を除き、すでに乾いている状態。
水の汚いところではちょっと考えちゃうけど、確かに涼しくて夏場はこんな格好での釣りも快適かもな。

ということで、ほとんど釣りはしないでしまったけど、やっぱり川は良いなー&温泉は気持ち良いの日でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

盆前ラストチャンス

盆前のラストチャンスということで川に行ってきました。
水量が少ないけど、その中で比較的チャンスのありそうなポイントを選んで入渓。
最初のポイントは、ある程度落差があり流れが早めになっていて、大岩が入っていて流れの複雑になってるポイントで、岩周りの落ち込み下が深くなって速い流れになってるあたりにキャストすると、早速チェイスあり。
たるみまで引っ張ってきたところで残念ながらバイトまでいかなかったけど、魚影があったことで俄然やる気になって、立ち位置を変えてキャストを繰り返えしていると、再びギラッと魚影が見え流芯付近でヒットしたものの、流れに押されたのかバレ。
次は、対岸の方の流れに遠投し、手前の流れの流芯の向こうまで引っ張ってきたところでヒット。
強めにアワセを入れ、強い流れで下流に入られたけど、しっかりフッキングしてるみたいなので、慌てずに下ってキャッチの準備。
流れが強いところでポジション的に厳しかったけど、どうにか体を下に入れて数回のやり直しをしながらネットインさせると、まずまずのサイズのヤマメ。
やったー。
幸先良いなー。


続けて、今度は下流の岩裏にキャストし、ダウンで引いてくるとヒット。
今度は、小型のイワナ。

少し上って、対岸奥の岩脇の流れにの向こうにアップクロスで遠投し、流れに乗せたあたりでヒット。
遠目でもギラッと光る魚体がでかい。
しかし、流れをひとつ下って下のたるみに入ったところで痛恨のバレ。
考えてみると、アワセも弱かったかも。
悔しー。
続いて、その周りを攻めていると、イワナを連続ヒットしたものの、ネットイン失敗でバレ。
と思ったら、今度は足元の岩の裏から尺クラスのイワナが出てきてヒット。と思ったとたんにバレ。
こりゃ、しまった。でも、近すぎてどうにもならないか。
しかし、深瀬の複雑な流れのエリアもこの辺までなので次のポイントに移動。

次のポイントに移動すると、最初の深瀬は更に減水していて、流れも弱くてノーチェイス。
しかし、上の落ち込みのあたりをダウンで攻めるとギラリ。
でも、バイトにいたらず。
しばらく上って、途中の落ち込みのもう一つ下のたまりでやっとヒット。
今度は小型のイワナ。



更に、連続する落ち込みの途中の岩周りやたるみ付近から、時々チェイスがある状態。
そして、たるみで小型のイワナがヒットし、写真を撮っていると、なんか人の声がするような気がする。
周りを見回すと、JAMESさんがいた。
下で私の車を見つけて、様子を見に来たらしい。
ということで、そこからはJAMESさんと一緒に釣り上っていった。
ここより上は流れが単調になってくるけど、途中の落ち込み下のたたるみにアップクロスでキャストし、流芯脇まで引いてきたところで再びヒット。
今度は中型のヤマメ。

その後は、流れが速すぎたり距離が短くてチェイスなしで、上の平瀬区間に入ったものの、そちらはノーチェイス。

タイムアップというJAMESさんと別れ、次はポイントの新規開拓に歩いたけど、今日入ったところは、雰囲気は良いけど、水量が足りなくて、魚影も見えず。
一回イワナがヒットしたのみ。
私の方も予定があったので、そのエリアで終了、タイムアップとなって。

今日はまずまずのサイズのヤマメが釣れたのは良かったけど、対岸でバラした大物が痛かった。
でも、水量から考えると、釣果も出てまずは良い釣行だったかな。
次は盆明けになると思うけど、もう少し水量が欲しいところ。
次回も釣れると良いなー。
続きを読む>>
  • -
  • -

森のクマちゃん

今日はJAMESさんを誘って、8時までの朝一一本勝負へ。
しかし、現地に入ってみると、思ったよりも更に水が少ない。
それでも、川に入って早速1バラシ。
JAMESさんもチェイスがあったそうだし、まずは無難な立ち上がり。
少し上った淵では、チェイスはあったけど、私にはヒットせず。
と思ってたら、JAMESさんがヒット。
まずまずのサイズのヤマメだったそうだけど、最初のチェイスの時もそうだけど、ヒットの時も複数の魚影が追ってきたそうだ。
これは活性が高いのかと思ったけど、その後の瀬に入ると、魚影があまり見られない。
数回チェイスがあった程度で、普段は深瀬になっているところに期待したら、その辺も水不足で深くない。(笑)
しょうがないので、落ち込み下や弛みの水があるところを狙ってキャストしたものの、あまりチェイスもなく、厳しい状態。
更に上って、小さな落ち込み途中の岩下でやっとヒット。
最近にしては珍しく、釣れたのは中型のイワナ。
エリア的にはヤマメエリアだけど、ポイント的には確かにイワナポイントだからしょうがない。
その後もチェイスが非常に少なく、イマイチの状態だった。

しばらく上っていったところで。JAMESさんが慌てて寄ってきて「クマだー」。
私は、右岸方面に居たんだけど、左岸の木の下でガサゴソ音がしたと思ったらクマだったそうな。
ん?そうだ。木の陰の方にいるので、イマイチよく見えないけど、確かにいる。


左岸のもうちょっと先の方に退渓ポイントがあるわけで、そこで川から上がる予定だったけど、このままクマさんを追っていくと、そこでかち合うかも。
しばらく躊躇したものの、時間的にもまずいので、とりあえず右岸を進んでみた。
少し上ったところで、再びJAMESさんが「居たー」。
ちょうど対岸の木の上に上っていて、それが降りてきたそうな。
その時は、私は見れないでしまったけど、川幅3mくらい?のところの藪の中に居るわけだ。
ビビるー。

クマに追いつかれないよう、少しペースを上げ、ちょっと上ると、もう退渓ポイント。
音がしないので、追いついてはきてないんだろうということで、一応声を出しながら退渓。

結局二人とも1尾ずつと、イマイチの釣果だったけど、とりあえず坊主は免れたし、クマも見ることができたので、なかなか面白い?釣行となりました。

1枚目
 
2枚目
P.S.
クマちゃんの写真は、音がして動いているところを2枚撮った。
1枚目はズームに失敗し、広角状態で撮り、2枚目はズームしてから撮った。
間はたぶん5から10秒。
1枚目を2枚目と同じくらいに拡大して比べてみると、

1枚目のAのところは、2枚目で影がなくなっているから、たぶんクマちゃん。
耳みたいな陰と白い月の輪?が見えるような気がする。

Bのところも、岩だと思ってたけど、1枚目にはないのに、2枚目に写ってるってことは、たぶんクマちゃん?
動いていたのは、AにいたクマがBに移動してたのかな。

Cのところは、クマの顔に見える気がするけど、同じ場所だから、もしかしたら岩?それとも、クマは移動してない?

もしかしたら、A&BとCの2頭いたってこと?
子連れクマだったのかな?

おっそろしー。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

バラシ絶好調?

今日もバラシ絶好調でした。(泣)
梅雨も明けて晴れが続き、川の水位もだいぶ下がっちゃったみたい。
ということで、今日は普段入りづらいところや初めてのところの探検のつもりで行ってきました。
そのおかげなのか、チェイスも多く、ヒットも...となれば良かったんだけど、実際にはバラシが絶好調。
大物もバラシて、かなり悔しい思いをしてしまった。

まずは普段はガンガン瀬って感じのポイントで、水量が少なくて弛みがちょうど良いって感じのところで、早速ヒット...と思ったらバラシ。
ま、そこそこ流れがキツイポイントだし、足元が悪くて移動も難しかったからしょうがないということにしておこう。でも、けっこう良いサイズだったんだけどなー。
その他、けっこうチェイスもあったけど、このエリアでは結局3バラシで終了と不吉な予感。

次に入ったのは、良い感じに岩の入ってる深瀬。
対岸から引いてきたところでヒット。
しかし、小さい。チビイワナだったけど、それでも坊主は免れ一安心。


しかし、その後はチェイスはあるものの食わせられない。

更に次の高低差があって岩がゴロゴロ入ってるエリアに移動。
途中の深瀬でクロス気味にミノーを流していたら、ピューっと魚影が追ってきてヒット。
けっこう大きく体高も高いヤマメ。
しかし、寄せてる途中でバレ。
フックを見たら、鈍ってたー。

フックを交換し、気を取り直してキャスト再開。
対岸から流芯を通して、流芯脇のところでヒット。
今日はデカイネットを持っていってたので、しっかりネットインさせてみると、そこそこのサイズのヤマメ。
良型とまでは言えないけど、それでもまずは満足の一尾。


続けて、落ち込みの流芯脇でヒット。
今度は、けっこう大きく体高も高いヤマメ。
しかし、寄せてる途中で、暴れた瞬間にフックがはずれ、ピョーンと目の前の宙を飛んでいってしまった。
なんてこった。
その他にも、チェイスがけっこうあったけど、フックオンしないか、バラシの連続。

次はもう少し上流のポイントに入ってみたけど、水量が少なくて辛い感じだったので、途中で引き返してきた。
でも、落ち込み下で小さ目のイワナがヒット。
続いて、あとちょっとで車というポイントで、ダウンクロスで落ち込み下の深瀬を流していてヒット。
これはデカイ。
おー、尺イワナだ。
しかし、足場が悪くネットを出すのに苦労しているうちに、岩下にもぐりこまれ、そこでフックが外れてしまった。
ショック。
またやってしまった。

車に戻って時間を見るとちょうど10時。
普通ならもう何箇所か回りたいところだけど、カンカン照りで暑いので、今日はこの辺で勘弁してやろうということで、家路についた。

今日はチェイスも多かったし、10ヒットという状況だったのに、そのうち7匹をバラシたという惨憺たる結果。
アワセがおかしいのと、ロッドを使いこなせてない(ロッドの張りで弾き飛ばされる)ってあたりに問題がありそう。
なんか全然上達しないなー。
尺イワナ&良型ヤマメをバラシて、ちょっとショックな釣行でした。(笑)
ただ、新しいポイントの開拓という意味では成果があったからよしとしておきましょう。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1