Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

今度こそ納竿(笑)

先日の釣行で納竿と思ってたら、今日の日中時間ができたので、無理矢理最終釣行に行ってきました。

気になる川やポイントは多いものの、今日は渓流最終日ということで、まずは先日のつかボンポイントへ。

朝一薄暗いうちに現地に着きたいと思ってたけど、起きるのが遅れ、日の出直前に現地着。
他の車がないので、さっそく入渓。

先日よりはライズがある状態。
これは良い兆候かなと思いながら、最初の荒瀬にキャストしていて、早速ヒット。
ダウンクロスで岸沿いに引いてくる途中で、けっこう流れのきついあたり。
上げてみると、イワナ。ま、場所的にはそうだろうけど。
物足りないサイズだったけど、とりあえず早々に坊主脱出ということで、一安心。

更にその先の、流れの緩やかになるあたりでクロスでキャストしていてヒット。
寄せてみると、今度は小さめだけどニジマス。
少し上って、流れのあるあたりや落ち込み等を攻めたものの、そのあたりでは出ない。
つかさんの尺ヤマメゾーンも反応なし。


そのまま釣り上っていったものの反応がないなと思ってるうちに、期待していた落ち込みに餌釣り師がいるのを発見。
残念。
しょうがないので、下流の深瀬も捨てて、そのままスルーで上流で再入渓。
以前良い型をバラした対岸近くの岩下付近は、水量が足りなくいせいか反応なし。
少し上って、流れが強めになりだしたあたりで、クロスからダウンに引いてくるあたりでヒット。
寄せてみると、小型のヤマメ。
サイズはイマイチだけど、色づいて凄く綺麗。

その後の良い感じのエリアは、残念ながら反応なし。
そして、その上流にも餌釣り師が入っていたので、一旦川から上がってポイント移動。

次に入ったポイントも、下流の方に人がいたので、少し上流方面を攻めてみた。
でも、反応がない。
流れの緩いあたりでは、ライズもあるんだけど、ミノーを追ってこない。
すでに良い時間だし、天気も良いし、厳しいんだろうなー。
小さな魚影もけっこう見えるけど、まともなサイズは隠れてるんだろうなー。
そのまま釣り上り、落ち込み下まで行ったところでチェイス。
いつもの悪い癖で、どうせ追ってこないと思って、足元で早く巻いてサッと持ち上げようとしたあたりでチェイスが見えた。
残念。
結局、追って来たのはその一回のみ。
少し上ったところで、虫を取っている餌釣り師がいたので、車に戻って更に移動。

次に入ったポイントも、目当ての淵は、さすがに先行者あり。
しょうがないので上流方面に向かっけど、少し上ったところで上流に先行者を発見し、けっきょくここも諦め。
しかし、戻ろうと思いながらキャストしていたら、ヒット。
瀬の中から出たのに、なんとウグイ。
まいった。

そこから引き返し、さらにポイント移動。
しかし、良さげなポイントは、「大場所は、もれなく餌釣り師が付いてきます」状態。
間の平瀬しかキャストできない。
けっこう魚影は見えるけど、皆小さいサイズ。ライズも見えるけど、ななかなチェイスもない状態。
結局その後は数回チェイスがあったのみでノーヒット。
どこも満員御礼って感じだったので、そこで諦め今日の釣りは終了となった。

ほんと、渓流最終日で、おまけに土曜日ということもあって、今日の川は大混雑。
まいりました。
今日は、ヤマメ、イワナ、ニジマス、(おまけにウグイ)と各種釣れたのは良かったけど、サイズが小さかったのは残念。
それでも、最終日が3種(4種?)制覇で終われたから、まずは良かったのかも。
でも、最後のヒットがウグイてのはちょっと残念かな?(笑)

これで、今年の渓流も最後。
尺ヤマメは釣れなかったけど、36センチイワナが釣れて、2大目標の一つは達成。
いっぱい歩いていろんなポイントも覚えたし、楽しいシーズンだったかな。
すでに、来年が待ち遠しいと思いつつ、今シーズンの渓流終了です。
続きを読む>>
  • -
  • -

良い物を見せてもらった&納竿

つかボンさんから「最近不調なんで、運を分けてください」との連絡があり、それではということで、今日は私の案内で釣りに行くことになった。
前回、尺イワナを出したとはいえ、あくまで雨上がりの濁りが入っている時。
その時は水量も幾分増えてたわけだけど、ここ数日の好天で、水はすっかり下がってるはず。
ということは、どこも厳しそう。
まずは、そんな時の「ここしかない」というとっておきのポイントに行ってみた。

夜明けと共に入渓。
朝一一発勝負くらいの気持ちでキャストを開始すると、一応チェイスがあった。
一応、周りを攻めた後、「ここしかない」って思っていたポイントにキャスト開始。
下の岩下でミノーを引っ掛け、回収して上流を見ると、「えっ、もしかして良い型?」
同じポイントをダウンで攻めていたつかボンさんが、良い感じの型を寄せているところ。
慌ててつかボンさんのところに駆けつけると、でかい魚影を足元近くまで寄せたところ。
「ロッドを立てたらヤバイ。そのままズリ上げたら」なんて言っているうちに、つかボンさんはズリ上げ、取り込み終了。

つかさんの尺ヤマメ
鼻が曲がっている

「やったー、ヤマメだ。」鼻の曲がった、立派なヤマメ。
色も濃く、しっかりパーマークが残っている。
早速測ってみると、33センチ。
りっぱな尺ヤマメでした。
写真撮影してリリースしたけど、どうやらペアリングしている固体らしく、もう一匹いるみたい。
そこで、しばらく粘ってみたけど、何回か追っては来てたみたいだけど、結局出せないで終了。
残念ながら私は出すことができなかったけど、ポイントも入渓のタイミングも狙い通りで、しっかり結果を出すことができたのはうれしかった。

鼻曲がりのヒレピン by つかぼん

つかボンさんは感動し「もう今日は終わりで良いやー」ということだったけど、とんでもない、まだ夜明け直後でこれからが勝負です。(笑)
ということで、つかボンさんを市中引き回しの刑に引きづりこんでしまいました。(要するに、歩いて、歩いて、歩いて...)

しかし、その後は、しばらく釣り上ってみたけど、どうもはかばかしくない。
つかボンさんにチェイスがあったそうだけど、サイズはイマイチ?
ということで、別河川に行ってみることにしたけど、そちらも水量が少ない。
ただ、そちらの川はニジマスを放流したみたいで、いたるところに魚影があった。

皆、同じサイズで19センチ前後。
ちょっと深いところには群れていて、ガンガンチェイスしてきて、ガンガン釣れる。
それなりに面白いとはいえ、満足感はなかった。

背中が青く見える
浅瀬にも深みにも群れていた

結局かなり歩いて、ヤマメとイワナのチェイスはあったものの、釣れたのはニジマスのみ。
時間も時間だし体力の限界ということで、終了となった。

今日は、つかボンさんの尺ヤマメに尽きる。
私的にも、「この状況だとここしかない」「あのポイントなら朝一一発勝負しかない」という読みどおりに尺ヤマメが出たってのはとてもうれしい。
自分が釣り上げてれば最高だけど、見れただけでもラッキーって感じ。
形もりっぱで色も綺麗で、シーズン最後に良い物を見たって感じ。
結局、つかボンさんが釣り上げたけど、私だったら出すことができなかったかもってことで、釣れて良かったなーって感じです。
今日がシーズン最終になってしまうかもしれないけど、最後に良い物を拝ませてもらいました。

P.S.
今週は忙しく、結局この釣行で納竿となってしまいました。
まだ行きたい川も多かったし、心残りだけどしょうがない。
ま、楽しいシーズンを無事に過ごせたので良かったのでしょうね。
これからは、オフシーズンの自作ミノー作りと、岩洞湖のシーズン。
氷上釣りまではまだ時間があるけど、心機一転、段々と気持ちを高めていかないとね。
続きを読む>>
  • -
  • -

尺イワナ

昨日良い型をバラシたポイントは、けっこう濁りが入っていた。
今日あたり良い感じになってそう。
ということで、午後、少し時間が空いたので、ワンポイントのつもりでちょっと行ってきました。

現地に着いてみると、思ったよりも濁りが残っている。
それでも入渓し、普段なら良い感じの瀬を攻めてみたものの、濁りが酷いせいか反応なし。

そのまま釣り上り、昨日チェイスのあったあたりも反応なし。
水量はやや減ってるかなって程度で、平水からするとだいぶ少ない状態。
濁りもまだかなり入っている。

途中の淵に期待したけど、反応なし。
この辺は、もう少し濁りが取れた時の方が良いのかも。

昨日バラシた深瀬のあたりもノーチェイス。
こりゃダメかなと思いつつ、もう少し上った瀬の中でやっとヒット。

濁りが強いので、自作のクレージーヤマメカラーのミノーを使い、ややアップめのクロスで、岩の入っている瀬を引いてる途中でヒット。
昨日のバラシは、ロッドを立てたまま&ヒットした途端にリールを巻くという悪い癖が影響してた気がしたので、ヒットの後は少しロッド操作の方に集中。
流れの中のクロスなので、軽めにアワセて後はロッドの角度を考えながら寄せる。
けっこう引いて逃げていこうとするのでサイズは良いかも。

流れの中まで入り、下流に下りながら、ロッドの角度を保ったまま寄せる。
後ろから一気にネットを差し入れすくうと、一瞬失敗かとも思ったけど、どうにかネットに入ってくれていて、めずらしく流れの中でそんなに苦労しないでネットインできた。
けっこう強い流れだったので、後ろから取りやすかったのかな。


ネットに入れると、少しはみ出しそうな感じ。
ということは尺はあるでしょう。
岸に寄って測ってみると、33センチ。
やったー、尺イワナだー。

記念撮影をし、しばらく拝んでからリリースしたけど、太い頭やギザギザの歯など、良い感じのイワナちゃん。

昨日のバラシはヤマメっぽかったけど、今日はとりあえず尺イワナが取れ、満足。
尺ヤマメじゃなかったのは残念だけど、この濁りだと、ヤマメはちょっと辛いのかな。

その後はアタリもなく、タイムアップ。

今日は短時間だったにもかかわらず、尺イワナが出て満足。
終盤あと何回行けるか判らないけど、今シーズン〆の最後の大物だったかも。
続きを読む>>
  • -
  • -

トラ・ブルー

昨晩から雨が降っていた。
静かにシトシトって感じで、時々やや強くなるものの、あまり強い雨でもない。
これだと濁りはたいしたことないし、水位もたいしたことない?
でも、幾分状況は良いのじゃないかと考えていた。
しかし、明け方は起きれず、悩んだあげく、昼から様子見に行ってみることにした。

入渓すると、水はこないだよりはやや多いという程度で、まだまだ足りない状態。
濁りもほとんど入ってない。
それでも、瀬をダウンクロスで引いていて、流れの白泡を越えるところでヒット。
サイズはイマイチだけど、入渓直後にイワナが釣れ、これは幸先が良い?


その後もそこそこチェイスがある。
落ち込み手前の深瀬にアップクロスでキャストしていてヒット。
再び小さいながらもイワナが釣れた。
続けて、落ち込みのところをダウンクロスで攻めていてヒット。
今度は、チビヤマメ。
更に釣り上ってくと、途中の瀬でも小型のイワナを追加。


しかし、その後トラブル発生。
次の大場所区間に入る手前で、アップクロスの遠投をしようとしてフルキャスとしたとたん、パキッという音と共に、ロッドが抜けた?と思ったら、折れてるじゃん。

ブルーだ。
お気に入りのパームスのロッドは、先の方のピースの2/3のあたりでポッキリ折れていた。
こりゃ再起不能だ。
こうなると、この先の大場所区間は当然攻められず、車も入渓地点の方に置いてあったので、可能性のある区間は捨てて退渓。

車に戻った時点では、大場所区間の方に戻る頭は残っておらず、そのままポイント移動。
しかし、次に入ったあたりは濁りが入っていて辛い状態。
それでも、少し上ったところで数回チェイスあり
更に上っていったところの対岸寄りの深瀬にキャストしていてヒット。
これは良い型。
と思ったら、直後にバラシてしまった。
また、バラシ病復活?
ロッドを変えたから、感触に慣れるまで、しばらく苦労するのかも。

その後は反応無しで、時間も遅くなってきたのでタイムアップ。

今日は雨のせいか、けっこう反応もあって、サイズは小さいながらもそこそこ釣れたしチェイスも多かった。
でも、ロッドが折れたのはショック。
最後のバラシも、今日の一番のサイズだったからショック。
坊主じゃないだけマシだけど、ちょっとトラ・ブルーな釣行となってしまいました。
続きを読む>>
  • -
  • -

ラインブレイク

JAZZYさんが盛岡に来るということで、JAMESさんと三人で釣りへ。

水が少ないのは判っていたけど、とりあえず川に向かい、夜明けと共に入渓。
まずめの一番良い時間帯、JAZZYさんがしょっぱな連続バラシ。(書いちゃってゴメン...笑)
20センチ台前半から中盤くらいのヤマメだったということで期待できるかな?

私はその直後ヒットしたものの、ミニサイズのヤマメで複雑な心境。
とりあえず坊主は免れたということで良しとしておきましょう。
しかし、その後が続かなかった。

時折チェイスはあるもののバイトまでいたらず、どんどん釣り上るもののヒットしない状態。
そのうち、JAMESさんがタイムアップで分かれ、JAZZYさんと二人で釣り上る。
退渓点まで到達したのでポイント移動しながら釣りを続けたけど、その後もチェイスはあるものの食ってこない(食わせられない)状態。

昼を過ぎたところで、やっと落ち込み下の深瀬でヒット。
ミノーがひったくられ、良い型の魚体が反転して頭を振るのが見え、グングンと引っ張られる。
しかし、その後、急に軽くなった。
バラシと思ってリールを巻くと、妙に軽い。
嫌な予感を感じながら巻き取ると、ラインの先にミノーがついていない。
痛恨のラインブレイク。
お気に入りのヒットミノーをヤマメに持ち逃げされてしまったー。

これで運を使い果たしたのか、それ以降はノーチェイス。
時間も2時が近づいていたし、体力的に限界。
タイムアップということになった。

しかし、今日は疲れた。
ひたすら歩いたし、全然釣れなかったし。
でも、水量等、今日の条件を考えるとしょうがないのだろう。
水温が先週よりも2度以上低く、根がかりしたミノーの回収の時、手が痛くなる状況で、活性はあまり上がってなかったんだろうなー
少なくともチェイスはあったから、まだマシだったのかも。

私に限って言えば、最後のバラシが痛かった。
良いサイズだったってのもあるし、ミノーをもってかれたってのもあるし。
それでも久々JAZZYさんとも会えたし、たっぷり釣りできたので、良しとしておきましょう。
続きを読む>>
  • -
  • -

とても勉強になりました

つかボンさんから、秋田の御大が来るんだけど、Yuuさんもどう?というお誘いがあって行ってきました。
しかし、目的地は水もなく、時間も昼からということで、とても釣れそうにない。

まずは待ち合わせポイントで落ち合うと、御大がタックルケースを開いて何かやっていた。ご挨拶をしてから見ていたけど、凄い数のミノーが入っていて壮観。
少し話をした後、ポイントに向かったけど、現地は減水していて勝負になりそうにない。
それでも、下流方面の荒瀬で、つかボンさんがバラシと、まったく魚がいないわけではない。
でも、さすがに真昼間のカンカン照りじゃどうにもならない。
ということで、もう少し水のありそうな別な川へ。

こちらも思いっきり水が少ない。
でも、他の川も同様ということで、とりあえず釣り上っていった。
御大のキャストなどを見せてもらいながら釣り上っていくと、荒瀬に入ったところでチェイスがあったらしいが、ヒットせず。
その後も御大やつかボンさんにチェイスがあったりバラシたり、私にもギラッと光る魚体が見えたりしたけど、さすがに水位が低すぎ、明るすぎ、プレッシャーが強すぎる。
ということで、結局ノーヒットに終わってしまった。
しかし、御大のキャストや攻め方を見れたのはラッキー。
思いっきり攻めていたし、流れに合わせて誘いのかけ方を変えたりなんてところも見れて、参考になった。
残念だったのは、私の一番苦手(笑)なヒットから取り込みのところを見れなかったとこ。
ま、この条件じゃ釣れたらラッキーって感じだからしょうがない。
短時間で釣れない釣行となったけど、いろいろ見せてもらえたし、話も聞けたし、価値ある釣行となりました。
機会があればまたご一緒させていただきたいものです。

最後に川の中に座りながら涼みながら話をしているところで、サングラスがないことに気が付いた。
私のサングラスは、メガネとセットの磁石で付くタイプ。
非常に暑く、汗が顔に垂れてくる状態で、ずり落ちためがねを上げたり、汗を払っている途中で外れて落ちたみたい。
どこで落ちたかも判らず回収不能。
交換用は5千円くらいするし、いつまた落ちるか判らないので、黙ってクリップオンを使った方が便利そう。
しかし、惜しいことしたなー。
来年はやっぱり度付きの偏光が必要かも。

夕方になって一雨きた。
思いっきり雨が降ってる。
通り雨とは思うけど、今釣り場に居れば、ちょっと面白かったかもと思うと、それも残念。
続きを読む>>
  • -
  • -

とりあえず

今回も水が少ないのは判っていたけど、あるポイントに早朝入ってみたかったので行ってみた。

今暗いうちに現地に着いて、しばらく車の中で時間をつぶし、薄明るくなるのと共にポイントへ。

すると、近くにある渕で、盛んにライズが見られる。
魚影はあるなと思いつつ、ミノーをキャストするも、一回だけ小さ目の魚影がチェイスしてきただけで、あとはミノーに目もくれず、虫を食っている。
目の前で20センチ台中盤のヤマメがライズしていて、なんかとても悔しい。

やっぱり流れの緩いところは厳しいんだろうなということで、少し移動して流れの強いあたりでキャストしていると、流れの強い深瀬から横の緩流を通って小さな落ち込みになるポイントで、落ち込み下あたりでヒット。
流れを使って寄せてズリ上げると、26センチ強のイワナ。
けっこう太っていて元気が良い。


続いて、少し上流の落ち込み下に淵のあるポイントで、落ち込み下の白泡のたってる方にキャストし、アップクロスで引いてこようとしていてヒット。
しかし、念のための3回目のアワセを入れた時、ちょっと強すぎたのかバレてしまった。
サイズもまずまずだったのでもったいない。
なんかヤマメっぽかったんだけどなー。

そのまま釣り上がり、良さげなところもあったんだけど、1チェイスのみ。
一旦上がって、ポイント移動。

次に入ったポイントも水量が少なくて辛い状態。
いつもチェイスのある淵も、落ち込み下で1チェイスのみ。
少し上ったガンガン瀬の中の落ち込みに、ダウンでキャストしたところでやっとヒット。
今度は24センチのヤマメ。
色づいてきていてとても綺麗な魚体。
けっこう走ったし、やっぱりヤマメは楽しい。


その後は、別の落ち込み下で、一回ギラッと光ったもののヒットせず。
更に、一回落ち込み下で小さい魚体がヒットしたものの、バレ。
その後は反応なく、ここで諦め、時間は早かったけど、帰路についた。

水量が少なく濁りがない状態だと、荒瀬の落ち込み下あたりからしか出てこない。
それでも、20センチ台のヤマメとイワナが出たから御の字の釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

水没

水が少ない
 
坊主脱出
 
空はすっかり秋の色
水がないのは判ってたけど、とりあえず川へ様子見へ。
現地に着くと、案の定の減水状態。
それでも、少し上ったところで、瀬の中からチェイス。
もう一度流してみると、今度は手前の岸沿いでヒットしたものの、引くほどの距離がなかったので、そのまま上げたら、空中でバレ。
「ま、小さかったから良いさ」と強がったものの、もしかしたら、今日の状況だとこれがラストだったかも。

焦る気持ちの中、もう少し上ったところで、対岸寄りの岩の間の流れにダウン気味のクロスで投げ入れ、チョンチョンとしたところヒット。
寄せてみると小さ目のイワナ。
とりあえず坊主脱出で一安心。でも、サイズ的に納得はいかないなー。
しかし、あとは小さい魚影がたまにチェイスしてくるのみで、バイトすらない。

その後、深場の脇でミノーを引っ掛けたので回収に行くと、同じあたりにミノーが複数引っかかってる。
ラッキーということで回収したものの、自分のミノーのみ、引っかかってる位置が深くてなかなか回収が難しい。
どうにか回収したものの、ウェーダーに水が少し入ってしまった。
デジカメは大丈夫だろうか?

その後もチェイスのみでヒットがないので、今日の釣行の目的を変え、今まで入ったことない区間の下見に変更。

次に入ってみた区間は、初めてなので入渓点に迷ってしまったけど、どうにか川に降りると、目の前はトロ場。そして、まずまずサイズのヤマメが目の前をゆったりと泳いでいる。
しかし、この時期にこんなところをゆったり泳いでるくらいだから、当然やる気はない。
ミノーが目の前を通ると、避けるようにして逃げていってしまった。
その後も小さな魚影は追ってくるものの、皆、後を付いてくるだけで口を使ってくれない。
ミノーをいろいろ変えてみたり、スプーンやマイクロスプーンも使ってみたけど、結局食ってこない。
やっぱりこんなに天気が良いと無理だろうなー。
でも、皆ヤマメみたいだったなー。

少し上って、水深のある強い流れのところでミノーが根がかり。
回収のため強い流れに入っていったところで、岩の間が急に深くなっていてバランスを崩し、見事転んでしまった。
というか、転びかけ、近くの水底の岩に手をついて、どうにか体勢を持ち直し、完全な転倒は避けたけど多少水没。
ウェーダーの中に多少水が入ってしまい、デジカメが濡れてしまったような...
見たくないものは見ないことにし、そのまま釣り上ったものの、その後は1回まずまずのサイズのチェイスがあったのみ。

目的の区間を踏破したところで帰路についたけど、家に帰ってからデジカメを見ると、なんか変なランプがついている。
一応電源を入れてみると入ったけど、バッテリー不足の表示が出ている。
で、バッテリーボックスを開けてみると、「オー、濡れてる」。
蓋を開け、メディアを抜いてみると、こちらも濡れている。
完全水没ではないものの、しっかり水はかかってしまったみたいなので、はたして正常動作するのかな?
とりあえず乾燥させてから試してみるつもりだけど、壊れてなきゃいいなー。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1