Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

冷や汗

午前中にまめむしさんからメールが入ってるのに触発され、今日は午後からちょっと川へ。
途中メールを入れたけど、まめむしさんがつかまらないので、以前から気になっていたポイントを見てくることにした。

ポイントにつくと、水量はそこそこある感じ。
濁りもたいしたことなく、ちょうど良い感じ?
真昼間だし、あまり期待はしてなかったけど、落ち込み下で一回バラシ。
お、この辺もそろそろ魚がついてきてるんだー。
更に、1チェイスあった後、落ち込みしたの瀬の部分でヒット。
アップで出なかったので、立ち位置を変えてダウン気味のクロスにし、U字を切った後でのヒットだった。
寄せてみると、20センチ台後半のイワナ。


おー、このエリアでは今年初の釣果だー。

しかし、その後はしばらく反応がない。
うーん、やっぱりこのエリアは魚影が薄いかー。

そして、再び、落ち込み下の瀬の部分を探っていてヒット。
寄せてみると20センチ台中盤のヤマメ。


サイズはさっきのより小さいけど、背が高い分、引きも良いし大きく見える。
その後は、1チェイスのみで、あとは反応なしなのでポイント移動。

もう一箇所、今年は魚影を見てないポイントに寄ってみた。
まずは岸沿いの立ち位置の落ち込み下を探ると早速ヒット。
しかし、無理に上げようとしてバラシ。
この区間はけっこう水量があって、厳しい感じ。
下流の良さげなあたりまで入れずに、上りながら対岸方面を探る。
しかし、対岸沿いで根がかり。

しまったー。
使っていたのは、最近のヒットミノーなのに...
水量が多いので躊躇したものの、どうにか行けそうな気もしたので、ミノー回収のために渡河を試みる。
しかし、あとちょっとという最後のあたりが深くて腰付近まで水がくるし流れも強い。
ヤバイ、押し流されそう。
押されて安定感を失い、体を下流に運ばれ転倒...と思ったら、幸い足を下ろしたところに岩があって、踏みとどまることができた。
しかし、次の一歩が踏み出せない。踏み位置を変えようとするたびに転びそうになったり、数回ヤバイ思いをし、にっちもさっちもいかず、動けなくなってしまった。
幸い、いつのまにかミノーが外れてくれてたたので、これ以上先に行く必要はなくなったけど、そこから体の向きを逆転させて、数メートルを戻るのに一苦労。
そうとう冷や汗をかきながら、どうにか復帰。

と思ったら、そのちょっと上流で再び根がかり。
今度も、相当冷や汗をかき、どうにか回収。

その後は、もうお気に入りミノーは投げられません。
別のミノーを投げながら上ったけど、すでに一番良さそうなエリアは過ぎていたし、案の定反応はなし。
もち時間も尽きかけてたし、諦めて今日は終了。

今日は、今年魚影を見てなかったエリアで、始めて魚影を拝めたのが収穫。
入渓点近くしか探れなかったけど、この分だと、奥の方もいくらかは魚がついてそう。
しかし、魚影が薄い気がするな。
去年ほどいないんじゃないだろうか?

あと、ルアー回収では、そうとう肝が冷えた。
けっこうヤバかった。
何回も転びそうになったし、あそこで転んだら、けっこうヤバかったかもなー。

今日は、成果もあったけど、けっこう冷や汗をかいた釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

早々に敗北

昨晩はけっこう雨が降った。
こりゃ、入りたかった川は無理だろうなー。
それでも、一応様子見がてら出撃。

外に出ると、薄明るくなる中、星が瞬いている。
快晴かなと思いつつ走り出し、明るくなるのと共に、入りたかった川を覗いてみた。
しかし、大増水&泥濁り。
どうにもならない状態なので、速攻で別な川へ移動。

そちらの川に着いて川面を見てみると、やや濁りが入っているし増水している。
それでもミノーは見えそうなので、水量の少ない上流部に入ってみた。

やや濁りが入ってるけど、浅いところはクリアに見え、深いところは見えない状態。
狭い川幅のポイント拾い釣りで、ストーキングも大変。
こういうショートレンジの釣りは苦手なシュチュエーションだ。

ところどころで、スーっとミノーを追いかけてきて、途中で気が付いて逃げてく魚影、濁りの中でギラッと光る魚影、ミノーを追い切れなくて、影だけがそのまましばらく見えてたりと、チェイスはそこそこあったものの、ヒットは一回のみ。
それも、速攻でバレ。
早朝のせいか、雨のせいか、なんか活性がイマイチ。

寝不足と体調がイマイチだったのもあるけど、どうも今日は気力が乗らず、別河川も気にはなったけど、7時前には気力も尽きた感じで帰路についた。

それにしても、久々、重い流れの深瀬の釣りがやりたいなー。
ここしばらくは良いペースで釣行できていたけど、今日は完敗だったなー。
ということで、なんか不完全燃焼の釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

夕方に...

今週はずっと天気が良かったけど、今日から雨が降り出してる。
やっと時間が取れたので、夕方の5時すぎ頃からだったけど、ちょっとロッドを振ってきました。

雨の影響がどんなもんかわからなかったけど、ここ数日の好天も考えて、ある程度水量がありそうなところ、水が増えててもとりあえず入れそうなところに行ってみた。

現地に着くと、けっこう水量は多い。
でも、濁りは入っているけど、まだそれほどでもない。
まずは勝負できそうということで、荒瀬の中の弛みのエリアからスタート。

すると、白泡の切れるあたりですぐにヒット。
ロッドの曲がり具合からすると、まずまずって感じ?
寄せて、ネットでキャッチしてみると、20センチ台後半のイワナ。


先日の泣き尺より太ってる感じで、もっとありそうに見えたんだけどなー。

幸先良い釣果に気を良くして、本命の深瀬へ。
こちらも水は多め。
濁りもちょっと入ってるけど、一応ある程度は透明度がある。

まずは、アップで右側の緩みを探ってみると、一回グッと重くなってから軽くなった。
バレた...と思ったら、近くまで引いたところで再びヒット。
そのままズリ上げてみると、20センチちょいくらいのヤマメ。


おー、ヤマメも出るんだー。

そのまま続けて、今度は対岸方面にキャストを繰り返した。
一回アタリがあったもののバレ。
こりゃダメかと思ったところで、クロスで岸沿いの茂み方面を狙っていてヒット。
寄せてみると、今度もヤマメ。
やっぱりああいうところにはいるよなー。


さっきよりはちょっと大きかったけどやっぱり20センチ台前半。

3匹出たので少し移動し、次は落ち込み下を狙ってみた。
しかし、こちらは反応がない。
流芯向こうの対岸寄りの緩みで、一回大きめのライズが見えた位。
いることはいるんだろうけどなー。

次は落ち込み下の淵付近。
水深もあるし、久々自作ミノーを使ってみたけど、対岸よりで一回ヒットしたもののすぐにバレ。
食いが浅いみたい。
あとは反応がないし、そろそろ日没ということで、そのまま瀬頭方面を探ると、再びヒット。
しかし、岸にズリ上げる直前にバレ。
小さ目のヤマメみたいだった。

その後も、一回ヒット。
しかし、すぐにバレ。
フックがなまってるのは判ってたんだけどね。(^^;
その他にも、チェイスが見えた。
しかし、だんだんと薄暗くなってきたので、その辺でタイムアップ。

夕方からの短時間、それも雨の降る中だったけど、以外に活性は高くて、3キャッチとまずまずの釣果。
あとは、この雨がどれくらい降るのか?
明日は釣りできるんだろうか?
続きを読む>>
  • -
  • -

またまた泣き尺

もともと出撃予定ではいたけど、昨日の夕方JAMESさんからメールがあり、今日はJAZZYさんと出撃予定とのこと。
「雨のせいで厳しそうだけど、どんな感じですかねー?」ってことだったので、いろいろポイント予想などを話し合い、一応別行動だけど現地で連絡取り合い会えたら良いですねって感じでメールのやり取りをしていた。
そして、今朝。
一昨日の雨で増水した後、1日をおいて水の引き際と思ってたのが、昨日も雨が降ったし、昨晩も雨が降って、思ったように減水してくれてない。
それでも、まずは前回攻めきれなかったポイントに向かってみた。
しかし、途中の川面を見ると、濁りも水量もかなりある。
この分だとあのポイントは水量と濁りで凄そうなので、急遽、目的地を別ポイントに変更。

現地に着くと、ここも濁りが酷く、水量もかなり多い。泥濁りに近い感じ。
普段は水面から高さのある立ち位置まで水没している状態。
それでも、対岸の岩下方面を狙い、深瀬状態になってる流れをクロスで攻めた。
今日は濁りが酷いので、魚からの視認性を高めたいのと、重い流れに沈めたかったので、シュガースリムのチャートカラーを選択。
それにしても、引いてくるルアーが見えないくらいの泥濁り。こりゃ厳しいか...
しかし、U字を切って流れを突っ切ったあたりでヒット。
けっこうロッドもしなってるし、まずまずのサイズか?

流れも強いので、無理に巻き上げないよう、あせらないよう気をつけながら寄せてネットイン。
計ってみると29センチとまたまた泣き尺のイワナ。


うーん、泣き尺が続く。(笑)
でも、濁りがあった方が大きいのが出るポイントだけど、これだけ酷い濁りの中で出てくれたのはラッキー。
まずは朝一に釣ることができたし、まずまずのサイズということで気が楽になったなー。

続けて対岸岩下の緩みを狙おうと思ったけど、岸沿いの木のあたりまで水がかかっていて枝に引っかかりそうだし、後はなかなか反応がない。
この辺は、水量の関係で狙えるポイントも限られてたし、JAMESさんたちは別河川に行ってるとのことだったので、早々に諦め、私もそちらのポイントへ。

「JAMESさん達はどこに入ってるかなー」なんて考えながら移動していると、JAZZYさんの車が見えたので、私も寄ってみた。
すぐにJAZZYさんが現れ、その後ろをJAMESさんもついてきていた。
こちらは、濁りはやや入ってるって程度で透明度もあるけど、水量はそこそこ増えている状態で、流れはキツイ感じ。
しばし話をした後ポイント移動するお二人と別れ、私は別なポイントへ。

入渓して最初の落ち込みは反応なし。
しかし、二つ目の落ち込みに入ってみると、小さな魚影がチェイス。
続けてキャストすると、落ち込みの直下でヒット。
20センチ弱の小さなヤマメ。
ヒットルアーはD-コンのTS。
小さいけど、ヤマメも出てくれた。(^^;


後は反応がないし、次の落ち込み付近に車が見えたので、ポイント移動。

次に入ったのは、私のお気に入りの落ち込みと深瀬ポイント。
まずは、落ち込み下と脇の緩流を探るものの反応なし。
アピールしたかったので、ミノーにリッジのシンキングをセレクトし、深瀬で対岸にアップクロスでキャストしていて、U字を切った後、流れから外れるあたりでヒット。
25センチくらいはありそうなイワナだったけど、無理に引っ張ったら目の前でバラシ。
うーん、残念。
その他にも小さな魚影がチェイスしてきたけど、あれはヤマメかも。
しばらく粘ってみたけど後は出てこないのでポイント移動。

次も、平瀬のポイントへ。
ある程度水深のある瀬をクロスでキャストし、ゆっくり目にU字を切らせ、ダウンで手前岸を引いて戻していてヒット。
20センチちょいのイワナ。


サイズは小さいけど、良い感じのところにいてくれたな。
しかし、その上流の本命ポイントである落ち込み下や、更に上の複雑な緩みのポイントは反応なし。
やっぱり周りの流れが強すぎるのかな?

更に上っていって、岩周りの落ち込み下の緩流で再びヒット。
今度は、20センチくらいのヤマメ。
岸が切り立っていて、ちょうど良い撮影ポイントがなく、撮影に手間取っているうちに落としてしまったのは残念。(^^;

次は、もう少し上った所で、対岸の木の枝下がちょっと深めになってるあたりにキャストすると、良いサイズの魚影がチェイスしてきた。
しかし、ヒットまでいかず、そのまま下流の岸沿いに木が入ってる深みに入ってしまった。
今度はそちらを狙ったものの、小さな魚影が一回チェイスしてきたのみ。
後は出てきてくれないので、深みの周りを中心に狙いながら、どんどん上流へ。
しかし、数回チェイスがあったものの食わせられない。

最後に落ち込み下で、対岸の木の根元が深くなってるポイントで、アップでは出なかったのでクロス気味に狙ってみるとヒット。
今度も20センチちょいのイワナ。


この辺は、この程度がアベレージなのかなー。
この程度の水深や水量だと、大きいのはなかなか厳しいかな?
大場所もあるけど、朝一とか濁りがもっと入ってる状態じゃないと厳しいかなー。
そこで川から上がってみると、私の車のところにJAZZYさんの車がきていた。

早上がりのJAMESさんはヤマメを釣ってから帰ったとのことだったので、今度は私がJAZZYさんをご案内。
残り時間があまりないということだったけど、せっかくだから数箇所回ってみた。

落ち込みが連続しているポイントを探ってみた後、落ち込みと深瀬のあるポイントに入ってみた。
落ち込み方面は反応なし。
しかし、深瀬の中間で、対岸方面にクロスでキャストしていて、JAZZYさんにヒット。
25センチとまずまずのサイズのイワナ。
もう一箇所、すぐ下流の落ち込みも探ってみたものの、そちらは反応なしということで、そこでJAZZYさんはタイムアップ。
そろそろ昼も近づいてきていたので、私もそこで終了することにした。

今日は、しょっぱなに泣き尺イワナがヒット。
最近、あと1センチがなかなか出ないのは残念だけど、今日はあの濁りの中で出てくれたのはうれしかったし、まずまずの型を釣れて良かった。
その後は、型は良くなかったけど、ヤマメ・イワナ共に2尾づつ出てくれたから、まずは良い釣行でしたね。
久々JAZZYさんにも会えたし、案内してJAZZYさんにも釣ってもらえたし、良い釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

高活性の一日

先日からJAMESさんとご一緒しましょうと話し合っていたけど、これから数日天気が悪そうなので、雨が降る前(降りだして水位が上がる前)にと思い、今朝出撃することになりました。

しかし、出発早々まだ暗いうちから霧雨みたいな雨が降ってきて、路面も濡れだしてしまった。
明るくなった頃、一度雨はほとんどやんだものの、すぐにまた降りだし、時間と共に雨粒も大きくなっていく状況だった。
ただ、濁りが酷くなるほどではなかったので、結局その辺が今日の釣果に関連したのかも。

集合場所に向かってる途中、JAMESさんからメールが来て、JAMESさんの車の前を、まめむしさんが走ってるとのこと。
笑いながらまめむしさんに電話してみると、まめむしさんも同方向に向かってるとのことなので、合流することにして、私も集合場所へ。
無事合流して、その場で作戦会議を開いてからポイントへ。

JAMESさんが気になる淵と深瀬と平瀬のポイントがあるということで、まずはそこに入ってみた。
すると、出る出る。20センチちょっとくらいの魚影がバンバンヒット。


ヤマメとイワナと、両方が出てくる。
まめむしさん、JAMESさん、私の3人もいるのに、全員複数ヒットって感じ。
やや濁りの入ってるせいか、雨のせいか、非常に活性が高い。
気にはなっていたけど、このポイントで釣れたことがなかったというJAMESさんも、27センチのヤマメをはじめ、複数ヒット。
この時期のあの辺では、私は見たことがなかったサイズだ。


そこからどんどん上っていったけど、流れの横の緩みや淵の中でも流れのあるあたりなどから、バンバンヒットしてくる。
障害物の周りなど、もともとつきそうなポイントからも出てくるけど、流れの中からも出てきていたので、活性が高かったんだろうなー。


20センチちょっとくらいのサイズが多かったけど、私も途中の深瀬で、良い感じのサイズをヒット。
しかし、下流に入られ、流芯を越えるところでバラシ。
んー、悔しい。
結局JAMESさんの以外はそれほど良いサイズは出なかったけど、それでも活性が高くて楽しい釣りとなった。



その後は、タイムアップとなったまめむしさんと別れ、雨も強くなってきていたけど、JAMESさんともう一箇所入っていこうということになり、悩んだ挙句、別な支流に向かってみることになった。

現地に着いてみると、こちらの川は、前回の様子から恐れていたように、水が少ない。
まだ、水の色もあまり良くないみたいだし、雨の影響は出てないみたいで水量も少ない状態。
これはダメかと思いつつ入渓し、最初の曲流は反応なしで、これは厳しいかと思ったけど、しばらく上ったあたりの落ち込み下を狙ってロングキャストするとヒット。
23センチくらいの綺麗なヤマメ。


「やっぱりいるんだねー。良かったー。」なんて言いながらもう一度落ち込み下を狙うと、再びヒット。
今度はサイズも良さそう。
で、寄せてみると、今度は28センチの泣き尺イワナ。
やったー。
最近の恒例で尺に足りないのは悔しいけど、この水量であのポイントで、このサイズがいるんだー。
JAMESさん、ありがとう。
案内人のJAMESさんもここにいたことが判って喜んでくれたし、まずはサイズも出たから満足って感じ。

まずまずのサイズと言うことで気をよくし、更に上っていったけど、平瀬とかでガンガンチェイスがある。
私は平瀬区間はスルーしちゃったけど、JAMESさんはけっこうチェイスがあり、けっこうバラシたらしい。
フックが甘くなってたんじゃないかな?(^^;

その後、淵ではあまり反応がなく。その上の平瀬まで行ったところで、腹も減ったし雨で体も冷えてたので終了。

しかし、今日は凄く活性が高かった。
瀬の中に入っているのが確認できたし、いろんなところからチェイスしてくる。
最後に入ったポイントも、あんなに水量が少ないにもかかわらず、けっこう魚影が見えたし、私としては初めてあそこで釣り上げることができたし、収穫あったなー。
ほんと活性が高い一日でした。

あと、帰ってから写真で確認してみると、最初のポイントで釣れたイワナは、斑点が白色なのに比べ、次に入った支流で釣れたイワナは黄色の斑点が入ってる。
ということは、最初のイワナは「アメマス系イワナ(エゾイワナ)」で、次のポイントのイワナは「ヤマトイワナ」の可能性が高い。


東北地方は混成域と言われているけど、同じ流域でも沢ごとにイワナは違うと言われている意味が良くわかる。
放流の関係もあるのかもしれないし、天然物かもしれないし、ちょっと面白いと思った。

今日は数も釣れて楽しめたし、今日もまた泣き尺イワナが釣れたし、楽しい釣行でした。
案内のJAMESさん、ありがとう。
続きを読む>>
  • -
  • -

ガイド成功

今年はJAMESさんと、いろいろ釣りの情報交換をしている。
JAMESさんと私はけっこう川に通って、そこそこ釣ってもいるけど、つかボンさんは、以前同行して以来釣りに行ってないらしいし、まめむしさんにいたっては、今シーズンはまだ渓流に行ってないとのこと。
やっと時間の余裕ができたまめむしさんから「連れてってー」と言われていたので、今日はご一緒することに。
つかボンさんも休みらしいので、途中で連絡入れてみようかと思いつつポイントへ。
朝一に確実に釣っておこうと思って決めたポイントにつくと、水位は高めなものの、濁りもそれなりで良い感じ。

ここぞというポイントをいくつか探っていくと、クロスで対岸よりの緩みにキャストして、そのまま落ち込みを下らせて、流芯脇を通ったあたりでヒット。
20センチちょいのイワナ。


とりあえず、坊主は免れたので、あとはまめむしさんに釣ってもらうことに集中。
ちょっとヤバイかなと思ったけど、ちょうど良い感じになっていた深瀬でまめむしさんもヒット。
寄せてみると、20センチ中盤近い、まずまずのサイズのヤマメ。


この時期のあのポイントとしてはまずまずの型だなー。
これでまめむしさんも坊主脱出ということで安心。
やっぱり朝一に釣っておくと、心理的にも安心だ。
その後、私も対岸よりの岩脇からクロスで引いてくる途中でヒット。
しかし、立ち位置が悪く、そのままズリ上げれなく、狭い水路を通して寄せようとしていて、最後の最後でバラシ。
まめむしさんの話だとヤマメみたいだったよということだし、サイズもさっきの位はあったので、かなり残念。
とりあえず、このポイントは終了で、ポイント移動。

次に入ろうと思ったポイントが近づいたところで、駐車場所に先行者の車が見えた。
残念だけどしょうがない。
様子だけでも見てこうと思ったら、ちょうど出てくる車があり、「あれっ?JAMESさん?」
クラクションで合図したら、向こうも気がつき、車を停めてちょっと立ち話。
そしたら、停まってた先行者の車はつかボンさんだった。
着替え中のつかボンさんも交え少し話してから、早上がり予定で同行者のいるJAMESさんと分かれ、それ以降はまめむしさん、つかボンさんと私の三人で行動。

最初に入ったポイントは、水量が多くて目的のポイントに入れない状態。
無理は止めて手前でキャストをしてみたものの、水位が高いのと濁りが強いので、チェイスがない。
少しやったところで諦め、ポイント移動。

次のポイントでつかボンさんとまめむしさんがキャストを始めたのを見計らい、私もキャスト開始。
対岸方面の緩みにアップ気味のクロスでロングキャストをしてからヒラヒラ。その後、流芯を流しながらダウンに持っていき、U時を切らせて、流芯脇の深さのある緩流をゆっくり引いてくるって感じでキャストしてると、対岸から流芯を越えて引いてくる途中でヒット。
おっ、これはまずまずのサイズ?

急いでネットを広げて、少し苦戦しながらもキャッチ成功。
29センチとまずまずのサイズのイワナ。
惜しい。泣き尺だ。


私は満足したんで、あとは一服してから軽くキャストした程度。
上流部は流れが強そうなのでパスして、次のポイントを向かおうとしたところでJAMESさんと再び遭遇。

JAMESさんは、チェイスとバラシがあったみたいだけど、その後コケてリールのハンドルが折ってしまったとのこと。
幸いロッドは無事だったとのことだけど、怪我をしてリールも壊してショックだったろうなー。
しばらく話してから、タイムアップで帰るというJAMESさんと別れ、いくつかポイントのはしご。

すると、再びまめむしさんがヤマメをヒット。
続けてつかボンさんもヤマメをヒット。
どうやら、この辺は、流れの中に入ってきてみるたい。
良い感じだなー。

更に移動したものの、その辺は先行者がいっぱいいて、なかなか良いポイントに入れない。
それでも、やっとあいてるポイントを見つけて入渓。
その辺は、水量はちょっと少なく、深めのところを拾いながらの釣りになったけど、ところどころでチェイスがある状態。
そうこうしているうちに、荒瀬の中間の多少緩くなってるあたりでヒット。
20センチくらいのイワナ。


その直後に落ち込み下の深瀬でまめむしさんが、イワナをヒット。
しかし、少し上ってくと先行者がいたので、そこでまたポイント移動。

その後は、深瀬のポイントなどでチェイスがあり、まめむしさんはヤマメをヒットしたものの、私とつかボンさんは、疲れのためか集中力を切らし気味でバラシの連続。
私も、20センチくらいのイワナだったけど、ごぼう抜きして岸まで持ってきたところでフックから外れ、浅場に落ちた後逃げられてしまった。
残念、これはカウントできないだろうなー。

そんなこんなで眠いし疲れも出てるので、その辺で切り上げて帰ってきました。
今日は、今年初釣行のまめむしさんに釣ってもらこともできたし、つかボンさんにも釣ってもらえたし、案内は成功って感じでしょうかね。
私も、ヤマメをバラシたのは残念だけど、29センチの泣き尺イワナを釣ることができたので、まずは楽しい釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

臨時 早起き釣行

我が家はパールという名前の“わんこ”(シーズー)を家の中で飼ってる。
そのパルちゃんはとても怖がりで、大雪の日や雷の日など、怖くてブルブル震えながら、とにかく高いところへ登りたがり、寝てる人を起こして回るという悪癖がある。
昨夜は多少風が強かったものの、雷がなったわけでもないのに、なぜかブルブル。
他の部屋からうるさくて寝られないとお暇をだされて、うちの部屋に避難してきた。
おかげで昨晩はなかなか寝られず早起き?(徹夜とも言う)

そのうち、外が明るくなってきたんで、この際と思って、うるさい“わんこ”を見捨て、リビングに放してそのまま外出。ちょっと川を見に行ってきた。

まずは、気になっていたポイントへ。
しかし、現地に着いてみると、水量が少なく濁りがない。
クリアな水ではちょっと厳しい?
あんのじょう、期待したポイントは反応なし。
ミノーをダウンクロスで、もう少し下流の瀬の手前を通してみると、でギラっと光る反応があったものの、サイズは中くらいっぽい。
そこでの反応はその一回限りで、その他に、小さ目の魚影が1チェイスしてきたのみで、結局ヒットせず。
その後は、岩盤に切れ目が入っている深瀬を探ってみたものの、流れが速いところでないと、水がクリアすぎてちょっと厳しい。
この岩盤の切れ目あたりに魚がついててもおかしくないと思ったけど、やっぱりもう少し濁りがないと厳しいかなー。
ということで、次のポイントに移動。

次のポイントでは、最初の落ち込み下を探ってみたけど反応なし。
そして、次に入った落ち込み下で連続2バラシ。
小さいのが一瞬かかったものの、フックがあまくなってたのか、すぐバレ。
すぐに反応がなくなったので、もう少し上流に移動。
次の、大き目の落ち込み下の深瀬ポイントでも、小さな魚影がチェイスしてくるのみ。
小さいののチェイスはあるもののなかなかヒットしないし、大きな魚影は見えず。
それでも、ミノーを交換して深めを探っていてヒット。
23センチのイワナ。


更に上流の、落ち込み下に脇に小プールのあるポイントで1チェイス。

更に上っていって、落ち込み下の緩みのところでチェイスがあったので、立ち位置を変えてキャストしていてヒット。
今度は19センチのチビイワナ。


しかし、それ以外は出てこないので、上の深みを狙う。

しかし、ここはなかなか深みにキャストできるスペースがない。
さらに、やっとキャストをしたと思ったら、すぐ根がかり。
どうにかはずせないかと苦労したものの、どうにもならなくて、先日に引き続き、Dコンをロスト。

後で、近くで見てみたら、大きな木が入っていて、枝が広がっていてどうにもならない状態。
こりゃ、投げれば必ずひっかかるはずだ。
深くて、泳ぎでなければ回収に行けないところだし、回収は諦めるしかない。
一気にブルーになったし、そろそろ皆も起きだす時間なので、ここで終了。

しかし、小物はどうにかなるかもしれないけど、大物はこの辺では難しそう。
川によっては雪代が酷くて厳しい状態だし、それ以外は減水&濁りなしに向かっていて厳しい。
次にどこに入るか悩みどころだなー。
続きを読む>>
  • -
  • -

ハードな一日

今日は連休の最終日。
先日の雨で上がった水量もまだ減りきらないし、前夜も雨が降ったということで、水量・濁り共に厳しい状況ってのは覚悟の上で、とりあえず様子見もかねて行ってきました。

目的地に着くと、水量は多いものの、濁りは泥濁り系ではないので、とりあえず入渓。
でも、入ってみると、やっぱり雪代の濁りが凄い。
最初の落ち込み下でダウンでキャストし、流れの横の緩みを普通に引いてきたDコンに一投目でヒット。
サイズは大きくないので、一気にごぼう抜きすると、20ちょいのイワナ。
幸先が良いなー。


そして、次の落ち込み下で、一回ギラッと大きな魚影が反転するのが見えたようだったけど、後は反応なし。
水量が多くて厳しいのと、濁りも凄いので、ここは諦めポイント移動。

その後は、いくつかポイントを巡るものの、水量が多くて立ち込めず、目的地に入れなかったり、濁りが酷くてどうにもならなかったりって状況。
普段、魚がつくようなポイントも、激流でどうにもならない。


それでも、いつもは川原の部分の岩周りにちょうど良い落ち込みができているなんてところもあり、いくつか探っていると、チェイスあり。
ギラッと魚が反転するのが見えた。中くらいのサイズかな。

更に移動していると、水量は多いものの濁りがそれほどでないところがあったので、そこに入ってみた。

落ち込み下の対岸の静水面にキャストするとヒット。
しかし、すぐバレ。
これを3回くらい繰り返したところで、反応がなくなってしまった。
それ以外の対岸の岸沿いや手前岸沿いは反応なし。
更に、ここで、ヒットルアーだったDコン・ヤマメレーザーが、落ち込み下の流れの激しいところで根がかり。
木の枝でも入っていたんだろうなー。
どうにもならないので、ラインを引っ張って切る。
痛恨のロストだ。

更に移動して行くと、曲流にできた深瀬のところで、チェイス。
そこで、少しDコン・TSを躍らせてみると、あっさりとヒット。
これも20ちょいのイワナ。


次は、すぐ上の、同じような落ち込み下の深瀬。
こちらでも、ミノーを躍らせると、スッと出てきてヒット。
今度は、20くらいのヤマメ。
久々のヤマメだ。
その他にも数回チェイスがあったものの、このポイントはこんなところで終了、次へ移動。


その後数箇所移動し、流れの激しくないところでチェイス&バレを繰り返したものの、大きなのはかかってこない。

そして、いろいろ回った挙句、最後に帰る前にちょっと様子見と思って入ったところで悲劇?が...

大してやる気もなく、様子見のつもりで、さもないポイント(と思ったのです)にキャストしてみたらヒット。
で、でかい。
ロッドがグンニャリ曲がって、ドラグでラインがどんどん出て行く。
久々の大物。
慌ててネットを出そうとしたけど、なかなか出せない(←この時点で、慌ててる。それが敗因に繋がる)
そこから格闘5分以上。
しかし、そこは思いのほか深いところだった。
水中に下りて、ネットを広げ、すくおうとするものの、魚が逃げてうまくいかない。
本当は浅場に引いていけばよかったんだろうけど、近くにちょうど良い場所がなく、下流にも逃げれないポイントのため、無理にそこですくおうとしたのが間違いだった。
もともとネットですくうのが苦手(下手)なんだから、無理にでも浅場まで移動しズリ上げればよかった。
なんどもすくおうとしては逃げられ、身の周りを泳ぎまくられ、どんどんラインが出てくのを巻き取りながら無理な体勢で苦戦していると、何回目かの下流に向けての泳ぎで、岸沿いの木の枝の下に入られ、枝にラインが引っかかってテンションが抜けた?
一気に軽くなったミノーを引き戻す喪失感。
無念。
バラシてしまった。

近くで見た魚体はかなり大きく、深かったのではっきりとは見えなかったけど、たぶんイワナ?
40以上はあったでしょう。うまくすれば45?
こんなことなら、途中で写真でも撮っておくんだった。
しかし、取り込みの下手さが、大物バラシに繋がっている。
練習というわけにも行かないし、どうすればよいのだろうか。
む、無念だ。

その後、その気持ちを引き釣りながら、近くのポイントに入ってみたものの、小さな魚影が2チェイスのみ。
ここで、ギブアップして、今日の釣行は終了。

いろんなポイントの様子が見れて、チェイスもそれなりにあって、3匹釣り上げることができたものの、最後の大物のバラシで、無念な一日となってしまった。
あの魚は、またあそこに戻ってくるのかなー?
それとも、下流の深場に移動しちゃったのかなー?
雨上がりに再度のチャンスがあるんだろうか?

それにしても、最後のバラシは、たぶん自己新サイズだったこともあって無念。
でも、それなりに長時間やり取りを楽しむ(心理的な余裕がなくて楽しんではいなかったけど)ことができただけマシだったんでしょう。
やっぱり、取り込みの腕を磨かないとなー。
しかし、あんなところにあのサイズがいるんだなー。
ということは、あの下流域もチャンスがあるかも。
今度は、あの辺狙ってみようかな。

ま、疲れたけど、いろいろ勉強になった一日でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

連休

世の中連休中ということで、久々、親を連れて日帰りで温泉に行ったついでに、近くの川に寄ってみました。
しかし、道路が混んでたー。
幹線道路は凄そうだったので裏道を使ってったけど、ところどころ正規ルートに近づくとかなりの混雑が見て取れた。
そんな中、目的地に着くと、親を置いて私はそのまま近くの川へ。

しかし、時刻は昼頃。
すでに雪代バンバン。濁りも酷く、流れもきつく、普段なら見える岩も水面下に潜っている。
たぶん、岩周りの水底付近に魚が溜まってるところがあるんだろうけど、とてもじゃないけどルアーは入らない状態。

岩周りや対岸の緩みなどいろいろ探ったものの反応がない。
それでも、手前の岸沿いの緩みをアップで引いてきていてチェイス。
パニッシュ55SP・LPIをおもいっきり派手にトゥイッチかけて踊らせてみたら、スッと出てきて軽くチョイっとアタックしていった。
軽いアタックでフッキングしなかったので、フックを新しいのに替え、もう一度派手に泳がせていてアタックあり。しかし、一瞬でバレてしまった。
今度は下流方面の岸沿いをダウンで引いてきていてまたチェイス。
今度はしっかりアタックしてったけど、やっぱり食いが浅いのか簡単にバレ。
もっとも、岩の上からのキャストだから、立ち位置が高くて、アワセが上方向になってるもんなー。
どうやら、今立ってる、岩の下にあたりについてるみたい。
こりゃまずいということで、まずは上流の落ち込み脇を探りに行ったものの、そちらは反応なし。

しばらく上流を探った後、さっきの岩の少し上流からダウンでキャストし、引いてきていてヒット。
ヒットルアーは、Dコン。
今度はやっとしっかり食わせることができ、一気に引き抜いてみると、26センチのイワナ。
テールフックに食いついていて、少し暴れたところでフックが外れたけど、どうにかキャッチ成功。
しかし、今日はカメラを持ってきてなかたのでした。(泣)
ということで、しっかり、じっくり魚体を見て、頭の中に焼き付けてからリリース。
元気に戻っていった。

一匹釣ることができたので、後は温泉にということで、そこで終了。
流れも強く、濁りも酷かったのに、どうにか感触を味わうことができてラッキー。
続きを読む>>
  • -
  • -

下見

2時過ぎに、通りがかりの川へ寄り道。
この時間だともともと難しい時間帯だし、雪代も入ってるだろうけど、一応、川の様子を見る程度のつもりで入ってみた。

とりあえず、水量はそんなに増えてない。
とはいっても、雪代が入ってそれなりの水量。
それでも、濁りはそんなに酷くない。

良さげな落ち込み下の脇を中心に探ってみたけど、今日は反応なし。
ま、この時間帯だと厳しいでしょう。
少し移動し、対岸方面を探るものの反応なし。

更に移動し、落ち込み脇などを探って反応なくて、手前岸の岩の手前の深くなってるあたりを通したところでチェイス。
やっと魚影を拝めた。
小さめだったけどチェイスがあったので、ミノーをパニッシュSPに変えて、アピールさせながら引いてみたら後ろから猛然と追ってきてヒット。


小さいのでそのまま引き抜いてみると、21センチのイワナだった。
とりあえず、坊主を免れ、感触も味わえたので良かったー。

その後は、対岸の緩みもダメで、手前岸の岩周りもダメ、深瀬もダメで終了。

とりあえず、あの時間からの短時間の様子見にもかかわらず、感触だけは味わえたのでラッキーだったんでしょう。
  • -
  • -
1/1