Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

ブーツタイプ

お盆頃のもの凄い暑さから、一気に涼しい秋の気候になってきた。
ま、暑い日もあるけど、雨の日ほか、朝は肌寒い時もある状況。
釣果の方もお寒い状況で、ポイントに入っても釣れる気がしない。(笑)
 
続きを読む>>
  • -
  • -

思いがけず集合

今朝、目を覚ますと雨が降っていた。
でも、友人からのメールで、水量も濁りもほとんど影響出てないとのこと。
そんな話を聞いていたので、午後の3時過ぎに時間ができたところで、ミノーのスイムテストがてら、ちょいと川を見に行くことにしてみました。

現地に着いてみると、水は多くもなく少なくもない状態で、うっすらと濁りが入ってる感じ。
でも、魚影は見えない。
いろいろ探ってみたものの反応なし。
ということで、ポイント移動。

次のポイントに着いてみると、あれっ!あの車はJAMESさんだ。
ということで、携帯で呼んでみると、車に戻る途中とのこと。
その直後に視界に現れたJAMESさんと雑談していると、今度は、まめむしさんまで現れた。(笑)
思いがけず集合って感じで、久々会った友人達と、その後はしばし雑談。

その後、皆と分かれてから、近くのポイントを探っていて、やっとチビヤマメがヒット。
しかし、今日の釣果はこれで終了。
後は、全然反応なしで終了となってしまった。

なんかなー。
かろうじてチビヤマメのおかげで坊主は免れたけど、チェイスが全然ない状態は厳しい。
この状態、終盤、改善があるのか...不安...

しかし、久々釣り仲間と会ったと思ったら、更に仲間が追加で来るなんて、偶然ってのは面白い。(笑)
ゆっくり話しできなかったのは残念だったけど、しばらくぶりの楽しい雑談タイムでした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

バラして切れてロスト(笑)

今日も尺ヤマメ狙いで入渓。
前回は全然魚影が見えなかった川も、水位も落ち着いてきた今日あたりはどうだろう?
まずは、入渓点正面への第一投。
ゆっくりめに引いてくると、チェイスが見える。
近づきながらチョンチョンチョンと三回ほど突付いてから、食わずに帰っていった。
20台中盤くらいのヤマメじゃないかな?

その周りを探り、木の枝が倒れこんでるあたりにキャストしていてヒット。
今度はグッと引き込まれ、遠目に暴れる魚体が見え、しっかり食いついたのがわかる。
大きくアワセを入れた後、急に軽くなってバラシ。
うーん、残念。
前回と同じようなバレの仕方。

これはフックかロッドとアワセのやり方のバランスの問題かも。
ふっくはセミバーブのやつなので、テンション抜ければバレやすいはず。
ロッドが柔らかのスローアクション。
大きくググッっとアワセを入れたけど、ロッドが力を吸収し、そこで一瞬引き上げる力が止まったのかも。
手首ではなく肘ででアワセるように心がけていたけど、それでもたりなかったのかも。
アワセと一緒にリールの巻き上げもするか、一旦アワセで引いたロッドを戻さないままリーリングを始めるとか、なんか工夫が必要そう。
アタリがいっぱいあれば練習できるし反応も確認できるけど、最近の状況だとそれも無理だし、最適な力加減を見つけるのは大変そうだなー。
やっぱりフックを以前のに戻そうかなー。

その後は反応もないまま、前回、良型ヤマメをバラシたあたりでミノーを根がかり。
Dコン秋をロストしてしまった。

今日は、ライズも見れたし、小さな魚影が泳いでいるのも見えた。
前回に比べ、魚が動いているようだ。
ただ、魚影が見えるのはやっぱり流れの速くないところばかりだから、まだ疲れは抜けてないのかな?

一旦車で移動し、別ポイントに入ってみたものの、こちらも魚影は何回か見えたけど、チェイスやアタリはない状態。
かろうじて、ちょっとした段差の下流でチェイスがあったけど、軽く触っただけで食わずに帰っていってしまった。
追ってきたのはそれ一回だけ。
少々時間的には早いけど、次のポイントに行くとけっこう帰りが昼近くになってしまいそうなので、ここで終了。
坊主で終わってしまいました。

朝一のバラシがもったいなかった。
なんか、バラシ対策は必要ですね。
おまけに、前回切れて、とりあえず昔の靴から移植してきた靴紐が、再び切れていた。
ま、いかれていたからしょうがないけど、もしかしたら靴の留め具の関係もあるのかな?
あと、前回せっかく回収できたDコン秋をロスト。
なんか、美味しいところのない釣行となってしまいました。
厳しい。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

ラスト10m

二日連続の雨で一気に水量が上がった後、昨日はまだ濁りが入ってそう。
今朝が水の引き際と思って緊急・早朝出撃。

しかし、盆前は快調だったけど、盆明け後は魚影が見えない。
前回はかろうじて、おさえていた尺イワナポイントで結果が出たけど、それ以外ではほとんど魚影を見ない状況。
ライズもないし、ギラリも見えない...
それでも、尺イワナポイントだけ行くのも面白くないので、まずは尺ヤマメポイントから入ってみることにしました。

現地に着くと、水量はまだまだ多いけど、濁りはほとんどない状態。
まずは、流れの弱いところからキャスト開始。
しかし、反応なし。
途中の岩周り、対岸の弛み、木の枝下、流芯脇と探るものの反応なし。
しかし、落ち込み下の岩前にキャストしていてヒット。
良型の暴れる姿が見え、グイとアワセ、重みを感じながら巻き始めてすぐにフッと軽くなってバレ。
ガーン...
原因はなんだろう?
あれはアワセが入ったと思ったんだけど...

一気に落ち込みモードに入って、少し休んでから再度狙ってみたものの、やっぱり出てくるはずないよね。
しかし、良型のつき場を一つ覚えたということで、勉強になったと思って諦めることにしよう。

その後は、流れの強い落ち込み下や荒瀬、深瀬も、流れが強すぎるせいか反応なし。
今日の流れの強さじゃ、仮に居ても、底について動かないんだろうなー。

更に移動し、木の枝下を狙っていて反応なし。
と思って油断していたら、目の前の岩から小さいのがチョイと頭を出してきたけど、すでにルアーは上げた後...
その後も、深瀬やボサ下、岩下も反応なしとノーチェイスが続く。

やっと対岸岩下の弛みにキャストしていてヒット...と思ったら釣ったのはどうやら大地。
Dコン秋は重いので、チョンチョンと誘った合間に沈みすぎ、岩に食われてしまったみたい。
水量も多いし流れもきついのでラインを切ろうかとも思ったけど、上流方面でどうにか渡れそうなところがあったので、肝を冷やしながら渡河。
無事ミノーを回収し、流れのキツイあたりを、いつもの対岸から攻めてみることにした。
そして、第一投で、指が引っかかって荒瀬の手前にミスキャストと思った瞬間ラインブレイク。
ガーン。
せっかく回収のために無理に渡河したのに。
諦めきれなかったのと、幸いミスキャストのせいで、荒瀬の中心へは飛んでないはずだから、流れていないかもしれないし取りに行けるかもということで、手前岸前の岩脇を探し、流れで水面が荒れてるから、見つからないよねーなんて思っていたら、ラッキーなことに、岩の後ろで発見、無事回収。


もう諦めということで、これから通る退渓ポイント手前ラスト10mで、落ち込み下の瀬にキャストしたらヒット。
今日のパターンで根がかり?とも思ったけど、どうやら生命反応がある。
寄せてみると、サイズは小さいながらもイワナ。
チビイワナでどうにか坊主脱出。
その直後には退渓ポイントということで、無事帰路についた。

今日は、1バラシ、1チェイス?、1ヒット(チビイワナ)と、3匹しか魚影を見れなかった。
お魚さんはどこにいるんだろう?
これはスレきって、よっぽど活性が上がらないと釣れないのかも。
厳しいなー。

しかし、あのバラシは悔しいなー。
ポイント的に見ても、見えた魚影にしても、尺前後のヤマメだと思われる。
まいったー。
おまけに、ライントラブルでそうとうラインカットしたり、帰り際にウェーディングシューズの紐が切れたりと、トラブルも続発。
ラッキーだったのは、Dコン秋を無事回収できたことと、最後の最後でのチビイワナヒットくらいか。
なかなか辛い釣行となってしまいました。
続きを読む>>
  • -
  • -

夏装備 Part2

ノーウェーダーの軽装の際、直接暑さには関係ないけど、足元も気になる。
ノーウェーダーだと、体も軽くなるけど、足元も軽くなれば、更に快適?
 
続きを読む>>
  • -
  • -

夏装備

今年の夏は暑かった...
梅雨の雨不足は覚悟していたけど、お盆の前後は思わぬ猛暑で、北日本(東北)の盛岡ですら、猛暑日なんてのはあるし、毎日暑くて...
 
続きを読む>>
  • -
  • -

かろうじて尺イワナ

今年のお盆は暑かった!!!
でも、やっと暑さも峠を越えたのか、昨日今日は過ごしやすい温度。
特に、今朝は涼しく、眠りのなんて気持ち良いことか...
おまけに、明け方ふと目を覚まし、外を覗くと雨が降ってる。
これは寝てろという天の声。(笑)
ということで、今朝は出撃を中止。(^^;

たっぷり寝て、気持ち良く目を覚まして、朝食とコーヒーをとった頃には、すでに午前も終盤。
頭がすっきりしたところで気になるのが川の様子。
ま、この時間からだと先行者でポイントに入れないかもしれないし、入れても何周目か判らない。(笑)
それに、雨もパラついてる状態なので、この後の天気も不安。
それでもピーカンよりはマシかもしれないので、昼前から川へ。
どうせ釣れない可能性が高いなら、大物ポイントで狙ってみましょう。
ということで、まずは尺狙いのポイントへ。

現地に着くと、雨の影響はあまりない感じ。
水量も少なく、濁りもない。
で、大場所とかいろいろ探ってみたものの反応なし。
やっぱりねー。
空模様も、小雨が降っていて、時々ちょっと強めになったりって感じ。
それでも、このまま帰るのもなんだし、そのまま予備ポイントまで上ってみたものの、チェイスくらいはあるかと思ったけど、やっぱり反応なし。
瀬も、淵も、ダメで、落ち込みに期待をかけるものの、そこでもノーチェイス。
まずい...今日も坊主か...?

しかし、木のシェードの下が多少深くなっているところで、初めてのチェイス。
流れの中に座り込んでキャストすると、更にチェイスがあったもののバイトせず。
うーん、残念。

そして、次の落ち込みのところで、距離はないけど、脇の泡と草の岸の隙間にキャスト。
あまりにも近くてルアーのトレース距離もなく、ここは無理だと思ってたけど、これから通るところなので、念のためにキャストしたらヒット。
ヒットした瞬間、グイグイ引き始めたので、強めにアワセを入れて、後は奥の流れに入られないように寄せる。
おー、けっこう良い引き。
マズマズのサイズみたい。
ドラグを鳴らしながら暴れる魚影は、寄ってくると良型イワナということがわかった。
時々身をよじって暴れ、なかなか寄らないけど、しっかりフッキングされたみたいで、どうにかバレないですんでる。
流れの強いところではないので、テンションを抜かないように気をつけ、暴れすぎでフックオフしないよう、無理には寄せず、少しいなしながら待ち、少しずつ寄せたところで一気にネットでキャッチ。
浅瀬に持っていってサイズを測ると、かろうじて尺の30.5センチ。
やったー。
良型イワナだー。
やっぱりこのくらいのサイズだと、引きも楽しめてうれしいなー。
しばらく撮影で苦戦したあとリリースすると、スーっと深みに泳いでいった。

一服してから再びキャスト開始。
しかし、その後は反応なし。
そこで、その先の実績ポイントを狙ったものの、今日は水量が多めで流れが強く、深みに沈む前に浅瀬に流されてしまう。
沈められないせいか、狙いの岩周りでは反応なし。

流されたルアーが浅場を通ってる時にヒット。
しかし、すぐにバレ。
小さな魚影で、なんかヤマメっぽかったなー。

その後も、すぐ手前まで追ってきた小さな魚影がヒットしたもののすぐにバレ。
その後は反応もないので、いろいろ攻めてとやってみたけど、結局反応はなくてギブアップ。

ちょうど友人から連絡が来て会うことになったので、そこで諦め帰路についた。

釣り上げた一匹を除くと、数回のチェイスとバラシは皆小さな魚影。
おまけに、大場所や狙いのポイントでは反応がなかった。
かろうじて、人の少なそうなところだけ魚影があったってことは、その辺は竿抜けポイントで、人の多いところはスレきって反応しないってことなのかも。
いずれにせよ、活性は低かったなー。

尺イワナが出たのは、良さげではあるものの目の前だし、ルアーを引ける距離も短いところ。
よくあそこで出たもんだ。(^^;
でも、おかげで引きは楽しめたし、坊主も免れたし、ほんとラッキーだったかも。

かなり厳しい釣りだったけど、とりあえず尺イワナが出てくれて、どうにか成果のある釣行となりました。(^^;。
続きを読む>>
  • -
  • -

こんな日もあるさ...

せっかくの休みなので出撃。
しかし、現地に着くと、水量も少なく、水の色も新鮮でない色。
いつもならライズが見えるはずのポイントも、全然ライズが無い状態。
こりゃ厳しそうだ。

それでも、クロスで数投したところで、岸近くでヒット。
20センチ台中盤くらいの魚影だったけど、例のごとくアワセをしっかり入れられず、二度アワセの前にバタバタと暴れてフックオフ。
うーん、注意力不足というか、いつものバラシのパターンだ...

途中の荒瀬や落ち込み、深みでも、数回のチビのチェイスとチビのバラシが1回のみと寂しい状態。

このままだとまずいということで入った次のポイントも、ノーチェイスで終了。

諦め気分で入った最後のポイントでロングキャストしたところでヒット。
と思ったらすぐにバレ。
更にヒットした途端のバレが続き、3バラシしたものの、皆チビサイズばかり。
途中の深みには大きな魚影も見えたものの、全然反応してくれない。

最後の最後で、深みで躍らせたDコン秋に、やっとヒット。
と思ったら、想定外のニゴイ。
尺近いけど、これじゃない。(笑)
その後予定があったので、そこで諦め、坊主で終了となってしまった。
参った...
ま、こんな日もあるか...。
続きを読む>>
  • -
  • -

ヤマメの日

先週末より天候が安定しないで、かならず一日一回雨が降っていたけど、今日は久々の晴れ。
昨日の夕方も水位が上がったみたいなんで、今日はどんな状況か読めないまま出撃。

現地に着くと、予想以上に水量が多く、濁りも少し入っている。
そして、キャストを開始すると、時々クッっと重くなりすぐフッと軽くなる。
どうも、魚はいて活性もマズマズ。
ただ、ショートバイトでつつく程度?
周りの所々でライズも見える状態。

そこで、流れのきつくない対岸方面にキャストしたところでヒット。
こないだあたりの水量の少ない時は、荒瀬の中からしか出てこなかったけど、今日は水量が多くて流れも強いので、こういう場所で休んでたのかな?
下流に入られないよう、少し早めに巻きながら寄せてみると、24センチとまずまずサイズのヤマメ。
ベリーのフックにしっかり食いついていた。
サイズの割に幅広で、色づいて良い感じ。
しょっぱなからヤマメがヒットで、今日は幸先良いな。(^^;

付近の流れの強いエリアも探ってみたけど、流れが強すぎる感じだし、濁りも強めで、ちょっと厳しいかなって感じ。
これは、魚は追ってこれないかも

でも、少し上ったところの落ち込み下で再びヒット。
おっ、良い感じの引き。
グイグイとひっぱる魚体を寄せてみると、良型ヤマメ姿が現れた。
けっこう良い感じだったので一瞬期待したけど、やっぱりちょっと尺には足りないかな?(^^;
測ってみると、やっぱり27センチちょい。

ちょっと足りないけど、それでも引きは良かったし、けっこう暴れてくれた。(^^;
これもベリーにしっかり食いついてたので、けっこうやる気があったのかな。

その後、更に上ろうとしてたら、先の方に車が停まってる。
あれっ?もしかしてまめむしさん?
一旦川から上がり、車を見に行くとやっぱりまめむしさんだった。

少し話をしてから一旦別れ、別ポイントに入ってみたものの、こちらは水量が多いため厳しい状態。
岸沿いの深瀬も反応もないので、入渓点に戻ったところで、少し下流も探ってみてたらヒット。
しかし、今度は小さいチビヤマメ。
そこで諦め、まめむしさんと合流することにした。
次のポイントに向かうと、ちょうどまめむしさんも到着したところで、そこからはご一緒しながら釣り上ってみた。

しかし、その辺は反応なし。
途中で遅出のつかボンさんが到着ということなので引き返して、次は三人で入渓

入渓後、対岸のボサ付近にキャストしていてヒット。
しかし、暴れた姿が見えたところでフッと軽くなりバレ。
まずまずサイズみたいだったので残念。

その辺も、濁りはけっこうきつめで、水量はまずまず。
途中、小さ目の魚影を数回バラシのみ。
まめむしさんとつかボンさんは数匹かけたらしいけど、私はすでに疲れが出ていてヘロヘロ。(笑)
それでも対岸ボサ前にキャストしていてヒット。
一瞬根がかりと思ったけど、引くと動いてくる。
もしかして大物?尺イワナ?
グーっと引いてきたものの、途中で動かなくなったので、立ちこんで見に行くと、20センチ台中盤くらいのイワナがかかったまま、底に沈んだ枝に引っかかってる。
うーん、まいった。(笑)
枝から話そうと思って更に近づいたところで、残念ながら魚が外れ、スーっと逃げてった。
良い感じだったんだけど、残念。(^^;

時間も昼になっていたし、暑いし、体力もきつくなっていたので、そこで終了。
帰路についた。

今日はどうやら、ヤマメの日。
イワナはなぜかバレまくりで縁が無かったみたい。(笑)
まずまずサイズのヤマメが釣れたし、同行のお二方も釣れてたし、まずは良い釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

記憶 再び尺イワナ

2006/9/19、先日同様、雨上がりの後の濁りのある瀬でヒット。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/2 >>