Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

最終...

岩洞湖もそろそろ氷結が間近ということで、その前にシーズン最後の...と思って行ってきました。
この日は、昼前から天気が崩れてくる予報。
朝一のみのつもりで現地に向かい、岡本商店で釣り券を買いがてら、ちょっと情報収集。
その後は、いつものあたりをずっと歩いて、状況確認しながらキャストを繰り返す。
有名ポイントには釣り人が入ってるものの、状況はイマイチらしい。

今日は、曇りで風もなく、波もない状況。
水温は2度。
うーん、厳しい。
風がないのは楽だし、曇りってのも良いのだけど、波がないのは痛い。
当然、岸沿いの濁りもないから、こちらの姿は丸見えだろうし、ベイトフィッシュの群れも、岸沿いやワンドに流されていない。
ワカの群れが全然見えないし、ライズも見えないし、なーんも反応がない。

ワンドの奥のほうは結氷しているから攻められないし、まだまだ水位が低くて、キャストして届く深さのあるカケアガリは限られてしまう。
一回、進行方向の岸沿いから反転していく魚影が見えただけで、あとはまったく反応がない状態。
気温も低くてガイドは凍るし、そのうち雪が降り出し、だんだんと雪が激しくなってきたところで諦め。
今シーズン最後の釣行はボーズで終わってしまった。
ま、岩洞でのボーズは折込済みだけど...。(笑)

その後は、監視所に寄ってしばらく雑談し、レストにも寄って天ぷら蕎麦を食べてから帰路についた。
その間、昼前から降ってきた雪は段々と激しくなり、昼過ぎにはかなり降ってる状況で、回りも雪が積もってきていた。

帰り道、下り坂のカーブで、対向車線にはみ出しているタイヤの跡を見たけど、私もそこでコースオフ。
対向車線にはみ出し、思いっきり大カウンター大会となってしまって冷や汗。
対向車が来なくて良かった...

朝方聞いた話だと、最近コースオフする車が多く、4WD車もけっこう引き上げたとのこと。
カーブではなく直線に入ってからのコースオフも多いので、油断できないとのこと。
これから氷上シーズンに向け、気をつけて事故のないようにしたいものですね。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1