Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

公魚倶楽部オフ会

今日は岩洞湖公魚倶楽部のオフ会。
残念ながら来れない方々もいるけど、まずは参加できるメンバーで楽しみましょうということで決行。
今日は、ゲストや、ゲストのゲスト(笑)、途中様子見に来た人など、メンバー外の人達の参加もあったし、ネットで話をしていた人とも会えたりと、楽しい一日でした。
残念だったのは天候。
天気がよければ、もっと外に出歩いて話ができたのにねー。

ということで、雪の降る中、レストに着いて、大荒れの前日にauの携帯が通じなくなったという話を聞いて、自分の携帯を見てみると圏外。雷の後、通じなくなったってことだけど、今日は携帯での連絡が難しそう。
そんな中、5時が近づくと共に、集合場所のレストにメンバーが集まってきて、到着と共に良さんからの差し入れの「モロコの甘露煮」でまずは英気を養う。(笑)
モロコもこうするとまずまずのお味。(^^;
良さん、ご馳走様です。(^^;
レストハウスで集合の後、5時と共に家族旅行村駐車場へ移動。
後はゾロゾロと列を作って氷上へ。
予定ポイントについた後は、全員でテント村設営。
そして、順次用意の整った人から、今日の釣りが開始された。
テント村は、本部テントを中心に、いろんなテントが設置され、吹雪の中、行き来しながら和気藹々と...
早速釣り始める人、のんびり用意していたり、話をしている人と、皆バラバラに始まったけど、朝一の釣りを楽しんだ後は、9時半から爺様提供のVカップ?ということで、1時間のタイムレースがスタート。

ちょうど渋くなり出した頃から始まった勝負は、やはり倶楽部内でも実力派の方々の勝負となっていき...

レースの進行と共に追加ルールが発表になる展開の中、ついにタイムアップ。
やっぱり優勝はS君。
さすが実力派。(^^;
商品の匠電動をゲット。
レディスの部優勝のTさん。
この日がはじめてのワカサギ釣りで、朝一だけちょっとの予定が、いつの間にか昼まで。
自動車学校の予約を氷上からキャンセルしてまでのガッツの成果。(^^;
表彰式時点でいた方々の記念撮影。
その後も、第二段のまめさん提供の勝ち抜きレースに突入。
本部テントに6人ずつ入ってのタイムレース。
はみ出した人など、他の人たちは、いろんなテントに紛れ込んで、和気藹々と。

しかし、さすがにこの頃になるとアタリが遠のきだしていた。

幾分天気も回復傾向だったので、テントの周りを手持ち無沙汰にブラブラする人も現れだす。(笑)
(左の写真の拡大が右写真。左の写真の途中のテントは関係ありません)

暇な者同士、外でタケさんJrと話をしていたら、目の前をバリのテントがコロコロと...
誰も追いかけてくる様子はないし「暇だから拾いに行ってみます」というJr。
白い氷上(雪上)を走ってく姿はさすが若いって感じ。
気まぐれな風は、一旦スピードを落として追いつきそうに見せておいて、寸前で増速して離れていくって感じで、いつまでたっても追いつけない。
とうとうはるか向こうの弁天島の中腹で、木立に引っかかって止まったところで、やっとJrが回収。
島のあたりは吹き溜まりみたいになって、腿まで雪に埋まる状態だし、バリテントのたたみ方がわからず、広げたまま持って帰ってきたJrはさすがにバテバテ。(笑)
お疲れ様でした。(^^;
しかし、さすがに若いなー(^^;
それをテントの中で手繰りながら見ているユミさん。
反対の入り口から見た姿は…笑える…(^^;

この姿で、しっかり手繰ってるところがサスガ。(握ってる手に注意)
しかし、この後ラインと落としてしまった。(笑)
さっきのユミさんを外から見ると、こんな感じ。
笑ったー。
と、そんな感じで楽しんできた公魚倶楽部のオフ会ですが、私とつかさんと、今日のゲスト達は、昼で撤収。お疲れ様でした。

その後の様子は...残った方々に聞いてみないと。(^^;
ということで、幹事のふらいぱんさん、相談役のまめむしさん、お疲れ様でした。商品提供の爺様、まめむしさん、ありがとうございます。
そして、参加された皆さん、お疲れ様でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

2月病

久々の岩洞行きです。
大志田ダムの試釣りが気になったものの、前からの予定通り岩洞へ。
今日は久々、まめむしさんとゆみさんとの釣行。
JAZZYさんもJAMESさんも来るということだし、楽しみー。

真っ暗な中家を出ると、夜明け前の星空が凄く綺麗。
で、寒い。
今朝はかなり温度が下がりそう。

まだ暗い中、レストについたところで、JAZZYさんからメールが入り、私としては今シーズン初の旅行村前にポイントを決め、しばらくマスターと話をしたりしてから現地へ向かうと、ちょうどJAZZYさんがテントを張ろうとしているところだった。
挨拶をした後、その辺で魚探で底の地質を見て、テントの張り位置を決定。
そうこうしているうちにJAMESさんも到着。
そうして、まめむしさんとゆみさんとの三人でテントに入り、三人とも準備が整った頃にはすでに6時半になっていた。(^^;
しかし、この朝も寒かった。
藪川は-21.6度とのこと。
今年、私が行く日は、なぜか寒い日が多いなー。(笑)

6時半になると共に、同時に仕掛けを下ろして釣りを開始。
しかし、あまり反応が良くない。
ポツラポツラ、数匹釣り上げた頃には、すでに外は日の出が綺麗な時間帯。

ちょっと写真を撮ったりしているうちに、JAMESさんの撤収時間となり、どうにか帳尻あわせができたというJAMESさんと別れて再びテントへ。

しかし、皆のペースも上がってこない。
それでも、そこそこはあげている皆に比べ、私はかろうじて二桁って程度で、なんかやばい予感。
久々の2月の釣りで、今日の目標を50匹に設定していたけど、30匹もやばそう?
そんな悪い予感を振り払うため、試し釣りに出かけた大弓さんのアドバイスで、沖の方に移動することにした。

テントを移し、準備が完了して仕掛けを投入。
すると、今度の場所は入れ食い。
ダブルの連続。
魚探も凄い反応だ。
と思ったが、少したつと反応が薄れだし、まったく無反応に。
ちょうどJAZZYさんも移動してきたけど、なんかヤバイ雰囲気?
しかし、少したつと、また魚探の反応がにぎやかになりだし、釣れだした。
こんな循環がしばらく続き、そのうち、反応は派手じゃないけど、ずっと底付近に魚が定着し、飽きないくらいのペースで釣れ続けるようになってくれた。

しかし、このポイントは、朝とは違って10mオーバーのある程度の深場のポイント。
釣り方と仕掛けの関係もあって、手返しが悪くて苦労しました。

今日はアタリが繊細で、いかにもゼロ釣法向きって感じの日。
ゆみさんはゼロで挑んでたし、逆にまめさんは電動で挑んでたけど、私の手持ちのタックルの中では、手バネがベストマッチという感じ。
モゾっとくる程度で、普通の穂先にはアタリが出ないくらいなので、最近お気に入りの塩ビ穂先よりも敏感なやつということで、今日はK-ZANのSSの方を使ってみました。
ゼロ釣法ほどではないにしても、どうにか反応も拾えるしね。
しかし、最近の高度化してる釣具や釣り方に、すっかり乗り遅れている。
私の手バネ竿には、手繰り糸を巻いているけど、巻き癖で折り目がついてヤバイ感じ。
敏感なアタリを拾う意味でも、PEに巻きかえる必要がありそう。
そんなことを考えながらも釣り続けたけど、水深が11m程度あったので、手バネは可能とはいえ、手返しはイマイチ。

さらに追い討ちをかけていたのが、この日ゆみさんからいただいた仕掛け。
「こたかもり」をいただいたんだけど、これが10本針の仕掛け。
10本針で1m以上の仕掛けは、エサをつけるのも、魚をはずすのも一苦労。
おまけに、魚は底付近で食ってきて、上の5本は一回もかからなかったんだけどね。
しかし、素直に半分に切れば良いものを、半分意地になったみたいに、そのまま使い続けた。
それに、これがなかなかかかりがよく、ハズれないんだよねー。(笑)
なんか、ちょっと気に入ってしまった。(笑)

まめさんも電動で快調に攻めていくし、ゆみさんもゼロで快調にあげていく。
私も手返しは悪いものの、朝とは違って、まずまず楽しめる状況になってくれた。
結局、手返しの悪さもあって、釣果の方は74匹と束には届かなかったものの、前半の撃沈モードから脱出して、釣れ続けてる中での撤収となり、後半は楽しめたし、一応低めに設定した目標も突破。
他の方は1束から2束ということで、腕の差を見せ付けられたけど、私的には満足。
まずは、楽しい釣行となりました。

ちなみに今日の写真は、携帯のカメラでの撮影。
今までこれと思う機種がなくて古いのを使っていたけど、やっと気になる機種が出たので久々買い替えしたもので撮りました。
しかし、やっぱり携帯のカメラですね。
画素数よりも画素サイズやレンズ性能が大事ってのがよくわかる。
暗いところや風景を撮りたい時は、やっぱりデジカメを持っていった方が良さそう。
一度水没した、今となっては画素数が少なくバカデカいデジカメだけど、レンズ性能も含め、まだまだ利用価値はありそうです。

続きを読む>>
  • -
  • -
1/1