Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

ご一緒に その2

今日は久々つかボンさんとご一緒。
とりあえずは魚影を見れるところということで、大物は難しそうだけど魚影の濃いエリアへ。

いつものコンビニで合流した後、2台に分乗してポイントへ。
少し歩くことになるけど、上と下に車があれば便利。(^^;
入渓すると、スタート早々につかボンさんにチェイス。
チビだということだけど、反応があるということは期待できる?

しかし、その後はイマイチ。
ここぞというポイントでも反応がなく、たまにチビがチェイスしてくるのみ。
マズイ。
これはヤバイか?
岩壁の落ち込みも越え、木のある落ち込みまで到達した時点で、二人とも坊主。
ま、期待は最後のあたりだけどとは思いつつも、天候が悪く、気温も水温も低くて活性が低いのかなんて話をいたら、やっとこの落ち込み下でまずまずサイズがチェイス。
沈めたミノーに反応があった。
そこで、落ち込みにキャストして底を通すつもりで引いてきたところでヒット。
寄せると、20センチの綺麗なヤマメ。
これで坊主脱出。
ヤマメも見れたんで一安心。

しかし、私だけ釣れてもしょうがないので、上の期待大のエリアへ。
つかボンさんには岩盤の落ち込みに挑戦してもらいながら、下流の岩盤脇にキャストしていたところで再びヒット。
今度は20センチ弱のイワナ。
ベリーフックにしっかり食いついていた。
そうこうしているうちに、つかボンさんもイワナをヒット。
とりあえず一安心。
しかし、最後の一番期待していたポイントではノーチェイス。
あの深瀬は期待していたのに...
ということで、ポイント移動。

次のポイントでは、最初の淵でキャストを開始すると、チビがいっぱい追ってくる。
何か?と思ったところでヒット。
寄せてみるとリリースサイズのチビヤマメ。
群れてる感じから言って、稚魚放流でしょうねー。
底を通して大物が釣れないかと思ったけど、再びのヒットも稚魚なので、上流へ移動開始。

すぐ上の深瀬でも釣れるのはチビヤマメ。
更にもう一匹。
こりゃまずいなーって感じだったので、そうそうに移動。

しかし、その上の落ち込みと深瀬ポイントにはチビヤマメの魚影はなかった。
ということは、間の瀬は上ってきてないということで、放流直後なんだろうか?

その上の岩盤の切れ込みポイントも、土砂で埋まってすっかり浅くなっていて反応なし。
しばらく上って、岸沿いが深めになっているポイントで、やっとヒット。
寄せてみると、20センチ弱のイワナ。
更にその少し上のあたりでも、チビイワナがヒット。
そのまま上り、曲流のある落ち込み下で、再びイワナがヒット。
この辺は、連休頃に放流したイワナが散らばりながら残ってるって雰囲気。
ここでは同サイズのイワナが二人で複数ヒット。
しかし、この先まで上ったところで、先行者の人影に気がついた。
残念。
ということで、一旦川から上がり、上流に再入渓することにした。
上の道路から見える区間だったけど、見下ろす渓相は、水深もあって凄い良さげ。
うーん、残念。

先行者の車の少し上流から再スタート。
少し上った淵の下流のあたりで、再びイワナをヒット。
更に、淵でもイワナをヒット。

更にその先の、深瀬でもイワナがヒット。
その後、堰堤下で、まずまずサイズのイワナが数回チェイス。
二回ほどヒットしたもののすぐにバレ。
そこで終了しポイント移動。

次のポイントへは、大きく移動し入渓。
こちらも水量が少ない。
なんか、水量が少ないせいで、普段は入れないポイントが攻められそう。

ということで、ちょっと挑戦してみると、あっさり対岸の深瀬前まで行くことができた。
これは面白い。
ということで、岩の陰から深瀬を狙ってみると、アップ気味にキャストして引いてきたところでヒット。
走り回る魚影はヤマメ。
寄せてみると、20センチ台前半のヤマメだった。
この時期のこのエリアとしてはちょっと残念なサイズだけど、走り回りローリングするヤマメの感触は味わえたのでグッド。

更に、しばらく上ったところで、ミノーに毛の生えたサイズのウグイ。
こんなところにこんなのがいるんだー。

その少し上で、再びヤマメをヒット。
走り回るのをどうにか収めてハンドランディング。
バレなくて良かったー。(笑)

しかし、その後は反応がなく、そうこうしているうちに、つかボンさんがタイムアップで一旦川から上がった。
しばらく話をしてから、つかボンさんと別れ、ちょっと悩んだけど、もう一箇所寄ってみたものの、そちらは天候のせいか、活性のせいか、魚影がないのか?ノーチェイス。
その時点で終了することにした。

今日はつかボンさんに釣ってもらうつもりだったけど、本人がすっかり楽しんでしまい申し訳ない。(^^;
反省します。(笑)
でも、サイズは出なかったものの、とりあえず反応はたくさん味わえたから良しとしておいてください。

しかし、大物はどこにいるのでしょうねー?
そろそろ狙いたい時期になってきましたね。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

ご一緒に その1

今日は久々JAMESさんとご一緒。
最近の活性の高いあたりをうろついてみることに。

まずは待ち合わせ前に水色の確認がてら、集合場所近くを覗きに行ってみた。
濁りは良い感じ。
ということで、とりあえず一投げ。
すると、対岸よりの沈んでる岩のあたりにダウンクロスでキャストして引いてきて、グンと一瞬根がかりみたいになったあと、手前まできたところでチェイスに気がついた。
良型のアメマス?
けっこう良いサイズ。
しかし、食わずにお見合い、後は帰っていってしまった。
後は反応なしで、集合場所へ。
JAMESさんと合流し、しばらく話をした後、とりあえず今日のポイント決定。

現地に着くと、水が少ない。
まずは、下の方を探ったけど反応なし。
上に戻ると、すでにJAMESさんは、アベレージサイズのヤマメをヒットしたとのこと。
写真を撮る前に逃げられたということだけど、とりあえず、坊主は免れたようだから一安心。
その後もJAMESさんはヤマメをヒット。

自分の方も、どうにかイワナをヒット。
と思ったら、背がかり。(笑)
その分、引きはよかったので、期待したんですけどね。(笑)
20センチ台のイワナで一応坊主脱出ということにして良いのかな?

そのまま釣り上る。
すると、落ち込みの少し下の深瀬あたりからチェイス。
20センチ台中盤のやつだったけど、結局食わずに帰っていってしまい、後は反応なし。

一旦水から上がり、少し上流に移動してから再スタート。
水が少ないので下流部は期待してなかったけど、最初の淵で1チェイス。
その後、荒瀬区間の途中で追ってくる魚影が見えたけど、段の境で追いきれずチェイスのみ。
更に、荒瀬の上のところでも、落ち込み下の段の途中で良型がチェイスしてきたものの、食わせることができずチェイスのみ。

なんかまずいなーと思いつつ釣り上り、落ち込み下が開けた瀬のあたりでやっとヒット。
チビイワナでした。
これで本格的に坊主脱出。(笑)

更に上っていくと、落ち込み下の流れの筋でヒット。
今度はまともサイズが出てくれて、20センチ台中盤のイワナとご対面。(^^;
その後もところどころで複数のチェイスがあり、一回は軽いアタリがあったもののバラシ。
ヒットまでは持ち込めないでしまった。

そして、最後に小さな流れの落ち込み下で、20センチ弱のイワナをヒット。
せっかく後ろでポーズをとってくれてたJAMESさんにも気がつかずに写した写真はピンボケでした。(笑)

更に、その時点でライントラブル発生。
更に深刻になり、後は退渓地点までほとんどキャストせずに川から上がりタイムアップ。

今日もサイズ的にはイマイチだけど、とりあえずはノーヒットを免れたし、久々JAMESさんとじっくり釣りができて楽しかった。
いろんな話もできたしね。

一人の釣りは、自由がきいて集中できて楽しいけど、仲間と一緒の釣りも楽しい。
楽しい釣行でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

なんだかなー

前日は雨の影響で泥濁り。
今日はまだ濁りでヤバイか、うまくすればイワナの日?と思いつつ出撃。

こういう日の有望ポイントに向かってみた。
しかし、現地に着くと濁りがない。
これは想定外。
あの泥濁りがすでに引いてしまってるんだー。
水量はややあるものの、濁りが全然ないので、やっぱり厳しい。
ということで、下流側でチビの1チェイスあったのみで終了。

次は久々のポイントへ。
こちらも当然ながらクリアウォーターだけど、水量はややある感じ。
まずは、最初の落ち込み下の深瀬を探ってみる。
対岸のへこみから深瀬に入ったあたりでヒット。
良い感じで走る魚体を寄せてみると、20センチ台前半の綺麗なヤマメ。
おー、最初からヤマメが出てくれるとはラッキー。
続いて、そのちょっと下流側で再びヒット。
今度はさっきよりは小さい。
寄せてみるとイワナ。
更にその後も、チェイス多数。
しかし、サイズは皆チビ。
数回アタリがあったものの、うまく食えなかったりしてバラシって状態。
なかなか良型は出てきてくれないまま、このポイントは終了。

次は一気に離れたポイントへ。
こちらは、水にやや濁りが入っていて良い感じ。
しかし、大物を期待しながら入ったものの、こちらもチェイスしてくるのは皆チビばかり。
やっとヒットしたと思ったらチビイワナ。
更に続けてイワナをヒットしたものの、やっぱりチビ。

少し上に移動し、落ち込み下まで来たところで、やっとまずまずサイズがヒット。
と思ったら、横に走ったと思った瞬間、ビョンと水面からジャンプしたところでバレ。
一応、今日最大サイズだったから残念。

その後、落ち込み直下でやっと20センチ台のイワナを追加。
更に上った荒瀬の中でヒット。
流れの関係で岩下に入られてちょっと面倒だったけど、そんなに大きくない魚体は、流れを使えば問題なく寄せれた。
寄せてみると、これも20センチちょいのイワナ。
この区間、チビイワナはいっぱいいて、けっこうチェイスや軽いバイトの後のバレってのがあったなー。
しかし、これ以上は出そうもないのでポイント移動。

次は上に上るか下るか悩んだ挙句、とりあえず下流方面へ。
しかし、ここでは下流部での1バラシのみ。
後は上の落ち込み付近で、小さな魚体が数回、数匹、チェイス。
たぶんイワナでしょう。
しかし、ヒットにいたらずポイント移動。

次のポイントでは、入渓点前から荒瀬の下へキャストすると、チェイス。

更に下流方面にキャストしたところでヒット。
横に走り暴れる魚体を寄せると、20センチくらいのヤマメ。
と思ったけど、なんかパーマークが変。
薄くにじんだようなパーマーク。
それに、点々がやたらと多い。
もしかして、これってニジマス?
ニジマスの幼魚なんだろうか?
イマイチ正体不明なままリリース。

更に、荒瀬を上っていく。
まずは、対岸寄りのよく良型がついている場所へキャスト。
すると、根がかり。
と思ったら、一気に動き出し、荒瀬の段差を乗り越えるあたりでフックオフ。
残念。バラしたー。
これも良いサイズみたいだったんだけどなー。
どうも、あのポイントの魚はなかなか取れない。
なんせ荒瀬の中だから、難しいよなー。

その後はどんどん上り、荒瀬の終わりのところで、2回ほどヒットしたもののすぐにバレ。
どうもフックがイマイチ?
この時は、ガマのエリア用バーブレスを使ってみていたんだけど、一応針先は問題ないはずなんだけど、どうもかかりが良くないのかバレる。
バーブレスだからバレてるって感じではないんだけど、どうもうまくいかないので、フックはいつものに戻して釣りを続行。
しかし、その後は魚影がないのでポイント移動。

このまま上がろうかとも思ったけど、最後に一箇所寄り道。
こちらは、なんか水量がそんなに多くない。
ちょうど良いということで、渡河しようと重い、目の前の大岩の陰を探ったところで早速ヒット。
しかし、ん?なんかおかしいと思うまもなく、ニゴイの姿が現れた。
また、尺ニゴイだー。(笑)
即行リリースした後、川中に移動しながら探ってみた。
しかし、今日は反応なし。
そのうち、急に風が出てきて、雨もパラつきだした。
朝は晴れてたけど、天気予報どおり雷雨っぽい。
ということで、そのまま上流は探らずに車へ戻る。
ちょうど川から上がったあたりから、大粒の雨が降ってきたので、そのままジエンド。
帰路につくことにした。

今日は魚影だけはたっぷりみたけど、ほとんどがチビサイズ。
まずまずサイズや良型は、徹底的にバラシ。(笑)
うーん、まずい。
でも、とりあえずヤマメもイワナも見れたし、ニジマス?にもお目にかかれたし、良しとしておきましょう。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

イブニング釣行

今日は仕事が早く終わったので、ちょっとだけイブニング釣行に行ってきました。
時間的に釣りができるのは2時間ぐらい?
ということで、ポイントは近めのところを選択。

現地について川の様子を見ると、思ったほど濁りは入ってない。
雪代や濁りを心配していたけど、濁りも水量もちょうど良い感じで問題なし。

まずは、岸沿いに下流方面に向かい、岸沿いに流れが移動してくる手前まで下りてからスタート。
最初は反応なし。
しかし、川の真ん中からの流れ込みのあたりにキャストして引き始め、流れの中心あたりにきたところでゴンという感触と共にヒット。
ポジション上、どうしてもダウン気味になってしまうので、抵抗の意味では問題があるけど、逆にちょうど良い抵抗になってしっかりフッキング。
抵抗があるのでロッドもしっかり弓なり。(^^;
慌てず少しずつ寄せると、そんなに大きくないけどヤマメ。
川の中の岩場なので、上げるところもないということで、サイズ的には必要ないくらいだったけどネットを用意し無事キャッチ。
サイズ的にはたいしたことないけど、良い感じの感触も味わえた。
まだまだ良型が上ってくる時期ではないのかもしれないけど、少なくとも流れの中にヤマメが入っているってことは、チャンスはゼロではない。
これからが期待大ですね。

同じポジションからもう少しキャストしてみましょう。
すると、さっきよりやや下流側で、再びゴン。
今度はさっきのよりもショックが大きい。
もしかして良型?
ロッドもしっかりパラボリック。(^^;
さっきほど走らないけど、グイグイ引くところはもしかして尺イワナ?
しかし、寄せてみると、尺は尺でも、ニゴイでした。(泣)
しかし、すでにニゴイが上がってきているのかー。
これはヤバイ。
というか、ニゴイがいるなら、良型ヤマメも入っていても良い時期ということか?

後は反応がないので、どんどん上って行って見た。
すると、大岩の落ち込みの少し上流で、対岸よりの落ち込みから、流れの中心まで引いてきたところでゴン。
今度はなんだー?(笑)
走りっぷりは、さっきのニゴイよりは良い感じ。
で、寄せてみると、どうやらイワナ。
この時も、流れの中からのキャストだったので、一旦ネットインさせ、岸沿いに持っていって計測。
うーん、ちょっと足りない泣き尺イワナ。
ポイント的には、尺を狙ってたんだけど、まずは良型だから良しとしておきましょう。

更に少し上でキャストしたところで、対岸よりの岩脇の落ち込み下で根がかり。
ヤバシ。
しかし、ラインを張った状態からベールを上げてラインを出した反動で、どうやら外れてくれた。

更にどんどん上っていく。
しかし、対岸よりの深瀬の中の岩のところで、再び根がかり。
今度はどうしても外れてくれない。
周りは深く、流れの速い区間。
でも、少し上流でどうやら岩の上流方面に移動できそうなところを発見。
強い流れを横切りながら、川中の幾分浅い部分へ移動成功。
しかし、その下流は深くなっている。
右も左も更に深いところで、間の幾分浅いところを腰上まで水につかりながら移動し、流れの強いところどうにか下流に向かうと、最後の岩の周りはヤバイ感じ。
強引に岩上を乗り越えて、どうにかルアーが引っかかってる岩に到達。
すると、岩上のコケが乾いたのに引っかかっていた。
無事ルアーを回収し、周りの深瀬を探ってみたものの、反応なし。
流れがちょっと速すぎるせいか、底方面をうまく通せない。
諦めて、先ほどのルートを苦労しながら逆行、どうにか無事生還。(笑)
更に少し上った落ち込みのあたりで、流れの中心付近でアタリがあったものの、ちゃんとフッキングしなかった。
更にもう一回、アタリはあったものの、やっぱりフッキングせず。
おかしい。
フックは交換済みなんだけど。
更に岸沿いで1チェイス。

そのまま上り、次の荒瀬下のところで、かなりの良型がチェイス。
たぶん、アメマスでしょう。
しかし、荒れた流れのなかで、ルアーをステイできず、ヒットしないまま終了。

少し上流まで探ったところで、日没も近づいたので引き返し、先ほどのアメマスのポイントの少し下流で対岸方面を狙っていて、大岩のところで再びルアーが根がかり。
というか、岩の脇に引っかかったルアーが見えている。
しかし、今度の場所は、さっき以上に流れもきつくて深そうなポイント。
渡河ルートも見つからず、しょうがないのでラインを切ってロスト。
キリも良いので、これで終了、帰路についた。

最後のアメマスはもったいなかったけど、まずはヤマメとイワナにお目にかかれたので、良しとしておきましょう。
ニゴイが予定外だったけど、これが釣れたってことは、序盤の釣りは終わりってことかも。
これから、魚の動く時期ということで、次回以降期待ってところでしょうか。

さて、次はいつ釣りできるかな?
こうなると、朝だけ釣行も可能だろうし、次回が楽しみです。
続きを読む>>
  • -
  • -

複雑な気分の日 2

一昨日の夜から昨日にかけて、荒れた天気だった。
一昨日の夜中は音を立てて雨が降ってたし、今日のコンディションは心配。
しかし、やや遅めの時間から出撃。

現地に着くと、案の定けっこうな濁りが入っている。
でも、雨降りのアメマスじゃないけど、こういう濁りの入った日は尺イワナのチャンス。
濁りもぎりぎりイワナなら狙えそう。
数箇所入ってみたい所があるものの、渡河が必要なところは、水量が多く濁りが酷い状態では厳しい。
ということで、こういう条件の時に入れそうなポイントを選んで入ってみることにした。

最初のポイントは、落ち込みのあたりの濁りはけっこう酷いものの、手前の浅いところがやや透明度がある感じ。
三投目くらいの、落水の泡の近くにキャストした後、浅場まで引いてきたところでヒット。
けっこう良い引き。
引きの良さを見ると、良型みたい。
ガッチリフッキングできたみたいなので、グイグイ引いてこうとする魚影を余裕をもって寄せ、無事ネットイン。
おー、良型イワナだ。
尺はありそう。
ということで測ってみると、33センチ。
今年は苦戦続きだけど、久々の尺です。
ポイント的には狙い目のところだけど、最近の状況で、よくここに居たなーって感じ。
少し魚体を拝んでから、二匹目のどじょうを狙ったけど、さすがに後は出てきてくれなかったので、ポイント移動。

次に入ったポイントも濁りがきつい。
水量も多めなので、下流部には入れず、入渓点付近から上流をメインに探ったものの、反応がない。
やっと、落ち込みのやや下流の岸沿いでヒット。
しかし、サイズはイマイチのイワナ。
でも、釣れたから良しとしておきましょう。
本来は落ち込み上の区間を狙いたかったものの、水量が多いので入るのが大変なのでパス。
ということで、ポイント移動。

次は、以前は雨上がりに尺イワナが多数いたポイント。
しかし、渓相変化のせいか、最近はついてないみたい。
かろうじて、岸沿いで1チェイスあったのみ。
水量も濁りもひどく、先に進むのも大変だったので、早々にポイント移動。


次のポイントも濁りがきつすぎる感じ。
水量も多めで厳しく、ノーチェイス。
諦めて車に戻ると、隣に見たことがあるような車が停まっている。
もしかしてまめむしさん?
ということで、携帯にメールしてみるとどうやら本人。
近くにいるということなんで、引き返して合流。
しばらく話をした後、二人でポイント移動。


次は今日一番気になっていたポイントへ。
上の流れ込みの方にまめさんが入ったので、私は下流の方から攻めてみた。
すると、対岸の深みにキャストし、浅くなってくる川の真ん中あたりまで引いてきたところでヒット。
一瞬根がかりと思うようなショックがあったあと、一気にダーっと横に走られた。
しかし、方向を変えたと思った瞬間にフッと軽くなり、バレてしまった。
無念。
ルアーを回収してみると、思ったとおり、フックがすっかり鈍っていた。
釣れるとは思ってなかったせいもあり、フックチェックを怠っていた。
おまけに、アワセが弱かったし、二度あわせも入れないでしまった。
基本的事項を怠ったための、いつものバラシパターン。
成長がないなー。(泣)

しかし、あの引きの感触はけっこう良い感じで、重みを感じただけにショック。
走りっぷりも良かったし、尺までいかなくても、けっこう良型だったんじゃないかな。

当然、こんなバラシ方をした後は、その辺は反応なし。
少し上流で、小さな魚影のチェイスがあったのみで終了。
タイムアップというまめさんと前後して、私も帰路についた。

今日は、しょっぱなに久々の尺イワナってのはうれしかったし楽しかった。
しかし、その後が外れてしまった。
そして、最後のバラシがトドメをさした感じ。(笑)
なんか複雑な気分の釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

フェルト交換


ウェーディングシューズのフェルトが減ってきてヤバイ状態。
予備もすでに減ってる。(というか、減ってしまったので、今のを買ったのでした...笑)
新品が欲しいところだけど、欲しいやつはけっこう高いし、懐も...
ということで、フェルト交換をもくろむ。

釣具屋で交換フェルトとボンドを購入。
安上がりの方法もありそうだけど、最初だから純正品を...
しかし、そこですでに気力が尽きていた。(笑)

準備だけは済んだのに、なかなか手がかからない状態が続き...
たまたま友人から聞いた靴修理のお店に別件で行った時に、材料持込という条件で「やりますよ」ということだったので、預けてきてしまいました。
張替え代も、材料費より安かったんで、メーカーに頼むよりは安上がりだし、自分でやるより安心感(剥がれる対策)もあったんで。

で、とうとう到着。
きれいな仕上がりで一安心。
これで、安心してウェーディングができます。
ますますデンジャラスゾーンに入っていきそうなところは不安ですけどね。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

複雑な気分の日


今日は休みなので、とりあえず出撃。
本当は、天気の良い昨日朝に出撃予定だったけど起きられなかった。
今日は天気が悪く、雨が降り出す予報だったけど、明け方はまだ降ってなかったので、早めに出発しました。

いろんなポイントが頭をよぎったけど、まずは前回良かった深瀬のポイントから入ってみた。
しかし、今日は水量が少なく、流れの弱い。
そして、濁りもない。
底が見える状況では厳しかったのか?ノーチェイスで終わってしまった。
サクっと探った後、急いで次のポイントへ。

次は、久々の場所。
ここはこの期待薄のポイントだけど、渓相チェックも含めて入ってみることにした。
淵などもすっかり浅くなってしまってる。
数個下の落ち込み下にキャストしたところで根がかり?
と思ったら、ヒットでした。
しかし、根がかりと思って大きくロッドをあおったりしたら、バレてしまった。
無念。
流れ込んだ小石に引っかかるのか、根がかりしやすかったので、ついやってしまった。
その後も2回ほど小さな魚影がチェイスしてきたものの、その後はノーチェイス。
しかし、下流側に行くと、これはこれで面白いって感じの渓相でした。

次は、今日一番気になっているポイントへ。
水が少ないのでちょっと厳しそうだけど、遡上するにはちょうど良いかも。
しかし、案の定水が足りないのか反応がない。
下流から攻めてみたものの反応もなく、どんどん上っていく。
しばらく上って深瀬や落ち込みを探ってもノーチェイスなので、ついに諦め途中棄権。(笑)
入渓点に戻って車に乗ってポイント移動。
更に次のポイントでも反応なし。
最初の落ち込み下他、全然反応はないし、水位が低くて厳しい状態。
ということで、途中まで行ったところで諦めて大きく移動。

この辺は他にも気になるところがあったけど、そこらはパスして、一旦下流方面に下ってみた。
すると、次のポイントに入渓直後、久々チェイスあり。
しかし、食ってこない。
2回ほどチェイスがあっただけで、後は反応なし。
そのまま釣り上がり、最初の落ち込み下を探ってみると、ノーチェイスで、1キャストごとに藻がついてくる状態。
こりゃ厳しいかと思いつつも、一つ目の落ち込みを上ったところでチェイス。
更に、トレースコースを少し変えてダウンクロスで流したところでヒット。
やっと出た今日初のヒットはチビイワナ。(写真を撮るのに失敗してしまったが...)
その後も、深場を狙って攻めてみると、イワナがヒット。
その後もバリバリチェイスがあって、連続ヒットはしたものの、尺どころか良型といえるサイズは出てくれなかった。
それでも、けっこう楽しめたので、気分を良くして、ポイント移動、近くの淵を探りに行ってみた。
すると、落ち込みから淵への深瀬の流れのあたりでヒット。
走り回る魚影はヤマメでしょう。

寄せてみると、20センチちょいというサイズには似合わない幅広のヤマメ。
これが大きくなると、良い感じの引きになりそうだなー。
更に続けて、もう一匹ヤマメがヒット。
今度のは、さっきのと模様が違うなー。
更に上ったあたりでとうとう雨が降ってきたので、慌てて下流方面を探りに行ってみた。

最初のあたりは無反応。
しかし、流れの筋の倒木近くを探ったところでチェイスが見えた、
そこで少し奥にキャストしてみたところでヒット。
良い感じの走りっぷりで、ジャンプも交えてくれた魚体は、寄せてみると20センチ台前半のニジマス。
ギンザケか?と思ったけど、腹の方まで斑点があるし、尻尾にも斑点があるので、これはニジマスなんでしょうね。

更に、小さな倒木の上を探ったところでヒット。
これも、縦横無尽に走るのでニジマスかと思ったけど、寄せてみるとパーマークが見える。
ヤマメだー。
更に、その後、もう一匹ヤマメを追加し、そこで打ち止め。
雨がしっかり降り出したので、ここで終了し帰路に着いた。

今日はサイズ的には物足りなかったけど、数的にはまずまずの釣果。
ポイントごとに数にばらつきがあったので、成魚放流だったのかもなー。
それでも、とりあえず感触は味わえたので、成果はあったかな。
ただ、やっぱりそろそろサイズが欲しい気はしますね。
ポイント的に、あの辺だと厳しいのかなー。
続きを読む>>
  • -
  • -

午後も遅くから

連休中は仕事で釣りに行けなかったけど、今日は久々のオフということで、早朝からの釣りを狙っていた。
しかし、日の出前に目を覚ますと、かなりの風が吹いている模様。
そして、雨も...。
ということで、諦めて寝なおす。
早朝も同様に強い風。
午前中は風が弱まらなかったので、諦めることにした。
しかし、午後は幾分風が収まってきたみたい。
ということで、昼過ぎというには遅い時間になってしまったけど出発。

時間もないけど、今年まだ歩いてないコースを少し調べてみるつもりで向かってみた。
ポイントに着くと、濁りも入っているし、水量も増えているんで、まずまず良い感じ。
水深が浅くなっているのはしょうがないけど、この分なら勝負は可能?
ということで、サクっと探ってみましょう。

少し釣り上って、大岩の周りで流れが速くなり、その下流の岩の間が多少緩くなってるってところで、クロスでキャストして引いてくる途中でヒット。
寄せた後一気に上げてみると、中サイズのイワナ。
まずは、スタート直後に坊主脱出で一安心。(^^;

そのままどんどん釣り上る。
最初の落ち込み下も良い感じだったけど、軽く流してそのまま上っていく。
すると、二つ目の落ち込みの上の、ある程度水深があって流れも緩めのあたりで、川の真ん中でミノーが根がかり。
その前に入渓点付近で引っかかった時はどうにか外れてくれたのに、ここは上流に移動してもどうしても外れてくれない。
ということで、どうにかなりそうだったので渡河を試みる。
ちょうど、流れが速くなってる筋のあたりだけど、底が岩盤であまり深くなさそうなところを発見。
慎重に入ってみると、水深は尻のあたりで、押しもかなり強い。
足元をすくわれるようなヤバイ感触で、途中、流れに負けて、つま先で水の中を走るような状況になってしまったものの、どうにか転ばず深くて流れの強いポイントを越すことができた。
あとは、少し浅くなった川の真ん中を、下流に下って無事ミノー回収。
戻りは覚悟を決めて、やや上流から流れを飛ぶようにして無事岩盤エリアを通過。
今日はもう、ヤバイことはやりたくないなー。(笑)

そこから少し上った、落ち込み下で、岸沿いまで引いてきたミノーを追ってくる魚影があり、そのままヒット。
これも一気にごぼう抜きしてみると、サイズはイマイチだけどイワナ。
周辺の浅場の岩の間には、稚魚が見えるし、なんか良い感じ。

更に上って、川幅が広くなってる深瀬エリアに到着。
水量も多いし濁りもだいぶ入っているので、水深のあるこのポイントは、ちょっと攻め辛いか?
一番のねらい目の対岸の木の前あたりは反応なし。
そこで、流れの強めな上流方面を狙ってみると、流れの脇あたりからチェイスしてきた魚影が一気にヒット。
これも上げてみるとイワナ。
ここはヤマメを狙っていたんだけど、あまり贅沢は言ってられないか。(笑)
ここで、このポイントは終了し車まで戻った。

ここで時間は4時。
ちょっと迷ったけど、もう一箇所寄ってみることにする。
ポイントに着くと、こちらは更に濁りがひどく、水量も多くてちょっと厳しいかな?

しかし、少し上って、岸沿いに深みと緩流のあるあたりで、流れから岩上で岸寄りに入るあたりでヒット。
幅広の魚体が銀色に光りながら暴れる。
これも一気にごぼう抜き...と思ったら、やっぱり無謀でした。
たぶんヤマメだろうけど、暴れ方がイワナとは違うし、フックも交換を怠っていたし、距離も短かったので、アワセがきちんと入れられなかった。
失敗したー。

その後は、上の対岸の流れまで近いあたりまで行ってみたものの反応なし。
下りながらさっきバラシた少し下流で、流れの中にキャストし、岸沿いの深みの近くまで引いてきたところでヒット。
今度はテンションに気をつけながら一気にズリ上げ。
今度こそヤマメをゲット。
サイズ的にはイマイチのヤマメだったけど、とりあえずヤマメが釣れてハッピー。
時間もちょうど5時ということで、ここで終了、帰路に着いた。

今日は朝方の風のおかげで、予定が大幅に狂ってしまった。
時間がない中でのポイント選択で、他のところを見て回ることもできなかったのに、とりあえずはヒットできたんで、まずまずの成果じゃないかな。
サイズは出なかったけど、とりあえず反応は楽しめたから、良い休日と言えるでしょうね。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1