Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

ご一緒に その4

今日は久々まめむしさんとの釣行で、お互い予定をあけて、じっくりむったり釣りをしようということで、これまた久々の川でスタート。

早朝に合流後は、1台にまとまって話をしながら目的地へ。
話をしながらだと、いつの間にか着いちゃったって感じで、あっという間に現地へ。

まずは最初に様子見に入った堰堤ポイントでは、なんか水量は多いし濁りも入ってる状態。
濁りは泥濁りではなくとれかけの感じだから、川通しの遡行や渡河は厳しいけど、一応釣りはできそうということで入渓。
しかし、流れも押しも強く、魚は動いていないかもって感じ。
堰堤上の流れ込みの流芯下で、まめむしさんのキャストした7cmミノーに、尺以上のヤマメが一瞬反応した程度。
体の向きを変えたくらいで、追っては来なかったとのこと。
反応が薄いので移動。

次のポイントも良い感じなんだけど反応がない。
たぶんいるんだろうけど、まだ増水の影響が残って動かないのかも。
ということで移動。

次の川では、なんか今年のこの川は釣り人が少ないって話を聞いたけど、いくら平日とはいえ、ほんと少ない感じ。
魚がいないのか?
なんでだろうなー?と言ってるうちに、極小サイズが一回チェイス。
一応魚影は見えた。(笑)
少し上って対岸ボサ前にキャストしたところで、ちょっとした重さを感じ、「木の枝でも引っかかったかな?」と思ったら、小さな魚影がついていた。
チビヤマメ。(笑)
10cmとサイズ的には問題外だけど、一応しっかりベーリーフックに食いついている。
しかし、5cmミノーのベリーに食いついてどうする気なんだろう?丸呑みする気なのか?(笑)
一応これでボウズ脱出なのかな?(笑)

上の落ち込みまで上ったものの反応なし。
しかし、ここもすっかり埋まっちゃってるなー。
渓相が変わって、魚が減ったのが釣り人が少ない原因か?

次のポイントも全体的に埋まって浅くなってるらしい。
まずは、堰堤上から下にキャストして、上からチョンチョンとやってるところでヒット。
暴れる魚影をものともせずにごぼう抜き。(笑)
大きければ抜けなかっただろうに、簡単に抜けたってことで、サイズはイマイチのヤマメ。

でも、さっきよりはサイズアップ(笑)だし、ヒレが綺麗だから天然物かも。

写真を撮った後リリースしているところで、少し上流を探っていたまめむしさんがヒット。
お、これはチビじゃなさそう。
さっそく見に行ってみると、若干パーマークは薄いけど、ヒレピンの綺麗なヤマメ。
もう少したてば、鼻が曲がってきそうな精悍な顔つきをしたオスだった。
ポイントも、対岸よりの枝の引っかかってる岩の下と、ほんといそうなポイントから出てきたとのこと。

触発されて、その上の木の枝の張り出した絶好ポイントで私も狙ってると、枝の少し下の対岸ボサ前にキャストして引き始めて少しのところでヒット。
走る走る。
まともなサイズの一匹目と言うことで、懲りずに強引気味な寄せをし、速攻でネットですくおうとしたら、ネットがきちんと広がらずに失敗。
でも、すぐネットを開きなおしてネットイン。
ちょっと強引で危ういキャッチ。(笑)

それでも無事キャッチできたので、岸辺に持っていって写真撮影。
これも尻尾の先までピンとしているヤマメ。
20cm台中盤ということで、このサイズが連続で出るってのは、厳しいホームリバーとは別世界って感じ。
慌てて取り込んだのはちょっと...だけど、引きも味わえたしまずまずの気分(^^;

その後も、釣り上っていくと、対岸岸沿いのボサ前で、まめむしさんが20cm台のイワナをヒット。
今日は水量があるので、そのまま退渓ポイントまで上ったところで、上の瀬はパスして一旦上陸。

次は、上の淵のポイント。
くもの巣がかかってるってことは先行者はいなかったのかな?
ここでは、対岸よりの深みの水面付近で、流下物を狙ったヤマメが水面に上がってきているのが見えた。
また、上流の流れ込みのあたりでも、大きいのがライズしたり、大きな茶色の背中が水面でうねるのが見える。
ここは、流下物狙いで魚が集まっているのかも。
しかし、ルアーには見向きもされず、反応を味わえないまま移動。

その上で、やっと餌釣り師を一人発見。
しかし、ここまでで釣り人が一人ってのは、珍しい感じ。
ほんと、ここは釣り人が減ってるのかも。

更に少し上流から再入渓。
入渓点より少し上流の対岸よりにキャストして、まめむしさんがヤマメをヒット。
しかし、ここも岩周りなど埋まっちゃっていて、以前の絶好ポイントの面影は薄れている。
それでも、対岸木の枝下の深みは残っていそう。
しかし、反応なしでそのまま上流へいき、やっと対岸ボサ前にキャストしたところでヒット。
寄せてみると、今度は20cm程度だったけど、またまた綺麗なヤマメ。

ほんと、ここはヤマメが多くて良いなー。
というあたりでここは終了、その後ホームリバーへ。

まずは、目的ポイントの退渓点にまめむしさんの車を置きに行ってから、入渓点に戻ってスタート。

前日様子見に来たまめさんの話だと、昨日はもっと濁って水量も多かったとのこと。
それに比べれば条件は良いのか?
しかし、反応がない。
上の大場所でチビが見えたくらいで、反応らしい反応もなく、水量のせいで渡河もギリギリっぽかったし、上もあまり期待できない気がしたので、一旦車に戻って、まめさんの車があるところまで戻る。

すると、まめさんの車の前に、JAMESさんの車があるではないか。(笑)
携帯で連絡を取ってみると、まだスタート直後と言うことで、後を追っていって合流。

JAMESさんは、すでにイワナとヤマメをヒットしたとのこと。
どちらも餌取りにちょうど良いポイントから出てきたということで、もしかしたらこの辺の活性は高い?

しかし、上の区間では、まめさんがチビヤマメをヒットした程度で、後は反応が薄く、数回のチェイスのみ。
いろいろ話をしながら上っていったけど、目立つ反応もないままタイムアップ。

今日はなんといっても綺麗なヤマメが釣れたのがうれしい。
久々の別水系ということもあり、ホームリバーの厳しさと、むこうの条件の良さが実感される結果となってしまった。。
これからは遠征も考慮しなきゃならない気がするけど、ガソリン代も更に高くなってしまったし、キツイなー。
あとは、まめむしさんとじっくり話ができたし、JAMESさんとも話ができたし、楽しい一日でした。

P.S.
遠征先は深瀬の釣りが多いところで、尻や腰までの立ち込むポイントも多いせいか、ウェーダーの水漏れが多発。
すねのサイドから若干水漏れしてるみたいだし、尻のあたりからはダダ漏れしているみたい。
一日が終わってウェーダーを脱いだとき、右の靴下は絞れば水がしたたる状態。
これはヤバイ。
寿命だろうなー。
とはいえ、そうそう買えないので、再び補修に取り組んでみましょう。
尻部分の補修をどうすれば良いか?
難問だ...
続きを読む>>
  • -
  • -

水難対策

先日、何気なくテレビをつけると「鉄腕ダッシュ」が映っていた。
ダッシュ村は、本当に体験してみたくなる。
素朴な昔の生活を思い起こされ、こんな貴重な体験ができるのはうらやましいなんて思いながら見入っちゃう。(^^;
で、ダッシュ村が終わったのでPCに向かおうとしたところで、次に流れたのが「水難レスキュー」の映像。
これは、釣り人にとっても貴重な情報と思って、再び見入ってしまった。

釣り人にとって、急な増水や渡河中、ルアー回収の時、滑った時、転んだ時他、川に流されるってのはありそうなこと。
特にウェーダーを履いていると、中の空気が浮き袋になる危険もあるし、命の危険にさらされる可能性もある。
私も、けっこうチャレンジャーだし、そういう意味で、この企画は参考になった。

基本的には「 水場の緊急事態に備えろ!水難強化訓練! 」ということで、「水難レスキュー」の対処法の情報。
人を助ける方法といざという時の対処法が中心で、参加者もライフジャケットを着てるし、濡れるのが当然の泳ぎやすいような格好(ダブダブズボンやウェーダーは履いてない)だったから、そのままではないけど、ところどころ参考になる情報があった。

まずは、川に落ちた場合、流されるときの体勢。
これは、「仰向けになり、足を水面に上げ、川の下流側に向ける」のが身を守るための基本姿勢とのこと。
流れの前方には、流れの中の岩や上れない岸壁や倒木などがあったりするけど、そこにまともにぶつかると怪我をしかねない。
この体勢だと、蹴ってかわしたり滑るように乗り越えたりがしやすいとのこと。
ウェーダーを履いてるわけだから、最初に空気を抜いて逆さまにならないようにした後、この体勢で流れていくと良いかも。

次に気をつけたいのが、「倒木は乗り越える」ってこと。
倒木の下には枝や、ゴミなどの障害物があることが多く、水は通るけど、人は通れない場合が多い。
で、一旦ひっかかると、水圧のために身動きできず、抜け出るのは難しい。
ということは、水中で溺死の可能性が高くなるらしい。
「倒木を発見したらすぐに、下流に向かってより強い泳力で泳ぎ、その勢いで乗り越えるのがコツ」とのこと。
そんな苦しい死に方はしたくないから、これは覚えておいた方が良さそうですね。

次が、岩の裏は逆流して流れが弱くなってるので、避難のポイントということ。
岩の裏は逆流ができて流れが緩くなて渦巻いたりしているので、その中に泳いで入ると休むことができるとのこと。
魚がつきやすいキャストポイントでもあるけど、同じ理由で避難場所にもなるということですね。

最後が、流れを横切って泳ぐ場合は、上流に向かって斜め45度を目指して泳ぐと、流れで体が押し出されるので渡りやすいってこと。
泳ぐ際、岸に直接向かうよりも、角度をつけたほうが、水流自体が体を押して、早く岸に泳ぎ着くことができるということで、これも覚えておいた方が良さそうですね。

それ以外は、直接関係ない情報だったけど、上記に関しては、釣り人は覚えておいて損ないかも。
非常に参考になりました。

詳しくは、「ザ!鉄腕!DASH!!」のサイトで2008/7/27放送分の放送内容をご覧ください。
続きを読む>>
  • -
  • -

優雅な時間

前夜、つかボンさんから「リバーサイドホテルでビール飲んでます」とのメールが到着。
奥さんとキャンプに行ってるそうで、翌朝は近くの川で遊ぶ予定とのこと。
ということで、表敬訪問がてら出撃することにしました。

まずは朝一にどっかに寄ってからつかボンさんのところへ行こうと思い、ちょっと悩みながらポイント選択。
薄暗いうちに現地に着くよう早めに出たものの、現地に着くと先行者の車が。
一応声をかけてみると餌釣りの人で、ここの下流方面に入るということだったので、上流方面に入らせてもらうことに。
しばらく話をしながら準備し、まだちょっと早いと思いつつも、やや暗い時間帯に入渓。

最初の瀬は期待してなかったけど、案の定反応なし。
木の下辺りも、反応がない。
まだ、薄暗いので、この辺はもう少し明るくなってからの方が良いのかもなー。
そう思いつつ上っていくと、早速成果が出た。

アップクロスでキャストし、荒瀬下の流芯の少し下流を通したあたりでヒット。
感触からすると、極小ではない。(そんなに大きくもないみたいだけど)
この走りっぷりはヤマメ?
ガッチリフッキングしてるみたいなので、余裕で寄せて、そのままズリ上げると、20センチ台前半の綺麗なヤマメだった。
久々の20センチ台のヤマメで、綺麗な魚体も見られてラッキー。
テールのフックにがっぷり食いついていた。
写真を撮ったあとリリースすると、元気に流れに戻っていったけど、ここでヤマメが取れたのは久々って感じ。
やっぱりいるんだなー。
時間帯が良かったのかもなーなんて思いながら、更に釣り上る。

しかし、その後は反応なし。
上の大場所を過ぎてもチェイスもないし、つかボンさんもそろそろ起きたかなと思ってると、ちょうど連絡が来たので車に戻って移動。

道の駅に到着すると、ちょうどつかボンさんが目の前を歩いている。
そこで合流して入渓。
すでに一尾釣ってるし、つかさんに釣ってもらいたいので先行してもらい、私は後をついていった。
右側の下流の深い流れ、右前のある程度水深のある流れ、正面など探っていくものの反応がない。
水量も少なく濁りもないせいか?
私もつかさんが通し終わった右側を探っていて、ふっと振り返るとつかさんがネットを取り出したところだった。
左の泡のあたりを探っててヒットしたそうで、無事ネットインした魚体を見ると、20センチ台後半のイワナ。
写真を撮りつつサイズを測ると、尺は無いけどまずまずサイズ。
やっぱり「ギャラリーがあると燃える男・つかさん」の本領発揮。(笑)
「あのポイントに魚がいるよ」と言ったてまえ、釣れてくれて一安心。(^^;

とりあえず、二人ともボウズ脱出で気が楽になったので、後は安心して釣り上っていった。
しかし、その後がイマイチ反応がない。
上のトロでチビがやる気無さげに距離を置きながらチェイスしてきた程度で、上に行くほど魚影が見えなくなっていった。
途中の瀬も、その上流も反応なし。
途中、餌釣り師がいたのでパスし、そのしばらく上流から再入渓。
そのまま釣り上っていったものの、まったく反応なし。
結局、上の淵まで行ったものの、魚影は見ることができないでしまった。
淵のところで、時間もちょうどだし、つかさんが足を挫いたということで上がることにしました。(つかさん、足、速く治ると良いですね。お大事に(^^;)

その後、つかさんのテントに寄り、奥さんにご挨拶をしてコーヒーをご馳走になりながらしばらくお話を楽しんできました。

キャンプしながら釣りを楽しむなんて、最高だなー。
屋外でビールを飲みながらゆったりと更けていく夜を楽しむ。
会話を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすなんてのは、最高の贅沢かも。(^^;
なんか、キャンプしたくなっちゃいましたね。(^^;

お二人に別れを告げた時点(つかさんがウェーダーを脱いでるのを見た時点?...笑)で、すでにモードが切り替わっちゃってた気がするけど、それでもまだ早朝ということで、もう一箇所よってみることにしました。
とはいえ、これといったポイントも思い浮かばなかったので、しばらく行ってないポイントへ。
しかし、こちらもまったく反応がない。
しばらく上ったところで諦め、時間もちょうど9時過ぎになっていたので、そこで帰路につくことにしました。

今日は、朝一のヤマメのみ。
綺麗なヤマメを見れて良かったけど、その後反応がなかったのはさびしい限り。
でも、久々つかさんとご一緒できたし、うまいコーヒーも飲めたし、楽しい釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

地震の後

前夜の日付が変わった頃、岩手県沿岸北部を震源とする地震発生。
岩手沿岸北部と青森の沿岸部で震度6、私の住んでるあたりも震度5という地震で、前回の内陸南部の地震では被害のなかったうちも、今回の地震では、いろいろ物が落ちたりして、久々大変だった。
この朝は、雨の影響も考えてちょうど良さげ。
出撃予定だったのが、地震のおかげで出撃できず。
更に、昼前にも余震があったものの、午後になって時間が取れたので、ちょっと投げに行ってきました。

地震の日は釣れないという話を聞くし、ワカサギ釣りの時に釣れないのを経験済み。
ちょっと心配しながら現地へ。

ポイントに着くと、水量は思ったほどでなく、濁りもあまりない状態。
これは厳しいかと思ったら、案の定まったく反応なし。
落ち込み、堰堤、瀬などを探ってったもののノーチェイス。

今日が休みで午後から出撃というJAMESさんとメールで連絡を取り合いながらいろいろ探るものの、これといった反応がない。

その後、次々とポイントを探ってったものの、結局魚影を見ることなしにタイムアップ。

JAMESさんもライズを見た程度ということで、やっぱり地震の時は魚が怯えるかなんかで釣れないのか?
それとも、雨の影響で水温が下がってるのか?
悪い予感が当たった日ということで、やっぱり地震の後は、素直に片付けしてた方が良いということなんでしょうね。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

ご一緒に その 3

久々JAZZYさんが来ているということで、急遽出撃することになりました。
早朝、待ち合わせ場所に早く着くと、もしかしてと思ってた通り、後ろの車がJAZZYさんだった。(笑)
その後、話をしながらゆっくり準備をしているうちに、JAMESさんも到着。
入渓点を迷った挙句、車が停まってないポイントを選んで入渓。

JAZZYさんに先にたってもらい、その後をJAMESさんと追う感じで、入渓点前でJAMESさんの新型ミノーなどの話をしていて、比較のために私のタックルでちょっと試し投げしてもらうと、一投目で良型イワナがヒット。
しかし、すぐバレ。
私のいつものパターンと同じ感じ。
このロッドだと厳しいでしょうと言われ、確かになーと...
JAMESさんのロッドは硬すぎ、私のロッドは柔らかすぎと、思わず二人で笑ってしまった。

その後、上の最初のプールの上流でJAZZYさんがイワナをヒット。
今日の主役のJAZZYさんがボウズ脱出ということで、一安心で先に進む。

しかし、その後は続かず、中間の期待したポイントも反応なし。
どんどん上っていって、対岸にボサのある期待のポイントでやっと反応があり、JAZZYさんがヒットしたもののすぐにバレ。
どうやらヤマメだったみたいで残念。(^^;

その少し上流の流れがちょっと荒れたあたりで、やっと私にも反応が出てくれた。
アップクロスで瀬を通してくると、手前の流れまで追ってきたので、少しヒラヒラさせたところでヒット。
そのまま上げると小型のイワナ。
これで私も一安心。

その上流では、JAMESさんにもチェイスがあったみたい。

しかし、次の期待の堰堤下流や堰堤直下は反応がイマイチ。
JAMESさんにチェイスがあったみたいだけど、先日のような反応は出てこない。
そのまま堰堤上を探ったところでJAMESさんがタイムアップ。
無事JAMESさんと別れた後、しばらく悩んだ挙句、次のポイントへ。

次に入ろうと思っていたポイントには先行者がいたので、少し上流のポイントから入渓。
しかし、こちらも水量が少なく、濁りもなく、反応も...
数回小さな魚影のチェイスがあった程度。
と思っていたら、JAZZYさんが大物をバラしたらしい。
頭の方しか見えなかったけど、尺は確実、もしかしたら40くらいあったかもというイワナ。
残念ながらショートバイトで、一瞬で首を振られてバレてしまったらしいけど、少なくともいることがわかったし、重みも味わえたとの事。
来た甲斐があった。

でも、メインイベントはそれと言う感じで、後の反応がイマイチ。
どうにか私が小型のイワナをヒットした程度で、後はイマイチの反応。
そのまま、途中の堰堤まで行ったところで、時間も昼ということで終了することとなった。

今日は久々、JAZZYさんとご一緒できたし、最低限釣ってもらうことはできたし、大物の気配も感じてもらえたから、まずは責任はクリアできたか?
しかし、本来ならもっとバシバシ釣って楽しんで欲しかったんだけど、反応がイマイチ。
あっちの川に行くんだったかと言う反省点もあるし、微妙なところ。
それに、JAZZYさんはゆっくり釣りをしたいと言ってたのに、ガンガン歩かせちゃってすいませんでした。
次回はもっと精進して、是非釣ってもらいますと言えるように頑張りまーす。(^^;
JAZZYさん、JAMESさん、お疲れ様でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

午後も遅くから 3

朝方に雨も降ってちょっと期待ということで、遅めの午後から出撃。

朝方けっこう強い雨が降ったりしたので、適度な濁りと水量を期待していったけど、現地に着いてみると濁りもなし、水量も増えてない。
厳しい...

案の定、最初の堰堤は反応なし。
少し上って、瀬の対岸よりのあたりでやっとヒットしたもののチビヤマメ。
更に上るものの、反応は数回チビがチェイスしてきた程度。

そこで途中の堰堤の様子を見に行ってみた。
ここは入ったことがないけど...と思いつつ、堰堤脇の護岸の上からキャストしてみると、かなりデカい魚影がユラユラとチェイスしている。
もう一度キャストし、また追ってきた魚影の前でルアーをヒラヒラさせたところでヒット。
しかし、真上からの操作は難しく、すぐにバレ。
こういう時は、下手に強くアワせないで、向こうアワセ期待でラインを送ってやった方が良いのかなー?
かなりでかくて、40以上はあった気がするから、ちょっと残念でした。

その後、下に降りて堰堤手前からキャストすると、中サイズのイワナがチェイスしてきたものの、これもヒットせず。
やっぱり、この時間は厳しいか?

少し上った瀬でも、まずまずサイズをヒットしたとたんにバラシ。
残念。
食いが浅いんだろうけど、やっぱりうまくアワせられない。
その上でも小型をバラシ、この日は絶不調?(笑)

やっと、上流の落ち込み下でヒットしたものの、再びチビヤマメ。
これじゃしょうがない。

そのまま上の堰堤まで到達したものの、そちらは反応なし。

その上の区間をどうするか迷ったけど、やっぱり気になったので、そのまま上ってみた。
最初の淵についたものの、水量は少なめで濁りがなく、底が見える状態。
それでも、落ち込み方面にアップでキャストして引いてくると、良型と中型の魚影がチェイス。
しかし、そのまま食わずにお帰りになってしまい、後は反応なし。
その後も反応なしで退渓ポイントに着き、今日の釣りは終了。
本当はその上の区間が気になってたものの、日没も近づいてきてたので、諦めて納竿。

今日は数少ない良型のチャンスもバラシとチェイスのみで終わってしまい、結局取れたのはチビのみ。
どうも良くない傾向だ。(笑)
水量も減って濁りもなく、反応も厳しい状態。
こうなると、適度な雨に期待するしかないのか?
厳しい状況が続きそうですねー。
続きを読む>>
  • -
  • -

朝だけ釣行 2

おととい朝までの雨の後ということで、本来は昨日出撃しようと思ってたのだが、おととい夜にも雨が降ったので泥濁りの可能性が高いし、起きるのが辛かったのもあって、昨日はパスしてしまった。
今日は果たしてどんな感じか?
天気予報では木曜から天気が悪いみたいなので、濁りが取れかけた今日がチャンスかも。
JAMESさんも昨日起きられなかったって言ってたんで、もしかしたら今日出るのかもと思いつつ、寝てたら悪いので、そのまま一人で朝だけ釣行へ。(後でJAMESさんに聞いたら、やっぱり出てたそうな...笑)

まずは、最近良型を何度も見ている(釣れてないが...笑)堰堤へ。
現地に着くまでには明るくなってきて、ちょうど良い頃合か?

泥濁りは取れてるけどほんのり緑っぽく濁りは残ってるし、水量もそこそこある。
期待しながら入渓。
しかし...反応がない。
ジャンプする姿も見えないし、どうしたもんか?
しばらく堰堤下を探ったもののノーチェイスなので、堰堤上の区間へ。
上の落ち込みから下の深いあたりまで行き、対岸ギリギリにキャストしたところでチェイス。
かなり大きな魚影がユラーっと動き、ミノーを追ってきた。
しかし、バイトにいたらず。
ブッシュにストーキングしていたけど、それでも駄目で、一回限りのチェイスだった。
更に少し上って、落ち込みの少し下流でヒットしたもののチビヤマメ。
更に上るものの、なかなか思ったような反応がない。
瀬の中の深みで再びチビヤマメがヒットしたものの、良型の姿は見えない状態。
諦めて、入渓点に戻りつつキャストをしていると、さっきチェイスのあったあたりで、ミノーを早めに巻いたところで、スーッと追ってきた魚影がショートバイト。
しかし、すぐにバレて、お帰りになってしまった。
朝一の大きな魚影よりはサイズは小さいけど、まずまずサイズではあったんで、残念。
その後は反応がないのでポイント移動。

次のポイントでは、今日は水量もまずまずだから、少し下流に下ってから入ってみることにした。
しかし、下流域は反応なし。
どうも、今日は思ったより活性が高くない?
いないのか、いるけど出てこないのか?

ノーチェイスのまま上って行き、荒瀬の下を狙ったところでヒット。
荒瀬の終わりの泡立つあたりにアップでキャストしてヒラヒラっとしたところでのヒットだった。
今度はやっとまともな引き。
良型か?
ここは流れもそこそこあるので、流れに乗せながら寄せる。
おー、良型イワナだ。
もしかしたら尺あるかな?(^^;
「バレるなよー」と念じながら寄せて、一気にネットイン。
測ってみると、思ったよりも大きい35cmのイワナだった。

おー!
確かにここにこのサイズがいてもおかしくはないけど、想定外だったんでビックリ&うれしい。
まともサイズが釣れて、これで一安心。(笑)
写真を撮った後、足元に放すと、しばらくそこで休んでいるのを見ながらイップク。(^^;

一休み後、心機一転、釣り上る。
しかし...
その後はチビのチェイスがあった程度。
期待のポイントは総ハズレで、そのままタイムアップ。

今日は期待していたポイントでは反応がなく、逆にそれ以外の二次ポイントでチェイスやヒットがあった。
なんか、魚はまだお休みモードっぽかった。
でも、良いポイントにキャストできると反応はある。
いるところに投げれば食ってくるけど、ずっと追ってはくれない。
活発にチェイスって感じでなかったのは、いろんな要因が考えられるけど、これからの時期はしょうがないのかも。
(でも、そういう中で、やけに活性の高い日もあるからなー。何でだろう?...笑)
それと、今日はJAMESさんも良いサイズのイワナを出したそうな。
やっぱりイワナの日だったのかも。
とすると、ヤマメの日はもう少し後か...?
そろそろヤマメの日も来て欲しいなー。(笑)

狙ったポイントでは空振りだったけど、思わぬところで思わぬサイズを出すことができ、まずは満足の釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

泥濁りの日

昨日の夕方は良い感じだったので、今朝に期待ってところだったんだけど、夜にけっこう強い雨が降ってしまった。
水位も上がったし、当然濁りも入ってることでしょう。
ということで、早朝は諦め、朝一に用事を済ませ、遅めの時間から川に向かってみた。

今日はJAMESさんから聞いたポイントと、前回の堰堤が気になる。
どちらも尺ヤマメがいるはず。
しかし、途中で川の様子を伺うと、かなり強い濁りが残っている。
こりゃ無理だ。
JAMESさんのポイントは、この濁りじゃ無理そうなので、とりあえず前回の堰堤に向かってみることにした。

当然ながらそちらも酷い濁り。
おまけに、すっかり晴れて、日も出てきている状態。
この遅い時間からだと、けっこう厳しいかも。
それでも、せっかく来たんだからと入渓。

かなりの泥濁りで、ルアーがよく見えない状況。
しかし、突然、たぶん尺はあるだろうというヤマメがジャンプし、途中から流れ落ちる水の中を必死に泳いで堰堤を乗り越えていった。
スゲー!
更に、他にもジャンプしている魚影が見える。
魚は動いてそうだから、目の前をルアーが通れば、リアクションバイトで食ってくるかも。

ということで、キャストを開始し、しばらくやって、右奥にキャストしたところでヒット。
ロッドを曲げながら逃げていこうとする魚体を寄せると、まずまずのサイズのイワナ。
泣き尺くらいか?
しかし、そのまま寄せて、流れの弱い方に持っていってズリあげようとしたところでバラしてしまった。
しまったー。
素直にネットを使うんだった。
上げるところを探すのに手間取っている間のミス。
写真を撮る前だったから悔やまれる。

気を取り直してキャストを再開。
しばらくキャストを繰り返しているうちに、再びヒットしたものの、今度はあっさりバレ。
残念だけど、寄せてからじゃない分、さっきほどはダメージはない。(笑)

更に、流れの強い落ち込みにアップでキャストしたところでヒット。
しかし今度も、3m近くまで寄せたところでバレ。
流れの強いところでもろにアップだったので、フッキングが弱かったのか、巻取りのテンションが弱かったのか?
見えた魚影は、良型のヤマメ(もしかしたら尺ヤマメ?)だったので、ダメージは大きい。(泣)

更に、その後ダメージの追加が...
岸沿いの護岸に移動して、護岸の上からキャストした瞬間、視界の隅で、何かが落ちていくのが見えた。
ヤバイ。
ベストのポケットが開いてて何かを落としたか?
以前、ルアーケースを落とした時のことが頭をよぎる。
しかし、見回してみると、ポケットは開いてないし、何も落としてないみたい。
なんだったんだろう?
と思いつつ、リールを巻こうとしたところでショック。
リールのハンドルがない。
落ちたのはハンドルでした。
フルキャストだったから、ハンドルに手をかけてなかったんだよね。
まいった。
諦めきれずに、護岸から降りて探しに出てみると、幸いにして、水深はそんなに深くない。
でも、濁りがきつくて見つからないだろうなーと思いつつも、しばらく探していると、「あったー」。
大きなパーツだったの幸いして、どうにか回収成功。
ハンドルとリールの間にパーツがあったか覚えてないけど、仮にあったとしても小さなパーツは見つけられないだろうなー。
リールを巻くためにも、とりあえずハンドルをつけなきゃなということで、ハンドルをリールに差し込んで、反対のネジを締めようと思ったら、しっかり締まってる。
ん?
どうなってるのかと思ってあけてみると、ハンドル用のネジだと思ってたのはカバー。
中にネジがあって、それが緩んでたのが原因と判明。
ネジを締めてみると、ハンドル側のパーツも揃ってることが判明して、リールは復活。
一安心。(^^;
しかし、ちゃんと機構を理解してメンテしてなかったのが原因だけど、無事復活してくれて良かった。
それにしてもビックリしたなー。

キャストを再開したものの、その後は目立った反応もなくなってきたので、とりあえずこのポイントは終了。
濁りからすると、この辺は無理っぽいので、思い切って濁りの取れるのが早い別河川へ移動。

現地についてみると、こちらは濁りは入っているものの泥濁りではなく勝負になりそう。
さっそく入渓。
しかし、数回のチェイスがあったものの、ヒットせず。
しょうがないので、少し上流に向かってみた。

水深のあるところを中心に探ってみたものの、小さな魚影が見えるものの、チェイスもしてこない。
なかなか厳しいって感じだったけど、落ち込み下の広い深瀬で、アップでロングキャストして引いてくる途中でやっとヒット。
しかし、やっぱりここにいるのはチビヤマメ。
引きを感じるんじゃなく、多少、抵抗が増えるだけじゃしょうがない。
ということで、更に上流に向かい、堰堤下へ。

まずは右側から真ん中付近にキャストするとチェイス。
更に立ち居地を変え、真ん中から引いてくるところでヒット。
今度はさっきのチビヤマメとは違って一応引きを感じられる。(笑)
寄せて、一気にごぼう抜きしてみると、20センチ台前半のイワナ。
ま、サイズはイマイチだけど、チビではないから一安心。

更に、左側などでもチェイスがあったものの、そちらはヒットせずにこのポイントは終了。

更に上って、ひとつ上の堰堤下に入ってみた。
今度は少し下ったあたりから堰堤まで上っていった。
すると、途中の瀬の、木が入っているあたりで、木の枝ギリギリにキャストして引き始めたところでヒット。
寄せてみると、20センチ弱のヤマメ。
尻尾の先まで尖っていて綺麗なヤマメ。
元気なんで、サイズの割には大きく見える。

更に、堰堤について、右奥にキャストしたところでヒット。
今度もごぼう抜きし、サイズを測ってみると、さっきと同じ20センチ台前半のイワナ。
痩せて細身だけど、これくらいから釣った気がしてくる。(^^;

更に少し上ったところで終了し、再び元の川へ戻ってみた。

時間がたって濁りが減ってるのを期待したけど、濁りはまだまだ泥濁り。
ルアーも見えず、これじゃ勝負にならないので、瀬などの普通のポイントはパス。

朝一の堰堤に戻ってみると、朝よりは水量が減った感じ。
でも、濁りは相変わらずの泥濁り。
浅いところ意外は全然見えない状態。
それでも相変わらず、時々堰堤を越えようとジャンプしている魚が見える。
そのまま入渓。
とりあえず、右側の奥にキャストしてみたけど、そちらは反応なし。
朝方は駄目だった、下流の深瀬にキャストして、落ち込み手前をトレースしたところでヒット。
今度はがっちりフッキング。
暴れて逃げていこうとする魚体を注意しながら寄せる。
良型のイワナだ。
懲りずにズリ上げを狙ったけど、今度は成功。
サイズを測ってみると29.5センチ。
あと1センチ足りない、泣き尺イワナだった。
それでも、久々の良型。
うれしいなー。

時間も押してきてたし、最後に良いサイズも上げれたので、ここで打ち止め、帰路に着いた。

今日は良型を連続バラシ。
それも、途中まで寄せてからってのが多かったし、そのうち一回はもしかしたら尺かもっていうヤマメ。
もったいなかった。
でも、状況的には濁りなど厳しい条件だったから、最後に良型も出せたし、ヤマメもイワナも釣れたんで、まずはラッキーってところかな?
今日は濁りが残ってたけど、明日朝はもしかしたらちょうど良いかも?
ただ、起きれる気がしない...(笑)
明日も天気が良いみたいなんで、朝一が勝負なんだろうけど、果たして行けるかどうか?
無理だろうなー。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

チョイ投げ

昨日の夜から今日にかけて、雨が降ったので、午後、空き時間にちょっとだけ行ってみた。
先日JAMESさんから聞いた情報が気になったので、その下流から入渓してみることにした。
しかし、準備中にカメラ(携帯)を忘れてきたことが発覚。
ということは、写真は撮れない。
まかり間違って尺でも出た日には、泣いても泣ききれない。
しかし、せっかく来たのにこのまま帰るのも何なんで、とりあえず入渓。

入渓ポイントで水量その他を見てみると、水量は少ない状態。
普段深瀬になってるところが、深瀬じゃなくなっているし、落ち込みも水深がない状態。
とりあえず探ってみたけど反応なし。

そのまま上るものの、最初のあたりは反応なし。
今日も、前回同様か?

しかし、一番期待していた木の下の落ち込みの下流でヒット。
落ち込み下にアップクロスでキャストして引いてくる途中でヒット。
その後はローリングしている。
お、これはヤマメか?
このあたりにしては珍しい。

取り込んでみると、20センチ台前半のヤマメ。
綺麗だ。
模様もはっきりしているし、ヒレも綺麗。
プロポーションが見事なので、サイズの割りに大きく見える。
写真を撮れないのが悔しくなってくる。(笑)
「大きくなれよー」とリリースすると、元気いっぱい、一気にピューっと帰っていった。

更に上り、その上の深瀬を探ったところで、流れの中間あたりでヒット。
今度はさっきよりは小さい。
寄せてみると、20センチ弱のイワナ。
これも元気。

しかし、最近水量不足で厳しかった区間だけど、水量は少ないままなのにもかかわらず、連続ヒット。
やっぱり、濁りが入っているせいか。

そのまま上って行き、上の落ち込みを探ったものの、反応なし。
さらに、その上の瀬を探ったところで終了することにした。
もし、この上のエリアで良型が釣れたら、写真が撮れない分悔しいもんねー。
明日のためにも、手付かずで残しておこう。

まずは、1時間程度のチョイ投げだったけど、久々20センチ台のヤマメも釣れたし、イワナも釣れたし、御の字のとも言えるような釣りとなりました。
  • -
  • -

かやの外

9時頃からスタートということで、早朝のおいしい時間を過ぎてて、あまり期待せずに入渓。
しかし、それにしたって、反応が悪すぎる。
数回のチビのチェイスがあったのみ。
それでも、上の大場所で何を使おうかなんて考えながら上っていくと、そばまで行ったところで、座り込んだままロッドを振ってるフライマンに気がついた。
残念。
しばし話をした後、「もう帰るので上やって良いですよ」ということだったので、更に釣り上るものの、数回のチェイスのみで終わってしまい、そのままこの区間は終了。
大場所の底が見えるくらい水量が減ってたのが影響したのか?ほんと反応が悪い状態だった。
この分だと上の区間も厳しそうなので、別河川へ移動。

しかし、次の河川も厳しかった。
水量は少ないし、底も黒ずんでコケが繁茂している。
厳しい中、数回のチビのチェイスがあったのみで上の堰堤へ。
堰堤下の、右下流の深みを覗くと、小さな魚影が複数見える。
しかし、数回ちょっと興味を持ったような動きをした後は反応がなくなってしまった。

さらに、堰堤下の右側など狙ってみたものの反応がないので一旦陸に上がり、護岸から遠投してみようとおもったところで、良型がジャンプ。

ビックリ。
尺ヤマメだ。
色づいた魚外の幅広ヤマメが、堰堤を越えようとジャンプしていた。
おー、この状況でもいるんだー。

さらに、遠投をしてみると、大きな魚影が逃げていく。
尺イワナだ。
ルアーを避けて、ルアーの前を逃げ惑ったり、たたきの切れ目から落ち込みへ大きな魚影が走っていく。
再び堰堤下に戻り、尺ヤマメのいるあたりやその他を探ってみると、ヤマメの方は姿が見えないものの、尺イワナと更に大きな40センチ近い魚影が、落ち込みの方へ逃げてくのが見えた。
こんなに水量少ないのに、いるんだなー。

一回、落ち込みから良型のチェイスがあったほかは、逃げてくばかりだったけど、それでも魚影を確認できたのは、次回への励みになるな。

更に堰堤上を探ってみたものの、そちらはチビヤマメが気乗りせずにチェイスって程度で、これといった反応もなく、そこで諦めあがることにした。

結局、坊主で、チェイスもこれといったのはなかったけど、あの堰堤に、尺ヤマメや尺イワナが溜まってるのは確認できた。
ただ、あれを釣るってのは難しそうだ。

尺ヤマメも尺イワナも、あの辺にいることはいる。
ただ、深みの底についていて、日中は出てこないってことなんだろうな。
明け方や夕方の薄暮を狙うのか、雨上がりを狙うのか、重いスプーンなどで底を狙うのか、なんか手を考えないと。
坊主で厳しい一日だったけど、厳しいとは思うけど、次回の参考になる情報も入手できたし、価値はあったかな?という釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/2 >>