Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

再びノーチェイス

昼から様子見に行ってきました。
今回は、今年初めての川の下見。
水量はやや多めだけど、やや緑がかったようなクリアの状態で良い感じ。
先日は雨の影響か雪代が出てたのが、この日は小雪舞う状況で、この川も雪代は収まってる状態。
ということで、とりあえず入渓。

入渓点直後は反応無し。
ま、順当でしょう。
少し上って大場所を狙ってみました。
しかし、水は良い感じなんだけど、全然魚影が見えない。
チェイスもないまま、上の大場所まで終了。
小雪も舞ってきたし、風もあって寒かったので、そこで終了ということで帰路につきました。

他の川は魚影が見えたけど、ここはまだ早い感じかなー。
気になるところは他にもあるけど、まだ期待薄かなー。

  • -
  • -

今期の初チェイス

祭日の金曜と土曜は所要のため出られなかった
やっぱり一回ぐらいは出撃したかったので、午前中の用事を済ませた後、昼前くらいになっちゃったけど、とりあえず川に向かってみました。。
しかし、市内の川は、すっかり雪代増水の状態。
ホームリバーも、平年なら5月の連休頃に雪代がガンガンで釣りにならないってイメージなのに、今年は今現在で雪代ガンガン。
暖かいんですねー。
で、どこ行っても雪代って感じだったので、とりあえずポイント偵察がてら、いろいろ見てくることにしましょう。

まずは、行くかどうか悩みながらも、前回行った上流部に行ってみました。
先行者の車っぽいのがあったけど、とりあえず姿が見えないので入渓してみることにしましょう。
この辺はさすがに、道路脇の雪はまだまだある状態。
川原の雪はだいぶ融けたけど、まだあるなー。
水の色は雪代が入ってる色で前回に比べて水量も多いけど、渡河ポイントは問題なく渡れそうだし、浅場を中心に探ってみることにしました。

しばらくは反応がなかったけど、少し上って浅いプールの上の落ち込みあたりにキャストしたところで、今期の初チェイス。
小さめのイワナじゃないかな。
食わないで戻っていったところで、対岸方面にキャストして引いてきたところで再びチェイス。
うーん、動きが悪くて食うのが下手なのか、それとも警戒しているのか...
なんか両方みたいだなー。

次は少し上の落ち込み近くを通して、近くまで引いてきたところでやっとヒット。
と思ったら、すぐにバレ。
ショートバイトってことは、けっこう警戒しているのかも。
確かに、三連休の最終日だし、ここは人も入るところだし、先行者もいるみたいだし、浅場のよく見えるところだし...
うーん、残念。

さらに上った落ち込み下でも、チェイス。
しかし、二度目はなし。

さらにその上の深瀬でもチェイス。
今度はちょっと大きい感じの魚影だったけど、これも追ってきたのみで口を使ってくれなかった。
そして、二度目はなし。
うーん、残念。

その上の良い感じの区間も反応がないので、少し攻めたところでポイント移動。
このあたりを探っている時点で、時々雨がパラついてきていたけど、今のところは問題ない範囲だったので、次へ。

その後、数箇所を回って、入渓可能かとか水量などを見て回ったものの、途中から雨が強くなってきたので、キャストはせずに偵察してきただけの状態。
結局まともにキャストしたのは、最初のポイントのみで帰路につきました。

それでも、今シーズン初の魚影が見られたのは収穫。
前回全然魚影が見えなくて心配だったけど、やっぱりいましたねー。
まずは、一安心だったけど、そろそろ初釣果も欲しいなー。
次回に期待の釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

渓流シーズン開幕


岩手の渓流シーズンも今月の一日から開幕。
先週に引き続き、昨日・一昨日と出られないでしまったので、無理やり行ってきました。
今日は朝一の用事を済ませてからの出撃。
でも、この時期は昼の方が水温が上がってるだろうから、活性が上がってて良いかもなどと思いつつ現地へ。

まずはいつもの落ち込みポイントにと思ったけど、案の定、雪のために車を停められず、そのままもうひとつ思い描いていたポイントへ。
しかし、車が数台停まっていて、なんか先行者の雰囲気が。
それでも、入れる場所が限られるからと思って用意をしていると、フライマンが二人ほど戻ってきた。
挨拶をして様子を聞くと、全然反応がなかったとのこと。
嫌な予感がしながらも入渓。

しかし、川原はまだまだ雪まみれ。
岩の上には身長よりも高く、ごっそりと雪が積もってる。
水のほうはクリアで良い感じの色だけど、水量が少ない。
まだ雪代は出てないみたい。

早速下流側を探ったものの反応無し。
落ち込みのプールなんかも探ってみたものの...
当然ながら流れの中も反応がないので、雪の少ないところを選びながら、小さな流れの浅場をメインに狙ってみる。
しかし反応がない。
以前は、ちょっとした落ち込み下なんかでチェイスが見られたのに、今年はまだ早いのか?
それとも、週末で抜かれてしまったのか?

いろんなところを探りながら上ったものの、まったく魚影がないまま、コースの終盤まで達してしまった。
しかも、ここは大雨の時にだいぶ埋まって、すっかり浅くなっている。
水量がないと水深的にはきついのかも。
ということで反応がないまま、最後の狙いの落ち込み下と大岩のポイントへ。
しかし、ここも埋まっちゃってるんだよなー。
岩前も反応がなく、落ち込みでも反応がなく...
出るに出られぬつかさんからの応援&指導メールに答えながらも攻めてみたけど、まったく良いところなしに終点。
考えてみると、先行者の通った後、時間が短かったのかも。(でも、それでも出る時は出るし、反応くらいはあっても良さそうなのに...)
諦めて移動。

次は、少し下流のポイントに入ってみた。
こちらは、けっこう濁りが入っている。
雪代、出ることは出てるんですね。
クリアな上流に比べて、こちらは濁りが入ってるって事で、ちょっと期待。
しかし、こちらも反応がない。
まったくノーチェイス。
雪代が入ってるってことは、濁りで警戒が薄れる以上に、水温が下がって活性も下がってるのかも...
厳しーい。

その後、二箇所ほどちょっとのぞいてみたけど、そちらも無反応。
諦めて家路につきました。

さすがにまだ早いのか、活性が低すぎるのか、人が入りすぎたのか、いないのか...?(笑)
あの辺は、まだシーズンに入ってないって感じ。
もう少し待つ必要があるんでしょうねー。
とはいえ、いつ始まるかも判らないので、目を離さないでおきたいところ。
他のポイントも気にはなるし、少し通ってみようかなと思いつつ、まだまだ釣れないだろうなーってのが正直なところ。(笑)
当分、苦戦しそうです。(^^;

続きを読む>>
  • -
  • -

岩洞湖公魚倶楽部オフ会

今日は、岩洞湖公魚倶楽部のオフ会。
しかし、10時頃に用事があったので、私は欠席予定。
でも、朝だけなら行けるかなと思って、釣りは無しで、挨拶のためだけに岩洞湖に行ってきました。

今日はA看板前で現地集合ということだったので、直接現地へ。
氷上の様子が心配だったけど、幸いなことにバリバリに凍ってる。
というか、寒い。
晴れ上がって放射冷却だったのか、久々の厳寒の朝だった。

現地に着くと、幹事の角商さんが待ってたので、まずは挨拶。
角商さんは、目印をつくったりと準備万端。
しかし、あとのメンバーがなかなか来ない。
途中のコンビニにで会った、本ボンバーさん、オフサイドさん、アコワゴさん達も、先行していたはずなのに姿が見えない。(笑)
ということで、携帯で催促をかけると、順次集まりだし、皆で氷上で挨拶大会。(笑)
エンジンドリル持参で「穴あけはまかせて」と言っていたタケさんが、遅れてくるメンバーを除いた最後尾で合流し、まずは開会の挨拶。
知ってるメンバーが多いけど、倶楽部員以外の参加もOKだったので、知らない人もいるということで、各自簡単に自己紹介をしてから、タケさんのエンジンドリルと魚探を使って、穴あけ開始。
しかし、さすがにエンジンドリルは穴あけが早い。
簡単で、あっさりと穴が開いていく。
晴れて気持ちの良い早朝の氷上に、エンジンの音が響くー...(笑)
なかなか厳しいポイントで、「あーでもない。こーでもない。ここに反応がある、いやこっちが...」とやりつつも、だんだんと皆のポイントが定まり、順次テントを展開。

最初に準備の整ったタケjrが早速ヒット...と思ったら、ガイドが凍っていたせいか、取り込み寸前にポトリ。
さらに、もう一尾かけたものの、再びバラシ。
その間に、イブパパさんが、無事最初の一尾をあげ、釣りをしない私もワカサギの顔を拝むことができた。

そのころ、かたつむりいとーさんが各テントを回りながら、暖かいコーンスープを配ってくれていた。
うまいー。
厳寒の中、とてもおいしゅうございました。(^^;
かたつむりいとーさん、ありがとう&ごちそうさまでした。

kazuたかしさんからもワカサギの燻製をいただき、爺さんが配ってる日本酒には惹かれたものの帰りの運転を考えて諦め、最後に各テントを回りながら、挨拶をしながら雑談。

ちょうど釣り始めという感じで、まだ準備中の人も多く、釣り方を拝見することができたのはわずか。
ゆっくり話もできなかったのが残念だけど、久々に会う福島組のサラリーマンイワナ太郎さんと、初めて会う浜ちゃんとも挨拶できたし、久々会う方々や、初めて会う方々との挨拶もできたのが収穫。

そして、一通り回ったところでタイムリミットとなり、帰路につきました。
すると、ちょうど湖面への降り口の階段下で、見たことあるような親子連れが...
おー、ハイテク親子さんだ。
ラッキー。
どうにか挨拶だけはできて、ちょうど良かった。

そんなこんなで、厳寒の中、釣りもしない岩洞詣でだったけど、たくさんの仲間たちと久々会えて、楽しい朝でした。
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1