Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

偵察 その4

雨の影響の残ってるうちに入りたくて、早朝からを狙っていたものの、なかなか作業が終わらない。
それでもどうにか朝のうちにかたをつけ、日がカンカンと照りつけ始めた頃に出撃。(笑)
狙いの川はあったものの、別河川のとある大場所が気になったので、そちらから回って、大場所を数個はしごしてから本命河川に行くことに決定。

まずは最初のポイントについてみると、一応車はない。
朝一に入られた可能性はあるけど、まずは入ってみましょう。
水はやや色の入った良い感じの状態。
水量も問題ない。
とりあえず、下流側からすたーと。

しかし、前回と比べ、けっこう流れが変わっている。
数年前の大雨で流れが変わってしまっていたけど、幾分もとの流れに戻りつつある感じ。
メインの流れの水量も戻ってきているし、良い感じかもー。(^^;

ということで、水深のあるあたりに立ちこんで、最初は下流側をクロスとダウンで探ってみる。
すると、クロスで対岸付近に落として躍らせたミノーに早速チェイス。
更にもう一度チェイス。
そこで、対岸の木の前を狙って、ロングキャストでダウンで探ってみてるところでヒット。
水深のあるところに立ちこんでいたので、そのままハンドランディング。
手の中で測ってみると、20cm台前半のヤマメ。
とりあえずボウズも脱出で一安心。

今度は流れの筋を探ってみる。
すると、こちらもさっそくチェイスがみられた。

更に、岸沿いの落ち込み方面にアップクロスでキャストして引いてきたところでヒット。
今度はデカイ。
良い感じのサイズみたい。
バリバリ走り回る魚影を寄せてきたものの、岸近くまで来たところで何度も沖に向けてダッシュ。
かけ上がりの手前からなかなか寄せられない。
強引に寄せるか、それとも立ちこんでネットを出すか?
なんて考えていると、数回目にかけ上がり近くまで寄せてたところで、反転した瞬間にフックオフ。
しまったー。
丁寧にやりすぎた?
後でチェックしてみるとフックも多少甘かったし、良型だっただけに痛恨ですね。(泣)
使っていたフックはシングルだったから、やっぱりシングルではあまり余裕を見ないで、強引め早めに取り込みにかかった方が良いのかも。

気を取り直し、今度はトリプルをつけているミノーにルアーチェンジしてキャスト再開。
しかし、少し探ったところで根がかり。
まいった。
このミノーはおろしたばかりでまだ釣果がないのに。
ということで、悔しいし、根がかりしたのが浅めのところだったので、回収にチャレンジ。

しかし、根がかりしたのは、両側に流れの筋があって、中間で浅くなっているポイント。
手前側は深すぎて渡れないし、対岸側も速い流れと深いところがある。
それでも、落ち込みのあたりの岩付近から行けないものか?
ということで、いろいろチャレンジして、かろうじて回収成功。
しかし、思わぬ時間を食ってしまった。

更に釣り上っていったものの、あまり反応がないので移動。
すっかり時間を使ってしまったので、大場所のはしごはやめ、一気に本命河川に向かおうと思っていたら、途中でひげさんからメールが入り、上流部に入っているとのこと。
ちょっと悩んだけど、とりあえずひげさんと合流してみることにしました。

ひげさんと合流後、探りながら上っていったものの、良さげなポイントも反応なし。
流れの速いある程度水深のある瀬で、ひげさんがまずまずサイズのヤマメをヒットしたのみ。
更に、大場所でも、チビのチェイスがあっただけ。

更に上っていき、岸沿いのちょっと深くなってる緩流帯でチビイワナがヒット。
更にバラシと数回のチェイス。

しかし、このエリアも、この他には、ひげさんが小型のヤマメをヒットした程度。

そこで諦め、ひげさんと別れて本命河川に向かおうと思ったものの、とうとう呼び出しがかかり、そのまま終了することにしました。

それにしても、今日はバラした良型がもったいなかった。
あれで終わってしまった感じ。
更に、期待の本命河川へ行けないでしまったのも残念。
でも、ボウズは免れたし、こんな日もあるでしょう。(^^;
ひげさんは、ルアーテストで良い結果が出たそうだし、まずは良かったのかな?
お疲れ様でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

良型ニジマス

昨日の夕方はかなり強い雨が降ったものの、朝の時点ですでに水位は戻っている状態。
影響が幾分でも残っているタイミングは気になる。
ということで、朝一の仕事を済ませた後で、ひげさんと一緒に出撃。

まずは、先日ひげさんがロストしたミノーを回収に向かいました。
しかし、朝方は曇ってたのに、この頃から晴れてきてしまった。
暑い...(笑)

とりあえず周辺を探ったもののノーチェイスだったので、ひげさんのミノー回収へ。
しかし、沈んだ枝にかけてロストしたという場所に行ってみたものの、ひげミノーは見つからず。
枝ごと流れてしまったのかも。
ということで、諦めてポイント移動。

次はどこに入るか悩むところだけど、大物狙いということで、下流のポイントを見に行ってみました。
まずは水量や水色を見ようということで行ってみると、ちょうど良い感じの増水と濁り。
増水気味なんで、川幅のある流れのキツくないポイントから入ってみることにしました。

まずはどんどん下って、下流側からスタート予定。
しかし、ひげさんは途中で良いポイントを見つけたみたいで対岸方面へ。
私はそのまま更に下ってからスタート。

まずは一番期待の落ち込み下へ。
しかし、今日は水量が多くて流れもきつく、対岸寄りの緩流帯以外はちょっと厳しいか?
ということで、緩流帯にキャストして、落ち込み下の流芯を通してと探ったものの反応無し。
更に、一番期待の落ち込みは良いとして、次に期待の瀬の開きは、水量が多くて入れない状態。
岸沿いのボサ前や大岩周りの深み、開きの大岩脇の瀬など、期待ポイントはロングキャストしても届かない状態。
それでも、行けるところまで立ちこんでロングキャストを繰り返しているうちに、ダウンで引いてきたミノーにヒット。
しかし、コツンと当たっただけでショートバイトでバレ。
うーん、残念。
その他、あまり反応がないので、超アピール系ミノーにチェンジ。

落ち込み下流の瀬も、今日は増水のため流れが速くて、イマイチ反応がない。
それでも、フラッシング効果の高いアピール系ミノーだとどうなのか?
もう一度落ち込み下から探っていきました。

そして、再び緩流帯にキャストし、クロスで流れの筋に入ったあたりでヒット。

これはデカイ。
ドラグを鳴らしながら、一気に下流の沖に向かっていく手ごたえは、かなりの重さ。
今日はけっこうドラグを締めていたのに、一気に沖に走られてしまいました。
更に、このポイントは、今日は流れの筋が太く速い状態。
その奥に潜ってこうとする。
この流れでダウンで強引に引いちゃえば、バラシ確実。
更に、今は歩きやすい小砂利の浅瀬に立ってたから、移動も問題なし。
ということで、岸沿いの浅瀬を移動しながら、魚を寄せる。

無理はできないものの、深い流れにグイグイと潜っていこうとするヤツをそのままにして流れの向こうに入られちゃえば、取り込みはかなり難しくなりそう。
ということで、自分で下ることで幾分余裕を作りながら、ロッドの角度に気をつけながら深みからなるべく引き出すようにと心がけ...
しかし、寄せるたびに、深みにダッシュされる状態。
ロッドはバットから曲がってる状態で、安物ロッドには辛い状態。
さらに、強い流れの抵抗もあるから、腕も疲れてくる。
両手で支えたりしながら下りながら寄せる。
すると、流れの中で白い魚影がヒラリヒラリとしながら暴れている。
これはイワナじゃないし、ヒゲのあるやつじゃなさそう。
「良型ヤマメかー?」「これはバラせないなー」ということで、流れの幾分落ち着く下流まで下りながら寄せる。

しかし、これ以上下ると、深くなってきてヤバイというところまで下ってしまったので、そろそろ取り込む必要がある。
岸沿いの駆け上がりまで寄せてしまうと暴れてバレる恐れもあるから、頭が上流を向いてるのを良いことに、少し後ろに回る感じで立ちこみ、できるだけ頭を出させようとすると、そろそろ疲れも出てきてたのか、どうにか浮いてきてくれた。
数回、潜って走ろうとはしたものの、どうにか浮かせて無事ネットイン。

「おー、ナイスサイズ」
ネットの中の魚は心地よい重み。
ん...?
しかし、落ち着いて見てみると、「あー、パーマークがない...(笑)」
浅瀬に持って行きながらネットの中身を確認すると、尻尾に斑点もあるし、ニジマスでした。

浅瀬で落ち着いたところで測ってみると44cmのニジマス。
尺ヤマメではなかったけど、このサイズのニジマスは初めてだったし、トルクフルな引きは楽しめたし、まずは満足。(^^;
ちょうどポイントが深く速い流れということもあって、かなりの引きを味わえました。
ニジマスらしいジャンプを味わえなかったのは残念だったけど、あのドラグを鳴らしながらグイグイと潜っていく感触と、腕が疲れるくらいの引きは楽しかったなー。

このサイズでヤマメだったらもうお祭り騒ぎだったろうけど、まずは強い引きが味わえただけでも良かったんじゃないかな。
ということで、しばらく魚体を眺めながら休憩してから無事リリース。

もう少しその辺を探りたいところだったけど、キャストを再開した頃から強い雨が降ってきたので、念のため川から上がれそうなポイントまで急いで移動。
ひげさんの姿も見えなかったので、途中のかなりのポイントをスルーして、ひげさんの近くまで移動しました。

再びキャストを再開し、岸沿いの深い流れにクロスでキャストし、駆け上がりまでダウンクロス気味に引いてきたところで、チェイスしてきた魚影が見え、一瞬ミノーを躍らせたところでヒット。
しかし、ショートバイトですぐにフックオフ。
うーん、残念。

更に上っていき、対岸方面の浅いけど複雑な流れにキャストしたところでヒットしたものの、ジャンプ一番フックオフ。(笑)
どうもバラしたのは皆ヤマメっぽかったけど、皆ショートバイトで突っついてきただけって感じ。
でも、せっかくのチャンスだったのにもったいない。

そうこうしているうちに退渓点に近づき、暑さと水量ある流れで疲れていたこともあって、その上流には向かわずに川から上がることとしました。

その後は、冷たい飲み物を入手してから、休憩ポイントに向かい、しばしひげさんと雑談タイム。

お互いの今日のヒットの話や自作ミノーの話、ポイントの話や大物の話としばらく話し込んでから帰路につきました。

今日はヤマメじゃなかったのは残念だけど、まずは大物が釣れて楽しかったー。
あのニジマスが釣れたポイントは、以前も大物をかけた後、フックを伸ばされてバラシたポイント。
ひげのあるお魚さんじゃなくて良かったー。(笑)
もしかしたら、バラしたのも、ニジマスだったのかも。
今日は太めのシングルフックを使っていたけど、バレなくて良かったなー。
疲れたけど、まずは楽しめた釣行でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

偵察 その3

明け方、強い雨が降ったりしたので出撃しなかったものの、ホームリバーはそれほど影響がなかったみたい。
ということで、昼前くらいから出撃してきました。

最近は下流部での釣りが多かったけど、ここしばらくの増水傾向で魚が移動している可能性もあるので、今日は上流方面の状況チェックを目的に、いろいろ歩いてきました。

まずは、中流のポイントから入渓。
しかし、水はかなり引いていて、平水って感じ。
濁りもなく、やや色がついているって程度。
こうなると最初の瀬は反応がでない。
そのまま上っていき、上の落ち込みを探ると、こちらはちょうど良い水量なんだけど、どうも反応がイマイチ。
やっぱり淵が埋まって浅くなってるせいかもなー。
更に、上の方まで上っていったものの、そちらは水量も多めで良い感じなんだけど反応なし。
しばらく探ったところで諦め、もう一度途中の落ち込みに戻ってアピール系のミノーで攻めたところでヒット。
ちょっと小さめのヤマメ。
とりあえずボウズは脱出したものの、ここでこのサイズはいただけない。
この時期ならもう少し良いサイズが出て欲しいところだなー。
その後は反応がないので移動。

次は水量を見たくて一気に上流のポイントへ。
まずは堰堤に向かい、堰堤下を探ったものの、たたき付近は反応なし。
そこで下流の深瀬をダウンクロスで探ったところでチェイスが見えてすぐにヒット。
一気に泳いで駆け上がってくる魚影はヤマメ?
ここでは珍しいなー。

暴れる魚影を強引にならないように気をつけながら寄せて無事ネットイン。
浅瀬に持っていって測ってみると27cm。
やっぱり先日の泣き尺と比べると、明らかに魚体が小さい。
たった数センチの差なのに、こんなに違うんだなーと思いつつも、25cmくらいとも明らかに違う大きさなので、まずは満足かな。(^^;
浅瀬に下ろしてやったところで一気にジャンプして岩を超えて逃げていき、さすがにこの時期の元気さを見せてくれた感じ。

続けて下流側の落ち込み下を中心に探ったところ、2回ほどタッチしただけという感じのアタックがあったものの、ショートバイトでフッキングしなかったって感じでバレ。
後は反応がないので上の区間に向かったものの、そちらは水量が落ち着いて濁りも少ないので反応なし。
しかし、この辺は増水の跡が伺える。
先日はかなり水が出たんだろうなー。
ということで、反応がイマイチなので移動。

次は、先日から入りたいのに先行者がいて入れなかったポイントに入ってみた。
最初のあたりはしばらく反応なし。
渓相も、以前の雰囲気は残っているものの変わっている。
でも、ここはじっくり攻めれば出そうな感じだなー。
落差があって流れも速いけど、休憩場所を見つけられればついてそうな感じ。

しばらく上り、早い流れの瀬の中で、岩の後ろをダウンクロスで通したところでヒット。
最初は何かに引っかかったかな?って感じだったけど動いてくる。あまり重くないところを見るとサイズはそれなりか?
なんて思いながら寄せると、あまり大きくないイワナ。
イワナならもう少しサイズが欲しいところだけど、あの速い流れの中から出てきてくれたから良しとしましょう。(^^;

更に上っていき、上のプールを目指したものの、またまた渓相が変わってしまっていた。
岸沿いの流れが掘れて深くなり、広かったプールには水が入らなくなったみたいで、すでにプールとは言えない状態になってしまっていた。
こうなると、流れの速い深瀬ではあるけど、大岩が少ない分、魚はつけるのか?という感じ。
さらに、プールがなくなり、境の緩流帯につくという条件もなくなってしまっている。
残念。
案の定、探ったものの反応無し。
更に、上の岩周りの複雑な流れと、その下の開きもなくなり、条件は悪化した感じ。
攻めてみたものの反応がないので、上の瀬に上っていったものの、そちらも川幅が狭まり流れの強弱がなくなり、一気に下るような落ち込みになった感じで、魚のつき場的には厳しそう。
そんな強い流れの中でもイワナが出てきてくれたものの、サイズはそれなり。
期待していた大物は反応なし。
上の落ち込み下も期待してたのに反応がないので、諦めて移動。

今日はまだ一箇所で車が2台いた他は釣り人を見ていない。
天候を見て諦めた人が多かったのかな?
なぜだろう?

しかし、やっと次のポイントで先行者のフライマンと接触。
支流の方だけ入るということなので、私は本流の方に入ってみた。
まずは、下流側から入ってみた。
しかし、下流の対岸ボサ前で1チェイス、支流の出合いで1チェイスあったのみ。
水量はそこそこあるし、やや色も入ってるし、良い感じなんだけどなー。
そのまま釣り上っていったものの、出合い上も反応なし。
更に上っていって、対岸ボサ前に深瀬があるポイントでクロスでキャストし、下流でU字を切らせたところでヒット。
しかし、出てきたのは期待していた良型ヤマメではなく、あまり大きくないイワナ。
ここしばらく水量があって、ヤマメが入ってそうなんだけど、どうも反応はイマイチ。

そのまま釣り上り、途中の平瀬を探りたかったものの、ボサの酷さにスルーして上の大場所へ。
しかし、大場所でもチビヤマメがかかったのみ。
疲れも出てきたのでそこで諦め、川からあがりました。

今日は、けっこう歩いたなー。
しかし、その割りに釣り人に会わなかったのは何故だろう?
朝の雨の影響を考えて、出てこない人が多かったのかも。
チャンスだったのに、あまり良い成果が出なかったのは残念だけど、その分たっぷり釣りできたかな。
上流部の傾向もなんとなくわかったし、成果はあった一日だったかもね。
しかし、疲れたー。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

惜しいなー

今日は出ない予定だったんだけど、まめむしさんから連絡があったので急遽出撃。
まずは、まめさんと合流する前に、途中の川の様子を見に行ってみました。

現地に着くと、今日もまだかなりの濁りが入って増水中。
流れ込みの方が濁りが薄いみたいで、その下流はの岸沿いに色が違う筋がある。
そこで、なるべく奥までロングキャストし、濁り少ないあたりから境目を狙う作戦。
少し立ちこんだ状態でクロスでロングキャストをし、濁りのないエリアから濁りの混じるあたりまで流して引き出したあたりでヒット。
濁りの中でよく見えないけど、この走る感じはヤマメか?
寄せてくる途中もローリングを始めたりと、まずまずサイズの感じ。
岸までだいぶあるので一応ネットインして、無事キャッチ。
20cm台中盤のヤマメだったけど、この濁りの中でのまずまずサイズで一安心。(^^;

無事ボウズを免れたところでまめさんに連絡してみると、すでにポイントに入るところということで慌てて合流。

昨日のポイントで合流したけど、水位はやや落ちてるものの、濁りはまだきつい状態。
昨日の再現を狙いつつ、キャストを繰り返したものの反応無し。
しばらく粘ったものの反応がないので、先に行ったまめさんを追いかけて行き、遠方に無事発見すると、ちょうど尺イワナをネットに入れたところだったみたい。

そこで、離れた位置で私もキャストを再開していると、再びまめさんにヒット。
今度のも良いサイズみたい。

後で聞くと、強い流れの脇のあたりにアップで投げていてヒットした瞬間、ドラグを鳴らしながら一気に走られたそうで、流芯に入られないようにロッド操作をして寄せたものの、下流側に下られてしまったとのこと。
下流へは移動できない立ち居地だったので、その場でロッドを操作し...

私も近づけない位置関係だったので遠くから見ていると、ロッドを寝かせて向きを変えながら操作しているものの、ロッドはバットから曲がっている状態で、なかなか寄ってこないみたい。
「あの曲がり具合は、なかなかのサイズだよなー」なんて思いながら見ていると、突然頭を抱えてしゃがみこんでしまった。
「バラシちゃったみたい...」

ドラグも締めてもまだ出される状態で、下流に入られた後、寄せようと思ったものの、ロッドはバットから曲がってる状態で、ロッド操作でコース誘導程度しかできない状態。
ロッドパワーが足りないのかなかなか寄らず、どうにもならない状態で、わずかに見える魚体は、シェイク、シェイク、首を振っているせいか、上に上ってきてくれない。
そうしているうちに、強い流れの影響か、ラインブレイク...お気に入りの自作ミノーごと流れの中に消えて...という状態だったらしい。
魚影をしっかり確認できなかったものの、首振りの感じはヤマメっぽかったらしく、スーパーヤマメの可能性大という感じ。
もったいないー。

すっかり気落ちしたまめさんだったけど、気を取り直すと一気に火がついたみたいでリスタート。

少し探ったところで私は上流部を覗きに行ったものの、水量も多く濁りも強く、勝負にならない感じ。
そこでもう一度下っていくと、途中で再びまめさんと合流。

そのまま入渓し探り出してすぐに、まめさんがヒット。
瀬をアップクロスで探ったところでヒットしたのは、これまた良型のイワナ。
35cmくらいありそうなイワナを寄せたものの、岸近くの岩のあたりで暴れられたところで再び...ラインブレイク。

もったいない。
尺イワナももったいないけど、2個目の自作ミノーのロスト。
ラインチェックはしていたということだけど、その4lbのラインは、大物相手ではけっこうギリギリなのかも。
流れが強かったり変な負荷がかかると、ラインブレイクの恐れはあるんでしょうね。
ということで、懲りたまめさんは、5lbのラインを買いに走ることになるでしょう。(笑)

私もどうにか小型のイワナを追加し、上流に移動するというまめさんと別れ、私は下流方面へ。
途中気になったポイントに寄ってみて、落ち込み脇の緩流帯を狙ってキャスト開始。
すると、流れの境にキャストしてダウンクロス状態で引いてきたところでヒット。
今後も小型のイワナ。
もう少し上流に移動したかったものの、水量も水勢も濁りも強くて諦め、最後のポイントに移動。

しかしそちらも水量が多くて狙いのポイントには入れない状態。
反応もなかったので、そうそうに諦め、帰路につきました。

今日は最初のヤマメは良い感じだったけど、後は反応がイマイチ。
逆に、良いポイントに入ったまめさんは、良型連発だったものの、大物は全てラインブレイクでバラシ。

やっぱり帰りに5lbのラインを買いに釣具屋に寄ったそうだけど、大物はあのラインの4lbだと厳しいのかもねー。
同時に、今のまめさんには、あのロッドだと柔らかすぎるのかも。
「ロッドパワーももっと欲しい感じ」なんて話をしてたんで、そのうちニューロッドが拝めるのかな?(笑)

大物ヒットがなかった私に比べ、手ごたえが味わえただけ良かったと思うけど、自作ミノーの連続ロストとキャッチできなかった精神的痛手は相当だったでしょうね。
お疲れ様でした。
ま、狙いは正しかった訳だし、次回があるということで、またご一緒して頑張りましょう。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

イワナの日

ひげさんから連絡があったので急遽出撃、ご一緒することにしました。

19日にかなりの雨が降り、増水と濁りもかなりのはず。
となると、魚は緩流帯や深みに集まってるはず。
そして、減水に合わせて上流へと向かうはず。
ということで、目的ポイントを設定、まだタイミング的には早いかなと思いつつも現地に着くと、かなりの増水で濁りもきつい状態。
普段なら細い流れの分流も、けっこう水量がある状態だったので、そちらを探ったところで早速ヒット。
そこそこサイズのイワナだけど痩せてるなー。
そして、対岸の流れを探りながら下っていき、中州の下流側を探ったところで再びヒット。
今度もイワナだったけど、ちょっと小さめ。
本当は更に下流に下りたかったところだけど、水量が多くて戻りが心配なので自粛。
対岸を探りながら上ったものの、そちらは流れが速すぎるのか反応がないので、一旦川から上がって、上の大場所の下流に入りなおしました。

再入渓し、下流側の岸沿いの緩流帯を探ったところでヒット。
暴れまわる魚影は丸々と太ったナイスサイズのヤマメ。
しかし、下流側に走られた後、ダウンを強引に引いてしまってバレ。
またやってしまった。
しかし、ポイント的には下流に走るのは難しいところだし、もっとゆっくりさせてから、更にゆっくりと寄せれば良かったのか?

その下流では、川通しで上ってきたひげさんが尺くらいのイワナをヒットしていた。
ナイスサイズ。(^^;

気を取り直し、上流側を攻めだすと、岸沿いで再びヒット。
今度はあまり大きくないイワナ。
それでも、とりあえずバラさないだけマシか...(笑)

その上のは反応がないので、ポイント移動。
次に入ったポイントは、かなり濁りが強い感じ。
水量も多いので、まずは瀬の開きのあたりから攻めだした。
すると、しばらくキャストした後、クロスで引いてくる途中でヒット。
今度はまずまずサイズだ。
あまり急がないように気をつけながら寄せると、どうやらイワナ。
流れの中に入っていたのと、増水で岸が遠かったため、一応ネットを出して無事ネットイン。
岸に持っていって測ってみると、32cmとどうにか尺のイワナ。
しかし、なんか色が薄いなー。
この辺では良く見るけど、川の色の関係なんだろうか?
あまり太ってないし、ここしばらく餌不足なのかも。
写真を撮ってリリースした後、キャストを再開したものの、その後は反応なし。

そうこうしているうちに、まめむしさんが登場。
少し上流に移動して釣り始めたものの、私はタイムリミットが近づいてきた。
別れの挨拶をしているところで、ひげさんにヒット。
ロッドの曲がりからして、良型が予想される。
少し帰りを遅らせて取り込みを拝見。
無事ネットインしたのは、40cmのイワナ。

この濁りが強く押しの強い早い流れの中でのヒットはさすがひげミノー。
というところで、タイムリミットを越えかけてたので、一人お先に撤収。

その後、まめむしさんも泣き尺ヤマメをヒットしたりと、条件の割りにまずまずの釣果だったらしい。

条件的には厳しかったけど、とりあえず尺イワナも出たし、ナイスサイズも見れたので、楽しい釣行でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

またしても泣き尺

ここ数年は空梅雨だったけど、今年はここしばらく梅雨らしい天候が続いている。
おかげでホームリバーも水位が高止まり状態。
雨が降って増水した後、水の引くのが遅くなってきていて、この分だと、濁りは取れてるけど水量があるという最高の状況になってそう。
気になるなー。
ということで、一段落ついたあと、夕方から偵察に行ってみることにしました。

現地に着くと、水色は最高。
濁りはなく、やや色がついているって状態。
水量はかなり多めだけど、この分だと魚も動いてくれてるかも。

まずは、気になる大場所からスタート。
しかし、今日は水量が多すぎ、このポイントはちょっと厳しそう。
しばらく探りながら釣り上ったものの、全然反応がない。
流れが速くて、魚がついてないのか、それとも底についてるものの、浮いてこないのか?
水が多いのは魚にとっては良いのだろうけど、私は苦手だったんだよなー。(笑)

こう水量が多いと、期待は流れの緩いところ?
岸沿いの浅瀬があるポイントや、開けた場所が良いかな?

そのまま上っていき、開けたポイントに入ったところで、流れの筋にクロスでキャストして下流でU字をきり、近くまできたところでチェイスしてきた魚影が見え、一瞬のアタリ。
しかし、乗らず。
ガツンとぶつかった感触と、追ってきた魚影が見えたものの、フッキングせずに帰っていってしまった。
無念。
まずまずサイズのヤマメみたいだったんだけどなー。

更に探っていると、対岸にキャストしたミノーが岸沿いの浅場で根がかり。
水量があるので厳しいものの、浅場を探してどうにかこうにか対岸に渡河して回収。
更に周りを探った後、対岸よりにあった流れの筋の深くなってるラインをダウンで探ったところでヒット。

キビキビと走り回りローリングをする魚影はヤマメでしょう。
まずまずサイズっぽい。
珍しく慌てずに、無理しないで寄せたものの、寄せては走ろうとする魚影をいなすという感じで、ロッド操作に気をつけながらしばらくやり取りを楽しみ、最後は無事ネットイン。
「お、もしかして?」
幅広なヤマメはもしかして尺?(^^;
しかし、浅瀬に持っていって計ってみると、またしても泣き尺の29cm。
ほんと、伸ばしたかったけど、前回のギリギリサイズに比べれば、今回はジャスト29cmで、1cmの差は大きい。
「まただー(泣)」と言いつつも、良型の感触は十分味わえたので満足かな。(^^;

その後は反応もなく、夕暮れが近づいてきたので諦め、退渓ポイントを目指して更に釣り上っていきました。
すると、退渓点手前の浅場で、今度はアユが背がかり。
しかし、10cmちょいと、まだまだ小さい。
ベイトフィッシュに最高かも。
「ヤマメ君、早くでかくなれー」と言いつつ、川から上がりました。

今日は水の感じの偵察がメインと思ってたけど、思わぬ釣果で泣き尺ヤマメが釣れました。
あと1cmがなかなか出なくて泣き尺の連続ってのはちょっと残念だけど、少なくとも良型ヤマメが釣れてるのは良い傾向。
今日は引きも楽しめたし、やり取りも楽しめたし、まずは良い偵察ができたかな。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

大会本番...完敗

予定時刻よりも早く目が覚めて着替えをしていると、今日の案内をお願いしていたjts33さんがすでに来ていました。
慌ててやなさんを起こそうと思ったら、やなさんも起きていたので、とりあえず朝一の入渓ポイントへ向かいました。(大会受付は前日にすでに済ませていたので、後は夜が明けるのを待つだけ)

とりあえずポイントに着き、後は夜が明けるのを待ちながら準備。
そして、明るくなってきたところでキャスト開始です。(^^;

私は流れが集まって筋になって落ち込み、その下流は水深のあるトロ場というポイント。
落ち込み上流の瀬もチャンスかも。
まずは、下流側から探り出しました。

しかし、どうも反応がイマイチ。
少したつろ、所々で小さなライズがあったものの、深場は水の色が濃すぎてちょっと厳しいか?
しばらくルアーチェンジをしながら探ったものの反応がないので、本命の流れの筋などを探りながら上りだしました。
そうこうするうちに、落ち込みの途中でチェイス。
尺前後のヤマメだと思うけど、流れの筋から追ってきたものの、手前のカケアガリの上まで来たところでピューと逃げていって終了。
後は反応がないまま上の瀬へ。

しかし、そちらも反応なし。
根がかりでお気に入りミノーをロストしただけで、魚影を見ることなく、上流に入っていたやなさん達と合流。
ちょうどそちらでは、良型のチェイスがあったということだったけど、やなさんとjts33さんと私で入れ替わりながら探ったものの、もう出てきてはくれないみたい。
ちなみに、jts33さんさんが上流で尺イワナを出し、やなさんもチビヤマメを釣ったとのこと。
まずい、私だけボウズだ...(笑)

一旦移動という事で少し上流へ移動。
前日気になったポイントに着いてみると、「ゆうちゃん・じゅんちゃんペア&ガイドをお願いした晴れのち曇りさん」も上流に見える状態。
そのままポイント前で話をしていると、対岸ギリギリにキャストを繰り返していたゆうちゃんにヒットー。(^^;

ロッドの曲がりを見るとかなりの良型。
慌ててギャラリーが集まっていくと、反転しながら沖にダッシュする魚影は、良型のサクラマスみたい。
その後は、ギャラリーの前でのゆうちゃんのワンマンショー。(笑)
何度もダッシュを繰り返すサクラをいなしながら寄せ、無事ネットイン。
岸沿いに持っていって測ると、61cmの見事なサクラマスでした。
さっそく、サクラマスとゆうちゃんを中心に、皆で記念撮影。(笑)
しかし、さすがゆうちゃん、とりなれているので、余裕のランディングでしたね。
タックルは、SOULSのエクスプローラー60LとABUのカーディナル33、サンヨーナイロンGT-R5lbで、使用ルアーはSOULSのバラット6とのこと。
さすがですね。
しかし、バラット6をロスト覚悟で対岸の茂みギリギリまでキャストする勇気がないと、出てこないんだなー。(笑)
良いものを見せてもらいました。(^^;

その辺を更に探ったものの反応がないので、一気に上流に向かってみました。
しかし、いたるところに先行者がいて、なかなか入る場所がない。
ま、大会参加者が散らばってる訳だし、その他の釣り人もいる訳だからしょうがないか。
空いてる場所もすでに叩かれた後だろうけど、とりあえず見つけた大堀橋周辺に入渓。

私は橋下流から探ってみたけど、良い感じのポイントなんだけど反応なし。
そのまま上流に向かってやなさん達と合流すると、やなさんが尺イワナを出したとのこと。
さすが。(^^;
しかし、その後は更に探ったものの反応がないので移動。

次は、中里川出合い付近に入ってみました。
しかし、こちらも反応が...
チビのチェイスはあるものの、良型の姿は見えないし、チビすら追ってくるだけ。
上の堰堤まで探ったところで時間も残り少なくなってきていたのでギブアップ。
とうとうボウズのまま終了ということでウェーダーを脱ぎ、管理棟に向かいました。

その後は管理棟で閉会式。
一緒に釣りをしたjts33さんとやなさんがイワナ部門で優賞と準優賞。
ゆうちゃんが外道賞1位(サクラマス)でじゅんちゃんも外道の3位(ニジマス)ということで、皆さん立派な成績ですねー。(^^;
その中で釣れない私は腕の差を実感してしまいました。(笑)

そんなこんなで楽しい二日間でしたが、いろんな人とも会えて話ができたし、交流も広がったし、行った価値はあったかな。(^^;
帰り道が眠かったし、無事帰宅した後はグッタリと疲れていたけど、楽しい大会でした。(^^;

P.S.
私が遠征している間、地元の仲間達はけっこう良い思いをしたみたい。
雨の影響が残っていたものの、まずまずの週末だったんでしょうね。
その中でボウズを食らった私はちょっとショックー。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

決戦前日

明日は「第一回 奥入瀬川ネイティブトラウトフェスティバル」の日。
この釣り大会は、対象魚はヤマメ部門とイワナ・アメマス部門で、ルアーとフライを使って、一尾の最大サイズを争う大会です。
最近奥入瀬川は、魚道整備や環境整備、鮭調査とか、漁協と役所と釣り人その他でいろいろ頑張ってるみたい。
釣り仲間のJUN君の会社が主催という事もあるし、応援のためと、いろんな人と会えるのを楽しみに参加することにしました。

しかし、奥入瀬川には去年、やなさん達と2回ほど遠征したものの、2回とも雨が降って本流は泥濁り。
どうもこのメンバーの中に雨男がいるみたい?(笑)
支流では楽しんできたけど、本流ではまだ釣りしたこともない状態なので、どこをどう攻めたらいいかも想像がつかない状態。
ということで、先乗りして偵察してから本番に臨むことにしました。

ここしばらく東北は雨がよく降ってます。
数年ぶりにまともな梅雨という感じ。
本来ならうれしいところだけど、現地はどうなんだろう?
一応事前情報ではそんなに雨は降らなかったとのこと。(盛岡はかなり降りました)
ということで、早朝から行くのは諦め、先発隊(やなさん夫婦と私)もゆっくりと出発することにしました。

ちなみに、やなさん軍団?(笑)は、ダブル“ゆうちゃん”(私=Yuuとやなさん弟)とダブル“じゅんちゃん”(やなさんの奥さんと弟君の相棒)そして“やなさん”というメンバー。
どうも同名が多くて混同しそう。(笑)
おまけにいつもは青森のじゅん君も含め、とりぷるじゅんちゃん状態か...?(笑)
まずは、先発隊は朝の普通の時間帯に出撃で、後発組みは夜着の予定です。

途中でやなさん夫婦と合流し、一路北へ。
しかし、途中で見た川があまりに良さげだったのと、別に焦って早く行くこともないということで、ちょっと寄り道。

入ったポイントは、やや濁りが入ってる感じで、深みは底が見えないけど、浅いところはクリアに近い感じ。
良い感じだーと言いつつ、最初の深みの下流から攻めたものの反応なし。
しかし、上流の流れのある瀬のあたりでは、やなさんに反応があってバラシたとのこと。
まずまずサイズのヤマメだったみたい。
そのまま上っていくと、やなさんが再びバラシ。
しかし、それ以外の反応があまりない。
魚影が濃くないのか、つく場所が限られているのか、たぶん両方だろうなー。
水が出た後かもしれないし、魚がまだ落ち着いていないのかも。
釣りは初めてというじゅんちゃんに「是非ともヤマメを見せたいよね」と言いつつ上っていくと、大岩にぶち当たって流れが曲がっている落ち込み下で、やなさんがヒットして、今度こそ無事キャッチ。
まずまずサイズの綺麗なヤマメ。
良い感じですねー。

しかし、その上は川通しでは上っていけないようだったので、そこで引き返し、再び目的地の奥入瀬川へ。

そのまま走り、まずはじゅん君の「十和田フィッシングパーク」へ無事到着。
わかりやすい場所で問題なく到着できました。
まずは、造成中のFPを見せてもらってから一旦昼飯へ。
市内ですごいボリュームの豚丼を堪能し、それからやっと川の偵察へ。

まずは、六日町新橋下流から入渓。
水量は落ち着いているみたいで、濁りもやや色がついている程度。
最高の状況みたい。
下流側を探っている私のやや上流のテトラの前でやなさんが早速ヒット。
尺オーバーの戻りヤマメか?
しかし、取り込み寸前に落としてしまったそうな...(笑)

その後は...反応がない...
小さいのから大きいのまで、ところどころでライズしているのだけど、なんか追ってこない感じ。
あたり一体を探った後、上流を見に行ってみました。
川原を走ったり、土手を走ったり、川の様子やポイントの様子をチェックしながら上流へ。
更に、一旦川から離れて、更に上流も見に行ってみました。
一応雰囲気を見たという事で、一旦十和田FPへ戻ると、別な大会参加者達が続々と集合中。
その後は事務所内でワイワイと釣り談義やら自作ミノーを見せてもらったりと大盛り上がり。(^^;
自転車アングラーで有名なラグ坊君とも会えたし、すぐお隣のMatさんとか、いろんな人と話ができて楽しかったです。
更に、その後チャップさんが到着した後は、市内の中華の店で懇親会。
チャップさんの体験談やら地元の人の話とかを聞きながら夜はふけていく...(^^;

そのうち大会受付時間になったので、受付場所の管理棟に向い、後は川原で車の中で仮眠...

大会本番へ続く...
続きを読む>>
  • -
  • -

モーニング その2

昨日の朝にかけてそこそこの雨が降り、川は久々の増水。
とはいっても、極端な増水でもないみたいだったので、今朝はギリギリ狙えるかどうか?
そして、夕方からまた雨ということだったんで、思い切って早朝のみ行ってきました。

今日の持ち時間は、帰りを考えると6:30タイムアップ。
ということで、早めに現地に向かい、明るくなるのに合わせて入渓。
しかし、まだちょっと早かったみたい。
水量はそんなに多くはなく、ちょっと多め程度。
しかし、かなり濃い目の色がついているというか、泥濁りが取れかかっているというか...
水深のあるところは色が濃すぎるし、落ち込み下や深瀬は厳しいかな。
水量が多めということで、流れの筋もキツすぎるかも。
案の定、瀬の流れの筋や、水深のある平瀬は反応なし。
こうなると、岸沿いの浅瀬の緩流帯しかチャンスはないかな?
そこで、派手系のフローティングミノーを使い、流れとゆるくなる手前岸の浅瀬との境にアップクロスでキャストし、トゥイッチを入れて躍らせながらも、なるべく見せる作戦へ。
すると、一旦目の前を過ぎ、下流側でU字を切って引き出してすぐにヒット。

「お、居ましたねー(^^;」
まずまずサイズのヤマメがかかってる。
寄せてみると、20cm台中盤のヤマメ君で、テールフックに食いついていた。
厳しいかなーと思ってたところでの釣果で、とりあえず一安心。(^^;

しかし、石の入ってる瀬や落ち込みは反応なし。
落ち込み下の緩流帯や深瀬でも反応がない。
やっぱり濁り(というか色)がキツくて、魚からよく見えないのかも?
もう少したって日が出てきてから(予報では晴れだったのに、結局曇りで日は出なかったけど)とか、もう少し時間がたって濁りが薄くなってからだと、チャンスかもと思いつつも、タイムアップまで時間もないので諦めて移動。(昼頃だと良かったかもなー)

次は、濁りの少ないはずの支流へ入ってみました。
現地につくと、落ち込みなどはやや色が濃いめなものの、十分勝負できそうな雰囲気。
岸沿いの草は倒れていたから一時は増水したんだろうけど、水量もすでに落ちて、そんなに多くない状態。

とりあえず、流れの筋とその周りの緩流帯と攻めながら上っていった。
しかし、肝心の良さげなポイントで根がかり連発。
ミノーを変えれば良かったんだろうけど、なぜかシンキングミノーを使い続け、良さげなポイントはつぶしまくり。

反応もイマイチのまま、あまり深くない平瀬で、やっとヒット。
今度は小さめのイワナ。
納得はしてなかったけど、時間も押してきたので、上の落ち込みを探ったところで終わりにしよう。
願わくは良型が...と思ったけど、残念ながら反応なし。
「いないのか、出せないでるだけなのか?」
「たぶん、出せなかっただけだろうなー」
そう思いつつも、この増水では刺してこなかったのかもって気もする。

そうこうしているうちに予定時間の6:30になってしまったので、諦めて帰路につきました。
本当は、午後が良かったのかもなー。
昼くらいから入りたかった気はするけど、そうもいかないので朝だけ釣行。
なんか残念で心残りって感じ。
とはいえ、まずまずサイズのヤマメも出せたし、とりあえず行った甲斐はあったかな。
そんな、ちょっと中途半端な気持ちも残る釣行でした。
続きを読む>>

大混雑

昨日は良い思いをすることができたけど、つかボンさんから連絡があり、昨日のポイントに興味津々ということで、ご一緒してくることになりました。

昨日、良い思いをしたポイントは、アユ区間の途中。
今日からアユ解禁ということで、今日は人ごみが予想される。
鮎師達が入る前に、下の落ち込みと中間の瀬と上の落ち込みを探りたいところ。
しかし、現地に着くと、解禁日ということで、アユにしては早い時間なのに、すでに先行者が入っていました。

瀬の下流側に居るので、下の落ち込みと瀬はパスかと思ったら、鮎師は下っていったので、瀬からは始められそう。
ところが、準備している途中に、続々と鮎師の車が到着。
最初の瀬に入ってみたものの反応がなく、鮎師に上の落ち込みに入られたら元も子もないので、瀬の攻略はストップして、上の落ち込みへ。

しかし、昨日攻めたばかりのポイントだし、たぶんあの後も人は入ってるだろうし、ということで、反応はイマイチ。
苦戦しているつかさんが上の落ち込みを攻め始めたところで、私は秘密兵器2を投入。
ディープじゃないけど激烈アピールミノーを、大岩の下流にキャストし、引き始めたところでヒット。
やばい、先に釣っちゃった。(笑)

ヒラリヒラリとしながら暴れる魚体を寄せ、頭を出させてから一気にズリ上げ。
20cm台中盤のヤマメでした。
アベレージサイズのヤマメだけど、パーマークが縦長で良い感じのヤマメ。(^^;
とりあえず、まともサイズでボウズ脱出で一安心。
...と、違った。
今日はつかさんに釣ってもらうんだった。(^^;

しかし、昨日の今日のせいか、後は反応がない状態。
おまけに、上下共に、鮎師達が列を作っていて、移動の余地もなし。
ということで、しばらく攻めた後、諦めて移動。

鮎師達がいるエリアは、もうお祭り状態。
解禁日ということでしょうがないんだろうけど、入る余地はまったくない。
おまけに水が少ないし、厳しいなー。

一応上流域に行ってみたものの、水が思いっきり少なく、流れも弱く、クリア。
まったく魚影を拝めないまま移動。

次は、つかさんが入れる場所ということで、ポイントを教えるのも兼ねて入ってみたものの、こちらも水が少なく厳しそう。
結局、つかさんが外道2連発しただけで、「マイッター」ということで移動。

こうなると、中流以下は鮎師に占領されてるし、上流は水がないし、厳しい感じ。
半分諦め気分で、様子見に寄ったポイントにそのまま入渓。

すると、流れのある瀬を攻めていたつかボンさんにヒット。
寄せると、模様の綺麗なヤマメ。
綺麗な魚体に思わずニッコリ。(^^;

そこで、私は下流側に移動してみると、小さな落ち込みの筋でヒット。
簡単に寄ってくる魚体はサイズはイマイチだけど、とりあえずこの辺にも魚が居るんだなー。
ということで、寄せてみると、小さめのイワナ。
しかし、後が続かず、入渓点の上には餌釣り師が入っていたので、しばらく探ったところで終了。

次が最後ということで入ったポイントも、水がない。
浅くてクリアで流れも弱い。
私は水に入って対岸の深みを探りに行ってみたものの反応なし。
と思って振り向くと、つかさんが、護岸の上から何かをヒットしていた。
慌てて寄っていきネットイン。
無事キャッチしたのは、まずまずサイズのイワナ。

これで二人とも1ヤマメ・1イワナ。(^^;
上側も少し探ってみたものの、水もないので諦めて終了、後は一路温泉に向かい、一汗流して帰路につきました。

つかさんに良型を釣らせることができなくて申し訳ないけど、あの水量とあの人ごみじゃ、ご勘弁くださいって感じ。(^^;
逆に、あの状況でボウズじゃなくて良かったなー。
次回は、雨の後、活性が上がったところでご一緒しましょう。(^^;
お疲れ様でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -
1/2 >>