Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

尺ヤマメ二連発

最初に書いちゃうけど、自分が釣ったんじゃありません。(笑)
今日はガイドで大成功の日でした。(^^;

昨日の午前中を中心に良い感じで雨が降りました。
しかし、久々の雨ということで、一気に水は引き、夜の時点ですでにかなり水位は戻ってしまったみたい。
雨の翌日ということで勝負になるか心配だったけど、このぶんだと水位は問題なし。
濁りがどの程度残っているかが問題だけど、これもたぶん大丈夫でしょう。
ということは、久々の絶好の条件かも。

昨夜、そんなことを考えていると、まめむしさんから久々出たいとの連絡があったので、ご一緒することになりました。

どこに入るかは、昨晩の時点でほとんど決めてました。
先日尺ヤマメを見たあの深瀬は、人の多さを考えると厳しそうなので「可能性があるとしたら濁りの入った日の早朝」。
今朝は、めったにない条件通りの朝。
ということで、まずはそこから入渓。

下流側から入ると、濁りはやや残っていて、水量も平水より少し高い程度。
流れもきつすぎず、やや色が入って、絶好の条件。
そのまま目的の落ち込み下の深瀬に近づいていくと、早速まめさんにヒット。
「おっ、デカイ」
グリングリン暴れる魚体を無事ズリ上げ成功。
測ってみると、30.8cmの尺ヤマメ。

「おー、早速案内した成果が出てくれた」
「Yuuガイドサービス成功です(笑)」。

ポイントは、先日私が尺ヤマメを見た場所、そのものズバリ。
対岸の上から見た時は、底じゃなく少し浮いていて、すぐに漂うように移動してしまったけど、やっぱりあのヨレから出てきたそうだ。

まめさんのミノーは自作の特別仕様モデルで、重めで潜るタイプ。
流れの中で沈めるためにそれをチョイスし、対岸沿いのヨレ方向にキャストして3投目を、猛然とチェイスしてきてヒットというシュチュエーションだったらしい。
追ってきたヤマメにどうにか食わせるタイミングを作ってヒットと、サイトフィッシング的な面白さがあったみたい。
そして、釣れたヤマメはやや細身だけど、はっきりとパーマークのある綺麗な雄の尺ヤマメ。
最高ですね。(^^;
開始直後だけど、尺ヤマメが出たんだから、ガイドは成功でしょう。(^^;

そのまま上っていき、次の期待ポイントは落ち込みの上。
「前回、この激流の中からニゴイが出てきたんですよ。」
「ニゴイは退治した(移動させた)から、尺ヤマメがついているかも(笑)」なんて言いながらキャストしたところでヒット。
「これもデカイ」
流れの中で重くてなかなか寄らず、どうにか流れから引き出した後も、かけ上がりの手前でダッシュして、なかなか岸に寄ってくれない。
「やったー、私も尺ヤマメだー」
しばらくやりとりして、落ち着かせつつ、ズリ上げかネットインか悩んだ挙句、岸が急だったのでネットインを選択。
ネットを出して用意しているところで...
「またやってしまったー(泣)」
恒例のバラシです。(泣)

最近、ショートバイトのバラシが多く、追いアワセを入れたと単に抜けることもあったので、最近は追いアワセを入れないことが多かった。
今回も、ダウンでかなりの引き抵抗があったので、追いアワセは入れてなかった。
貫通してなかったのかなー?
それに、フックを見ると伸びているところがある。
もしかしたら、激流のダウンの抵抗で伸びたのかも?(最後のフックチェックはしばらく前だから、違うところで伸びていたと思うけどね)
それが敗因?
いずれにしろ、痛恨のバラシが連続しています。
学習能力がないのかも...(泣)

ということで攻守交替。
すると、速攻でまめむしさんにヒット。
「これもデカイ」
立ち位置がここしかない場所なんで、激流をダウンで寄せなきゃならないのは同様。
それでも慎重に寄せて、無事ズリ上げ。
これはデカイ。
さっきの尺よりも確実に大きい。
測ってみると、33cmとは思えぬくらい体高のある雌の尺ヤマメ。
見事なボリュームで、今朝2本目の尺ヤマメでした。
素晴らしーい(^^;
朝一ですでに2尺ヤマメと絶好調。
こうなると、あそこと、あそこと、あそこも気になる。
しかし、その上の期待ポイントは残らず空振り。
どうも、水深のないポイントや、流れの速いポイントは反応がないみたい。
増水時の逃げ場から、まだ戻ってきてないのかも。

ということで、しばらく釣り上ったものの、その後はめぼしい反応はなし。
更に少し上流に移動したものの、そちらも反応がないので大移動。

次は、こちらも先日良型をバラしたポイントへ。
しかし、こちらは水深と流れのある深瀬は反応なし。

すでに尺ヤマメ×2のまめさんは、上流側で、余裕で自作ミノーのスイムテストをやっている。
そちらに追いつこうときつい流れの中を渡っていて、これもお得意の流されて泳いでしまい、ずぶ濡れ状態で合流。(笑)
その甲斐あってか、まめさんの少し上流で、対岸の流れの筋の向こう側で、小型のヤマメをヒット。
良型ではないものの、これで私も無事にボウズ脱出。(笑)
しかし、期待のポイントは、水量が増えてるせいで流れがきついのか反応なし。
それじゃと思って緩流帯を探っても反応無し。
どこにいるのかなー?
その後はチビウグイが釣れた程度なんで移動。

朝一以外は反応もイマイチだし、すでに濁りもとれてしまってるし、どこ行っても釣り人がたくさん。
そんな中、もう一箇所と思って入ったポイントも、反応はイマイチ。
私もまめさんも小型のイワナが釣れた程度で、めぼしい反応はなし。
そこでしばらく自作のスイムテストをやったところで、今日の釣りは終了することとしました。

今日は、私にとっては、
「狙った場所で尺ヤマメが出た。読みは当たっていた」
「ガイドしていて、しっかり釣ってもらうことができた。(それも尺ヤマメ)」
ということで、成果のあった一日。
自分は尺ヤマメ(たぶん)をバラしてしまったものの、以前つかボンさんに釣ってもらった時と同じで、読みが当たってることが証明されれば、そのうち自分でも出せるはず。(^^;
そして、まめさんとの比較というか、自分の釣りの問題点や改善方法もいくつか浮かび上がってきました。
その中で、タックル関係はすぐには改善できないけど、追いアワセをどうするかとか、いろいろ検討する必要はありそう。
大物が出てくれたことで、違いがはっきりして、良い勉強になりました。

そして、まめさんにとっては、
「今年初の尺ヤマメを、それも二匹」
「朝からたっぷり釣りできて、十分堪能」
「自作ミノーのテストもしっかりできて成果も出た」
ということで、最高の一日だったんじゃないかな?

久々尺ヤマメを2本も拝めたし、無事Yuuガイドサービスも成功したし、ポイント確認で複数の尺ヤマメも確認できたし、成果ある一日でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

バラシと外道と...

今日は、ひげさんから連絡が来たのでご一緒することにしました。
しかし、各河川共にしばらく雨が降ってなくて減水気味。
「こうなると、あそことあそこしかないかー?」ということで、あまり期待はできないけど、偵察の意味も兼ねて行ってきました。

現地に着くと案の定かなり減水している。
でも、逆の面で考えれば、攻めどころがはっきりしているということ。
ということで、ここぞというポイントを狙い撃ちしながら攻めてみたものの、反応はイマイチ。
時間的にも厳しい時間だし、せっかく曇ってた天気も、薄日が差してきている状態。
深みや落ち込み下ほか、狙いどころを探っても、稚魚サイズの他は魚影すら見えない。

と、対岸岸沿いの深さのある流れが速いポイントの岩周りにぶち込んだところで、流れの中でヒット。
「やったー(^^;」と思いつつ寄せてくると、「うーん、違ったー(笑)」
「あんな流れの中から出てくるのが、なんでウグイ?(笑)」
ヒットしたのは期待はずれの中サイズのウグイ。
悔しいです。(笑)

更に少し上って、同じく岸沿いの岩脇の流れの中でヒット。
「今度こそー」と思ったものの、寄ってきたのは再びウグイの小型サイズ。
ガッカリ。(笑)

この流れの中で出てくるのがウグイということは、この辺は厳しいのかも?
でも、とりあえず魚影が出てきたのは歓迎すべき兆候か...?

更に上っていき、落ち込み下の速い流れの流芯があるポイントへ到着。
流れが速すぎて魚がつくのは厳しそう。
でも、さっきまでの条件を考えると、ヤマメはもしかしたらこのあたりに居るのでは?

他のポイントは、流れがきついところは全体的にきつい流れ(要するに底まで早い流れ)みたいな感じ。
でも、ここは落ち込みの影響もあって、表面流の下に、流れの幾分遅い底流がありそうな形状。
ということで、底流を通すことを考え、流芯脇の方の落ち込み付近にアップクロスで投げ入れ、多少沈めてから引く感じでリトリーブすると、うまいこと、流れの下に入ってくれたみたい。
と、流芯の下にかかるあたりでヒット。

デカイ。
ギラリと光って反転する魚影は、体高があってかなりのサイズ。
激流の中を無事に通して手前に寄せたものの、流れの中に戻りつつ、下流に走られる状態。
色まではわからないけど、反転する魚影は、確実に尺。
もしかしたら35cm近いヤマメっぽい。

しかし、下流側ではひげさんが立ちこんでキャストしている。
これはヤバイな。
ちょうどひげさんの少し上で岸沿いに寄った瞬間を利用して、ズリ上げようと画策したのが失敗の原因だった。
かけ上がりまで寄せたところで...「バレたー......」
そのまま浅瀬に座り込んでしまいましたよ...(泣)

焦りすぎたー。
暴れ方の最盛期にズリ上げようなんて、甘い考え。
やっぱり、下流に走りつつひげさんに声をかけて避けてもらい、もう少しいなして落ち着かせるべきだった。
おまけに、そういう時に限って、シングルフックをつけたミノーだったし、フックチェックもしばらくやってなかったし...。
いつもの悪い方のパターンを踏襲してしまった。
サイズを見て慌てたってのもあるなー。

落ち込みながらも、更に上流を探ったものの、その後は反応なし。
千載一遇のチャンスを逃してしまったってのが自分らしいところか?(笑)
後は反応がないので移動。

このあたりには見切りをつけ、次は、もう少し水のありそうな別河川へ。
まずは、以前反応があった、対岸ボサ前にある程度水深のある流れの速い瀬。
しかし、鮎師達がいっぱいで、落ち着いて狙えない状態。
魚も警戒しているのか?いないのか?反応なし。
水量も足りないしね。
上っていって落ち込みも探ったものの反応がないので更に移動。

次は先日尺ヤマメを見た落ち込みからスタート。
しかし、こちらも反応なし。
この辺は鮎師が多いから、朝一じゃないと怯えて出てこないのかもねー。
そのまま次の落ち込みまで探ったものの反応無し。

そこで、車に戻る途中に、最初の落ち込みの上から、激流の中をダウンクロスで通して落ち込み脇を探ろうとしていると、激流の中でヒット。
手ごたえからするとまずまずのサイズっぽい。
「もしかして尺イワナ?」と思いつつ、流れの中から無事に引き出して寄せてくると、「違ったー...(泣)」
寄ってきたのは、お口が長くてヒゲのある...尺ニゴイ。
なんであんな所に...
落ち込みの表面流の下についてたんだろうけど、あそこでこれはないでしょう。
お前のおかげでヤマメやイワナがつけなかったんじゃないの?(怒)

車に戻って更に少し上流で再入渓。
上の深瀬を探ったものの反応がなく、そこで諦めることとなりました。

しかし、今日はここぞというポイントで外道ばかり。
どうも、外道を釣る才能があるみたいです。(トホホ...)
あのバラしたやつだけは、一番良い場所についてたし、あの体高、あの暴れかたやバラしたこと自体が、ヤマメだったことを想像させる。
焦りすぎといういつもの失敗を繰り返したことも痛いし、なんといってもあのサイズが取れなかったのは痛い。
今年も泣き尺で終わりそうな、悪い予感が...(笑)
非常に厳しい釣りとなってしまいました。
それにしても、そろそろ雨が欲しい感じ。
次の出撃は、雨待ちかなー...
続きを読む>>
  • -
  • -

ショートタイム その4

朝一の用事を済ませた後、2時間ほど空き時間があったので、9時過ぎに出撃。
朝方は曇っていたけど、その頃には日が出て晴れてきてたのは残念。
それでも、とりあえず、水がありそうで前回反応の良かったポイントへ向かってみました。

現地に着くと、ますます減水している。
それでも他よりはマシでしょうということで入渓。

まずは落ち込みの下流側から攻めてみました。
前回スピナーで良い反応があったので、まずはスピナーでスタートしたものの反応無し。
ここは流れが速くてスピナーだと厳しいかも。
ということで、ミノーにチェンジし、二つの流れが合流するポイントで、流れの境にキャストし、流芯に入ったあたりでヒット。
流れの中で白く光る魚体はまずまずサイズっぽい。
さっきまで反応なかったのに、この強い流れの中に居たのー?って感じ。

今日はトリプル仕様だし、即バレしなかったから安心して寄せると、色づいた魚体はニジマス?
走ろうとする魚体を無事岸沿いにもってきてズリ上げ。

早速メジャーを当ててみると、前回と魚種は違うけど、今日も泣き尺。(笑)
尻尾もしっかり角が尖っているヒレピン。
色も濃く、体側が色づいている綺麗なニジマスでした。

まずはボウズを免れて一安心。(^^;

しかし、その先の一番期待していた対岸沿いの深い流れは反応なし。
水量が減って、水深も減って、鮎師にも叩かれ...?
いないのかなー?

その先の落ち込み脇を探ったものの反応無し。
更に次の落ち込み下を探る。
しかし、こちらもめぼしい反応はなし。
稚魚サイズはたくさんいるのになー。(笑)

少し立ち居地を変え、深みを覗いてみると、居た居た、尺くらい?のヤマメが悠々と泳ぎつつ姿を消していった。
「居るじゃーん」と思いつつも、こういうポイントは苦手な私でした。
移動して攻め方を変えたいところだったけど、この時間(日の高い時間)にこういう所で出せる自信はない。(笑)
「やっぱりこういうところは朝一だろうなー」と思いつつ、移動することにしました。
しかし、次に入ろうと思ったポイントは先行者の車が複数停まっていたので断念。
諦めて帰路につきました。

結局今日は泣き尺ニジマスのみ。
ま、釣れないよりは良かったけどね。(^^;

ますます水が減ってきて、厳しくなってきた感じ。
そろそろ次の雨が欲しいところです。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

またしても泣き尺 2

昨日出ないでしまったので、今朝は出撃予定。
しかし、寝過ごしていたところで、まめさんからのモーニングコール?(メール)で目が覚め、少し遅めに出発。

昨日の時点で、雨の影響があまり残ってないところもあったみたい。
ということで、幾分水量の多めのあたりから入ってみることにしました。
現地に着いてみると、こちらもすでに雨の影響は残ってないみたい。
濁りもなくクリアで、水量もそれなり。

まずは下流側の落ち込みのあたりから軽く探ってみたものの、反応無し。
そのまま上っていき、対岸沿いの深めの流れを中心に探ってみることにしました。
しかし、すでに水量が減ってきていて、もう少し水が欲しいくらいの感じ。
しばらく対岸の深みを探りながら上っていくと、一瞬のギラリの後にヒット。
しかし、すぐにバレ。
まずまずサイズのヤマメだと思うけど、アワセを入れたところで抜けた感じ。
今日はトリプルを使っていたものの、食いが浅い感じ?
もったいないなー。

そのまま上の落ち込み付近まで探ったものの、後は反応がない。
これはマズイ...
ここで出せないと、けっこう厳しくなるなー...

次は下の落ち込み下を探ってみた。
ここは水深があるし、絶対底にいると思うんだけど、やっぱり出せない。
そこで久々のスプーンに交換して、対岸のかけ上がりの手前を流してみたところでヒット。
しかし、これもすぐにバレ。
良いサイズで尺はありそうだったけど、ちょっと細い感じがしたからイワナかな?
今回は、フックを交換しないままだったのがバラシの原因で、ほとんど確信犯。(釣れる気がしてなかった...笑)

その辺で諦め、少し上流に移動。
再びミノーに戻した後、平瀬や流れの筋を探ったものの反応なし。
次の落ち込み下も反応なし。
その上の平瀬を探ったところでチビがチェイス。
一応反応があるということで、その周辺をしばらく探っていると、そこそこサイズがヒットしたものの、すぐにバレ。
こちらもなんか食いが浅い感じ。
更に探ったものの反応がイマイチなので、今度はスピナーに交換。

すると、流れ込みのある深瀬にアップクロスでキャストし、引き始めてすぐにヒット。
今度はバッチリフッキングしているみたい。
暴れ方をみると、まずまずサイズのヤマメ?
少し強引気味に寄せて、一気にズリ上げ。
小さめのスピナーを飲み込むように食いついていたのは、29cmとまたまた泣き尺のヤマメ。
あと1cmがなかなか越えられないー。(笑)
しかし、泣き尺の連発は厳しいなー。
それでも、良型ヤマメでテンションアップ。
しかし、ポイント的にはここで終了。

次はもっと上に入るか、それともあっちに向かうか?
なんて思ってたところで連絡が入り、用事ができてしまった。
せっかくテンションが上がったところだったのになー。
でも、早朝は曇っていたけどすっかり晴れてきていたし、しょうがないかー。
まだまだ早い時間だったけど、諦めて帰路につきました。

今日はバラシがもったいなかったものの、良型ヤマメをあげれたのは良かったな。
でも、あと1cmの壁がなかなか越えられない。
泣き尺ばかりじゃなく、そろそろ尺を釣りたいんですけどねー。(笑)
朝方だけの短時間の釣りだったけど、一応泣き尺ヤマメを上げれただけマシかな?
もう少し釣りたいところだったし、他のポイントも心残りだったけど、一応は成果のある釣りとなりました。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

虻柱...

今日は久々、あひるさんとご一緒。
「ホーム水系を案内してください。」と言われていたけど、水量が減って厳しい条件。
それでも、「水のあるところ」「人の少なそうなところ」を狙って入ってみることにしました。

まだ暗いうちに合流して目指したのは、まずは水量のある下流側のポイント。
ポイントに着いた頃には段々明るくなってきてたので、そのまま下の落ち込み下流から入渓。
しかし、まだ早すぎたのか、めぼしい反応がない。
しばらく探ったものの反応がなく、そのまま上っていくと、上の瀬でやっと反応がでてきた。

対岸岸沿いが掘れてる流れで、流れが幾分おさまってるあたりにキャストしたところでヒット。
しかし、すぐにバレ。
ビビビビーときたところでフックオフ。
まずまずサイズのヤマメっぽかったので残念。
念のため、フックを交換し、やや上を狙っているところでチェイス。
途中で引き返していくのが見えたけど、今度のはけっこう良い型みたいだった。

更に上側を探ったものの、そちらは木が張り出していて雰囲気は良さげなんだけど、流れがやや早めのせいか反応なし。
やっぱり適水勢はさっきのあたりか?
上側をあひるさんが探っているので、もう一度さっきのあたりに戻ってネチネチやっていると、再び対岸岸沿いで、白く輝く魚体がビラビラっとルアーを追ってアタックしているのが見え、その直後にヒット。
今度のも良いサイズっぽかったけど、やっぱりすぐにバレ。
うーん、悔しい。

ここまでシングルフック仕様で攻めてたけど、かかりが浅いようで、シングルだと辛そう。
ということで、トリプルフック仕様のミノーに変えたけど、さすがに連続バラシのせいか、ミノーのカラーや泳ぎのせいか、その後は反応なし。

そのまま釣り上っていったものの、めぼしい反応はなく、釣れたのはチビウグイのみ。
ということで、移動。

次は、人が少なそうなポイントを選択。
といっても、この辺はどこも人が多いところ。
不便なところということで、多少歩く距離が長くなってしまうところを選んでみました。
しかし、しばらくは反応なし。

しばらく上っていき、期待のエリアを釣り上っていくと、対岸のシェードの下の平瀬に入れて引き始めてすぐにヒット。
しかし、今度もすぐにバレ。

根がかり対策で再びシングルフックに戻してたのが敗因か...
今度のも良いサイズっぽかったんだけど...
その後は水量が少なめのせいなのか、それとも誰か先行者がいたのか?反応が薄い。
かろうじてチビヤマメをヒットした程度。
あひるさんもチビイワナやチビヤマメは出ているものの、良型はでてないみたい。
苦戦だ...

更に上っていき、期待のポイントを探ったものの、こちらもめぼしい反応がない。
かろうじて、ボサ前で出てきたのはチビイワナ。
これは運に見放されてるなー。

上の大場所を釣り下ってくるルアーマンが見えたので、上の区間はパスすることにして移動。

次は、上流部の小渓流を狙ってみましょう。

しかし、こちらはさすがに水が少ない。
本流に戻った方が良いかもと思いつつも、ポイント拾い釣りで少し上ってみました。
曲流などの深みに、チビが居ることは居るんだけど、チェイスのみで食わせられない。
こんな時は、前回のチャップさん達のテクを真似られれば良いのだろうけど、なかなか難しい。(笑)
食わせられずに上っていき、上の落ち込み下でもチェイスがあったもののノーバイト。
そこで、ミノーからスピナーにルアーチェンジし、途中の岩盤の浅瀬を探ったところでヒット。
さっきまでよりはサイズが上がったものの、それでも20cmくらいのチビヤマメ君。
サイズが厳しいなーなんて言いながら上っていったものの、アブの攻撃が酷くなってきたので、諦めて移動することにし、道路戻って歩き出すと、アブは更に密度を増してくる。
寄ってくるアブを手を振り回して除けようとすると、手を振るたびにアブに当たる状態。
あまりの酷さに走って逃げたものの、アブはしつこくついてくる。
この時点で、蚊柱ならぬ虻柱?状態。
若くて身軽なアヒルさんと比べ、重量級の私は息が切れて青息吐息。
やっと車に逃げ込んだ時点で、その辺に入る気はなくなっていた。(笑)

もう一度、本流に入るかと思いつつ途中で車を停めて川を見ながら相談。
状況は厳しそうだし、早朝から入ってすでに昼前で疲れも出ていたので、ここで終了することとなりました。
あひるさんはそのまま別河川に行くとのこと。
でも、私はグロッキーだったんで、そこで解散となりました。

ちょうどまめむしさんから連絡が入って向かってるということだったんで、途中の駐車場で待機。
到着したまめむしさんとしばらく情報交換を兼ねた雑談。
その後ポイントに向かうまめむしさんと別れて帰路につきました。

今日は厳しかった。
そして、バラシがもったいなかった。
まずまずサイズや良型が複数ヒットしたのに、良い型は全てバラシ。
厳しいなー。
こんな日は、トリプルの方が良かったんだろうけど、水量が少なくて根がかりも怖い。
でも、根がかりしても回収に行ける可能性も高かったわけだから、もう少し攻めても良かったのかもね。
そして、せっかくあひるさんとご一緒だったのに、良い釣果が出せるような案内ができなかったのも問題。
「あひるさん、すいませんでしたー(^^;」
ということで、反省点が多い釣行となってしまいました。

蜂に刺された昨日に引き続き、今日は虻に攻撃をくらって数箇所刺されてしまった。
大きい虻じゃないから痛くはなかったけど、家に帰ってから痒くて痒くて...
次回はもっとマシな釣行にしたいものですね。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -

再び尺ニジマス

朝一の出撃を予定していたものの起きられず。(笑)
どうしようかと思っていたら、まめさんから連絡があったので、まめさんの用事が終わるのに合わせて出撃することにしました。
タイミング的には昼前からという感じ。
時々陽が差して暑い状態だったけど、まずは出撃。

どこに入るか悩んだものの、大物狙いのポイントに入ってみることにしました。
しかし、だいぶ水位が下がってる感じ。
水はぬるいし、川底も滑る状態。
なかなか厳しそう。

とりあえず以前良い思いをしたポイントを目指す。
「絶対居るからさくっと出しちゃってください(^^;」なんて言いながら、以前良い思いをした落ち込み下に到着。
落ち込みの流れが落ち着くあたりでまめむしさんがキャスト開始したので、私は少し上流側の流れのきついあたりに陣取り、対岸よりの緩い流れにアップクロスでキャストして、流れの筋を引いて来る感じでキャスト開始。
すると2投目で、流れの筋に入ったところでヒット。
ゴンと当たった後、グイグイ引き出した感触は良型。
流れの中で白く輝く魚体が暴れだし、ロッドが弓なりに。
「かかったの?」と聞いてきたまめむしさんの目の前で、一気にダッシュしてドラグを鳴らしながら走り出した魚体がジャンプ。
今回はシングルフックを使っていたので、テンションが抜けないよう気をつけながら寄せると、またまたジャンプして、一気に走り出す。
なるべく抵抗を弱めるために、下りながら寄せようとしたものの、敵もなかなか納得してくれない。
下流側で移動中だった鮎師の人に一声かけて、目の前でいなしながら寄せ。
何回も沖に走ろうとする魚体は、なかなか寄らなかったので、無理にズリ上げは狙わず、立ちこんでちょうど良い位置に誘導したところで、無事ネットイン。
ギャラリーの前でバラさなくて良かった一安心しながら浅瀬に持っていって測ると、前回よりは小さく、ギリギリ40cmに足りない、39.5cmの虹鱒でした。
写真を撮ってからリリースし、それから一休み。(^^;

目的のヤマメじゃなかったけど、まずは良型ゲットで、これですっかり安心状態。
しかし、その後は、下流側を探ってみたものの反応無し。

そこで上りつつ岸沿いを探っていると、ボサの前の多少水深のあるところでヒット。
しかし、すぐにショートバイトって感じでバレ。
あれはたぶんヤマメだったと思うけど、まずまずサイズだっただけに残念。
その後は反応がないので、コース途中で川から上がり移動。

次のポイントも水量が少し足りない感じ。
というか、流れが変わって川幅も広がってるのが原因か?
チェイスは数回あったもののヒットせず。
そのうちまめむしさんが綺麗なヤマメをヒットしたものの、後はかけられず、疲れも感じてたので川からあがりました。

そして、車に戻る途中、突然「ブーン」という強烈な音がしたとたんに耳たぶに何かがぶち当たったような感触とヂクッっとという痛みが同時に襲ってきた。
慌てて手で払い(本当は良くないんだろうけど)、後は走ってその場を離脱。
やられたー。
久々蜂に刺されてしまった。
まめさんも私と同じく耳たぶを刺されたとのこと。
ジンジンと痛み出したけど、車に戻ってすぐに薬を塗ってると、最初に思ったより酷くない感じ。
どうやらスズメ蜂ではなかったみたいで、薬をすぐに塗ったせいか、あまり酷い状態にはならないみたい。

そんなこんなでしまらないラストになってしまったけど、そのままもう少し粘るというまめさんと別れ、帰路につきました。

しょっぱなに尺虹鱒が出たところまでは良かったけど、その後はイマイチの反応。
蜂にまで刺され、ラストがしまらなかったなー。
それでも、良型の感触を味わえ、ジャンプも見られたので、暑い中、行った価値はあったかな。(笑)
続きを読む>>
  • -
  • -

混雑の中で...

朝一の用事を済ませた後、9時半頃〜昼までの予定で出撃。

まずは、最近お気に入りのポイントからスタート。
しかし、雨の影響か、先月とはだいぶ渓相が変わっている。
そんな中、入渓直後に、落ち込みの上から探っていて、落ち込みの中に入れて、そのまま脇までダウンクロスで引いてきたところでヒット。
その後、暴れて落ち込みの中に走ろうとする魚体を強引気味に寄せてキャッチ。
測ってみると、20cm台後半のヤマメ。
しょっぱなに綺麗なヤマメが出てくれて一安心。

鮎釣り師が散らばる中、途中声をかけて話を聞きながら、合間を縫いながら釣り上ったけど、上の落ち込みのところで、落ち込みの向こうの流れに入れて、落ち込みにかかる手前のところでヒット。
流れの中で暴れる魚体を寄せると、今度は20cm台前半のヤマメ。
これも綺麗な色付き。(^^;

その上まで探ったものの、以前良い思いをした落ち込みはすっかり浅くなっていて反応なし。
以前のロストミノーを探しに行ったものの、さすがになくてガックリ。(笑)

そこで一旦戻って、今度は下流側を探ってみる。
落ち込み下の深瀬を、アップで探ってみたものの反応がないので、逆に下流側の浅くなってくるあたりに投げてダウンで引き始めたところでヒット。

今度は良型っぽい。
流れの抵抗も入るのでけっこう重い。
走る魚体が一気にジャンプしたりと、良い引きを堪能できる。
寄せてきた魚体が流れの中で白く光りながら暴れる。
ヒラヒラ暴れる魚体は、時々沖に一気に走るものの、無事寄せてネットイン。
測ってみると33cmのイワナ。
ジャンプで「もしかして尺ヤマメ?」と思ったけど、後で冷静に考えるとローリングしてなかったなー。
一応、予定外の尺イワナも出てラッキー。(^^;

その後下流側を更に探ったものの反応なし。
一旦車に戻って移動し、もう一箇所上に入って探ったものの反応無し。
ここでタイムアップということで帰路につきました。

今日は短時間釣行の予定だったけど、あの鮎師の中でヤマメと尺イワナが出てくれて、まずまず楽しめた釣行でした。
続きを読む>>
  • -
  • -

超興奮の一日

今晩は、奥入瀬川の釣り大会の反省会(飲み会)の予定。
チャップ横田さんもいらっしゃるということで楽しみにしてたんだけど、その前に釣りに行きたいというチャップさんと、急遽ご一緒して釣りに行くことになりました。

チャップさんと二人だけでの釣りということで、前夜から興奮。(笑)
早朝に合流した後、これまた初体験のポイントへ向けてGo!

現地に着いたところで先行者の車を発見して「ヤバイなー」と思ったら、突然チャップさんが車を停めて声をかけてる。
「ん?あれはもしかして...?」
なんと、現場で庄司さんとバッタリ。(笑)
世の中、同じことを考える人が多いようですねー。
ということで、庄司さんも合流して、三人での釣行となりました。

SOULSのテスター二人とご一緒なんて、ありえない。(笑)
こんな機会なんてそうそうあるもんじゃない。
こうなると、自分の釣りよりも、お二人の釣りを見る方が重要。
DVDとは違って、生の釣りを見られたのは、凄い貴重な体験でした。(^^;

せっかくチャップさんから、SOULSのエクスプローラ50ULをお借りすることができたのに、まずは二人の後ろから見て見て見て...(笑)

ポイントが小渓流だったんで、アップの釣りがメイン。
まずは、二人のミノーはなかなか下ってこない。(笑)
ああいうポイントでは、爆裂トゥイッチングを入れてミノーを躍らせつつも、じっくり見せて見せて...
確かに、ああいうシュチュエーションなら、追ってきてもなかなか食わずに、途中まできたところで引き返すパターンが多い。
私は、見切られないようになんてイメージが強かったけど、早めに引いたって、ヤマメは一発で見切ることも多い。
そんな時には、あのスピードが効くんだろうなー。

まねしてやってみようと思ったけど、やっぱりお二人のようにはなかなかいかない。
後でチャップさんにダメだし食らった(ありがとうございます...(^^;)けど、私だと、戻ってくるのは早いし、ライスラッグも出ている状態。
あれだと、アワセられないだろうし、練習が必要ですね。

その他「あんな所に?」と思うようなポイントに入れたりとか、ピンポイントでズバズバ入れたりとか、勉強になりました。
私もチャップさんに言われた所に投げ入れて、無事ヤマメをヒット。
自分のことのように喜んでくれるチャップさんの人柄の良さがわかります。(^^;

私の方は、なかなかロッドに対応できず、終盤にチャップさんに教わるまで、特性を理解できずに苦戦。
シェードの下へのロングキャストが、押しなべて届かず、手前に打ち込んでしまう感じ。
もう少し上方にと思いつつも、なかなか感覚がわかりませんでした。
でも、特性を理解してみると、納得できる感じ。
私の使ってるロッドとの違いが大きくて、練習が必要って感じだったけど、バラシを減らして大物を取るには、ああいう特性が必要なんだと納得でした。
あー、欲しくなるー。(笑)

入った川の渓相も最高。
歩いているだけでも気持ちよかったー。

とまあ、そんな感じで、とにかくお二人の釣り方が見れたのが最大の収穫。
庄司さんとは今までお会いしたことがなかったけど、チャップさんと同じで、人柄が最高。
お会いできてうれしかったです。(^^;
またご一緒できればうれしいけど、2大テスターとご一緒なんて、そうそうあることじゃないし。(笑)

残念ながら特大サイズは出なかったものの、お二人は爆釣。
良型もしっかり出していたのはさすが。
良さげな落ち込み下で、お二人が別方向からキャストしているのを、脇の高台から見下ろすなんて貴重な体験もできました。
お二人のキャストとミノーの動き、魚のチェイス...ビデオカメラが欲しかった。(笑)

貴重で楽しい時間をすごした後は、一旦別れた後、夕方にチャップさんを迎えに行って、やなさん宅で奥入瀬の反省会。(残念ながら庄司さんは翌日仕事ということでいらっしゃれなかったけど)

チャップさんのいろんなお話を聞いたり、やなさんとの掛け合いを聞いたりしながら、これまた非常に珍しい美味しいお酒や美味しい料理をいただき幸せ。(^^;
お母様、じゅんちゃん、ご馳走様でしたー。(^^;
やなさん、ゆうすけ君、じゅん君と、皆しっかり結果を出したお祝いをしながら、いろいろ話は尽きず、夜更けまで盛り上がりました。

ほんと楽しい一日。
貴重な体験のできた一日でした。(^^;
チャップさん、庄司さん、ありがとうございました。
そして、やなさん、やなさんのご家族の皆様方、西さん、ご馳走様でした。(^^;
続きを読む>>
  • -
  • -
1/1