Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

最終日

泣いても笑っても、今日が渓流の最終日。
昨日の釣行の後、反応を考えて、遠出も検討に入れながら、今日は一日歩き回ろうと思っていると、前日夜につかボンさんから連絡があり、つかさんも出撃するとのこと。
それを聞いたとたんに、あっさり方針転換。
「最終日だし、釣果は気にせず、ホームで終わろう」
ということで、明るくなってからつかさんと合流し、昨日の状況と最近の状況を考え、幾分でも魚影の多かったポイントから入ってみることにしました。

現地に着いてみると、さらに幾分水位が下がってる感じ。
それでも入渓して少し行った所にある落ち込み下の深みで、さっそくチェイス。
しかし、人影を見てすぐに引返していって、後は反応がない。
後はひたすら、そんな繰り返し。
チェイスだけはいっぱいあるんですけどねー。

すると、だいぶ歩いた後の、荒瀬の途中で、やっとチビをヒットしたものの、すぐにバレ。
すると、少し上を探っていたつかさんにもやっとバラシがあったそうだ。

更に少し上ったところでつかさんに尺イワナのチェイスがあったそうだけど、結局1チェイスのみで、後は出てきてくれなかったそうな。

そのまま上っていくと、チェイスする魚影のサイズも上がってきたものの、追い方もイマイチなので諦めて移動することにしました。

次のポイントに向かう途中で一旦つかさんと別れ、私はちょっと寄り道。

入渓点より入り、良い感じの護岸脇を攻め上ったものの反応なし。
後は上のエリアしかないかと思いつつ、途中の荒瀬を探って、ミノーをピックアップした瞬間に魚影を確認。
「尺イワナが追っていたー(泣)」
やっぱり最後まで気を抜かずにキッチリ確認するまではピックアップしてはダメという、基本を怠った罰でしょうね。
更に探ったものの、やっぱり二度目のチェイスはなし。

そのまま上って、上のエリアを探ったところでやっとヒット。
しかし、小さい。
おまけに、寄せてみるとギンザケ。
これじゃないのにねー。
そこで諦め、再び荒瀬を探りながら戻ろうかと思っていると、ひげさんから電話が入り、しばらく長電話。(笑)
思ったより時間がたってしまったので、慌ててつかさんの後を追いました。
すると、駐車スペースに見慣れた車が。
まめさん登場。(笑)

昨日の夜にメールで連絡取った時に出るってのは聞いていたけど、朝一、電波の通じないエリアに入ってしまったため、合流は諦めていたので、ラッキーって感じ。
早速入渓すると、上流にまめさんの姿が見える。
つかさんは、更にその上に居るはずなので、電話で連絡を取りつつ、キャストもせずに追いかけて合流。
それからは、しばらくキャストはせずに話しメインで時間が過ぎていく。(笑)

キャストを再開し、まめさんの自作を試したりしているうちにタイムアップとなったつかさんと判れ、そこからはまめさんと放浪の旅へ。

話をしながら、自作を試しながら上っていったものの、なかなか反応がないので、一旦川から上がって移動。

魚がいて釣れそうなポイントが思い浮かばず、入る場所に悩んだものの、とりあえず次のポイントへ。
しかし、まったく反応がないので、少し上に入りなおし。
しかし、そちらもイマイチ。
落ち込み下の深瀬で反応が見えたらしいけど、結局出てきてくれない。
さらに、やたらとライズはじまったものの、ルアーには反応してくれない。
そうこうしているうちに時間も過ぎていき、残り時間もわずかになってきた。


そこで、最後の締めのポイントに向かってみました。
しかし、こちらもライズは見えるものの反応無し。
そのまま、空が赤く染まり、しだいにあたりは暗くなってくる。
薄暗くなってルアーも見えなくなってきたので、そこで諦め、今シーズンは終了。

今日は最初はチェイスはたくさんあったもののかけられず、その後は魚影がなく、最後はライズはあっても反応無し。
まるで今年のシーズンみたいな感じ。(笑)

今年は40upをはじめ、尺ヤマメの情報をたくさん聞いたし、尺イワナも大物の話をたくさん聞いた年。
そんな中、話題に乗り遅れた感はあるものの、それなりには楽しめた。
しかし、前半はまずまずだったものの、終盤は失速してしまったなー。
いろいろ発見もあったけど、反省点も多かったシーズンだったかも。
総括は後に回すとして、厳しいなりには成果もあったかな。(釣果じゃなく...笑)
まずは、周辺で大きな事故もなく、無事に終了できたので、まずまずの年だったのかも。
自分にも、周りのみんなにも、「お疲れ様(^^;」

偵察 その6

タイムリミットまであと2日。
ということで、当然ながら、今日も出撃。
最終日は一日釣りをしようと思ってるので、そのためのポイント選びを兼ねた偵察です。
しかし、朝方雨が降ったこともあり、今日は午後からの出撃予定...予定だったのに、結局は遅めの午後からの出撃となってしまった。

実はここ数日、友人から流れてくる尺ヤマメ情報のラッシュで、いくつか思うところがあった。
やっぱり産卵期を迎えて上ってきている魚を狙うなら...
しかし、ホームでは、なかなか良い場所を思い浮かばない。
あれだけ水がないのが続いていて、そういう場所まで上っているんだろうか?
そういう疑問もあったので、今日は支流めぐりにしてみようかな。

まずは、とある沢からスタート。
終盤のここは気になるポイント。
しかし、現地に着くと、思ったよりも増水している。
濁りもきつく、入渓も厳しい状態。
ということで、明日のポイントの一つに入れて、今日は早々に移動。
次は、終盤の良型情報も聞いたことのある堰堤へ。
しかし、途中でみた川は、まったく水がない。
それでも一応行ってみたものの、水はなく、水の色も悪く、まったく魚影がない。
これじゃしょうがないということで、くたびれもうけのまま移動。

そのまま周辺の川の様子を伺いながら一気に移動。
やっぱりその辺の川は水がない。
この辺は、雨はあまり降らなかったのかも。

そのまま、やはり気になっていた支流まで行ってみると、こちらは増水はしてないものの、それなりに水はあるみたい。
ということで入渓。

しかし、入ってみると、やっぱり水は少ない。
そして、クリア。
澄み切った水の中、深場で魚が泳いでるのが見える状態。
「一応、魚はいるんだ...」
しかし、浅瀬はまったく反応がなく、深場の魚がたまに、やる気なさげにチェイスしてくる程度。
暫く粘ったものの、反応してくれなくなったので、諦めて移動。
そのまま、近くの沢へ。

こちらも、水は少なくクリアなものの、深場を中心に探ってみた。
すると、ちょっとした落ち込み下の深みに近づく途中で、まずまずサイズが逃げていく。
どうやらかなりプレッシャーが高いみたいで、人影にもシビアになっているみたい。
なるべくストーキングしてロングキャストで攻めてったものの、チェイスはあってもなかなか食ってこない状態。
深場を中心に探っていくと、けっこうチェイスはあるものの、食わずにUターン。
そして、チャンスは1〜2回程度。
すぐに見切られるので、どんどん上りながら攻めてったものの、どうも食わせられない。

そのまま時間は過ぎていき、スタートが遅かったこともあって、日暮れが近づき、段々あたりは暗くなっていく。
そうして、日没頃にやっとヒットしたのは、小さなイワナ。
どうにかボウズは脱出したものの、満足いかない結果。
ま、偵察だし、ボウズは免れたわけだから、よしとすることにし、一気に暗くなってきた川から上がると、薄暗い林道を車へと移動。
景気付けに歌を歌いながら車に戻った頃には、かなり暗くなってきていて、今日の釣りは終了。
本当は、もう何箇所か偵察したいところがあったんだけどねー。
ということで、今年の渓流も残り一日。
はたしてどうなりますことやら?(笑)

偵察 その5

週末は出られないでしまったけど、渓流シーズンも残り3日。
ということで、午前中、出かけてきました。
半日だと遠出は難しいので、厳しいのは判っていたけど、近場のホームへ。

そんな状態なのに、出発が遅れ、明るくなってからの出撃。
まずは、近場のポイントから入ってみました。

最近はなかなか魚影を見れないでいたけど、先日つかぼんさんがヤマメをかけたし、ひげさんも泣き尺をかけたということで、幾分の期待を持ちながら、暫く入ってなかった下流方面からスタート。
しかし、反応なし。
水量が少なく、普段は渡れない岸沿いのボサ前まで行ってみたけど、地形確認ができたのは収穫だったものの、魚影は見えず。
そのまま上っていくと、JAMESさんから「どうですかー?」メールが到着。
返事を送って上りだしたところで、JAMESさんが入渓しているのが見えたので合流。
珍しくここに来てたんですねー。(笑)

水量が少ないので全体を攻めれるのは良いけど、厳しい状態は相変わらず。
そんな中、ミノーのスイムテストを始めたJAMESさんの上流側で、落ち込み下にアップクロスでキャストし、大岩脇の深瀬を引いてきたミノーにチェイス。
尺はなさそうだったけど、まずまずサイズの魚影はヤマメかな?
しかし、深みから出てきた魚影は、岸沿いの駆け上がりを追ってきたところで、食わずにバックしていってお終い。
「しまったー...」
千歳一遇のチャンスを逃して後悔しても後のまつり。

暫く休んでから再挑戦したものの、二度と出てきてくれなかった。

そのまま上っていき、途中で追い越していったJAMESさんが、タイムアップで帰路につくのに合わせてポイント移動。

次は久しく行ってない上流のポイントに、様子を見るのもかねて行ってみました。
しかし、当然ながらこの辺も水はなし。
入渓点より上っていき、分流の落ち込み下を探り、上の段々の瀬まで行ったものの反応はなし。
水がなくて攻めれるポイントも限られるし、ちょうど雨も降ってきたので上は諦め、分流の反対側を探ってみたものの、そちらも反応なし。
下の深場もなくなっていて、これじゃ無理か?
そのまま落ち込みを探りつつ戻ったものの、結局魚影はなし。
ということで移動。

そして、今日最後のポイントへ。
こちらも、入渓点付近は水がなく、先日は良い感じになりかけていた荒瀬区間も、すっかり荒瀬じゃなくなっている。

そのまま一旦下って下流の落ち込み下に入り、倒木の下にキャストしたところで、久々の魚影とご対面。
20cm台中盤の魚影がチェイス。
それも、数匹いる感じ。
でも、ちょっと追っては来るものの、それほど活性は高くない。
立ち位置が限られるポイントだから、あまりに近くて引いてくる距離もなく、食わせられないまま魚も移動して反応が消えてしまった。
それでも、岸沿いに魚のいる雰囲気が伺えたので、ダウンで岸沿いの木の下にロングキャスト。
すると、チェイスが見えたので、ミノーを一瞬止めてからアクションをかけたところでヒット。
久々の反応を味わいながら?寄せると、サイズはイマイチだけど、一応イワナがかかっていた。
近くに上がれる岸もないので、そのままハンドランディング。
20cm中盤のイワナが釣れて、ホッと一安心。(^^;

しかし、良かったのはそれまでで、後はいくら探っても反応なし。
期待のポイントが全て水不足ってのもあったけど、魚影が薄いのと活性が低いのも感じられる。
結局、そのまま退渓ポイントにさしかかり、時間も昼が近づいていたのでタイムアップ。

しかし、相変わらず上の方は渋い。
状況確認できたのは良かったけど、成果には乏しかったなー。
最終日に向けて、いよいよ入渓場所が難しくなってしまった。
良い思いはできなかったものの、坊主は免れたのだけは幸い?という釣行でした。

ショートタイム その6

川の近くに送迎があったので、ついでに昼にあわせてちょい投げしてきました。

しかし、思いっきり減水している昼頃。
頭上は太陽が燦々と照りつけてる。
ノーチェイス覚悟で入ってみると、浅いボサ前でヒット。
チビのヤマメだろうか?
ところが、間の急流を引いてきて寄せてる途中に強引にやりすぎたせいか、寄せた時点で魚はいない。
バラしてしまった。(笑)
つかさんから借りたロッドの感触に慣れてないせいだろうけど、マズイなー。

その後も、浅場の瀬の中の白泡あたりからチェイスがある。
食わせられずに戻っていって二度と出てこないってのが連発。

そうこうしているうちに、対岸よりの流れで小型がヒットしたものの、ショートバイトですぐにバレ。

更に、今度も対岸よりでヒット。
今度のはまともサイズで20cm台後半はありそうだったけど、白っぽく魚体が暴れるのが見えてるうちにバレ。
しまったー。
今度のはちゃんとアワセを入れていれば取れそうだった感じ。
つかさんから借りたロッドに慣れてないせいか、アワセの感触が判らず、しっかりアワセが入らなかった感じ。
いつもの硬いロッドと違うから、ある程度アワセを入れても、ティップが食い込んでくれるでしょう。
もう少ししっかりアワセを入れる必要があるのかも。
慣れが必要ですね。

その後も数回のチェイスがあったものの、ヒットせず。
アップで白泡にキャストして、まともサイズ追ってきたりもしたけど、食わせることができなかった。
最後の落ち込みで良型が底を泳いでるのが見えたものの、出すことはできず。

その上は開けているところだし、水が足りなくて魚影も見えないので諦め、川から上がりました。

ま、日中のカンカン照りの中のちょい投げだから、ボウズは覚悟だったけどね。
でも、チェイスはあったし、ヒットもあったのに、バラシってのはいただけない。
せっかく借りたんだから、ロッドに早く慣れないとなー。
それでも、このエリアに魚影があるのが確認できたのは収穫。
ここに居るということは、あそことあそこはどうなんだろう?
ということで、短時間だったけど、魚影を見れただけ良かった。
でも、修行の必要を感じたちょい投げでした。

遠征 その2

最近のホームは魚影が薄いので、遠征に行こうかと思っていたところにつかボンさんから連絡があって、同じ川を狙っているということだったので、ご一緒することにしました。

早朝に集合して一路目的地へ。

まずは実績のあるポイントから。
堰堤上より入り、上から堰堤下を探っていると、流れの筋の下流側にキャストしたところで軽い抵抗を感じた。
何かな?と思いながら引いてくると、小さな魚影が見える。
そのまま引き抜くと、小さなヤマメ。
とりあえずボウズは免れたけど、このサイズじゃ話にならない。

しかし、一番の狙い目の、張り出した木の下を探ってたつかボンさんにはアタリがなかったみたい。
私も探ってみたものの、水量が少なくて木の下が浅すぎる。
それに、木も枯れ気味でシェードになってない感じ。
その上流の枝のあたりがまだマシって感じだけど、ボサ前も含め、反応はない。

そのまま上って、退渓点前の岩の入った瀬の中で、再び軽い抵抗が...
極小のヤマメでした。
サイズが足りない...(笑)

一旦川から上がって、その後は放浪。

次の堰堤上の瀬の上で1チェイス。
更に上の深瀬で1チェイスしただけで、後は反応が皆無。
つかさんの下ろした足元から、ペアリングした尺イワナが逃げてったくらいで、チェイスすら稀。

その後、やっと落ち込み下でチビヤマメを追加したものの、まともサイズは見ることさえできなかった。

これはいかんということで、次に移動してみたものの、期待の護岸前は、ちょうど先行者が入渓するところで入られず。
下流の橋から上の落ち込みを狙いにいったものの、水が少なく厳しい条件。
橋下流の対岸前でやっとヒットしたものの、感触は軽い。
で、寄せてみるとチビウグイ。(泣)

堰堤下も反応なく、堰堤上も浅くて反応なし。
落ち込み下も反応がなく、上に向かってみると、途中で黒っぽい鯉みたいな魚影が逃げてった。
更に上った上の落ち込みのところでも鯉みたいなサイズの魚影が、目の前から消えてった。
こちらは黒っぽかったものの、背が赤い感じ。
何だったんだろう?
しかし、魚影を見たのはそれが最後で、後は反応がないので終了。

せっかく遠出をしたのに、まともな反応もなく、これじゃホームの方がマシだったって感じ。
更に、帰ってからひげさんから連絡があり、先日入ったポイントに入るとのこと。
その後、29cmと28cmのヤマメを上げたそうで、こんなことならそっちに行っておけば良かった。(笑)
ま、私は出せなかっただろうけど。(笑)

それでも、車の中でつかさんとたっぷり話ができたし、久々の川の現状が確認できたので、来年には繋がるかも。

つかさん、未熟なガイドで申し訳ない。
お疲れ様でしたー。

久々の集合

シーズンも残りあとわずか。
終わる前につかボンさんがロッドを振りたいということで、ご一緒することになりました。
すると、タイムリーにJAZZYさんもこちらに来てるということで、どこに入るか、つかさんと相談。
「魚影を見たいならあっちの川が良さそう」「魚影は薄いけど、皆と会うならホームリバーだね」ということで、せっかくだから皆と集合しようということで、目的地はホームリバーに決定。

まずは途中でつかさんと集合。
すると、程なくJAZZYさんも来たので、JAMESさんに一発「起きろーメール」を送ってから出発。(すでに起きてたみたいだけど...笑)

ホームリバーでもどこに入るか悩むところだけど、人数がいて釣りになりそうなところということと、一発大物狙いも考えて、ポイント選択。
現地に向かいました。

現地に着いて程なくJAMESさんも合流。
さっそく入渓。

今日はかなり減水しているので、普段は立ち込めないところも楽勝。
エリア全体を狙える状態。
そこで、つかさん&私のペアとJAZZYさん&JAMESさんペアで右岸と左岸に分かれる感じで実釣開始。
すると、入渓してすぐに、以前ニジマスをかけたことがある大岩下流で、JAZZYさんがロッドをしならせているのが見えた。
「お、良いサイズみたい」
あそこは尺ニジマスの実績があるけど、減水している最近は鯉も溜まっていたりするポイント。
さてどちらか?
すると、水面ではねるように暴れる魚影が見えたところで...ん?...バラした?
遠くから声をかけると、ラインブレイクでバレてしまったとのこと。
もったいない。
しかし、ラインブレイクということはもしかしたら2尺鯉?(笑)
後でよく話を聞いたら尺くらいだったということなんで、尺ニジマスじゃないかな。

更に探りながら上っていくものの、なかなか良い反応がない。
減水でつかさんでも渡河できそうな感じだったので、移動のコースを教えながらどんどん上っていく。
下流側を見ると、JAZZYさんペアが歩いているのは、その先絶対渡れないポイントに迷い込んでたりと、コース取りに苦戦しているみたい。
携帯で連絡取ったりしながらも、私達は少し先を進み、一番期待のポイントへ到着。

今日のコースの中でも、ここから少し上流までが一番の狙いのポイント。
つかさんに、「あそこが一番の狙い目です」と言って先に入ってもらい、私は下流側を探っていて、ふとつかさんの方を見ると、「おっ、釣れたみたい」
以前35cmくらいのヤマメをバラしたこともあるポイントで、ほぼ同じ立ち居地で、つかさんが魚を持っているみたい。

寄っていくと、20cm台中盤の綺麗なヤマメだったとのこと。
更に大きいのが一緒に追ってきて、小さい方がかかったとのことでした。
その後、JAZZYさん達に早くおいでと連絡しながら下流側を探っているつかさんに、再度アタリがあったものの、今度はバレ。

その辺で合流し、後は前後しながら釣り上って行ったものの、その後は目立った反応もないまま、JAMESさんがタイムアップで帰宅。

更に釣り上って行ったものの、数回のアタリらしきものがあった程度で、目立ったチェイスもないまま退渓点へ。
今度はJAZZYさんもタイムアップということで別れ、つかさんと二人でもう一箇所回ってみました。

途中入ろうかと思ったところは渓相が変わっていたのとフライマンがいたので諦め、次のポイントへ。
そちらもフライマンがいたものの、下流側はやってなさそうだったので、そちらへ入渓。
しかし、まったく反応がないので諦め、今日の釣りは終了。

今日は、魚影が薄いのはわかっていてボウズ覚悟だったけど、とりあえずつかさんに釣ってもらえたのは収穫。
サイズもまずまずで引きが味わえたということで、良かったですねー。(^^;
久々あの辺でヤマメを見れたし、狙ったポイントで出してもらったのも収穫。
ただ、釣れたのはそれだけだったし、JAZZYさんとJAMESさんには釣ってもらうことができなかったので、その辺は反省点。
というか、あの状況の川(ポイント)に向かったこと自体が無謀で、この釣果は予想できてたけどね。(笑)
一匹でも出たのはラッキーだったんでしょう。(^^;

今日は久々集まれて話もできて楽しかったし、とりあえずつかさんには釣ってもらえたから、まずは納得?の釣行だったかな。(^^;

ガイド失敗

今日は、語ることがない見事なノーチェイス。
書くこともなく、三行で終わってしまいそう。
とも言ってられないけど、厳しい釣行となってしまいました。

昨日は良い感じで曇っていたけど出られず。
そして今日は、晴れの予報。
そんな中、kazuたかしさんから連絡があり、「スーパーレインボーに会いたいので行きます」とのこと。
しかし、最近のホームは魚影が薄いし、カンカン照りの晴れの日は厳しい。
「ボウズ覚悟でおいでください」と伝えながら、薄暗いうちに合流して出撃。

霧の中、まずは尺ヤマメが狙えるポイントへ。
しかし、水量が少なく濁りがない状態で、まったく反応がない。
その周辺も含め、しばらく探ったものの反応がないので、本命ポイントへ移動。

今日はこちらをロングランの予定。
かなり下流側からスタートし、大物ニジマスのポイントを探りつつ上っていったものの、期待のポイントも反応なし。
水量が少なくて、落ち込みも弱いし、水深もないもんなー。
厳しい。

更に上って、深瀬や荒瀬、岩周り、ボサ前とかどんどん探ったものの、まったく反応がない。
前回スーパーをバラしたポイントも、良型ニジマスをヒットしたポイントもノーチェイス。
結局、かなり歩いたのに、まったくのノーチェイスのまま退渓ポイントへ。
退渓直前に更にトラブルもあったりと、散々の結果でした。

前日、kazuさんは近場で泣き尺ヤマメをヒットしたとのこと。
その後の遠征だったのに、ノーチェイスってのは、ガイドとして大失態。

せっかくお土産の自作ミノーをいただいたのに、私の方はガイド失敗と、ほんと申し訳ない。

次は来年になるだろうけど、良い時期に来てもらって、ぜひともガイドに成功したいものです。
しかし、釣れなくて疲れました。(笑)
kazuさん、ごめんなさい。
お疲れ様でした。(^^;

敗北

時々雨が降る天候で、今朝は条件の良い朝だったかも。
でも、昨日の疲れもあって、今朝は起きられず。(笑)

のんびりしていると、昼くらいにひげさんから連絡があって、スイムテストにお付き合いして出かけてくることにしました。

時間も時間だし、ホームリバーで釣れる気はまったくしない。(笑)
それでも、鮎師の少ないポイントを狙って入ってみることにし、ちょうど誰もいなかったポイントに入ってみることにしました。

ちょうど現地に着く頃には、強い雨が降ってきた。
で、川の様子を見ると、けっこう強い濁りが入っている。
水量もだんだん増えてきたみたい(そんなに多くはないけど)で、ちょっと厳しそう。

それでもキャストを始めると、ひげさんに一回ヤマメがかかったらしいけど、すぐにバレたそうな。
その後は反応もなく、濁りのせいか魚影も確認できないので移動。

次は、以前から気になっていた、雨の影響の少なそうなポイントに入ってみることにしました。

ポイントに着いてみると、水量はちょうど良い感じだけど、濁りがきつい。
ここも厳しいかも。
でも、ほんと、渓相的には、大物の臭いがプンプン。
これで濁りが少し取れていると、チャンスだろうなー。

しかし、対岸よりに良さげなポイントがあるんだけど、手前の流れの水深がわからず、立ち込めないので届かない。
濁りが薄ければ立ち込めたんだけど、この濁りじゃ知らないポイントは危険。
ということで、一番狙いたいところは狙えず、強い濁りのせいか、反応もないまま、退渓ポイントに到着。
諦めて、移動。

夕暮れまで残りわずかだけど、最後に、もう一箇所寄ってみました。
探りながら上っていき、最後に大場所を探り出した頃には、あたりは薄暗くなりだしてました。
しかし、対岸寄りで、盛んにライズが見られるものの、アタリは全然ない。
ひげさんに一回アタリがあったそうだけど、それもすぐにバレ。
そうこうしているうちに、暗くなってきたので終了となりました。

結局今日は二人ともボウズ。
短時間だったけどけっこう雨も降ったし、上流部でも降ってそうな感じ。
水量も若干増え、濁りもけっこう入った状態で、ちょっと厳しかったかな。
この濁りの取れかけがチャンスかもなー。

厳しい条件の中で当然の結果とも言えるかもしれないけど、厳しいボウズで終わってしまった釣行でした。

鯉?ニジマス?

最近、ホームリバーは、魚影すら見えない状態。
まったく釣れる気がしない。
釣りたいなら他の川に行った方が良いってのは判っているけど、目が覚めたのは、ホームに行くのにタイムリーな時間帯。
ということで、止せばよいのに、懲りずにホームリバーへ。
暗いうちに家を出て、薄明るくなってきた頃にポイントに到着。
ここ暫くまともな雨が降らなくて渇水状態だけど、時折雨がパラついて、地面も濡れてる状態。
カンカン照りじゃないから、今日は幾分期待が持てる...かな?(笑)

明るくなってくるのに合わせて川に降りると、雨の影響はないみたいで、水量は少なめ、濁りもほとんど入っていない。
それでも、うす雲が赤く染まった朝焼けの空を眺めながら、キャストを開始。

まずは、最初の落ち込みの下流、瀬を下った対岸に流れが集まるあたりからスタート。
すると、流れが速くなる前の、木の下の落ち込みのところで、ダウンクロス気味にキャストしているところでチェイス。
さらにキャストを繰り返していると、奥に放り込んで、途中まで引いて躍らせたミノーにヒット。

慌てず、弾かないように弱めの追いアワセを入れ、一旦手前側に寄せ、垂れてる木の枝に掛からないように気をつけながら、流れに乗せて下流側へ誘導。
そのまま一気に岸にズリ上げると、綺麗に色づいたヤマメ。
サイズも20cm台後半と、まずまず。
この辺で、久々のヤマメとのご対面。(^^;
やや色が濃くなり、体側は赤みが強く出ていて、尾の両端も赤くなっている。
ヒレもピンとしているし、綺麗だなー。

まずは早々にボウズ脱出で気をよくしながら、上の落ち込みに移動。
しかし、さすがにここは、濁りが入ってないと辛いか?
手を変え品を変えて攻めてみたものの、反応がない。
更に上に移動して、ダウンでも攻めてみたけど、結局ノーチェイス。
更にその上の瀬も、深みも、落ち込みもノーチェイスで終了。
ということで、次のポイントへ移動。

次は、まだ早めの時間帯だったので、下流部のポイントに入ってみた。
こちらは水量がかなり落ちていたので、普段は届かないところも含めて攻めてみた。
しかし、大岩周りも、流れのヨレも、深瀬も反応がない。
まったくチェイスが見えないまま、どんどん上っていき、この後通る予定の小さな落ち込みの中を探ったところでヒット。

ヤバイ。
鯉だ...(笑)
目の前にいるのは、2尺くらいありそうな、黒々とした鯉。
その背中に、モロに背がかりしているのが見える。
スーッと遠ざかる鯉に「外れてくれー」と思いながらロッドをあおると、無事フックオフ。
ミノーをロストしないですんだ。
危なかったなー。(笑)

更に上っていき、落ち込みや、流れの筋、たるみ、次々に探っていったものの反応なし。
さっきの鯉の他は魚影すら見えず、期待の流れの筋も空振り。

そのまま深瀬区間も探り、荒瀬も探り、まったく魚影がないまま、傾斜の強めで泡立った流れの広い瀬に入ったところで、久々のヒット。

深瀬と深瀬の間の瀬のちょっとした段差のあたりで、川幅のあるところだったんで、思いっきりロングキャスト。
すると、引き出してすぐにヒット。
そのとたん、ドラグが派手に鳴き出し、ラインは一気に出て行く。
そしてジャンプ。
で、デカイ。
これも2尺はありそうなデカイ魚体が、連続ジャンプしながら、どんどん遠ざかっていく。
魚体ははっきり確認できなかったけど、かなり幅がありそうで、頭も大きめに見えたし、「鯉だー」
(後で数人に聞いたら、ニジマスじゃないのと言われ、その可能性が高いと思うけど、さっきの背がかりの件もあるので、この時点では鯉と確信していた)

ヤバイ。
ラインブレイク必至だな...

ドラグは鳴りっぱなしで、ジャンプを繰り返しながらガンガン遠ざかっていく魚影。
ミノーロストは覚悟したので、ドラグがなってるのもかまわず、ガンガンリールを巻いたものの、全然近づく気配はなし。
そして、10回目くらいのジャンプのあと、突然ミノーはフックオフ。

「ラッキー」
強引に巻いたせいか、無事ミノーが外れてくれ、ロストしないで済んだー。(^^;
しかしデカかったなー。(^^;
(後で考えてみると、2尺近いサイズ?はもったいなかったんだけど、この時点では一安心していた...笑)

その後は反応がないまま、終了予定ポイントへ。
しかし、そこで対岸近くで根がかりし、いくらロッドを煽っても外れない。
しょうがなく上流を巻いて渡河し、無事ミノーを回収。
ここまで来たならついでかなと思って、更に上流も攻めてみた。

対岸付近でライズが見える中、深瀬エリアを過ぎ、落ち込みの流れの筋近くまで到達。
ここが最後かなと思った、流れの筋が弱りだす手前の、対岸の岸沿いにアップクロスでキャストし、引き出したところでヒット。

「お、これもデカイ」
一瞬、今度も鯉か?と思ったけど、ポイント的には鯉のポイントじゃない。(さっきのポイントだって、鯉のポイントじゃないけど...笑)
岸沿いのかけ上がりの向こうで、暴れる魚影は、銀色に光っている。
頭を振り、暴れる魚影はもしかしてヤマメ?
しかし、サイズはかなり大きめ。
ヤマメだとしたらかなりの良型だけど、ここのヤマメにしては大きすぎる?
少し近づいたところでよく見ると、ローリングしてないみたいだし、それに、走るというよりは、暴れながらグイグイと潜っていこうとする感じはニジマス?

どっちだろうと思いつつ、幸い岸沿いが歩きやすいポイントで、下流にも余裕があったので、無理に寄せずに、下りながらテンションをかけ続け、いなしながら岸沿いに誘導。
かなりの引きで、ロッドをもつ腕も力を入れなきゃならない感じ。
なかなか寄らずにけっこう下流まで歩いてしまったけど、段々寄ってきたところで、ネットを出して準備。
一気にネットインを狙ったものの、一回走られ、二回目で無事ネットイン。
インスタネットが重みで曲がっている状態の中、無事岸に持っていって測ると、42cmのニジマスでした。

尻尾が尖って丸々と太ったニジマス。
残念ながら尺ヤマメではなかったけど、良い引きを味わえたので、まずは満足。(^^;

しかし、そこでふと考えたのが、さっきのバラしたでかいやつ。
私は目が悪く、遠くてよく見えなかったってのもあったし、その前に鯉を背がかりしてたし、サイズもかなりデカくてさっきの鯉くらいに見えたし、てっきり鯉だと確信して他の魚種とは思わなかったけど、あれってもしかしたらニジマスだったかも...

思い返してみると、黒々とはしてなくて、うっすら赤っぽい色が見えた気もする。
もしかしたら、50cmオーバーのニジマス?
「後で友人に聞いてみると、鯉にしてはジャンプしすぎじゃないの?」
「そんなにバンバン飛んだなら、デカイニジマスだったんじゃない?」
ってことで、ニジマスだった可能性の方が大きそう。
そうなると、ちょっともったいなかったなー。
無理に巻かずにいなして、時間をかけて取り込む努力をすれば良かった。
てっきり鯉だと思ったから、早く結果(ラインブレイク)を出したくて、強引にひたすら巻いちゃったけど、あれがニジマスなら惜しいことしたなー。
次回があればだけど、次は、鯉だろうがニジマスだろうが、取り込む努力だけはしておいた方が良いかもなー。(笑)

話は戻って、まずは良い引きも味わえたし、良型をキャッチできたんで、ヤマメではなかったけどまずは満足。
全然魚影がなく、チェイスすらない中でのヒットだったから、ニジマスでも釣れてくれて良かったな。(^^;

そこでポイントは終了ということで、後は車へバック。
ちょうどまめむしさんから「どっか入ってますかー?」「スイムテスト(自作ミノーの)に、そちらに向かいますね」とのことだったので、時間をかけながら車に戻ると、ちょうどまめさんも到着。

これまでの状況を話した後、水がなくて入る場所はないものの、幾分でも水量があってテストできそうなところへ移動。

しばらくその辺を探ったもののノーチェイス。
一応数匹の鮎らしい魚影を見た程度で、追ってくるような魚影はまったく見えない。
ま、水量が少なくて、濁りもないし、これじゃ無理だろうなー。(笑)

結局、まめさんのスイムテストも終わるのを待って、ノーチェイスのまま終了。
川から上がりました。

今日はほとんど魚影がない中で、どうにか良型ニジマスも釣れたし、一応まずまずサイズのヤマメも釣れたし、最近の魚影の薄いホームリバーとしては、良い方だったんじゃないかな。
ただ、気になるのはバラした大物。
あれがニジマスだったとしたら、もったいなかったなー。
次回からは、捨てずに、少なくとも魚影確認まではしておいた方が無難かな。(笑)

ヒット率は悪いし、ホームリバーはもう諦めた方が良いのかも。
少なくとも、増水がなければ、他の川に行ったほうが良さそうかな。
でも、とりあえず今日はお魚とも会えたし、魚影も薄くて疲れたけど、その割にはどうにか楽しめた釣行でした。

秋ヤマメ

しばらくまともな雨も降ってないのでホームは釣れる気がしない。
ということで、今日は久々の川へ行ってみることにしました。
早めに現地について、しばらくはまめさんと話をしながら夜が明けるのを待ち、薄明るくなるのに合わせてカップラタイム。
ラーメンを食べて用意をしているうちに夜も明け、いざ出陣。(^^;

まずは、川の様子を見て水量や濁りを確認。
うーん、濁りは入っているけど、水量が少ない。
ちょっと厳しそう。
でも、ホームの支流筋に比べれば、まだチャンスはありそうな雰囲気。
ということで、下流側を探り出したまめさんを横目に、上の落ち込み下をチェック。
すると早速、落ち込みの白泡の流芯の中でヒット。

無理せずに流れに乗せて寄せると、まずまずサイズのイワナ。
岸にズリ上げ測ってみると、28cmとちょっと尺には足りなかったものの、朝一の一匹で坊主は免れ一安心。(笑)

小手調べは終了したので、そこからどんどん釣り上がっていきました。
しかし、今日は濁りはあるものの水量が少なく、水勢が弱いせいか反応はイマイチ。
深みや淵、トロ場は反応がない。
こうなると、期待は落ち込み周辺の白泡周り?
なんて言いながらどんどん上っていくと、岩がゴロゴロ入って流れの複雑な平瀬の、比較的浅い岩の後ろのところで、アップで釣っていてヒット。
サイズは20cmくらいとイマイチだけど、やっとヤマメが釣れてくれた。(笑)
しかし、その後はなかなか厳しい状況。
たまに反応があっても食ってこない。
やっと落ち込み下のボサ前の深みで食ってきたと思ったら、バラシてしまった。
うーん、フックが甘かったねー。

しばらく上って岩とボサのある良い感じの落ち込みに到着。
チャンスは落ち込みの白泡だろうなー。
ということで、アップのロングキャストで右奥に放り込み、白泡のあたりまで引いてきたところでヒット。
手ごたえもあるし、走ろうとする魚影が見えると、まずまずのサイズということが確認できた。

私にしてはなぜか珍しく冷静で、強くなりすぎないように気をつけながら追いアワセを入れ、焦らないように、強引になり過ぎないように寄せる。
近くまで寄せると、良いサイズのヤマメ。

もう少し落ち着かせた方が良いかな?と思いながらも、あまり余裕をこいててバラすのも嫌なので、一気にネットインを狙う。
そして、「落ち着いてー」と声をかけるまめさんの前で、一回しくじりかけたけど、どうにか無事ネットイン。(^^;

キャッチしてからじっくり見てみると、全体的に赤っぽくというか茶っぽくなった、綺麗な秋ヤマメ。
サイズは、ちょっと足りない28cm。
なかなか尺は越えられませんねー。(笑)

体側のパーマークはそこそこはっきりしていて、腹の方までしっかり斑点が入っている。
そして、背の方の点が、黒というよりは明るい茶色。
側線のあたりも、かなり朱色って感じ。
以前に釣った色づいたヤマメともちょっと違う色按配。
面白いし、綺麗だなー。
まずはしっかり堪能できました。(^^;

ちょうどまめさんが後ろの上の方からギャラリーしていて、ヒットの瞬間から見てたそうな。
良型が追って来るのが見え、トゥイッチで踊ってるミノーへのアタックに失敗し、食いきれないでアタックを繰り返すのが見えてたそうな。
ギラリと魚体を光らせながら、数回のアタックをしていてヒット。
ロングキャストということもあって、私には魚影は見えなかったけど、食わせるタイミングを作るって点で反省が必要かも。
もしかしたら、それによってヒット率も上がるのかもなー。

良型ヒットで気をよくしながら、更に釣り上っていったけど、再び厳しい状況が続く。
それでも、暫く上ったところで、落ち込み下の平瀬で良型がチェイス。
けっこう良いサイズだったものの、食わせられず、そのまま戻っていった。
ということで、再び狙って、アップクロスで落ち込みにキャストして引き出したところでヒット。
しかし、感触は大物ではない。
ということで、一気に寄せていると、その後ろを、ヒットしたやつの倍くらいのサイズのやつが追ってきていた。
うーん、そっちが掛かってくれれば良かったのにー。(笑)
釣り上げたヤマメは20cm程度だったから、追ってきたのは確実に尺はあるよなー。
悔しーい。(笑)

更に上っていったものの、後はやっぱり落ち込み下で、20cm台前半のヤマメがヒットしたのみ。
更に一回バラシがあったものの、たぶんそいつもサイズはその程度。

反応がイマイチだし、かなり歩いて疲れてたので、その辺でストップし、帰路につきました。

今日は数は出なかったけど、あの水量じゃしょうがないかな。
でも、良型の綺麗なヤマメが拝めたし、疲れたけど楽しかった。
まめさんも、久々の山岳渓流を堪能できたみたいで、楽しい一日でした。
1/2 >>