Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

楽しい楽しい交流会

●下準備編

最初はひげさんの一言からスタート。
「みんなで集まりたいよねー。反省会したい。」
それに合の手を入れた私。
「そうだよねー。やりたいよねー。」
なんて、たわいない会話から企画スタート。

そんな話をしているうちに盛り上がり、「ひげカップ」と合同企画なんて流れに...

実はこんなこと、以前にもやってたんです。
2005年の10月21〜22日にG湖畔のキャンプ場で。
「第一回ひげカップ」と銘打ち、釣りとバーベキュー&キャンプのセットでの企画。
優勝商品は「DO-LUCK ひげミノー」ということで、燃えまくったメンバーが集まり、夕方からバーベキューで酒盛りやって大盛り上がり。
燃えすぎた皆さんは深夜まで飲みまくり、おかげで大会本番の朝は、無理やり起こしたつかボンさんと私のみがキャストしてました。(笑)
結局、2名しか起きられなかった「ひげカップ」は幻と消え...(笑)

後に、2006年6月3〜4日に「第二回ひげカップ」が行われ、つかボンさんが優勝。
ということで、今回が「第三回ひげカップ」?


その後、ひげさんに「どこが良い?」とかいろいろ聞かれ、知ってる限りの情報を提供。
今年の秋は早い気がして、なんか寒いってこともあり、とりあえず、他の候補地も下見してみようということになり、一回下見の旅へ。
近場をメインに山際や里近くとかいろいろ回ってみました。

メンバーからも、「寒いのは嫌」という意見もあって、結局、G湖は諦めて、キャビンが安く使える「都南つどいの森」に場所を決定。

後は持ち物等の打ち合わせを重ねて、とうとう決行とあいなりました。

●本編

開催期日は2009年の10月17日〜18日に決定。
場所は都南つどいの森でキャビンを借り、バーベキュー&酒盛りをして、翌日には「第三回ひげカップ(仮)キャスティング大会」を開催ということになりました。

各方面に声をかけていたけど、仕事が忙しかったり、試験があったり、用事があったりと「残念ながら不参加に相成りました」なんて人もいて、結局集まったのは7人。
参加メンバーは、ひげさん(幹事&大道具担当)、Yuu(幹事補佐?&大道具担当)、根が坊さん(食事&調理機材担当)、つかボンさん(つまみ担当)、kazuたかしさん(小道具担当)、JAMESさん(仕事のため夜のみ参加)、スペシャルゲスト(シークレット)ということになりました。

当日は、直前まで「話のネタ」(釣果の写真や今年の釣果情報他)をまとめたり、キャンプ道具を引っ張り出したりして大変だったけど、どうにかそのハードルもクリアし、パッキングといえない状態でバッグに放り込んだ大荷物を車に詰め込み、ひげさんとつかさんと連絡を取り合いながら早めに集合。
ちょっとした買出しをしてからつどいの森へ。
現地に着いたのは、受付開始の2時ちょうど。(笑)
さっそくキャビンを2棟(1棟一泊2千円)借り、片方には電気(500円)もお願いして、後は車を交代でキャビン横まで持っていって荷物降ろし。

下見の時には見れなかったけど、キャビンの中も良い感じ。
「これで2千円(一棟四人)は安いよねー」「前回と違って寒い夜を過ごさないで済むねー」なんて言いながら準備開始。

あーだこーだ言いながらタープの位置を決めて、まずはタープ張り。
「張り方忘れた」なんて言ってるひげさんの指示で、どうにか設営完了。(笑)
その後はテーブルを並べたりイスを並べたりしたものの、バーベキュー道具が来ないことには、位置決めもできない。
そうこうしているうちにkazuたかしさんが登場。
ひげさんとは初お目見えということで、軽く紹介&挨拶をした後、さっそくkazuさんの小道具でコーヒーを沸かし、まったりと話をしながら他のメンバーを待ちました。

時間があったので、宿題となっていた各自の釣果の写真を見せ合ったり、イワナ池にイワナを見に行ったり(釣り人の集まりだから、皆が心が騒ぐ状態...笑)してから翌日のキャスティング大会用のタックルをひげさんが試用。

実は数日前にひげさんと打ち合わせを行い、キャスティング大会用のタックルは、イコールコンディションを狙って、「使ってないタックル」「変なセット」というコンセプトで、ちょうど私のところにあった未使用のしょぼいロッドを使うこととしてました。
持ち出したのは、管釣り用みたいな柔らかさの56のパックロッド。
それにリールは普通のをつけ(変なリールを使いたかったけど、ちょうど良いのがなかったので)、ルアーはフローティングの35mm・2gというセット。
張りのない柔らかロッドで2gのミノーをキャストし、離れた木の根元に置いた段ボール箱に入れるという感じです。

ロッドを振ったとたんにひげさんは大絶賛。
「最高、超難しい(笑)」
箱を置いた木のは、少し上にいくらか枝も出ていて、シェードの下に投げ込むシュチュエーション。
難しいです。
おまけにタックルが...(笑)
賞品提供で競技参加しないひげさんは、本番用の滅茶苦茶タックルで挑戦するものの、さすがのひげさんもなかなか入れれない状態。
本番タックルは他の人は試用不可(イコールコンディションのため)ということで、他のメンバーも、つかさんの高級タックルを借りてちょっとだけ練習。←良いのかな?(笑)
こちらはさすがに狙えるものの、本番用は難しそうだなー。(笑)

そうこうしているうちに、料理担当の根がかり坊主さんが登場。
私もkazuさんも、根が坊さんとは実際にはお会いしたことがなかった(ウェブ上では話してたけど)ので挨拶大会をしてから、準備開始。
バーベキューコンロやダッジオーブン、その他大量の機材と食材を配置し、早速炭起こしスタート。

炭も起こり、暗くなったところで、スペシャルシークレットゲストのチャップ横田さんが登場。
今回は、北海道遠征前夜ということなのに、わざわざおいでいただきました。(^^;

初顔合わせの皆さんとのご挨拶が終わって、荷物をとりあえず車から降ろしてから、焼き焼きスタート。

遠野ジンギスカンからスタートし、焼肉、焼き魚、他いろいろ食べながらの会食。
つかさん特製の「さんまのなめろう」「塩キャベツ」「特製煮卵」や、kazuさん特製の「貴重なワカサギ燻製」、チャップさん持参のなかなか手に入らない焼酎(すいません。名前を忘れました)、その他のアルコールと、盛りだくさんのメニュー。
そのうちに、根が坊さんの「特製いものこ汁」も登場。
凄い...(^^;

チャップさんとひげさんのコアなミノー談義とか、いろんな経験談、その他貴重な話を聞きながら、思い出話に盛り上がりながら夜も更けていく...
楽しかったー。(^^;
夜も更けてきてから、雨がパラつきだしたところで、後片付けをしながら荷物をキャビンに移して、民族大移動開始。

すっかり出来上がったチャップさんを引っ張って、場所をキャビンに移すと、今度はチャップさんのDVD(根が坊さん持参)を見ながら更に盛り上がる。
担当者(←やなさん?...笑)欠席で、駄洒落全開のチャップさんに適切な合の手が入れれないでいたメンバーだったけど、この頃には暖機運転も終わっていて、DVDに映った魚影に「ニジマスだー」と言うチャップさん(釣った本人)に速攻で「ブラウンでしょう(笑)」と突っ込みを入れるひげさんとか、すっかり出来上がってる状態。(笑)
それまで、合間を見つけては料理をしたり翌日のための仕込をしたりと奮闘の根が坊さん(ほんと、ありがとうございます)が船を漕ぎ出し、年寄り組み?(つかさん、ごめん...笑)もグロッキーということで、そこで一旦お開き。

前述のメンバーの介護?をkazuさんに任せ、寝部屋へ送り込んだ後、ひげさんと私の二人でDVD鑑賞を再開。
すると、30分もしないうちにJAMESさん登場。
惜しかったー。
あとちょっと早く来れれば、まともな食事にありつけたのに?
JAMESさん、申し訳ない。(笑)

その後は、DVDを見て、JAMESさんとひげさんの自作談義、設計の話を聞きながらも、私も眠かったので、順次急かしながら寝る体制に持って行きました。
そのまま2時半過ぎに電気を消し、ライトをつけながらアイディアを練っているJAMESさんを残して就寝。

寒いと思っていたのに意外と暖かい夜だったし、キャビンでは電気ストーブも使っていたせいか、なんか暑くて寝苦しい。
シートを敷いてから寝袋をしいていたけど、慣れない布団?で腰も痛くなるし、熟睡できない。
と思いながらもいつの間にか寝入っていると、JAMESさんの逆襲か?(笑)
突然のバタンという音で目が覚めると、JAMESさんの手が目の前に。
寝返りを打って横に半身になったJAMESさんが私の領地を侵略中。(笑)
ちょうど時間は4時半で外で人の気配がしたし、寝苦しくて眠れそうになかったこともあって私も起床。
真っ暗な外に出て炊事場に行ってみると、やっぱり起きてたのは根が坊さん。
一人で起きての朝食準備、お疲れ様です&ありがとうございます。

役立たずの私が邪魔する中、いものこ汁を煮たり、秋刀魚の炊き込みご飯を作ったりと奮闘中。
そういえば、前夜のキャビンへの移動の頃に、kazuさんが瞬時に秋刀魚を三枚におろしたり(見事でした)と、下ごしらえしてましたねー。

昨夜のキャビンへの移動の際に、雨に備えて濡れたら困るものを移動したりしてたのが幸いしたけど、夜中の強い雨でタープの中まですっかり濡れていて、イスも使えない状態。
そんな中、根が坊さんと二人で、いろいろ雑談しながら、夜が明けて皆が起きてくるのを待ちつつ、パーコレーターでコーヒーを入れて飲みつつ朝食準備。(^^;

昨夜、燃えるゴミの袋を下においておくとヤバイ(動物が食い散らかしに来たら大変)と思って、念のため、炊事場の流しの中に入れておいたんだけど、そのビニール袋に食い破った跡があるとか、いろんな話をしているとkazuさんが起きてきた。
すると、その原因が判明。
kazuさんは眠れず、夜中にトイレに起きてきた時、逃げていく狐を見たそうな。
そういえば、ゴミの袋の上に入れていた、秋刀魚の骨がなくなっている。
狐が来て、持っていったんだなー。
なんて言ってるうちに、kazuさんは再度の就寝に挑戦にキャビンへバック。
すると、少したってからつかさんが登場。
早速コーヒーを所望するつかさん。(笑)

そのうち夜が明けてきて、皆さんが顔を出し始めたあたりで、つかさんがひげ&JAMESコンビを強制的に起こして全員集合。(笑)
そこから再びミノー談義。
前夜、すっかりひげミノーに魅了されたチャップさんに、明るいところで再度、ひげミノーを紹介。
いろいろこだわりのあるひげさんのミノーだから、実際にスイムテストしてみたいもんですよね。
ということで、見事ひげミノーをゲットしたチャップさん。
その後、バラットやその他の明日から使うミノー(北海道遠征)も見せていただきました。
ミノーの品評会?ミノー談義をしているうちに時間もどんどん過ぎていき、タイムアウト寸前にJAMESさんに朝食を提供し、無事送り出したところで、私達も食事開始。
秋刀魚ご飯、いものこ汁、美味しかったです。(^^;

食事をしながらいろいろ話し込んでいると、いつの間にか残り時間がなくなっていて、慌てて撤収準備。
どうにかこうにか荷物をまとめ、時間ギリギリに鍵を返しにいけたのは良かったけど、キャスティング大会の時間がなかった。
ということで、鍵を返してから、キャビン前で大会開始。

しかし、難しい...
まぐれだろうけど、昨日、つかさんのロッドを借りた時は、私は3投目で入れれたのに...
柔らかグニャグニャロッドに苦戦し、惜しいショットはあるものの、入れれない人続出。
各10投で交代だったけど、全員挑戦したのに誰も入れれず、第二クールに突入。
と思ったら、管理の人に掃除するので移動してくださいと言われて、そこで大会も強制終了。(笑)
下の駐車場でという手もあったけど、もう良いでしょうということで、優勝者無しでも満足のまま、駐車場へ。
そこで記念写真を撮ってから、順次別れて帰路につきました。
いやー、楽しい交流会でした。
貴重な話をいろいろ聞けたし、いろいろ話もできたし、美味しいものも食べれたし...
楽しかった。(^^;

当初予定では、今年のさまざまな反省と分析、情報交換の予定だったけど、盛り上がってその辺の詳しい話はできなかった。
でも、楽しかったから、これもありでしょう。(^^;

忙しい中、駆けつけてくださったチャップさん、ありがとうございます。
食事の用意をすっかり任せてしまい、奮闘して大変だった根が坊さんありがとうございます。
企画のひげさん、そして、さまざま楽しませてくれた皆様、ほんとありがとうございました。

楽しい一夜もあっという間に過ぎちゃったけど、次は何があるのかなー?
チャップさんの遠征報告会?
そして、今度こそ今年の反省会?
楽しい時間がまたまた訪れると良いなー。
ほんと、釣りって最高!(^^;
1/1