Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

低活性

明日もわんこの病院の予定があるので、今日のうちに出撃することにしました。
しかし、ここ数日は、かなり寒い。
週初めからの雨は収まったものの、曇りで、さらに3月下旬並みの気温。
こりゃ、活性低いかもなー。

とりあえず、前回入る時間がなかったポイントからスタート。
今日は水は多めだけど、色は薄め。
けっこうクリアな感じ。
期待しながら入ったけど、落ち込み下は反応なし。
水量も良い感じなんだけど、水温はけっこう低そうだ。

そのまま上っていき、荒瀬の途中の魚のつくスポットも、水量があって流れが強いせいか反応なし。
そのまま荒瀬上まで上り、上のエリアを探るものの、沈み岩の入ってるポイントも、ボサ前も、岩周りも反応なし。
更に上ったところの落ち込み下を、ダウンで探ったところで初めての反応。
一瞬ヒットしたものの、すぐにバレ。
小さめのヤマメって感じ?
もう少し強めにアワセを入れれば良かったかな?

しかし、反応が薄い。
魚が居ないのか、いても反応しないだけなのか?
この辺は魚影が薄いのかもなー。
それに、今朝は曇りだし、まだ寒いし、活性が低いのかもなー。

結局反応はそれのみで、上流側から降りてきた先行者がいたので諦めて移動。

来る途中に見たポイントにも車があったし、今日は釣り人がそこそこ入ってるみたい。
それを考えると、魚同様、自分の活性も下がってしまい、次のポイントで悩む。
ま、メジャーポイントは先行者が入っただろうから、上の様子を見てこようかな。
ということで次は荒瀬とトロのあるポイントに入渓。

まずは荒瀬の中間を、ダウンクロスで探ってみた。
すると、今度は反応あり。
たぶん小型のヤマメ?がチェイス。
更に対岸に投げて引いてきたところでヒット。
しかし、すぐにバレ。
こりゃ、フックが鈍ってるな。
それでもアワセを強めに入れれば?と思ってキャストしたところで、再びバレ。
諦めてフック交換。
そして、今日の初ヒット。(笑)

ダウンクロスで流れの筋に入ったところでヒット。
アワセを入れた後、流れに負けない程度で寄せてみると、やっぱり20cmくらいのヤマメ。
うーん、サイズがなー...
本来ここは尺イワナが居てもおかしくないポイントなんだけど、出てこないのは自作のせいなのか?腕のせいなのか?居ないのか?

そのまま上って行って中間区間は反応なし。
上のトロ区間に入ると、中間地点あたりでチェイス。
更に一回、ショートバイト。
そして、やっとヒットしたものの、今度のは、さっきよりも小さいヤマメ。
ま、この状況だと、ここに大物が入ってくるのはもう少し先かもねー。
そしてポイント移動。

次は、今朝、先行者の車があったポイントに様子見に入ってみることにしました。

しかし、反応がない。
荒瀬下の深瀬に期待したものの空振り。
その下流の深みも反応なく、低い水温で足が冷たくなってきたので、諦めて移動。

次は尺イワナポイントへ。
しかし、水量多めで流れもきくつ、低活性だと厳しそうな雰囲気。
下流側はまったく反応なし。
対岸沿いの浅瀬に障害物があれば良いのだろうけど、開けているし、届かないし...

そのまま上っていき、落ち込み下の深みに近づいたあたりで、対岸から深くなりだすあたりで、自作の中でもまずまずの泳ぎをしていたホロバージョンが根がかり。
ここじゃ対岸に渡れないし、ちょうど深くなったあたりだから、回収不能だろうし...
泣く泣くラインカット。

ますます落ち込むテンションの中、落ち込みへ到達。
さすがに今日は激流。
アップでは狙えないので、上に回ってダウンで...と思ったけど、流れの境目の美味しいあたりが、激流のためと渓相変化のために非常に狭い。
そして、「あー、モロに木の枝が入ってる(泣)」
それでも果敢に境目を攻めていて出てきたのはヤマメ。
サイズは20cmちょい。
ここは大物イワナを狙ってたんだけど、あの狭いスポットでは沈ませるのは厳しい。
底についてるかもしれないけど、私の道具と腕では攻めようがないので、諦めて帰路につきました。

今日は、ボウズは免れたものの、反応がイマイチ。
小型のヤマメのみで、ちょっと残念。
それに、お気に入りの自作プロトをロストはショック。
しかし、自作の動きのチェックの面では成果あったかな。

ウェイト位置の前のバージョンは、沈降姿勢のせいか、ラインと絡むトラブル多発。
後ろにズラしたバージョンの方がトラブルが少ないし、泳ぎもマズマズ。
ということで、後期バージョンの方が良さげ。
ヘッドアイの位置を変えたバージョンとの違いも、変えたバージョンの方が、好みの動きに近い気がする。
ただ、もぐりが浅い気がする。
これは動きのせいか、リップ角度なども含めた個体差のせいか?
微妙なところなので、数をこなさないと、原因がはっきりしないかな。
ということで、次のバージョンの方向性という意味では成果あり。
それにしても、そろそろ良型を釣りたいところ。
次回こそ、頑張りたいものです。(と言いつつ、ちょっとテンション下がってるかな...笑)

スイムテスト その6

昨日も送迎やらなにやらで一日がつぶれ、今日も恒例の午前の用事の後、わんこを病院へ連れて行く予定。
しかし、せっかく仕上がったミノーのスイムテストもしてみたかったので、唯一空いていた早朝のみ、ちょいと行ってきました。
近場でとも思ったんだけど、気になるポイントへちょいと足を伸ばして、テストがてら偵察もしてきました。

目が覚めるとすでに明るくなっていたけど、この時期は朝が早いので、まだじゅうぶん時間はある。
ということで、5時頃出発。
先行者がいるか心配だったけど、現地に着くと、車もないので大丈夫みたい。
ということで、そのまま入渓。

まずは下流のプールが気になる。
最初の渡河地点は増水していてちょっと厳しい感じもしたけど、無理やり渡って、下流部からスタート。
しかし、流れの複雑なあたりは反応がない。
50mmホロ・カラー・ディープ、60mmホロ(ウロコつき)

一旦流れの穏やかなあたりまで下って、出来上がったミノーに結びなおし、今日のスイムテスト開始。
まずは、ウェイト位置を若干見直したバージョンの、ホロのギラギラ系からスタートすると、泳層もまずまず、飛距離もまずまず。
しかし、泳ぎはあまり変わってない気もする。
やっぱりボディ形状も見直す必要があるかも。

そのまま、対岸の際を狙っていると、岩の沈んでる付近で、ギラリと光ながら反転する魚影が見えた。
チェイスあり。(^^;
しかし、その直後に、張り出してた木の枝に引っ掛け、回収のためにポイントをつぶしてしまう。
せっかく水深のある良い場所なのにもったいない。
おまけに、水深のためもあって手の届かない高さの枝だったので、回収に手間取り一苦労してしまった。
それでも無事回収。
ポイントをつぶしてしまったので、そこから上流に向かうか、それとも久々下流を探ってみるか思案。
久しく行ってなかったので、まずは様子見と思って荒瀬を下りました。

荒瀬下の水量のあるポイントは、ちょっと流れがきつい感じ。
それでもクロスで探ってみる。
すると、U字のあたりでギラッと光った瞬間にヒット。

暴れながら逃げようとする魚影はヤマメじゃないかな?
サイズはたいしたことないか...
流れの中のダウンの状態なので、フッキングはオートフッキングでバッチリのはず。
抵抗でバレないよう、巻き取りスピードに気をつけながら寄せ、無事ズリ上げてキャッチ。
やっぱり20cmちょいのヤマメでした。
さすがに強い流れの中にいたヤマメで元気。
無事ボウズ脱出で一安心。(^^;

更に、少し下流の大岩の上流でもヒット。
クロスで投げて引いてきて、手前岸近くでダウンの状態で巻いてるところで、岸沿いからビュッっと走る魚影が見えたとたんのヒットでした。
こちらも、グリングリンとローリングを始めたのでヤマメでしょう。
無事寄せてキャッチしてみると、さっきよりちょっと大きなヤマメ。
新型のホロバージョンは、なかなか好調。
ホロは効くかも。
こういう状態だとアピール性が高くてちょうど良いのかもねー。

連続ヒットを楽しんだ後は、本命のスイムテストに復帰。
この辺の水量の多いタイミングなんで、速い流れや岩周りの複雑な流れ、落ち込みや深い筋など、いろんな状況が試せるかも。

ということで、少しづつ移動しながら、次々とスイムテスト。
今回は、前回に比べ、サイドのアルミやホロの貼り方を変え、ウェイト位置の変更前と変更後のやつ、サイドも塗装のバージョン、ディープタイプなどを用意。

まずは、ウェイト位置を変えたホロバージョンは問題なく、魂も入った。
次は塗装系をテスト。
こちらも、泳ぎの方は問題なし。
更に、ウェイト位置変更前のホロバージョンもテスト。

すると、再びヒット。
今度は岩前のあたりで飛び出してきてのヒットだった。
今度は小さめだったけど、やっぱり流れの中の魚は元気。(^^;
更に60mmのホロバージョンをテスト。
しかし、こちらはリップが曲がってついてるのか?ちょっと泳ぎがおかしい。
どうにかアイ調整で泳がせることはできたけど、動きに不満が残るのでお蔵入りか?

そうこうしているうちに時間も押してきたので、入渓点へ戻りつつ、キャストを繰り返しているうちに、とうとう対岸沿いの岩のあたりで根がかり。
うーん、プロト(それもさっき魂の入ったホロバージョン)はロストしたくない。

しかし、ここでこの水量の時に渡河できるんだろうか?
ちょうど目の前は、落ち込みと落ち込みの中間。
流れは速くてキツそうだし水深もあるけど、波立ってないポイント。
押しの強さと水量に恐れを抱きつつも、そこはかなりチャレンジャーな私。(笑)

「いざとなれば泳ごう」
「この時期の水(雪代だもんなー)はそうとう冷たいだろうなー」

強引に、かなり苦闘しながらも渡河にチャレンジ。
どうにかこうにか無事対岸へ。
プロトは回収できたものの、二度目の渡河の勇気はなかった。(笑)
ということで、今まで歩いたことがない対岸をどうにかこうにか上っていき、荒瀬の上で無事ルート復帰。
草の茂ってない時期だったんで、どうにか通れてよかったなー。(笑)

更に、上のプールでもヒット。
対岸沿いにアップクロスでキャストし、沈み岩のあたりを通したところでヒット。
岩の辺りにいたというよりは、たぶん、岸沿いから追ってきたんじゃないかな?
今度も小さかったけど、やっぱりホロバージョンは効果あり?(^^;

最後に、ディープタイプ(ミディアム)のテスト。
これはリップの曲がりがモロに影響しそうで心配していたけど、どうにかアイ調整で対応できる範囲。
これは一応、無事に使えそう。(^^;

というところで持ち時間が尽き、車へと急ぎ足で戻ることになりました。
本当はこの上のエリアがやりたかったんで心残りだけど、すぐに帰らないと用事に間に合わなくなってしまうのでしょうがない。

最後の渡河をどうにかこなし、車に戻る途中でまめさんからメール着信。
「どっか入ってますかー?」ってことだったけど、残念ながら合流できずに帰路につきました。

今日は朝一のみでテストがメイン。
と思いながらも、とりあえずヤマメも釣れたんで満足。
本命コースに回れなかったのは心残りだけど、久々のエリアも楽しめたし、ハンドメイドのテストも成果があったので、まずは納得の釣行でした。

2010ハンドメイド その3


とりあえず、今年の第3〜6ロットが仮完成。
なぜ仮かというと、リップを付ける前段階までの完成だから。

一気にリップにいっても良いのだけど、なかなか手がかからない。(笑)
あと、リップ形状や角度、取り付け位置とか、変更したくなった時にすぐ変えられるよう、在庫という意味もある。
一気にいっぱい作ったって、どうせミノーケースに入れれるのは限られるしね。(笑)
ということで、この在庫から、必要に応じて、少量づつ完成させる予定。

今回仮完成したものは、基本的な形状は前回と同じ型紙を使ったもの。
それをベースに、50mmと60mmのサイズを作製。
50mmは、ウェイト位置をずらしたものと、アイの位置をずらしたものもあり。
あとは塗装のバリエーションの練習とか。
ホログラムやウロコ模様つきホログラム、グロー、黄色もスプレーのウロコ模様入りや手塗りと、仕上がりテストも兼ねてやってみました。
塗装系は魚の反応がどうなのか?
ウェイトやアイの位置変更は、動きにどう影響するのか、楽しみ。
ということで、後は少しづつ仕上げて、試してみたいと思ってます。(^^;

そして、その次の形状変更も作業に入りつつ...(作業が止ってるけど)
続きを作るとしたら、ウレタン、買わないとなー。(笑)

雪代増水

7月並みの暖かさの後は3月並みの寒さと、寒暖の差が大きすぎる最近の気候。
とはいえ、ホームリバーは雪代真っ最中のはず。
それでも、幾分影響の少ないだろう早朝を狙って行ってみました。

家から出ると、外は濡れていた。
やっぱり昨晩は雨が降ったんだなー。
影響はあるのかなー?

どこに向かうか悩みながらも、増水すると入れないので朝一しか入れないだろうポイントに、まずは向かってみました。

現地に着くと、やっぱり増水していて雪代の色も入ってる感じ。
それでもどうにかポイントまで渡れそうだったので、増水する前に探ってきましょう。

まずは分流の方を探りながら一旦下ったものの、流れが強いので、狙いは岸沿いのみか?

しかし反応がないまま、下流の落ち込みへ。
この手前が狙いのポイント。
しかし、反応はイマイチ。
それでも、岸沿い、流れの境目、ダウン気味で、アップ気味で、クロスでと攻めているうちに、一気にガンときた。

ダウン気味のポイントだったので、強くなりすぎないように気をつけながらアワセを入れ、強引になり過ぎないように気をつけながら寄せる。
ダウンの抵抗はあるだろうけど、この感触はまずまず?
走ろうとする魚影を押さえ込み、無理ない程度で寄せたところで、ちょっと危険は感じたものの、一気にズリ上げ。
お、思ったよりもデカイ?
色が薄く、パーマークはかすかに見える程度だけど、幅広のヤマメ。
幅広のため大きく見えたけど、サイズを測るとかろうじて20cm台後半。
しかし、たっぷり太って、幅広で、サイズ以上にボリュームがある感じ。
楽しませてくれました。
ありがとう...(^^;

まずは朝一にヒットということで、ボウズ脱出で一安心。
しかし、その後は...
流れが強すぎるし、良さげなポイントに障害物があって攻められなかったりとか、イマイチ攻め切れない?
反応も見られず、やっぱりこの川は魚影が薄いのか?なんて考えながら歩き回り、結局ヒットした以外はチェイスすら見えないまま移動。
移動途中に会った餌釣り師に声をかけると、そちらもイマイチの状態みたいで、道具を置いて山菜取り師に変身していたみたい。(笑)
雪代が入って、魚はあまり動いてなかったのかも。

一気に移動し、別河川へ。
しかし、こちらも、思った以上に雪代の影響が出てるみたい。
さっきの川よりも色が入ってるし、増水して流れもキツイ感じ。
支流の流れ込みの方も探ってみたものの、チェイスも見られず、本流も反応がないので移動。

次は、小堰堤とトロのあるポイント。
ここは増水時に良い思いをしているところ。
しかし、堰堤上から軽く探ってみてもチェイスは見えない。
上のトロの様子を見ようと思ったところで、上流からルアーマンが帰ってくるのが見えた。
先行者がいたんですねー。

というところで、先行者と挨拶した後情報交換。
が...
そっから一気に立ち話へ移行。
そのまま、座り話へ移行?(笑)

ポイントの話、いろんな川の話、ルアーの話、ロッド改造の話、ハンドメイドルアーの話...
いやー、面白かった。
思わず、三時間くらい話し込んでたんでは...?(笑)
これから秋田に向かうというTさんとは、じっくり話し込んでしまいました。
ハンドメイドルアーの塗装の話や泳ぎの話、PEラインの話、秘密の川の話まで教えてもらって、非常に楽しかった。
連絡先を聞かないでしまったけど、またご一緒してみたいもんです。(^^;

たっぷり話し込んで別れた後、もう一度目の前のポイントへ。
時間があいたので、先行者の影響は薄れてるんじゃないかな?

Tさんの話では、堰堤下で一回良型がチェイスしてきてバイトしたもののフッキングしなかったとのこと。(それ以外は反応なし?)
ここは大物もいるポイントなので、今日は自作で攻めていたけど、ここで秘密兵器を投入。
安比釣り道楽ミノーのオレンジ/ホワイトを結び、まずはつかさんポイント(手前側)から攻め始めた。
しかし、増水で流れが激しすぎるのか、反応はない。
ということで、中間の流れの筋の近くへ狙いを変更。

すると、泡立ちの終わり付近でヒット。
この辺は、良型ヤマメのポイントのはずと思ったものの、感触は小型。
寄せてみると、案の定、小型のヤマメ。
それでも魚影が確認できてスイッチオン。

奥の尺イワナポイントに狙いを変えてみたけど、さすがに今日の水量だと厳しい?
ストラクチャー周りを探ったものの、普段は水面から出てるあたりも水の下だったし、流れが強すぎる感じ。
下流側の岩前も、普段なら水が溜まる感じになるところが、上まであふれて流れが止らない。
これだと魚にとってつくのは厳しいかも。
攻め切れてないだけなのか、感想どおりなのか判らないけど、結局その辺では反応なし。
堰堤下は諦め、堰堤上の区間へ。

上は良い感じで水量が増えてるし、色が入って良い感じ。
ただ、やっぱり流れがいつもより速く感じる。

それでも、狙いのポイントから引いてくると、チェイスする魚影が見える。
残念ながら魚影はあまり大きくないものの、複数のヤマメのチェイスが見えた。
しかし、流れが速いためか(原因は腕の悪さだろうな)ヒットまではいたらず、そのまま上の落ち込みまで到達したところで、疲れを感じでジエンド。
このまま小渓流探索に行く予定だったけど、予定変更で帰路につくことにしました。

家に着いた直後につかさんからメールが入り、プレゼントしたミノーにイワナの魂が入ったとのこと。
今シーズンはまだヤマメしか釣ってないから、あのミノーでのイワナは初めてだなー。
「さっき帰る時につかさんに連絡しようかと迷ってやめてきたけど、やっぱり連絡すれば良かったなー」なんて考えたけど、後の祭り。(笑)
それでも、渡したミノーで釣れてくれて一安心。(笑)

今日はまずまずサイズのヤマメを楽しめたし、いろんな話もできたし、実釣時間は長くなかったけど、それなりに楽しめたかな。
しかし、ホームリバーの厳しさ(魚影が薄い?)と雪代の影響を考えると、しばらくどこに通うか悩むなー。
ま、ロッドを振ってるだけ、景色を見てるだけでも、ストレス発散にはなった釣行でした。(^^;

午後からちょいと...

天気はまずまずな連休最終日。
しかし、各河川はこの暖かさで雪代が入っているみたいで、かなりの増水の所もある。
そうなると、ポイント拾い釣りになるだろうし...と朝寝を楽しんだ後ウダウダ。
昼近くに自作ミノーのバリ取りを始めたところでひげさんから電話が入った。
「どっか出てるー?」(笑)
お互い、似たようなことを考えながら、似たようなことをしていた(ウダウダ)みたい。
で、しばらく話をして、あそこはどうだ、そこはどうだなんて話しているうちに、普段はあまり行かない川の話になって「あそこなら勝負できるかもね」「行ってみる?」...
ということで、お互いの作業が一区切りついたところで連絡を取り合い、午後から出撃してみることにしました。

作業に一区切りがつき、「準備完了」とメールを打った後、某釣具屋へパーツの買出しへ。
すると、見たことある後姿が...
久々、お子様連れのやなさんとバッタリ。(笑)
しばらく話をしてると、こんどはまめさんから「どっか出てますかー?」メールが到着。
ひげさんとこの後出る予定と伝えると、まめさんも来るとのこと。
そのまま「こどもの日サービス?」のやなさんとは、そこで別れ、待ち合わせポイントまで向かい、こちらもジュニアを連れたひげさんと合流。
さっそく、入渓。

こちらの川は、増水はしているものの、濁りも酷くなく、凄く良い感じ。
しかし、やっぱり流れがキツく、落ち込みの連続ポイントは、荒瀬に近くなっていて勝負にならない。
ということで、大場所と、瀬の岩周りで深くなってるところが狙い目か?

一端下流側に入った後、ひげさん達の方へ向かうと、ちょうどひげさんがヒットしたところ。
中型のイワナ。
更に、続くようにジュニアもヒット。
こちらは、まずまずサイズのイワナ。(^^;
さすがサラブレット。
子供時代から最高の環境を味わえるってのはうらやましい限りですね。(笑)

ひげさん達は大場所で粘っているので、先に上流方面を探索へ。
すると、岸沿いの岩回りの多少深くなっているところでチェイス。
しかし、フックにかるく触ったかどうかって程度で流れに帰っていってしまった。

更に、同様の岸沿いの深みの流れで、逃げていく魚影を複数確認。
ただ、餌取りポイントにいない魚たちのせいか、あまり食い気はない感じ。
ということで、魚影は拝めたものの、めぼしい反応はないので、ひげさん達の方に戻ると、まめさんも無事到着。

一旦車に戻って、次のポイントへ移動。
こちらも良い感じのポイント。
しかし、さっきと打って変わって、魚の反応が薄い。
しばらく釣り上り、区間の最後のあたりで、先行の餌釣り師に遭遇。
車はなかったけど、先に入られてたみたい。
この区間では、まめさんが小さなヤマメをヒットしたのみで終了。

来たばかりなのに呼び出しのかかったまめさんと別れ、次のポイントへ。
次のポイントも、渓相は良いし、水量も良い感じだし、水温も思ったより高い感じ。
しかし、そちらも反応がない。
出撃が遅かったために、夕方も近づいてきてるので、結局そこで諦め、川から上がることとしました。

今日は遅い出撃で、時間的にはそんなに歩かなかったけど、とりあえずは魚を見れた。
でも、自分はボウズということで、なんか納得はいかない。(笑)
腕の悪さと運の悪さ、ポイント選択の問題(やっぱり一番良いところはジュニアに譲らないとね...笑)、そして、一番気になるのは、自作ミノーの性能。
これが影響してるとなると、ちょっと問題だなー。
未だにヤマメしか釣れてないってのは、何かあるんだろうか?(笑)

一抹の不安を感じながら終わった釣行でした。

ガイド その1

昨日(5/1)つかさんと出撃予定だったものの、雨の影響を考えて中止。
ということで、今日は、帰省中のJAZZYさんとご一緒しての出撃です。
つかさんも途中合流予定で、とりあえず気になっていたポイントへ行ってみることにしました。

久々の早朝出撃ということで、途中でJAZZYさんと合流。
そのまま現地に向かい、途中で、川の様子を覗いてみると、水量は多めだけど青っぽく色が入ってる程度で濁りはほとんどない。

大丈夫でしょうということで、ポイントへ。

まずは落ち込み下からと思いつつポイントにつくと、落ち込み上の渓相がかなり変わっちゃってる。
以前細かった流れが大きく水量も多くなったり、以前の流れもだいぶ移動している。
落ち込みも大きく移動していて、渓相の変化に愕然。
それでも、下流側から入ってみることにしました。
しかし、今日は水量が多くて、対岸に渡るのが厳しい。
アップで攻めるにも、水量が多くて奥まで入れない。
反応もイマイチなので、早々に落ち込み上に移動。

落ち込みをダウンで探りたかったものの、水量が多すぎるために断念し、一番好きなカーブのあたりでキャストを開始すると、すぐにJAZZYさんがヒット。
ロッドがグンニャリ曲がってるところを見ると、良型のようだ。
ニジマスか?イワナか?
良い感じでロッドを曲げながら寄せて無事キャッチ。
イワナだー。
良いサイズだなー。
測ってみると、40cmオーバーのグッドサイズ。
対岸沿いの流れの筋と、手前の浅場の境についてたってのは予想通り。
やっぱりここに居たかー。(^^;
ガイドした相手が釣れないとプレッシャーだけど、朝一に早速良型を釣ってもらえたので一安心。
案内した甲斐がありました。(^^;

そうこうしていると、つかさんが合流。
ここはつかさんは入るのが難しそうだし、水量が多くてポイント的にも厳しいので、少し上流の川幅が広くなったエリアに移動する事にしました。

ポイントに入り探り出したものの、反応はイマイチ。
しばらく探った後、私は上流側に行ってみたものの、普段なら魚がつくポイントも、流れが強すぎて厳しそうな状況。
戻って護岸脇の落ち込み下の対岸を狙うことにしましょう。
ということで、そこまで戻るとすぐに、近くでキャストしていたつかさんがヒット。
これも良い感じ。
手前の流れがキツいところなので、ネットを出してお手伝い。
無事キャッチすると、こちらも良いサイズのイワナ。
測ってみるとしっかり大台に乗った尺イワナ。
さすがつかさん、ギャラリーがいると、決まって大物を仕留める。(笑)
おめでとうございます。(^^;

これで、二人とも釣ってもらえたので、ポイントを決めた私の責任は果たせたかな?(笑)
後は、自分が釣るだけか?(笑)

しかし、その後は苦戦。
しばらく粘った後、少し上流に移動してみました。
しかし、下流側を探りに行ったものの反応なし。
トロっとした流れがないし、水量が多くて押しは強いし、ちょっと厳しいかな?

JAZZYさんが護岸脇で小型(たぶんヤマメ?)をバラしたそうだけど、あとは反応がないので移動。

次はと思ったポイントも、現地に着いてみると、水量が多くて流れが強すぎ。
これじゃ魚はつけないだろうということで、速攻で移動することにし、これ以上は水量が多くて厳しいだろうということで、別な川に向かってみました。

しかし、次に向かったポイントも、流れが強すぎるので、少し探った後で移動。

次は増水時にも勝負のできる瀬の開き。
しかし、こちらも渓相が変わってきている。
下流側の落ち込みがどんどん上に移動してきていて、下流側の浅く緩い流れがなくなっている。
水量が多いせいもあって、緩い流れがなく、冷たい濁りのない水からは、まったく魚影が見えずに反応がない状態。
ということで、諦めて移動。
次は、今日最後のポイントということで、増水で厳しいかもしれないけど、先日反応のあったポイントに入ってみました。
しかし、こちらも水量が多く流れも強くてあまり立ち込めないので、対岸からの落ち込みまでは届かない状態。
その他のポイントも流れが強すぎて、魚が定位するのは厳しそう。
底流にいるのかもしれないけど、そこまでミノーを送り込むこともできない状態だし、普段なら落ち込みがあるところも、水量が多くて流れの下。
岩も水面下で、攻めようがない感じ。
諦めて入渓点に戻る途中、途中でキャストしていたつかさんが、かろうじてチビヤマメをヒットしたとのことで、めぼしい反応はその程度。
チビヤマメも、岸沿いの葦沿いから出てきたそうで、今日は流れの中は厳しいかも。
ということで、早朝から釣り始めてすでに昼も近づいてきたこともあり、かなり疲れてもいたので、諦めて川から上がることにしました。

結局自分はボウズ。
でも、久々JAZZYさんやつかさんと話ができたし、二人には尺イワナも釣ってもらえたし、まずはノルマはクリアかな?(笑)
お二人様、お疲れ様でしたー。(^^;
やっと雪代も入ってきて、しばらくは厳しそうだけど、これが過ぎると本格的なシーズン。
この先が楽しみです。(^^;
1/1