Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

思いっきりボサ川

kazuさんとご一緒して、上流部へ行ってきました。

この川は、下流部は入ったことがあるけど、上流部は初めて。
楽しみにしながらkazuさんと合流し、いろんな話をしながら現地に向かいました。

上流部といってもどの辺なのか?
いつも入るポイントの上流の集落のあたりかな?
と思っていたら、kazuさんはどんどん走って上の集落を越え、更に奥の山に入っていく。
けっこう奥を想定していたのね。

そして着いたのは、典型的な山間の小渓流って感じのポイント。
しかし、入渓してみると、意外と高低差が少なくてボサが茂った、山岳渓流と言うよりは山里の里川に近い感じの雰囲気。
そして、kazuさんによると、今日は思ってたよりも水量が少ないとのこと。
数日前の雨の影響はすでにない感じ。
でも、岸沿いにはボサが茂っていて、木が張り出したりと、餌が豊富そうな渓相。
虫も盛んに飛んでいるし、魚影が濃そう。

と思ってると、確かに魚影が確認できる。
入渓直後にアップクロスでキャストしたミノーに、手前岸の先からピューっと追ってきた魚影がアタック。
しかし、そんな時に限ってミノーがラインと絡んでいて...フッキングせず。
それでも、魚影は確認できてテンションアップ。
すると、すぐにkazuさんがヒット。
小さいけどヤマメだったそうな。

しかし、私の方は腕と自作ミノーに問題があるようで、なかなか食わせられない。
それに、チェイスはあるものの、なかなか食ってこないヤツらばかり。
型が小さいのと虫の多さからすると、虫を主食にしている連中なのか?
魚食性が少なければ、ミノーでのヒットは確立落ちるのかも?
水量も少ないし、プレッシャーを感じているのか?
ということで、序盤は魚影は濃い(走る魚影がたくさん見える)ものの、反応はイマイチ。

岩盤と不安定な石が多い川底で、やたらとボサが張り出している渓相。
更に上っていくと、川自体がヨシの間を複雑に枝分かれして分流していて、それぞれの流れが細くなってたりする。
そうなると、キャストも難しいし、引いてくる距離も足りない。
こういうのが典型的なボサ川っていうんだろうなー。

ボサが張り出している川は行ったことがあるけど、これぐらいボサの中を流れてる川は初めて。
川が一本にまとまったところと、二つぐらいに分流しているところはどうにか勝負ができるけど、それ以上分流していると、苦労しながら歩いて抜けるだけって感じ。
分流区間と、川がまとまる区間、開けた落ち込み下の平瀬が順番に出てくるような感じで、勝負は開けたところとあまり分流が複雑じゃないところでかけるしかない。

しかし、攻めきれない分流区間は、ヨシの間の複雑な流れは、天敵から身を守るのに最適だろうし、ヨシやボサや木の枝から落ちる餌も多いだろうし、最高の種沢かも。
小さな稚魚から小サイズの魚影、中サイズの魚影まで、逃げ惑う魚影は豊富。
ということで、この辺から反応が良くなってきた。
しかし、開けた区間などでたまにヒットするものの、釣れるのは外道のウグイばかりで、なかなか対称魚とはお目にかかれない。
意外と高低差が少ないのか、大きな落ち込みなどもあまりなく、水量も少ないせいか流れがあまり強くない。
ボサの間には水深のある流れの強いところもあるんだけど、そんな所に限ってなかなか攻められないようになっている。
開けたところは攻めやすいけど、流れが弱いせいか、ウグイ天国?
中にはヤマメも混じっているけど、サイズが小さいせいか、ウグイに先を越されてしまう感じ。
そんな中、やっとでかいのがヒット。
良型イワナか?
と思ったら、今日一番の大物は良型ウグイ。(笑)
こんな上流でウグイ攻撃にあうとは...
参りました。

それでも、開けた区間の落ち込み下で、やっと自分もヒットでボウズを脱出。
釣れたのは小さなヤマメ。

テクニカルコースでキャストも難しく、自作のミノー(深い泳層と強い流れを想定)と合わない渓相なのか、ヒットまではかなり苦労してしまった。(ウグイは爆釣?だったけど)
とうとう諦めて道楽ミノーに変えて少ししたところでのヒットだったけど、自作と違ってアップでしっかり泳がせられたのがヒットに結びついたのかも。
ま、サイズは道楽ミノーにしては話にならないサイズだったけどね。(笑)

更にしばらくボサの間を苦労して抜け、けっこう浅瀬だけど張り出した木の枝のシェードの下の流れで、今度もアップで釣っていてヒット。
今度は浅瀬用の市販ミノーが役に立ちました。
釣れたのは、ほとんどミノーサイズのイワナ。

その後はますますボサが酷くなったのと退渓点がきたので一旦川から上がって移動。
上流部はますます水量が少なくなるだろうから、今度は下ってみることにし、ある程度水量が多くなったあたりで再入渓。

こちらも稚魚サイズの魚影は見えるものの、良型はなかなか見当たらない。
それでも、途中の落ち込み下の流れの中をダウンクロスで探ったところでヒット。

やっとまずまずサイズのヤマメがヒットしてくれて、とりあえず一安心。
しかし、その後は反応はイマイチで...
そうこうしているうちに時間も遅くなってきたので、途中で諦め帰路につきました。

今日は初めてのポイントに入り、面白い思いをできました。
あのボサの間の分流(細流)は、ほんと魚にとっては天国だろうな。
雨の後など水量が増えてる時は、かなり楽しめそうな感じ。

ウグイばかりでなかなか対称魚が釣れなくて苦労したけど、最後にはまずまずサイズのヤマメも出てくれたし、自分ひとりだと入らないようなところに入れて、面白い経験ができたかな。
kazuさん、また探検に行きましょうね。(^^;
晴れて気温の上がった暑い一日だったし、歩くのにかなり苦労するポイント。
ほんと、お疲れ様でした。(笑)

スイムテスト その8


昨日の夜からけっこうな雨が降って、川はどこも増水・泥濁り状態?
そんな中、午後にひげさんから連絡があり、スイムテストに行きたいみたい。
近くの本流なら、ダム下だからスイムテストできるかもってことで、ちょいと行ってきました。

しかし、思ったよりも水量が多い。
濁りも泥にごりって感じではないけど、そこそこ入ってる状態。
流れが強く、いつもなら良い感じのポイントも、早い均一な流れになっちゃってる。

ということで、めぼしい反応もないまま、淡々とキャストを繰り返しただけで終了。

外道祭り

週末に出られなかったので、代わりの出撃チャンスを狙っていると、午前中に友人から川の状況メールが届いた。
今日は良い感じの曇り。
やっぱ、行かざるを得ないでしょう。(笑)
と思ったけど、出れたのは午後。
すでに雲はなくなり、カンカンと日が照ってる。
こりゃ無理かとも思ったけど、やっぱり我慢できずに、とりあえず近めの本流の様子を見に行ってみました。

しかし、けっこう反応があって連続ヒットしたものの、釣れるのは外道ばかり。
こんなヤツやらこんなヤツやら...

本命の魚種にはなかなか会えず、やっと対象魚らしいヤツがかかったと思ったら、ショートバイトでバラシ。
ということで、しまらない状況のままタイムアップ。

小渓流

今日は久々、あひるさんとご一緒
ホームの状態が遅れ気味なので、ここはあひるさんのガイドで、今年まだ釣ってないイワナを期待して行ってきました。

あひるさんは地域の清掃の日ということで、掃除の終わった8時半に合流して、少し遠い山沿いの小渓流に行ってきました。
現地に着くと、さすがに山沿いということで、すでに日は高く遅めの時間なのに水温は10度ちょい。
しかし、水がない。(笑)

小河川専門のあひるさんの話だと、1週間前に来た時も同じくらいの水量で、良型がバンバン出たとのこと。
時間も、10時過ぎからが調子良かったとのことでした。
ということで入渓。

たしかに魚影は濃い。
魚がバンバン走る...(笑)
うーむ、食ってこんなー。(笑)

最初は虫も飛んでなく、魚もイマイチ反応しない状態。
しかし、まずはあひるさんがヒット。
そして、そのうちに虫が飛び出すと、あひるさんはヒット連発。

あひるさんは、「テンプラー」というルアータックルでフライフィッシィングを可能とするオリジナル兵器を使用。
ルアーのタックル(ルアーロッド、スピニングリール、ライン)の先に、シモリウキ(キャスト用のウェイト)をつけ、リーダーの先にフライをつけたというもの。

こういう水の少ない小渓流は、ミノーでは泳がせられるところが限られるのに対し、フライだと、浅場でも狙える。
くるぶしくらいの水量のところでも、フライを漂わせていると...
本当のフライならロッドを振るスペースがなくて攻められないようなシェードの多い小渓流も、「テンプラー」なら攻められますね。

一方私の方は、ここしばらく水量の多いポイントでのみの釣りばかりしていたので、ルアーケースの中には、浅場用のルアーが入ってない。
皆、泳層の深いシンキングばかり。
自作も深い泳層を狙ったやつばかりだし、ギラギラのハイアピールを狙ったやつばかりで、こう浅いポイントで天気の良い日中だと、どうも避けられてる気がする。
ということで、ルアーケースの中に入ってた中では一番ナチュラルカラーに近い、軽めの市販シンキングミノーをセレクト。
虫が飛び交い、魚の活性が上がってきた頃、やっと私にもヒット。
今年初めてのイワナだー。(^^;

しかし、低水位が続いてプレッシャーが高まってるのか?それとも先行者でもいたのか?魚ははるか遠くの人影を見た時点で走り出す状況。
おー、走る走る。
ミノーやテンプラーを見たとたんに、追うんではなく逃げていく状況が続く。

それでも、ところどころで魚を拾っていくあひるさん。
イワナだけではなく、ヤマメも交えて、なかなか好調。
一方、私の方は、なかなか苦戦。
それでも、これだけ魚を見られると、ホームの魚影がない状況よりは気が楽。
ところどころでイワナをかけ、最後に尺にちょっと足りないイワナをヒット。
続いてあひるさんも、20cm台中盤のヤマメをヒット。

と言ってる間に、ポイントの終盤へ。
その辺は、もうミノーだと攻められないくらいの水深。
終点で川から上がり一息。

さてどうしよう?ということになったけど、すでに昼は過ぎ、この時間から他のポイントにまわると、帰りは遅めの夕方になりそう。
ということで、今日の釣りは終わりにすることにし、車の前にイスを出して、青空の下、しばらく釣り談義。(^^;

結局、釣果の方はたいしたことなかったけど、濃い魚影を拝めたし、初めてのポイントで楽しい釣行でした。

後で考えたのが、釣行の時間帯。
標高が高いので水温は低いけど、虫が飛び出すとミノーへの反応は悪くなるはずだから、早朝だったらどうだったのかが気になるところ。
いつか、早朝に入ってみたい気がするポイントでしたね。
そして、雨の後の水位が落ちきる前も気になるー。(笑)

あひるさん、ガイドありがとうございました。
またご一緒しましょう。(^^;

スイムテスト その7

在庫のボディのいくつかにリップを付けたので、昼前後にちょいとスイムテストに行ってきました。

まずはちょいと様子見。
水量は思ったよりも落ちていて、水もやや色が入ってるもののクリア。
最初に入った落ち込み下は反応なし。
ここは期待してたんだけど、この水の様子で真昼間は辛いか?
その上の瀬も反応がないので、少し上流へ移動

開けた瀬の流れの筋を横切るようにサイドクロスでキャストし、沈み岩の後ろを通したところで、グンと重みが加わりヒット。
しかし、下流側に一旦引いたところで、弾かれたようにフックオフの感触が伝わってきた。
バレたと思ったとたんに、魚が宙を飛び、綺麗に空を飛ぶ細長い魚体が見えて終了。

細長い感じの尺はありそうな魚体は、たぶんイワナだろうなー。
フックがあまかったのかも。

ということで、そのままスイムテストに移行。
その辺は、落ち込みや流れ込みなど、流れの複雑なところや速いところ、静かなところ、深いところといろいろあるポイントなので、今回リップを付けたやつを次々にテスト。

すると、荒瀬下の流れが落ち着く深瀬のところで、アップクロスで引いてきて、アクションを入れたところでヒット。

今度のフックはテスト中のミノーについた新品だから大丈夫でしょう。
ということで、下流に走ろうとする魚体を抑えつつ寄せてズリあげ。

20cm台中盤のヤマメ。
模様はけっこうはっきりしているし、この辺のにしては色が濃い目かも。
まずは、テストとはいえ、ボウズ脱出で一安心。

一通りテストをしたところで、もう少し違うシュチュエーションを試すために一旦車に戻って移動。

次のポイントも、前回よりもだいぶ水量が落ちて、ちょうど良い感じ。
ここは増水すると攻めきれないので、これくらいの水量が良い感じ。

ということで、ロングでの勝負はどんな感じか?
今回作ったミノーは、ややリップが曲がったりしたのもあったけど、アイ調整でどうにか問題なく使えそう。
それでも激流や強い押しのダウンではどうか?
その辺に注意しながらテストしていったけど、やっぱり前回同様、60mmがちょいと期待はずれ。
少しウェイトを追加してやった方が良いのかも。
50mmの方も、前回と同じ傾向は出てるけど、とりあえず今回リップを付けたヤツは使えそう。
なんて感触をうけつつキャストを繰り返していると、対岸寄りの落ち込み下の流れの筋近くを通しているところでヒット。
これまたグンと引いたと単に走り始めたので、追いアワセを入れて...と思った瞬間にビヨーン、ピョーン、ガーン...
ビヨーンはフックオフして飛び出したミノー、ピョーンはミノーを追いかけるようにジャンプし宙を飛んだ良型ヤマメの太めな魚体、そして本人はガーン...

今回のはフックが甘いわけでもないのに...。
実は、今日はいつもとロッドを変えていた。
キャスト時は弾くように飛ばせて楽なロッドだけど、柔らかいせいか?それともそのロッド特製のせいなのか?もしかして魚を弾く?というよりは、アワセが伝わらなかった気もするなー。
追いアワセでフックオフしただけなら、かかりが浅かったせいかも。
と思いつつも、先ほどのイワナの件もあるし、なんか不安。

今日は先日よりは水量が少ないので、もしかしたらあのポイントにも入れるかな?ということで、強行渡河に挑戦。
無事ポイントに届くところまで行き、まずは落ち込み下を探ったところでヒット。
しかし、すぐ、すっぽ抜けるようなバラシ。
更に、深瀬をダウンクロスで探っていて、再び良型ヒット。
と思ったら、コレも再び魚が宙を飛んでバレ。
どうも、これはロッドの特製を使いこなせてないみたい。
前まで使っていたロッドとだいぶ感触が違うので、イマイチ使いこなせない。
ヤバイ...
と思ってると、案の定その後もバラシ連発。
これはマズイ流れに入ってる。
バラシスパイラル...
ということで、リセットの意味も含め、タイムリミットが来たこともあって、そこで諦め川から上がりました。

今日はそこそこ魚影もあったのに、バラシ連発。
なんか感覚がわからない。
チビを弾くなら判るけど、デカいのがかからないんだから、アワセがきちんと伝わってないんだろうなー。
張りのあるティップだけど、早い動き(アワセ)に追随できず、一瞬遅れてから戻ろうとした時に魚を弾く?
中途半端なアワセがまずいのかも。
強いアワセを心がけるというのも手だけど、流れの速いところだと厳しいし、この分だと、前のロッドに戻した方が良さそうだなー。

スイムテストの方は、とりあえず成果があったけど、イマイチしまらない結果になった日でした。
1/1