Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

スイムテスト

どうにかニュータイプの試作品も間に合い、今日はスイムテストの日です。

やなさんからお誘いがあって、Miyaちゃんと三人で観察魚道へスイムテストへ。
今日行くところは、以前にも行った、堰堤脇の魚道の途中に観察窓のあるところです。
コンクリートで固めない沢風に作ってある魚道の途中で、魚が休むような段の途中のスポットの脇に強化ガラスみたいなもので窓が作ってあります。
幅が狭いので、引く距離が限られるとはいえ、普段見られないミノーの横から見た動きが見られる貴重なスポット。
言葉ではなかなか伝えられないけど、実際見るとインパクトがありますねー。(^^;

昨晩は雨だったけど、予報では早めに上がるはず。
しかし、気温が下がったのと風が出てくるという予報で、一昨日までの晴れた暖かい日と比べると、ちょっとイマイチの天候。
それでも、近場じゃないのでなかなか行けないということで、皆も気合が入っています。
数年動かしてなかったDVカメラを引っ張り出し、今日はテスト内容をビデオでも撮影予定。
さて、頑張って行ってきましょう。(^^;

早めの出発でやなさんに拾ってもらい、続いてMiyaちゃんを拾って出発。
Miyaちゃんとは初めて会ったけど、綺麗な仕上がりのミノー作りますねー。
見ただけでも良い泳ぎをしそう。(^^;

ここのところ、ミノーの仕様でいろいろ考えてたことがあり、私とは違うコンセプトのミノーは、非常に楽しみなものがあります。
車中でもいろんな話をしながら、一路目的地へ。

現地に着くと、曇りだけど、意外と暖かく、風もそんなに強くない。
ということで、早速テストスタートです。

今日は大量のミノーの動きのテスト。
それぞれ仕様を変えたミノーが、どういう動きをするのか?
数が多いので、一本あたりのテスト時間はそうのんびりしていられないということで、まずは、テスト項目を決め、順次テスト開始。

ここは狭いところなので、本格的な流れの中のテストはできないけど、基本的な動きのテストを、横から見た状態でどうなのかのチェックという感じです。
それぞれのミノーをやなさんにキャストしてもらい、私達製作者がビデオ撮影しながら、横から見て動きをチェック。
フォール姿勢やスローリトリーブ、ファーストリトリーブ、トゥイッチなどの状態で、動きを観察しました。
やっぱり、仕様の差で、かなり動きに違いが出ますねー。
ということで、一点づつ、ビデオを撮りながら、メモしながら、コメントも挟みつつテストを繰り返す。
本当はビデオも横からだけじゃなく、上からも撮りたかったし、アップの他にダウンとクロスでもテストしたかったけど、時間が足りない。(笑)

途中、コーヒーブレイクと昼飯をはさみながらもテストを続けたけど、あっという間に陽は傾いていく。
一通りのテストをこなし、寒くなってきたところでテストは終了。
あたりを片付けて撤収してきました。

やっぱり、動きは上から見るのと横から見るのだと、全然違いますね。
普段見られない横からの動きをしっかりチェックできたのは収穫。
後はテスト結果を今後の製作に生かせるようまとめる作業かな。

ちなみに、Miyaちゃんのミノーは、良い感じの複数ありました。

プロトの横にいろいろ仕様を書いているけど、細かく変更を加えるということは、それだけの製作精度があるということですねー。(^^;
完全ワンオフの私とは大きな差があるなー。(笑)
Miyaちゃん、今度くだされ!(笑)

私のも、思った以上に泳いでたので、この仕様はGoって感じかな。

次は流れの速いポイントでのクロスとダウンの動きのチェックをしてみないとなー。
これは近場でテストかな。

ということで、次はテスト結果をまとめての反省会かな?
その前に、早い流れの中でのテストも必要かな?
ということで、やなさん、Miyaちゃん、反省会しましょう。
次の会合が楽しみー。(^^;

2010ハンドメイド その5-4

テスト用ミノー作製の続きです。

昨日は、リップの切り出しまでやったところで終了。
今日はリップ削りからスタートです。

今回は泳ぎの特製だけ見たかったので、とりあえず角リップで仕上げ予定。
幅をどうするか悩んだけど、いつもの感じでやることにして削ったものの、サイドを直線的にやると、ちょっと細身になってしまいますねー。
いつもの丸リップの形から、先端の丸みをとるだけにすれば良かった。
しかし、先に三枚とも仕上げてしまったので、再び作り直すのも面倒で、そのままで行くことにし、次はボディの切れ目入れ。

最初は穴をあけるつもりが、リップ製作で時間を食ってしまったので、いつもの切れ目式に変更。
前回は失敗したので、今回は角度と曲がりに注意しながらリューターでギュイーン。

後はいつものように組み込んで、しばらく乾かした後に最後のディッピング。

これで一応明日予定のスイムテストには間に合ったかな。
しかし、ディッピング回数が少ない分、リューターで削る時やリップを貼る作業の時に柔らかさを感じてしまった。
ま、とりあえずはどうにかなるでしょう。
はたして、どんな泳ぎをしてくれるものかな?
後は、明日の天気があまり悪くなく、寒くなく、水の状態の良いことを祈りながら、明日に備えて就寝。

2010ハンドメイド その5-3

テスト用ミノー作製の続きです。

本来、ディッピングは相当な回数が必要。
しかし、やなさんとのスイムテストまで時間がないし、とりあえずのテスト用ということで、ディッピング回数は限られる。
おまけに夏に比べて気温も下がって乾きも悪いだろうし、その分、同時間でのディッピング回数も減ってしまう。
ま、本番と違って、ウェイトバランスと泳ぎの様子を見られれば良いわけで、耐久性は無視しましょう。

ということで、乾きの様子を見ながら、ディッピング回数は数回のみで済ますことにしました。
ディッピング回数が少ないってことは、ウェイトも減ってしまう。
ムクの地肌のままでとも考えたけど、多少でもウェイトを増やすため、アルミは貼っておこうかな。

で、昨日は一日ディッピングに費やし、タイミングを考えたけど、とりあえず今日のうちにアルミを貼ることにしました。
ついでに、泳ぎが見やすいように、背に色を乗せておこうかな。
下塗りついでに腹にも...?

ということで、今日はアルミを貼って、色をつけ、そして最後にディッピング。
明日の夜にリップをつけられるよう、リップも作っておかなきゃなー。

しかし、本番の製作期間と比べてものすごく短い1週間弱での製作なんて、ほんとに大丈夫なのかねー?(笑)

2010ハンドメイド その5-2

昨夜に引き続き、テスト用ミノーの作製。

型紙も直したけど、今回はウェイトの組み込みあたりの作業手順も見直してみようかな。
ということで、若干の試行錯誤をしながら、ウェイトを組み込んでみました。

ウェイトは、とりあえず、これまでの標準と同じ重さを組み込み。
型紙が変わったせいで、バランスがどうなのかのテストです。
とりあえず、なんちゃってで重心位置を決めて、まずは様子見か...
とりあえず、同じ仕様で2個組み込んでみました。

ついでに、ヘビーシンキング用にウェイトを重いのにかえたのも一個作製。

テスト用に3個作ってみることにしました。
同仕様の2個は、リップ形状を変えてみるか、それとも、そのまま同じ仕様で作ってみるか...(なんせ、個体差を揃えられない完全ワンオフの腕前なので...笑)

ウェイトとワイヤーを組み込み、貼り合わせてから成形。
最後にディッピングして今日の作業は終了。

2010ハンドメイド その5-1

オフシーズンということで、久々の更新です。(笑)

渓流のオフシーズンに入って、今まで釣りに使っていた時間を、来年用のハンドメイドミノーの製作に使えばちょうど良いはず。
もう少し完成度を上げたいし、試してみたい修正もいろいろあるし...
このオフシーズンに...と思いつつも、なかなか気力が乗ってこない。(笑)

そんな感じで、なかなか手がかからないでいたけど、やなさんから連絡があり、例の横から見られる観察魚道にスイムテストに行こうとのこと。
今年のプロトももう少し泳ぎを確認してみたいし、私もご一緒することにしました。

となると、せっかくだから、新型も試してみたいところ。
ということで、慌てて型紙を起こして、一気にテスト用を作ってみることにしました。

このオフに試してみたい修正はいろいろある。
フロントアイの位置を変えるべく、フロント形状を少し見直し。
あとは、ボトム攻略用のヘビーシンキングや小径流用のシャロータイプも作ってみたいし...

とりあえず、その中で一番の変更の型紙修正と、ついでにボトム攻略用のウェイト違いバージョンも試してに作ってみようかな?

まずは、前回の型を基に、若干フロント形状を変えて型紙を起こしてみました。
そして、バルサをカット。

とりあえず、今日はそこまで。(^^;
1/1