Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

今年の初尺

流れが早瀬になって下っていく脇にちょっと深みができているポイント。
岸沿いには木が生え、シェードも適度にある良さげなポイントです。
流れがある程度速くて水深のある部分もあるし、ここは少し潜って派手に暴れる(予定の)試作品(自作)をキャストしてみることにしました。

クロス気味に対岸の深いあたりにキャストし、スッスッっと引いて、流れの筋に入るあたりでヒット。
ゴン、と来た後、一気にドラグを鳴らしだす。
一回アワセた後、念のためにもう一度アワセて、たぶんこれでしっかりフッキングしてくれたんじゃないかな?

敵?は何回も派手にドラグを鳴らして逃走を図る。
あまり下流に入られるとヤバイけど、岸沿いの木が邪魔して、岸を下ることはできないポイント。
ん、まったく動かなくなってしまった。
もしかして根がかり?バレた?
そこで、少しドラグを締めてリールを巻いてみたもら、再びグン、グンと引き出した。
そのまま、頭を上流に向けるようにして上ってきてもらおうと思ったけど、ジー、ジーとドラグを鳴らすばかりで、まったく寄ってくれず、どんどん下ってく感じ。
そしてジャンプ。
このままだと厳しいな。
強引に巻き上げるのはマズイから、やっぱり無理してでも下らないとヤバイみたい。
しかし、ここは流れもきついし、岸沿いの木のせいで、速い流れの中に立ち込まないと下っていけないポイント。
しょうがないので、恐る恐る足場を確認しながら強い流れの中に立ちこんで、水深と流れの強さの許す限り下ってみることにしました。

魚はとにかく下ろう下ろうとしているみたい。
ロッドは弓なりで、片手だと疲れる感じ。
グン、グンと引き、その都度ドラグは鳴っている。
流れが幾分緩くなるところまで下り(その下流には同行者が入ってるはずなんで、申し訳ないのであまり下りたくない)しばらく格闘し、ネットを用意してからまた格闘。
少しリトリーブしては、ドラグを鳴らして遠ざかる魚影。
それからまたリトリーブ。
片手だと疲れるんで、たまに両手でロッドを持っては矯めて、少しづつ寄せ、どうにか流れの中でネットイン。

重さで変形するインスタネットを手に岸に上がり、仲間に声をかけてからおもむろにサイズ計測。
おー、今年初の尺だ。
42.5cm?
42は越えてるけど、43には微妙に足りないか?
一応42cmにカウントしておこう。
太くて、更に頭が大きく、迫力のある精悍な面構えでした。

強い流れの中だったせいか引きは重くて強かったし、このサイズでも十分楽しめたかな。
キャッチしてからフックを見てみると、半分伸びている感じ。
下流に下らないで無理に寄せようとしたり、もっとサイズが大きかったりしたらヤバかったかもね。(^^;

無事リリースし、ホッと一息。
重い引きを味わえました。
楽しいひと時をありがとう。(^^;

モーニング釣行 その3

去年はとうとうJAMESさんとご一緒しないでしまったので、今年こそと思って「出る時は一声かけて」と言ってありました。
すると、珍しく早朝にメール到着。
「これから出ます」とのことだったので、私も緊急出撃。
途中で合流し、一路目的地へ。

出るとはいっても、JAMESさんの場合、わずかな時間の出撃。
この日も、持ち時間は一時間とのこと。
そこで、入渓点は悩んだものの、バリエーションのあるポイントに入ってみることにしました。

現地に着くと...なんか水少なくない?
とりあえず下流側から入ってみたものの、水量は少なめでクリア。
雪代の影響は終わっている感じ。
水量が少なく、流れも弱めだと、ポイントが埋まってるのと合わせ、このポイントは厳しいかもって感じ。

それでも、入渓直後にJAMESさんが、上流側の流れ込みの筋にキャストしたところでヒット。
おー、幸先良し。
しかし、寄せてみたらニジマスということで、ヤマメを狙っていたJAMESさんはちょっとガッカリしていました。
それでも、ボウズは脱出。(^^;

私が更に下流側を探りに行っている間に、JAMESさんはもう一尾、ニジマスをかけたらしい。
私のほうは、下流側は反応なし。
その上の、ボサ脇も反応なし。
水温が低いのか?水量が足りないせいか...反応はイマイチ。

そのまま入渓点まで上り、更に上流の荒瀬、その上の瀬と釣り上っていったけど、その後はめぼしい反応は無いままJAMESさんはタイムアップ。

着替えながら少し話をした後、JAMESさんは仕事に向かいました。
私はもう少し時間があるので、そのまま次のポイントへ。

今度は、最近実績のあるポイントへ。
しかし、こちらも水量が減ってクリアな状態。
前回良かった瀬の開きやは反応なし。
その下の落ち込みの上のやや水深があるあたりでやっとヒット。
しかし、寄せてみると小型のヤマメ。

ヤマメは良いけど、もう少しサイズが欲しいよなー。(笑)

その後、一旦岸沿いに下って下流側から上りなおしてみたものの、反応が無い。
前に魚影のあったあたりも、水深が減ったせいか、チェイスはない。

成果のないまま上っていき、瀬の開きの上の方まで行くと、やっとチェイスあり。
そこで、流れの筋やその脇の浅瀬、下の深い筋などいろいろ探ると、今度は数匹連続ヒット。
しかし、皆小さい。
イマイチサイズが出ないまま、私もタイムアップということで川からあがりました。

ま、短時間のモーニング釣行だったけど、久々JAMESさんと話もできたし、お互いボウズだけは免れたから、まずはラッキー。(^^;

午後から その1

どうも今年は(今年も?)週末が近づくと天気が悪くなる。
週末は雨ということで釣りは諦めるしかないと思っていたら、思ったよりも雨は降らなかった感じ。
水位を確認してみると、そんなに増えてない感じだった。
ちょうどひげさんからお呼びがかかったこともあって、午後から様子見に出てみることにしました。

水量も考え、大物はまだ入ってないだろうけど、確実に魚影が見れそうなポイントから入ってみることにし、その後、少し上流側も探ってみることにしました。

ひげさんと合流し、まずは目的地へ。
いつもの駐車スペースに車を停めると、まずは落ち込みの対岸側から探りつつ、今日の釣りをスタート。

今日は、水量はやや多めで、濁りはないもののやや色が入っている感じ。
この時間だから、先行者も入ってるかも。
と思いつつ、探ったものの、最初の落ち込み付近は反応なし。

しかし、下流側の瀬の開きを探っていてヒット。
と思ったとたんにバレ。
白い腹が見え、良い感じのサイズに見えたんだけどなー。
残念。
更に、その近くでもう一度、今度は小さめのやつがかかったものの、これもすぐにバレ。
ヤバイ。

その後、フックを交換し、川原をだいぶ移動して、更に下流側から入りなおしてみました。
すると、早瀬の上のエリアで、またまたバラシ。
フック変えたんだけどなー。

更に対岸にクロスで投げて、下流側をU字を切ったところで、再びヒット。
今度はやっとヤマメを無事キャッチ。
その他にもチェイスもあったし、この辺の反応はけっこう良い感じでした。
でも、大物目指してというか、別ポイントも探るべく移動。

次は、少し上流の大場所区間に入ってみました。
最初の深瀬区間は、増水で遡行がギリギリって感じ。
そんな中、瀬の中でひげさんがヤマメをヒット。
寄せてみると、20cm台中盤のこの時期のこの辺にしてはまずまずのヤマメでした。
これは期待持てるか?と思ったものの、その上の区間は流れが強すぎて厳しかった。

更に上の大場所は、良い感じなんだけど、やっぱり以前より埋まってるせいか、反応はイマイチ。
かろうじて小型がヒットと思ったら、ニジマス。
更にその上の落ち込み付近は、水量が多すぎて流れが強すぎ、ちょっと厳しい感じ。
ということで、このポイントはそこで諦め、入渓点に戻ろうとしていると、さっき、ひげさんがヤマメをヒットしたあたりで、私も流れの中でヒット。
もしかしてと期待したものの、寄ってきたのは、20cmちょいのニジマス。
更にその下流のポイントにも行ってみたものの、そちらは反応がなく、そこで諦め、川から上がることにしました。

ま、今日はサイズは期待してなかったけど、とりあえずボウズは免れたし、往復の車の中でひげさんといろいろ話もできたし、まずは楽しい午後となりました。(^^;

モーニング釣行 その2

またまた朝だけのモーニング釣行に行ってきました。
前回は某川の上流部を見に行ったけど、今日は別の川の上流部に行ってみましょう。(^^;

一気に上っていき、途中の水量が難しいポイントを覗いてみると、渇水期には水が足りなくなる場所も、雪代と雨の後の増水の引き際で、良い感じの増水で水深のある流れになっている。
さっそく試してみるものの、流れが強い割りに水温が低いのか、反応はない。
大岩の間の底には居そうだけど、そこに入れる究極兵器はないので、諦めて移動。

次は、落ち込み下の大淵のポイントを狙いに行ったものの、水が多くて渡河できず、ポイントまでルアーが届かない状況。
水はやや雪代の入ったようなクリアで、底は見えてるんだけど押しが強い。
無理して水没も嫌(水温低そうだし)なので、諦めて移動。

上のポイントも雪代増水で渡河が厳しそうでスルー。
思い切ってかなり上流のポイントまで行ってみたものの、良さげには見えても魚影が見えない。(笑)
諦めて、川を変えることにしました。

次は、いつもの川の中流に入ってみました。
前回、下流側でチェイスがあったから、ここにも居るはず。
渓相変化も確認したくて入ってみると、最初の落ち込みが大きく成長し、中間の開きは減ったものの、岩盤が露出して、良い感じは出てる。
下流の落ち込みの下も良い感じで、今年は期待が持てるかも?

雪代はほぼ終息なのか、クリアすぎるくらいだけど良い感じの水量。
手前側がきつい流れなので、対岸の小さな落ち込み下を狙ってみると、早速ヒット。
ただ、流芯を越しての取り込みは厳しい?
かなりの激流をどうにか渡し、下流側で流芯を越えさせて寄せたものの、せっかく手前岸の緩流帯まで寄せたところでバラシ。
残念。
ヤマメだったようだけど、もったいなかったかな。(笑)

更に、さっきよりもう少し下流側でもヒットしたものの、今度は流芯を越せないままバラシ。
うーむ...

気を取り直して、下流側の瀬の開きを探ってみる。
すると、対岸寄りを探って、流芯を越したあたりでヒット。
しっかりアワセを入れ、今度は着実に取り込み。
岸にズリ上げると、20cm台前半のヤマメでした。
この辺はすでに、ヤマメが流れの中に入っているみたい。
激流のあたりではなかったものの、良い感じになってきてるのかな。
もうすぐイワナも釣れ始まるのかな?

その後は反応イマイチなので、今度は少し上流へ移動。

すると、そちらでも数回のチェイス&バラシ。
ここは水深が深すぎて、私のミノーではイマイチ探れない。
躍らせていたミノーへ食い上げてくる反応はあったものの、食いが浅いのか、すぐにバレが続いたので、残り時間を考えて移動。

次は、支流の偵察。
こちらも雪代はほぼ納まってきているみたいで、中間の大場所付近に入ってみることにしました。

最初の落ち込みを軽く探ってから岩盤の深瀬へ移動と思ってると、さっそく落ち込み下の激流脇の岩盤の際でヒット。
小型のイワナ。
しかし、幸先良いかと思ったものの、それ以後は沈黙。
深瀬方面も探ってみたものの、チェイスも見えない。
水温が低いのか、この辺はまだ早いのかなー。

そのあたりでタイムアップということで、諦めて川から上がり、帰路につきました。

今日は朝だけの割りに、いろいろ走り回って時間を使ってしまった。
でも、各ポイントの現況もわかってきたし、途中でヤマメにも会えたし、まずは納得かな。(^^;

モーニング釣行 その1

GW後半は動くタイミングを逃してしまったので禁断症状が...(笑)
ということで、今朝は早起きして、モーニング釣行に行ってきました。

今年は季節が遅いみたいで雪代が入ってるのか読めないけど、どうもあのあたりの様子が気になる。
ということで、朝だけ釣行なのに、けっこう上流側を覗きに行ってきました。

まずは途中の堰堤のたたき下を探る。
今日も水が多いけど、濁りはあまり入ってなくてクリア。
ちょっと流れが強すぎか?
と思いながらクロスで引いてきたところでヒット。
良い感じで暴れてくれたのは、綺麗なヤマメ。
サイズはたいしたことないけど、綺麗な魚体は癒されるー。(^^;

しかし、後が続かず、早めに移動。

次は、気になっていた上流側の2箇所に入ろうと思ったけど、あそこはけっこう歩かなきゃならなくて大変。
で、入渓してみると、水量も多めで歩き辛いし、魚っけがない。
ここでまったく反応が無いということは、ちょっと厳しいかも?
という判断で、上流側の2箇所を探るのは中止。

今度は下りながら様子を見ていくことにしました。

しかし、途中何箇所か寄ってみたものの反応が無い。
しょうがないので支流にちょっと寄ってみると、出てきたのはチビのニジマス。
ここに尺イワナが居ないなら、この支流は厳しいか...

さらに下ったものの、一回チェイスがあったほかは反応が無いし、持ち時間もなくなって来たので諦めて帰路につきました。

久々のモーニング釣行。
早起きで眠いけど、とりあえず魚はわずかではあるけど反応してくれたし、モーニングでも反応が出る時期になったんだなー。(反応が薄いのは、このエリアで魚影が薄いためだろうなー...泣)
雪代と増水の影響が読めないけど、これから良いシーズンに向けて、楽しみたいものですね。(^^;

まったりと...

今日は久々、ガッツリ放浪することにして、早朝にMiyaちゃんと集合。

まずは、前回チビヤマメのいた小渓流へ。
水はやや多めだけどクリアで良い感じ。
しかし、前回ヤマメが溜まってたポイントもノーチェイス。
抜かれちゃったのか、水温が低いとか水量の問題とかで活性が下がってるのか?
反応がないので、上の落ち込みまで行ったところで移動。

次は移動途中にある川へ。
このあたりで期待できるのは上流側だけど、今日は途中のポイントへ。
ここは凄く良さげなんだけど、これまで良い思いをしたことが無い。
今回も、雰囲気は良いのだけど、ノーチェイスのまま終了。
この時期、まだ早いかもしれないので、上流側はパスして移動。

次は、今日の本命の渓流へ。
しかし、下流側で見た川は、雪代増水中。
入渓予定のポイントでチェックしてみると、雪代増水で、濁りも水量もありすぎ、ちょっと釣りには辛い状態。
支流もだいぶ増水して遡行が厳しそう。
ということで、今日はずっと上流側に狙いを変え、そのまま移動。

まず最初は定番の堰堤下に入ってみました。
すると、Miyaちゃんがチビイワナをヒット。

私も下流の落ち込み下で、何回もチビイワナがチェイスしてくるんだけど、うまく食わせられない(食えないでいる?)うちに反応もなくなり終了。
そのまま、ところどころで車を停めて攻めてみた。

林間の流れを釣り上ってみると、ところどころで小型のチェイスはあるものの、うまく食わせられない。
この時期のこの川原は凄く綺麗で気持ちよいんだけど、肝心の魚が出せない状態。
この辺はまだまだ早春?で瀬には入ってない感じで、落ち込み下などを狙うものの、倒木や枝が入っていてけっこうテクニカル。
Miyaちゃんがチビイワナをヒットしたものの、私はバラシ連発。
せっかくここぞというポイントで良いサイズが追ってきたのも、うまくアワセられずにバラシ。(泣)
上の瀬でもチェイスはあったのに食わせられず、更に移動。

更に上ったところで、落ち込み下でやっと小型のイワナがヒット。
すると、更にその上でも...20cm台前半のイワナが連続ヒット。
ここにきて、急に調子もあがり、連続ヒットを楽しむものの、サイズはイマイチ。
更に上った落ち込みの脇で、この日の私の最大サイズが出たものの、それすら尺にははるかに届かない。(泣)

それでも、やっとヒットが続いたので楽しいなー。(^^;

更に上ると、残雪も出てきたので、この辺で次のポイントへ移動することにしました。

次は、大きく移動し、水量の多い川へ。
最近気になっていたポイント付近を偵察に行きました。
しかし、こちらもいつもよりかなり増水している。
やや雪代色で、一応クリアーなんだけど、水量はかなり多め。
下流側は渡河できなくてポイントに入れないので諦め、上の区間を狙って上って行きました。
しかし、水量多い流れは激流。
やっと岸際で、ダウンで引いてきたミノーにチビヤマメがヒット。
サイズは小さいものの、今日始めてのヤマメ。(^^;
更に、上の瀬の区間へ。
こちらも増水で良い感じ。
しかし、反応は...なし。
少し上って、瀬の開きを過ぎたところで諦めて移動。

次はまた別の川へ...と思ったけど、その前に、近場の支流を様子見。
すると、すぐに、Miyaちゃんにヒット。
今日初めてのニジマス。
私も、それを見てからキャストを開始すると、アップでロングキャストして、深瀬を引いてきた後のかけ上がり付近でヒット。
またまたヤマメ。
更にMiyaちゃんがまたニジマスをかけたところで、反応が鈍くなってきたのでここは終了。

次に大物の狙えるポイントへ。
上流の落ち込みの底が気になって行ったものの、こちらもかなりの増水状態。

落ち込みの脇は水深が出て良い感じだったものの、D-ダイレクトをキャストして引いてきたところで根がかり。
何かが入ってたみたい。
ガッチリフッキングし、どうにもならない。
たぶん、布系の切れ端かもー。

今年から使ってみているPEは、根がかり回収率が上がったものの、さすがにここまでガッチリかかっていると厳しい?
どうにかフックが伸びてくれないかと思いつつ、ガンガン引いていると「ヤバイ、リールが壊れた?」。
ベールが、留め金から抜けるように外れてしまっていました。
まいった...
ショックを感じて、もうフックを伸ばすどころじゃなくなり、ラインをつかんで無理やり引いていると、ラインブレイクでダイレクトはお亡くなりに。(泣)
これで、秘密兵器は在庫切れ。
しょうがないのでリーダーを結びなおし、他のミノーを結ぶ用意をしていると、下流側からなかなか上ってこなかったMiyaちゃんが、ネットに何かを入れて移動してくる。

おー、やりましたねー。
流れが強いので岸沿いをダウンで流して探っていたら良型が出てきましたとのこと。
測ってみると、おー尺あるねー。
ということで、今日、唯一の尺イワナでした。(^^;
Miyaちゃん、おめでとう。(^^;
前回に引き続き、尺ということで、快調ですねー。(^^;

疲れも出てきたし、時間も押してきたので、その辺で移動することにし、最後に気になっていたポイントを偵察に行ってきました。
水量の多いので瀬の開きに期待して行ったけど、水量も良さそうだけど、タルミがイマイチできてない?
それに濁りがないから、岸沿いの浅瀬は厳しいか...
押しの強い流れをクロスで探ったものの反応なし。
ここで諦め、今日の釣りは終了とすることとなりました。

今日は、久々長時間ズッタリ釣りしたし、偵察も兼ねていろいろ移動して探ってみた。
サイズはイマイチだけど、それなりに釣れたし、最後にはMiyaちゃんに尺イワナも出てくれた。
リール故障が辛いとこだけど、釣り的には楽しめたかも。
まずは、疲れたけど、面白い一日となりました。(^^;

雨の中...

前日夕方は「他県遠征案」と「近場で軽く案」の他に「県内遠征案」も出てきて、皆で混乱状態。
しかし、夕方から雨は降ってるし、天気予報もイマイチ。
天気を考えると、「他県遠征案」は雨で増水してそうなんで却下。
やなさんもMiyaちゃんも連日のハードワークで疲れているということと混んでそうということを考え、心惹かれるものはあったけど、「県内遠征案」も延期。
近場の釣りに行くことにし、とりあえず朝に連絡取り合うことにして前夜は就寝。

朝の打ち合わせでは、昨晩からずっと雨で、近場はかなり増水してそう。
こりゃ無理だねということで、出撃見合わせ。
しかし、時間をもてあましたような連絡がMiyaちゃんから入ってくると、こちらも川が気になってくる。
ずっと降ってるものの、雨は強くは無いから、「あそこなら濁りは少ないはず」というポイントが思い浮かぶ。
ということで、午後からMiyaちゃんと行ってきました。

途中で合流し、現地に向かうと、予想はバッチリで、やや増水しているものの、水色はほぼクリア。
これなら問題なしということで入渓。

ところが、着替えている時に気がついたけど、帽子と偏光グラスを忘れてきた。
小雨が降っている状況で、帽子が無いと、ひさしが無いからメガネに雨粒がついて大変。
フードも邪魔になるし、フードを外すと頭が雨にぬれ、フードをかぶるとメガネが曇る状態。
まいった。
見えづらくて、枝に引っ掛けたりとキャストは目茶目茶。
これは後々まで尾を引く失敗となってしまった。

入渓すると、流れは良い感じ。

しかし、時期が早いのか、魚っけは少ない。
もともと水量は少なめな川だから、たぶん魚は、冬は下流に下ってるんだろうな。
そして、雪代や今時期の雨の増水で遡上してくるんだろうけど、ちょうど今日みたいな日に頑張ってるんでしょう。
ということは、遡上はしてても、疲れで餌は追ってこないのかも。
たぶん、深みの底についたり、流れの底についてるんだろうなー。
ということで、何回か深いあたりで逃げる魚影は見えたものの、チェイスはない状態。
やっぱり魚影は薄いか?
しかし、ここは岩盤質で、渓相は綺麗だし、この時期もコケがついてなくて歩きやすい。
気持ちよいなー。

釣れなくてもしょうがないと思いつつ歩いていったけど、フードは邪魔だしかぶらないと雨で濡れるし、よく見えないままキャストするからいたるところに引っ掛けるしと、私のキャストは散々。
肝心の良さげなポイントでも、枝などに引っ掛けて攻められない状態が続出。
そんな中で、後からついてきたMiyaちゃんが、着実に攻める。(笑)
そして、小さいながらもヤマメを出してました。
二人ボウズだと厳しいけど、とりあえず自分ではなくても出してもらえれば一安心。
せっかく案内してるんだから釣ってもらえてホッとしました。

結局、魚が居たのは大場所のみ。
枝に引っ掛けて回収を待ってる間に、Miyaちゃんが出したヤマメ2匹が今日の全釣果となりました。

ま、釣れなかったけど、この天気の中、綺麗な渓相の川で遊べた分、良かったのかな。(^^;
1/1