Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

久々の尺ヤマメ

雨で増えた水もあっという間に引いてきて、ベストを少し下回っているけど勝負はできそう。
水色もやや色は入ってるけどクリアー。
時間は早朝。
チャンス。

泡立つ流れの少し下流の開き部分で水深もあり、流れの速さもちょうどのところ。
ややアップ目のクロスで攻め、軽いトゥイッチで体の正面の流れの中間部まで来たところでヒット。
一気にひったくろうとするのにアワセる。
更に念のため追いアワセを入れ、これで一安心?

テンションに気をつけながら寄せるものの、一気に沖に走ろうとしてドラグを鳴らす(やや緩めにしてたので)

数回のダッシュ&ロールの後寄ってきたのは良型のヤマメ?

先日の失敗(ゴボウ抜きでラインブレイク)を思い出しつつネットを出すかどうか考えたけど、リーダーの結び目もチェックしていたし、少し下流側にちょうど良い岸があったので、潜って走られないように気をつけながらそちらまで誘導。
そのままズリ上げてカクホー。(^^;

やったー、良型ヤマメだー。
幅広という感じではなく意外とスリムなんで大きく見えなかったけど、測ってみるとかろうじて尺あるじゃーん。(^^;
久々の尺ヤマメだー。
模様もハッキリで、輝くようなヤマメでした。
写真を撮った後、もっともっと大きくなーれとリリース。
また楽しませてくださいねー。(^^;

その後は、せっかくのヒットルアー(自作)をロストしたり、反応もイマイチだったけど、まずは久々の尺ヤマメを拝めて幸せー。(^^;

ユースケくん、ありがとうねー。(^^;

モーニング釣行 その7

梅雨に入り久々雨が降ったと思ったら、いきなりの大雨。
川によってかなり増水したところもあって、影響が心配。
今日は午前中に用事があって朝一しか川に出られないけど、とりあえず恒例の朝だけ釣行に行ってみましょう。

ということでホームへ到着。
水量的にはまだ多めだけど、すでに水はクリアー。
川底も洗われてコケがなくなり、だいぶ歩きやすくなってました。

まず最初は、増水時の逃げ場になってるはずの、瀬の開きのポイント。
すると、真ん中の流れのあたりで早速ヒット。
良い感じの引きを楽しみつつ寄せると、20cm台後半のヤマメ。
幅広だし良い感じー。

しかし、広い瀬のポイントは良いとして、幅が狭くなってる落ち込みポイントなどは渓相が変わっている。
深いところが埋まったり、流れが変わったり...
そんなところはさすがに魚が流されていそう。
案の定、上の落ち込み下や深瀬は雰囲気が変わっていて反応もない。
諦めて、下流側へ移動。

渓相が変わっていたり、まだ増水で流れが強すぎたりで、狙えるポイントは限られる。
逆に増水で広くなってるポイントもあったものの、そういうところは反応はイマイチ。

やっぱり今日は広くて懐の広いポイントがメインかも。
ということで、広い瀬の開きでクロスで遠投して、流れの筋に入るあたりでヒット。
寄せてみると20cm台後半のイワナ。
尺がないのは残念だけど、まずはちゃんと引いてくれました。(^^;

更に上っていったものの、やっぱりかなり魚が流されたのか、まだ水勢が強すぎるのか、反応はイマイチ。
それでも数箇所の大物のつき場を中心に狙って行くと、お気に入りのぶっつけでチェイスが見え、ギラッと良型が反転したと思った瞬間にアタリがありました。
しかし、フッキングせず。
アタッた感触はあったんだけど、フックには乗らずに終了。
チェイスもそれ一回だけで終了。
ここは尺ヤマメが狙えるポイントだし、けっこう良いサイズっぽかったんで残念。

更に上ったところでヤマメを追加。
サイズ的にはたいしたことなかったけど、幅広で将来が楽しみ?(^^;
その後、数箇所偵察してみたところで時間も残り少なくなってきたので諦め、川から上がりました。

今日は偵察が主目的だったけど、判ったのは、増水で流れが変わったり渓相が変わったり、魚もかなり流されていそうってこと。
それでも、残るのは残ってるから、またまた下流から刺して来るのを期待できるかも。
まずまずサイズも釣れたし、傾向もわかったから良しとしておきましょう。(^^;

渇水 その1

ここしばらくろくな雨が降らないということで、どこも水不足気味。
川底もコケが黒くなってドロドロだし、水量は足りないし、水勢も足りない。
活性も落ちて厳しい。
しかし、こんな減水の時じゃないと狙えないところもある。
本流は、今がチャンスかも。
ということで、午前中、Miyaちゃんと探りに行ってきました。

早朝に現地に着くと、確かに水位はかなり下がっている。
水色は濃い目だけど、ここはいつもこうでしょうがない。
問題は川底がコケで真っ黒状態。
全然見えない。
でも、この水位なら、川の真ん中の浅瀬に渡れそう。
ということで、挑戦して、対岸寄りの良さげなポイントを狙ってみました。

うーん、良い感じなんだけど、なんか反応が...
せっかく苦労して浅瀬まで渡ったのに、反応はイマイチ。
しばらく釣り下ってから、おもむろにスピナーにチェンジ。
すると来ました。

前回よりも小さく、ここにしては物足りないサイズだけどヤマメ。
更に、同じあたりでMiyaちゃんにもヒット。
Miyaちゃんのほうは20cm台後半の良い感じのヤマメでした。
写真ではパーマークが写ってないけど、ちゃんとありましたよー。

更に下っていったものの、たまにチェイスはあるものの食ってこない。
反応もイマイチだし移動です。

次のポイントは悩みました。
前回行ったあたりは水が足りないのと人が多かったのか反応イマイチだった。
それを考えると、いくらかでも下流側か?

せっかくだからガイドの意味も含め、Miyaちゃんが入ったことがないというエリアに入ってみることにしました。

まずは下流のカーブのあたりからスタート。
すると、対岸に木の障害物があるあたりでヒット。
サイズはたいしたことないけど、ヤマメだー。(^^;
その下流でもMiyaちゃんがヤマメをヒットしていたみたい。

更に、落ち込み下でヒット。
今度はけっこう良いサイズ。
と思ったら、あっという間にバレ。
あの白く反転した魚体は何だったんだろう?
もったいないなー。

その辺で更にヒットがあったものの、そちらは小さめのヤマメ。
ちょっと残念。

更に上っていったものの、障害物がなく日がモロに差し込むエリアは反応なし。
これ以上のポイントも思い浮かばないし、時間もそろそろという感じだったので、ここで川から上がりました。

Miyaちゃんの良型ヤマメ以外は、サイズ的にも数的にもイマイチ。
やっぱり雨が欲しいですねー。
Miyaちゃん、お疲れ様でしたー。(^^;

痛いロスト

久々まめむしさんから連絡があったんで、今日はガイドです。(^^;

とはいえ、どこも水がなくて厳しそうな状況。
あそこも、あっちも厳しいという話が聞こえてくる。
ということで、まだマシそうな(前日は良かった)ホームへ。

しかし、朝一に入ったポイントは、ほんと水がない。
話にならない。
落ち込みも流れが弱く、深場はトローンというか、深場のはずなのに水深もない。(笑)
かろうじて落ち込み下で、まめさんはチビイワナ、私はチビヤマメをヒットでボウズ脱出。
この分だと、大場所以外は水が足りないし、大場所も反応あるか疑問。
ということで、幾分でも水のありそうな下流部へ移動。

次のポイントに移り、落ち込み下や瀬の中でも水深のあるところを中心に攻めてったものの、下側は反応はイマイチ。
やはり水が足りない。

少し上った、落ち込み下の深瀬はどうか?
この大場所は、普段は深くて流れもあって、攻めるのが難しいポイント。
朝一とか、活性が上がってる時じゃないと、なかなか出てくれないものの、大物がいるポイントです。
沈めないと出てくれないところだけど、今回はD-インサイトのテストに使ってみよう。
今日は、水量が少ないために落ち込みの流れが弱かったせいか、流れにうまく入れれたみたい。
落ち込み直下にアップで入れて、数回ヒラヒラさせたところで、グンと竿先が一気に沈みヒット。
追いアワセを入れ、しっかりフッキングさせられたみたい。
この感触はかなりの大物。
グングンと引き、弓なりになるロッドの感触を楽しみながら寄せる。
寄ってきて目の前を横切る魚体はしっかりイワナ模様。
イワナ(アメマス?)だー。
けっこうデカい。
40cmは越えてそう。(^^;

しかし、ここで何を思ったのか、とんでもないことを始めてしまった。
横で見ていたまめさんは、いなして楽しむのかなと思ったそうな。
だまってネットを出せば良かったのに、私の頭にネットはなかった。(笑)
急な斜面をものともせず、なぜかゴボウ抜き気味に、無理にズリ上げに挑戦?

強引に水から引き抜いてズリ上げたものの、斜面にかかったところでイワナが暴れると、ラインが“ブチッ”...
ありえない...(笑)
ガッチリフッキングとPEラインということで、油断してました。
本人は切れるということを考えてなかったけど、リーダーの結び方を変えての耐久テストと言って、長時間結びなおしてなかった。(泣)
リーダーとの結節点付近で、PE側が切れてました。
結び目確認してなかったけど、擦れて切れかかってたのかも。

まめさん曰く、はっきり音が聞こえたというラインブレイクとともに、イワナは更に跳ね、数回暴れたところで水の中にボチャン。
慌てて押さえようとしたけど、一瞬暴れた後、水中に居ることに気がついたって感じで、一気に深みへすっ飛んでいってしまいました。

マイッター。
もったいない。(笑)
ま、私らしい失敗か。(笑)

一応陸には上げたけど、写真なし、サイズ計測なし...これってセーフ?アウト?
やっぱりアウトなんだろうねー。(笑)

せっかくテスト用に買ってみたD-インサイトも咥えられたままお亡くなり。
まだ、動きとかいろいろ試してみたかったのに。

一気にガックリしたところで、更に釣り上る。(笑)

リーダーを結ぶのに苦戦していると、その間にまめさんが良い感じのヤマメをヒット。
20cm台後半で、最終的にはこの日の最大サイズとなりました。

少し上ったところでも反応はあったものの、前日に比べるとイマイチの反応。
やっぱり減水がボディーブローになってるのか?
ポイント的にもその辺で終了ということで、次のポイントへ移動。

と思ったけど、この水量だと、どこも釣れそうな気がしない。
ということで、水量の多い、ド本流へ移動してみることにしました。

ポイントへつくと、一応釣りにはなりそう。
こう広いと攻め方も難しいものの、水深のある流れの筋を横切らせたところでヒット。
寄せてみると、20cm台中盤のヤマメ。

ここにしては小型かな?
もう少しサイズが欲しいところ。
続いて、まめさんも幅広のヤマメを釣ったものの、その後は反応はイマイチ。

暑いし、気力もつきかけてきたので、その辺で川から上がることにしました。

今日は久々まめさんといろいろ話しながらの釣りを楽しめました。
バラしたショックは大きいけど、一応良いサイズのイワナの引きも味わえたし、まめさんには良型ヤマメを釣ってもらえたし...
まずは楽しい釣行となりました。
しかし、この減水傾向は辛いところ。
どこの川も同じだろうけど、雨降ってくれないと厳しそうだなー。
雨よ降れー。(^^;

モーニング釣行 その6

今日もモーニング釣行です。
まずはお気に入りのポイントからスタート。

広い瀬の中間の岩の辺りを探っていてヒット。
けっこう良型。
しかし、少し引いたところでバラシ。
フックがヤバイとは思ってたんだけどね。(笑)
ちょっともったいなかったなー。
その辺で、数回のチェイスとバラシがあったものの、キャッチまでは持ち込めず。

少し上った落ち込み下流で自作をアップクロスで投げ、ヒラヒラさせてたところでヒット。
今度はしっかり追いアワセを入れてガッチリフッキングさせて寄せる。
20cm台中盤のヤマメ。(^^;
パーマークが縦に伸び、模様のはっきりした綺麗なヤマメでした。
このままどんどん大きくなーれ。(^^;

更に上って、このエリアの本命の流れ込みで粘ったものの、こちらはチェイスなし。
ちょっと埋まって浅くなってるかなー。
でも、その上の落ち込み下流でヤマメがヒット。
更にその上でもヤマメがヒット。
まずまず快調...?(^^;

そこで一旦川から上がって、次のポイントへ移動。

すると、下の落ち込み下流の深瀬でヒット。
今度もヤマメ。(^^;
落ち込み上流の瀬でもヤマメが連続ヒット。
そして、その上の深瀬にもヤマメ。
この辺、けっこう良い感じ。(^^;

そして、狙いの深瀬の頭の落ち込み下にアップでキャストしヒラヒラさせたところでまずまずサイズがヒット。
寄せてみるとイワナ。
この辺では久々だなー。
ここは尺が溜まるところだけど、残念ながら今回は尺はなし。(^^;

更に上っていくと、イワナ、ヤマメの連発。
しかし、時間のほうはそろそろタイムアップ。
ということで、その上までやったところで川から上がりました。

水がそろそろ少なくなっているものの、今日はまずまずの活性。
良い感じで釣れてくれました。
後はサイズだけだー。(笑)
楽しい朝だけ釣行でした。

モーニング釣行 その5

今日もモーニング釣行です。
明日は雨ということなんで、本当は明朝出たかったんだけど、明日は朝から忙しいので、水がないのは判ってたけど出撃。(笑)

現地に着くと、予想通り水がない。(笑)
いつもなら水に浸かってるあたりが陸になり、岸沿いの段差がやけに高く感じる。(笑)

普段なら入れない落ち込みの下流側からスタート。
しかし、流れの中で根がかり。
これも、普段なら水深がある荒い流れで絶対渡れないところなのに、減水で流れが緩くなっているんでどうにか回収に行けそう。
流れ的にも水深的にも渡れるんだけど、すっかりコケが生えて、更に黒くなってドロドロ状態。
メチャ滑る。
恐ろしい思いをしながらどうにかミノーを回収して、ついでに渡河。
これで、普段とは反対側から大場所が狙える。(^^;
と思ったら、大場所の手前でまた流れの対岸よりに根がかり。
結局、元の岸に戻ってしまいました。(笑)

せっかく入った下流側は、根がかりで立ち込んで良い場所をつぶしたせいもあるけどノーチェイス。(今日の底の様子だとチェイスも見え辛いけど)

結局大場所の落ち込み下まで行ったとことで初チェイス。
そして、アップクロスでロングキャストしたミノーに反応して、今日の初ヒット。
ヤマメでした。(^^;


しかし、減水の影響か、反応はそれだけ。
時間の余裕もあまりないので、すぐに見切りをつけ釣り上る。

次の狙いは、荒瀬の上の対岸よりのタルミ。
やっぱり居た。(^^;
今度もヤマメです。
その上の対岸沿いの深みは、岸から張り出した根にジャストミートでポイントをつぶし、その上の落ち込みでもバラシ。(笑)

更に上ると、上の平瀬の期待してないところでヒット。
流れも緩いし、ここは諦めていたけど居たんですね。
今度もヤマメです。(^^;
更に上って落ち込み下流のフカセでアップクロスでキャストしてダウン気味になったところでヒット。
更に、その少し上でもヒット。
どちらもヤマメだけど、絶好ポイントなのに、なぜかそれまでよりちょっと小さめ。(笑)

落ち込み下は反応がなく、次の瀬も反応なし。
次の落ち込み下流でやっと反応。
今度はサイズがまた元に戻って、20cm台中盤の良い感じのヤマメ。

更に少し上流側でもヤマメ。

この上もポイントが連続しているけど、ちょっと歩かなきゃならないので、ここで一旦川からあがる。
時間的に、もう少し釣りできるので、帰る途中で寄り道。

最初の落ち込み下は、来たと思ったらウグイ。
上から覗いても、尺ヤマメは見えないなー。(笑)

その上のエリアの岸沿いのぶっつけのポイントでヒット。
これはまずまずサイズ。
しかし、途中まで寄せたところでバラシ。
ロッド操作を失敗したなー。
チャップさんが言ってた通りだ。
心の中で、ああいう操作はしない方が良いのかと再確認。

そのまま上っていくと、落ち込みごとに、下流の適水勢のあたりでヤマメが連続してヒット。

そして、終盤の落ち込み下流でも...

久々、まずまずサイズの予感。
ギラギラ光りながら暴れるなか、恐る恐る追いアワセ。(笑)
そのままズリ上げると、20cm台後半のヤマメ。
このエリアでもそろそろ後半が出てくれるようになったんだなあー。
泣き尺までは行かなかったけど、久々の良型ヤマメ。(^^;

ここで出たって事は、この上のあそことあそこもチャンスかも。
と、思いつつも、そろそろ時間切れ。
タイムアップと言うことで、帰路につきました。

今日は朝だけ釣行なのに、まずはヤマメが連発してくれたし、まずまず良型のヤマメも出てくれたから、行った甲斐はあったかな。
まずは、たのしいモーニング釣行となりました。(^^;

遠征 その2

やなさんと連絡取り合っていて、盛期に狙ってみたい川に行ってみることにしました。
暗いうちに迎えに来てもらって、一路現地へ。
やなさん、毎度毎度、ありがとうございます。(^^;

明るくなることに現地に着いてみると...ん?水がない?
深い場所はトローンとほとんど流れがない状態。
こりゃまずい?...

まずは先行者の影響の大きそうな支流からスタート。
とりあえずは流れのあるところから反応は出てくるものの、サイズが...
ここ一番という感じのポイントでやなさんが20cm台中盤のヤマメを出した他は、皆20cm程度かそれ以下。
とりあえず、やなさんが綺麗なヤマメを2連発。(^^;
とりあえず、数は出るんだけど、サイズが...(笑)
景色は綺麗だし、水も綺麗なんだけど、水量少なすぎて、流れも弱いから、ちょっと厳しいなー。
逆に、小型とはいえ、この状況で反応あるってのも凄いけど...(笑)
以前大物を見たことがある淵も、出てきたのは小型のヤマメ。
これは、大物狙うには、思い切った移動が必要そう。

ということで、支流は諦め、本流へ移動。

しかし、本流も流れがトローン...(笑)
白泡のたつ瀬を探して移動し、次のポイントへ入渓。

こちらも反応はあるんだけど、サイズが...(笑)
と思ってたら、先行のやなさんにチェイス。
「デカいやつが、水面を割って飛び出してきたもののヒットせず」とのこと。
攻守交替で、今度は私がキャスト。
すると、落ち込み下の流れの筋の一つの下のところで、大きな背中で水面を割るように飛び出してきたやつがいた。
デカい。
たぶん、40cmは越えてそう。
よく見えなかったけど、ポイント的にはイワナかな?
更にやなさんと交代すると、今度は食いついてきたものの、フッキングせずにミノーがすっぽ抜け。
残念。(^^;
さすがにこの辺で反応がなくなったので、こいつは諦め、更に釣り上りました。
しかし、その後も数は出るもののサイズはイマイチ。
結局、そのまま退渓予定地まで到着。
時間もちょうど良いので、帰路につくことにしました。

今日は、大きいのを1尾見ただけで、ヒットしたのは小型ばかり。
数だけは出たものの、ちょっと不完全燃焼かな。
でも、遠征してまったく釣れないよりはマシか...(笑)
後で考えてみたら、雨不足だけじゃなく、この時期、田んぼに取水しているせいで、川は水が少なかったのかも。
盛期にと思っていたものの、まずい時期を選んじゃったのかも。
それでも、とりあえず往復の車の中でいろいろ話もできたし、それなりにけっこう楽しめたかな。
やなさん、ありがとうございました。(^^;
また行きましょうねー。(^^;

モーニング釣行 その4

今日は週末だけど用事があるので、朝だけの出撃です。
ということで、偵察も兼ねて、久々のエリアへ出撃。

まずは、下流側のポイントから入って、大場所方面を偵察。

しかし、現地に入ると、渓相変化でポイントは潰れたまま。
おまけに、水量と水深と流れの強さが微妙な感じ。
落ち込み下を狙うにはもう少し水量が欲しいけど、水量があるとポイントまで入るのは難しくなる。
以前みたいに、ある程度掘れた感じで流れがはっきりしてこないと厳しいかも。
やっぱりここはしばらくは厳しそうだなー。
ということで、時間を使った割りにめぼしい反応もなし。

そこから上っていき、脇の流れをチェック。
しかし、水量が少なめなので、ポイントは落ち込み下の所しかなさそう。
落ち込み下流の多少深さのあるボサ前を探っていて反応あり。
そこで、更にクロスでキャストしてミノーを躍らせたところでヒット。
一気にひったくって走ろうとするところにアワセを入れ、そのまま寄せてズリ上げ。

おー、良い感じのヤマメでした。
まずはボウズ脱出で一安心。

更に上って、一つ上の落ち込み&流れ込みの奥にロングキャストで入れたところでヒット。
寄せてみると、今度はイワナ。
このエリアでのイワナは久々。
そろそろ動きが出てきたということでしょうか。(^^;

途中、根がかりしたミノーの回収で、流れの強い深いところで冷や汗をかいたりしながら更に上っていくと、今度は広い瀬の中でヒット。

今度もヤマメ。
この辺で出るって事は、活性が上がってるんだろうなー。

更に上っていくと、所々でヤマメは出るものの、思ったほどのサイズのやつはいない。
そろそろ良型が居てもおかしくないんだろうけど、水量が思ったよりも少ないのが問題か?

途中、流れの筋でまずまずサイズをかけたものの、寄せる途中でバラシ。
このバラシたのが今日一番のサイズか?
それだって、尺はなさそうだし、やっぱりもう少し水が欲しいなー。
上の区間でも、小型のヤマメは釣れるものの、大物めぼしい反応はなく、時間も迫ってきたので、川から上がることにしました。

今日は、いたるところで反応はあったし、活性自体は高く感じたものの、良型の反応はなかった。
居ないのか、反応しなかっただけなのか...?
居ないはずはないとは思いつつ、もう少し水が欲しいと思いつつ、朝の道路を家路につきました。(^^;

偵察 その4

午後も遅めの時間帯から偵察がてら出かけてみました。

ここ二日ほど、夜中に雨が降ったものの、降水量自体はたいしたことなかったみたい。
水位の落ちた川の多い中で、いくらかでも水が多そうなところの様子を見に行ってみましょう。

まずは、中流からスタート。
先行者が居たので、一旦かなり下流側まで下ってから様子を探る。
すると、渡河予定地を探っていて、まずはヒット。
そして、バラシ。
うーん...(^^;

渡河の後に下ってリスタートしたところで、小型のヤマメがヒット。
そして、他にもチェイスが見える。
流れのキツイ瀬でもヒット。
サイズはイマイチだけど、活性は高いみたい。
落ち込み下などで、チェイスがある。
数回のバラシをしたところで、先ほど先行者のいたポイントに到着。
すでに帰ったみたいなので探ってみたものの、流石に反応はない。
ということで移動。

途中のポイントの渓相変化をチェックしてから、次のポイントへ入渓。

まずは最初の落ち込みへ。
すると、クロスに投げて引いてくる途中でヒット。
今度もヤマメ。
その後も、流芯を超えるところでバレたり、岸まで引いてきたものの、写真撮影前に落としたりといったこともあったけど、ヒットが続きました。
しかし、この落ち込みは、底に何かがついててもおかしくないものの、うまく沈められないなー。
そのうち反応もイマイチになってきたので、落ち込みの上の瀬へ。
そちらでもヤマメが数匹ヒットしたものの、あっという間にタイムアップということで、川から上がりました。
時間が足りなかったので、偵察と言う意味ではほとんど廻れなかったけど、まずはヤマメが釣れたし、水量や様子もわかったので、行った甲斐はあったかな。
サイズが良いやつは出てくれなかったけど、まずは楽しめる偵察となりました。
1/1