Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

シーズン初釣果は尺イワナ

今年は春が遅れていたけど、ここにきて遅れを取り戻すように一気に暖かくなりました。
ということで、慌てたように今期の初出撃。(^^;

一気に暖かくなり、雪代も出て増水しているらしい。
暖かくなる日中は、逆に雪代で水温が下がってるかも。
だったら朝だけ釣行もありか?
ということで、なかなか出撃できないでいたから、朝だけ釣行で様子見てくることにしました。

今期初ということで、川の様子がまったくわからない。
ということで、いろんなところの様子を見ながら、ところどころで竿をだしてきました。

予想通り、今日は増水気味で雪代の入ったやや色だけど、最盛期とは違ってまだ透明度がある。
様子を見ながら数箇所周り、その中の一番期待のポイントで、ショートバイトのアタリが一回あった後、少し手前まで引いたところでヒット...しかしすぐにバレ。
護岸上からだったんで、2回目のアタリは見えたけど、うまくアワセられませんでした。
たぶん、一回目のアタリの後、そのまま追ってきて食ったんだろうけど...数少ないチャンスだっただけに残念。

それ以外はまったくのノーチェイスのままタイムアップも近づいて最後のポイントへ。
ここも期待のポイント。

こちらも増水気味でやや雪代色が入っている感じ。
で、大場所を上からダウンで攻めたりクロスで攻めてみたものの反応無し。
ポイント的には手前の流芯周りが一番深いんだろうけど、流れが強いし、深すぎて底に入れるのは難しい。
あとは、あそこ大岩周りと対岸岸沿いだろうなー。
そして、対岸の緩流帯を狙ったところで痛恨の根がかり。
うーん、浅場だから回収できそうだけど、この辺は渡れないし、下流の橋を渡ってあそこまで行くのは大変だなー。(泣)
それでも、自作ミノーは一期一会だから回収に行くことにし、とりあえず、その辺を探るものの無反応。
諦めて回収に行くことにしました。

車で対岸まで移動し、後は歩き辛い岸沿いの灌木帯をどうにかこうにか潜り抜けて先ほどのポイントの対岸へ。
先ほどラインを切ったミノーはあっさり見つかって無事回収。
せっかく来たんだから気になってた岸沿いの流れを流してみましょう。
ということで、ダウンクロスで手前側を中心に探ってみると、思っていたポイントあたりでヒット。
ダウンの水圧があったので、一瞬岩に根がかり?と思ったけど、ちゃんと生命反応があって一安心。
けっこう良い引きをしているからサイズもまずまず?
そのまま岸沿いの流れの強くないところを引いて寄せてくると、近くまで来たところで一気に沖に走ったり、けっこう引いてくれる。
バラさないようにテンションに気をつけつつ寄せてくると、良いサイズの魚体が見えたので少し興奮?(笑)
「はっきりとは見えなかったけど、けっこう良いサイズだったなー」。
「尺はありそう」。
「まさか尺ヤマメじゃないよねー?(ニヤニヤ)」
「でも、ニゴイだったらどうしよう(ヒヤヒヤ)」
「まさか、この時期にはニゴイはないよね」。

おもむろにネットを出して、首を振りつつ暴れる魚体をバラさないよう気をつけながら、流れに手を差し出して無事ネットイン。
「おー、尺イワナだー」。
岸に持っていって測ってみると、44cm。
「おー、イワナのサイズの自己新だー(^^;」
写真を撮ったりしてから岸沿いでリリースすると、その場では休まず、そのまま流れに消えていきました。
時間も押していたし、満足できるサイズをあげられたので、ここで終了。

シーズン最初の釣行で最初の一尾が尺イワナ。
今年はなかなか良い出だしになったかな?(^^;

水温が低くて暴れっぷりはそれなりだったけど、それでもサイズの分だけしっかり引いたし、走ったり首振ったりと、暴れてくれました。
堪能できたかな。(^^;

短時間だったけど、十分堪能できたシーズン初釣行でした。(^^;

2012ハンドメイド その2


なかなか天候が安定せず、スイムテストにも行けないまま。
そうこうしているうちに、今年の試作の第2ロットもリップつけ前まできてしまった。
本来なら、仕上がってる第1ロットの2個を使って泳ぎをチェックして、リップの形やサイズや角度などの様子もみたいところだったけど...
まー、この感じたといつテストに行けるかも判らないから、このままリップつけちゃおうかな。

ということで、先行試作品のテストもしないまま、第1ロットの残りと第2ロットの半分にリップをつけてしまいました。

はたしてどんな泳ぎをしてくれるものか?
サイズや厚さや重さや形も複数あるから、早くくテストして、方向性を決めたいところだなー。(^^;
1/1