Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

久々の出撃で尺イワナ

今月は凍傷にかかったり(まだ中指の先に違和感が残ってます)、いろいろ忙しくて全然出られてなかったけど、今日は天気も良いという予報だったので、久々出撃してきました。

まずは無難なポイントからと思ったけど、狙った場所には先行者が居るし、強い向かい風が吹いていてキャストもキツイ状態。
とりあえず、20cmくらいのヤマメが1尾出たところでここは諦めて移動。
次に入ったエリアは、一応増水気味なものの、思ったほどではない。
水の色もあまり濃くなく、雪代はおとなしい感じ?

まずは狙うポイントまで岸を歩いていると、明るい茶色の動物が目に入った。
小さな流れ込みの所を越える姿は、たぶんイタチ?
一瞬停まって目と目が合ったものの、すぐに岸の茂みに消えていく。
慌ててカメラを用意した時には、すでに姿が見えなくなっていて残念。(笑)

気を取り直して入ってみたものの、ここは水が多くて流れが強すぎて攻めきれない。
流れの下に居るんだろうなーと思いつつも反応を出すことができない。
深瀬は攻めきれないまま、普段よりは水深を増した平瀬のあたりで、普段は岸になる浅いあたりまで追って来た魚影がヒット。
小型のヤマメ?
しかし、すぐにバラシてしまいました。
残念。
今日は、柔らかい5.6ftロッドを使ってたけど、これだとアワセが難しいかも。

一旦上がって次へ移動。

目的のポイントに向けて移動していると、少し先にキジのツガイがいたので、携帯を出してカシャッと一枚。(^^;
イタチを見て、キジを見て、次に見るのはクマ?(笑)
どうせ見るなら良型のトラウトが良いなー。(笑)

狙いのポイントへ行く途中にちょいと落ち込み下に深瀬のあるポイントへ寄り道。
こちらも水量はやや多め程度で水色もそんなに濃くなく、雪代って感じではない。(午前中だから?)

下から入って落ち込みに向かって上っていくと、途中のあたりでクロスで引いてくるミノーに流れの中心付近でヒット。
けっこう良い感じの大きさだったものの、すぐにバラシ。
うーん、うまくアワセを入れられない。(泣)

さらに探ったものの出てきてくれないので、今度は上流側から岸沿いをダウンで探る。
すると、根がかりのような抵抗があり、アワセを入れる。
ダウンなのでアワセもオート気味で入るわけですが、グイっと引くと動くので、これは魚ですね。
流れも強めなので無理せず、自分で下りながら距離を狭める。
そして、グイッと引いて浮き上がらせ、一応ネットを用意して一気にすくい上げる。

おー、イワナだ。
尺はあるねー。(^^;
久々の尺というか、今シーズン初の尺イワナで、サイズは34cmでした。(^^;
目標の45cmアップとはいかなかったものの、久々の尺イワナで、今日は来た甲斐があったなー。(^^;
写真を撮った後、無事リリース。
次の目的としていたポイントへ移動。

今日はここの渓相変化のチェックを目的の一つにしてたんだけど、やっぱりかなり変わっている。
それでも、深めのところを中心に探って行くと反応あり。
落ち込み下や深瀬でヒットしたもののバラシってのを数回繰り返し、なかなかキャッチまでいけない。
アワセがうまく決まらないのと、すでにショートバイトって感じ?
チビヤマメかなー?

なんてやってるうちに、どうにか落ち込み下の少し水深があるあたりでヒットして、やっとバラさずに寄せられたのは、綺麗な20cm台前半のヤマメ。
模様の鮮やかなヤマメはやっぱり綺麗ですね。(^^;
そのまま釣りあがっていき、落ち込み下の水深のある平瀬まで上ってきて、岸の高台の上からクロスで対岸方面にキャストし、流れの中を通しているところでヒット。
今度は良い感触。
まずまずサイズっぽい。
ここはヤマメのつく場所だから、ちょっと期待。

でも、川にそのまま降りられないので、下流側の降りられるところまで誘導しないと...ってやっていてバラシ。(泣)
感触がまずまずだったので残念だったけど、やっぱりアワセが入りきってなくて、フックが貫通してなかったのかも、(泣)
諦めて、さらに釣り上る。

続いて、上の深瀬。
対岸沿いの深みに入れて、アップクロス気味に引いてくる途中でチェイスしてくる魚影が見えたと思ったらヒット。
今度は余裕をもってアワセて、勢いを利用してズリ上げ。

おー、イワナだ。
これもまずまずサイズ?
測ってみると、どうにか尺の31cm。
今日2匹目の尺イワナでした。
やったー。(^^;
上のエリアも気にはなったものの、疲れも出ていたのでここで川から上がることにしました。

今日は久々の釣行。
多大な期待はしてなかったけど、うまくいけば良型イワナも...と思ってたけど、目標の45cmとはいかなかったものの、尺イワナが2本、さらにバラシが多かったものの、ヤマメも拝めたし、アタリも多数楽しめたし、まずは楽しい釣行となりました。
来た甲斐があったって感じ。
ロッドの関係もあったけど、アワセを入れれない癖が出たせいか、バラシ多数ってのが問題だけど、それなりに魚影が感じられたのが嬉しい。
まずは良い釣りを楽しめた一日でした。(^^;

モーニング その2

週末の天気が悪そうだったので、その前にと思って早朝出撃してきました。

途中の道路の温度計は-2度。
今朝はけっこう冷えてるみたい。
と思ってたら、次の温度計は-3度。
寒いなー。

まずは、前回釣り人の姿が見えたあたりに入ってみました。

晴れてるし風もないので、意外と寒く感じない。
波もない湖面へキャストを繰り返す。
風がないので寒くは感じないんだけど、露出している部分は冷える。
薬指と小指を隠してあとは出しているタイプのグローブはしてたんだけど、右の中指がリールのフット部分に触ってるせいか、冷えて感覚がおかしくなってくる。
冷えた中指が千切れるように痛いというと大げさだけど、すっかり冷たくなって痛むような状態。
放射冷却で冷えてるんですねー。
それでも、時々左手で暖めながら、キャスト続行。

少しずつ移動しながら探って歩き、カケアガリのさかい辺りに立ちこんでひたすらキャストを繰り返していると、沖から引いてきたルアーの後ろを追ってくる魚影を発見。
岸が近づいて見えるところまで来てるので、もう後がないということで大きくアクションを入れるとヒット。
暴れる魚をそのまま寄せて、岸にズリ上げ。
おー、イワナだー。

希望サイズではないものの、20cm中盤のイワナで、まずはボウズ脱出。

自作ミノーだったし、まずは良かった良かった。(笑)

その後、キャストを再開すると、ふたたびチェイス。
今度は小型だったけど、食ってはこなかった。

さらにキャストしていると、今度は沖よりでヒット。
寄せると、今度は小さめのヤマメ?

岸沿いでは、いたるところで水面に波紋ができてる。
寄ると逃げていくけど、ワカサギの姿がいたるところで確認できました。
産卵で寄ってるんだろうなー。

しばらく続けた後、期待の大物の気配はないままタイムアップで諦め帰路につきました。

ま、今日はイワナも釣れたから、成果ありということにしておきましょう。


P.S.
そこそこ良い感じで楽しんで帰ってきたんだけど、後で問題発生。

寒くて痛んで感覚が消えた右手の中指。
家に帰ってからも変にフワフワして痺れるような感じで感覚が戻らない。
第二関節あたりまで違和感がある。

もんだりしたものの、痺れたような感じで違和感が消えない。
数日たってもそのままなので、ふと思いついたのが「凍傷」という言葉。
当日の最低気温は-4.9度だったみたいだけど、その程度でなるの?

ネットで調べてみると、症状はバッチリ合ってる。
ということは、軽度の凍傷だったみたい。
放射冷却で冷えたのと、寒すぎなかったので油断したのが原因か?
岩洞湖の氷上釣りでもなったこと無いのになー。

時間がたつにつれて、痺れは弱まり、違和感も指先から第二関節までから第一関節へと縮小はしてるものの、指先の違和感は取れません。
ネットの情報をみると、治るまでは長期間かかるし、場合によっては治らない後遺症になることもあるみたい。
もちろん、軽度ということで、痺れくらいしか症状は無いくらいだから、たぶん治るとは思うけど、時間はかかりそうですね。

油断してたとはいえ、初めての経験でビックリという感じです。
まだおかしいけど、早く治ると良いなー。(^^;
1/1