Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

久々まめさんと...

今年は久々梅雨らしい天気が続いている。
しかし、今日・明日は雨は一休み系?
明日がチャンスだけど、今日の夜に雨降られたら元も子もないので、とりあえず出撃してみようかな。
ちょうどまめさんと連絡が取れたので、久々にまめさんとご一緒での出撃となりました。

まずは、早朝に大物狙いポイントに行ってみたけど、思ったよりも増水で濁りも残っていて厳しい状態。
大物ポイントは諦めて、水量が減るだろう上流のポイントに移動。

予想通り、水量はちょうど良いくらいのポイントに入れたけど、やっぱりまだ落ち着いてないのか、それとも魚影が薄いのか、反応は微妙。
それでも、クロスで引いてきたミノーにカケアガリ部分でまずまずサイズがヒット。
そのまま寄せて...シマッタ、ここは岸沿いに立ち込めない。
無理にゴボウ抜きしようとしてバラシ。
残念。
その後、キャッチできたのは、さっきとは違って小さいイワナ。
ま、ボウズは脱出できたけど、物足りないサイズ。
その後は、良型のチェイスもあったものの食ってこなかったので移動。

次のポイントも反応がイマイチ。
それでもまめさんが、岩脇の緩流帯まで追って来たイワナをロッドでハチの字を書いて食わせたそうです。(^^;
サイズはイマイチだったけど、これでまめさんもボウズ脱出。(^^;

ここで様子を見たかったので、違う支流へ移動。
しかし、そちらはまだ水量が多めで濁りも残ってる。
それでも、入って反応を探ってみると、案の定、反応はイマイチ。
まだ早いのかな。
それでも、水深のあるあたりで、まずまずサイズがチェイス。
ミノーをヒラヒラさせたところで食ってきたものの、アワせたとたんにミノーがスポーンと抜けて終了。
なんか、最近はこのパターンが多いな。
アワセが早すぎるのだろうか?
せっかくのまずまずサイズだったに残念。

その後、少し上流側でヒット。
今度は無事にキャッチできたものの、サイズはグッとおちて幼魚サイズ。
ま、パーマークを見れただけでもマシか?
その後は反応無し。
次のポイントにとも思ったけど、まめさんも久々の釣りで疲れたそうだし、私も疲れが出てたので、ここで川から上がることにしました。

今日は久々のまめさんとの釣り。
おまけに梅雨の中休みの貴重なチャンスだったけど、まだ早かったみたいで魚が反応してくれなかった感じ。
それでもボウズは免れたし、まめさんも久々川で釣りできて気持ち良かったんじゃないかな。
まずは楽しい釣行となりました。

小渓流巡り

今日は横田さんと小渓流巡り。

まだ水が落ちきらずに水位が高めで押しが強すぎ。
おまけに11度くらいと水温も低くて魚の動きがイマイチ?
チェイスはしてくるんだけど、食いきれない感じ。
それでも横田さんはサスガのテクで、バンバンヒット連発。
しかし、釣れるのはチビばかり。
それでも、数箇所で大物のチェイスやバラシはあったみたい。
大物はやっぱり底についている。
私には入れられないようなポイントで底から大物を引き出すものの、この日は食いが悪いせいかチェイスのみやバラシでキャッチまではいたらず。
35アップのヤマメや45アップのイワナなど、数匹の尺ものが反応したようだけど、私は引き出すことすらできませんでいた。
やっぱりレンジは大事だー。
結局この日は25cmどまりという感じ。
それでも、横田さんのテクを特等席からたっぷり拝見できて、楽しい釣行となりました。(^^;
私もそれくらいのヤマメを自作ミノーでヒットしたり、イワナをヒットしたり...
それにしても、ホームの魚影の薄さに比べて、今日はたくさんの魚を見た感じ。(笑)
そして、夜は反省会。
横田さんと釜石のKさんと飲み会?の帰りに無理やり呼ばれたやなさんと、深夜まで話し込みました。
楽しいひと時。
横田さん、やなさん、Kさん、ありがとうございました。(^^;

モーニング その8 久々の尺ヤマメ

久々天気が良いという予報だったので、朝だけ釣行で偵察に行ってきました。

今年の梅雨は、前半は空梅雨って感じだったのが、7月に入ってからは珍しくしっかり雨が降ってくれている。
というか降りすぎの状態。(笑)
水位はしばらく高止まりしていたけど、先週後半の雨で一気にかなりの水位まで増水、そこから引いてきた状態。
まだまだ水位は高いけど、引き具合もゆっくりになってきているみたい。
しかし、ここ数日ところどころで局地的に短時間に強い雨が降ったりしている。
心配もあるけど、うまくすれば濁りが薄くなって水位が高めの良い条件にめぐり合えるかも...と期待しながら夜明けに合わせて現地に向かいました。
まずは、大物狙いポイントへ。
しかし、川岸に立ってみると、濁流&増水で話にならない。

こりゃポイントに入れないし、入ってもたぶん勝負にならない。
この分だとどこも期待できそうに無いけど、一応各ポイントを回ってみることにしましょう。

ということで、どんどん上流に向かって上りながらポイントを見回ってみたものの、上流へ行っても濁りは強くて増水のまま。
それ以上上っていっても濁りは取れなさそう。

それではということで支流に入ってみたものの、水色は良いんだけど激流で流れが荒すぎる。
上流の水量が減る辺りに行けば良い感じなんだろうけど、そうとう歩かなきゃならないので断念。

付近の別河川も予想通り濁流&増水。
しょうがないのでこんな時の逃げ場へ行ってみました。

逃げ場の支流も着いてみるとけっこう濁っている。
それでも、このまま竿出ししないで帰るのもあんまりだし、少し投げていきましょう。

最初のポイントは落ち込み下の開きを中心に探ったものの反応なし。
けっこう濁ってるし、やっぱり無理なのか?

しかし、続いてかつて実績がある期待していた急な流れから開きになる小さな流れのヨレのポイントに入って探ってみました。
濁りは強めなので、アピールの強いリッジのMNシルバーシャッドをセットし、クロスで対岸にキャストし、ヨレをダウンでゆっくりアピールするようにクロス気味にトレースし、ギランギランとしたところでヒット。
アワセを入れそのままリールを巻くと、巻くのに合わせるように強い流れを遡ってきてくれる。(笑)
これは良型ヤマメか?
無理に下るよりも、そのまま上らせて寄せた方が良いと判断し、そのまま寄せて目の前まで誘導、ネットを出すと、激流には向かわずに岸沿いに居てくれたので、どうにか無事にネットイン。(^^;

おー、良い感じのヤマメだー。
けっこう幅広の良い感じのヤマメ。
これは...と思ってサイズを測ってみると、尺ありますねー。
おー、久々の尺ヤマメだー。(^^;

手に持っても、20cm台中盤とは明らかに違う幅広の魚体。
良い感じですね。
しばらく眺めてから「もっと大きくなーれ」とリリース。
元気に流れに帰っていきました。(^^;

その先にはさらに期待できるポイントがあるはずだったけど、増水で岸沿いには歩いていけず周りも密林状態なので飛ばして次のポイントへ。
すると、落ち込み下を探っていてヒット。
今度はさっきのヤマメとは逆に下流に下ろうとして、流れに入られて大変。
しかし、立ち居地の関係から、これ以上は下れない。
無理やりという感じで、バラシを心配しながら強引にリールを巻いて寄せると、これもまずまずサイズのイワナ。
ズリあげるスペースがないのでネットに入れて岸まで持っていくと、もしかしてこれも尺あるかな?
岸でサイズを測ってみると、ギリギリ尺イワナ。(^^;
おー、なんか凄いことになったなー。(笑)
イワナとしてはサイズに不満はあるものの、一応、尺だから贅沢は言えないな。(^^;

なんか濁りが強くなってきた気がしたし、時間もちょうどだったので、その上を探ったところで終了。

今日は最初の濁流&増水を見た時点でほぼ諦めていたのに、期待してなかった良型が連発。(といっても2尾のみだけど)
でも、ほとんどは車で走り回っていて、実際に釣りしたのは短時間。
距離的にも50mくらい?
そこで、尺ヤマメと尺イワナなら御の字でしょう。

久々の尺ヤマメが獲れたのはうれしかったな。
ギリギリ尺でも、幅の広さはサスガ。
綺麗な魚体でした。

期待してなかっただけに、非常にうれしい早朝フィッシングとなりました。
1/1