Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

バラシ連発

9月末で地元の渓流は終了。
結局、8月頭からシーズン終了の9月末までとうとう川に出ないでしまいました。

しかし、渓流シーズン終了後でも釣りができる貴重なところもある。ということで、仲間達と行ってきました。
メンバーは、やなさん、Miyaちゃん、ひげさんと私の4人。
やなさんの車に乗り合いで目的地を目指しました。

現地に着くと「うーん、思ったよりも水が無い」。
けっこう減水していてヤバい感じ。
それでも、同行の仲間と2人づつ2グループに別れて実釣開始。

私はやなさんとのペアで川に出ましたが、以前良い思いをした深瀬ポイントに入るのを優先で、途中はほぼスルー。
しかし、せっかく急いで向かった深瀬は、埋まってしまったのか、水量少なすぎでそうなるのか、浅くて底が見えて魚は付きそうにない感じ。
反応もないし、こうなると堰堤下の深みしか狙えない感じ。

序盤は反応無し。
今日はヤバいか?

少し行ったところですれ違ったルアーマンと情報交換すると「ちょうど目の前の落ち込み下に良型が居るものの、反応はするけど食ってこない」とのこと。
ということで、早速堰堤の上に立ち、流れの筋の白泡付近を狙ってみました。

使用ミノーは、自作のチャート・バッタカラー。
これ一個しか作ってないSPカラーで、そこそこ沈むヤツ。
バッタカラーで効くんじゃないかと思ってセレクト。

キャスト一発...ダウンクロスで流すと...ほんと一発でヒット。
グリンと体を捻る白い魚体が見えたところでゴンとアワセ...その途端にラインブレイク。
「おー・・・(泣)」
一個しかないカラーだったし、魚の方も良型だったのに。(泣)
ラインに傷が入ってたのかも。(泣)
リーダーを結びなおしたりして準備しているうちに、やなさんがヒット。
寄って行くと、良型レインボーをネットインしてました。(^^;
良い感じのヒレピンの50cmオーバー。
同じところを何回も通していてヒットしてきたそうです。

二つの流れが繋がってるところだったし、かなり水深もあったので、もう一匹いるかも。
ということで、私も堰堤上から狙ってみました。
すると、右の流れの白泡の消えるあたりでヒット。
しかし、サイズは小さい。
それでも「やったー」と思いながら、取り込めるところまで移動しながら誘導...しようとしていたら、ブロックでバランスを崩して転びそうになり、それでテンションが抜けたのかバラシ。(泣)
悲しい...(泣)

「やってしまったー」と言いつつ、ミノーを、これも一個しか作ってない自作ディープに変更。
諦めきれずに堰堤下から何気なくキャスト。
ロングキャストで奥の流れに乗せて引き始めたところでヒット。
「やったー」といいつつ、寄せる。
後ろではやなさんがデジカメを準備。
しかし、落ち込みと落ち込みの間の馬の背のあたりで、白っぽい腹を見せながらグリングリンと暴れる良型の魚体が見えていたところでバシッとラインブレイク。
また貴重な一品物を持ってかれてしまった。(泣)
そこで遅まきながらドラグを確認。(先に見ておくべきだった)
すると、ギリギリと思いっきり締めてある。
なんてこったー。(泣)
あのディープのリップ角度や形状や長さ...データ取ってあったかなー?
無かったかもー。(泣)
ガックリしながら移動。

その後も、とある堰堤下で、川の中まで立ちこんでダウンクロスで流れの筋を横切らせるようにキャストしていてヒット。
しかし、これまでのバラシのトラウマか、アワセが弱かったみたいで、再びグリングリンする魚体の白い腹を見ながらもバラシ。(泣)
これも良型だったのに。(泣)

さらに、以前かけたことのある細い水路でもバラシ。(これはあまり大きくなかったかも?)

結局バラシの連発のまま終戦となってしまいました。

後になれば、いろいろ反省点も見えてくる。
久々の釣り、久々の大物狙いで注意点もすっかり忘れていました。

今回の反省は、
1.劣化ライン?
PEを巻き替えてくればよかった。(泣)

2.ドラグチェックミス
ちゃんとドラグの強さのチェックをするべきだったのに忘れていた。

3.ロッド選択ミス
堅いロッドを使ったけど、食い込みが悪かったのも間違いだったかも。
今回みたいな減水で広く探るんじゃなくて落ち込み下のピンポイント狙いなら、長くて堅いやつじゃなくても良かったかも。

4.アワセミス
最初の連続ラインブレイクで恐れをなしたのか、後半のアワセは弱かったかも。

せっかく大きい4番や2番のシングルフックも持っていったのにこんな結果となってしまいました。
ただ、減水のせいか全体的に渋かったみたいで、同行者たちも「アタリがほとんど無かった。生命反応が薄かった」なんて言ってた中、ヒット数だけは多かったのは収穫かも?
もしかしてあのミノーはレインボー向き?(笑)
そして、少なくとも感触だけは味わえたのは良かったかな。

皆さん1尾づつはあげていた中のボウズは腕相応か?

不完全燃焼感が残るものの、とりあえず感触だけは味わえたので良しとしておきましょう。

同行の皆様、お疲れ様でした。(^^;

ちなみに川から上がってから車に戻る途中、上から見ると、開けたところでもけっこう良型の姿が見えてました。
しかし、食い気はまるで無し。(笑)
フライならともかく、ルアーじゃ厳しいだろうなー。
1/1