Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

モーニング その4

昨日の釣行の影響で体がガタガタだけど、引き続いての釣りに行ってきました。
今日は、つかさんとMiyaちゃんと。

まずは、良い感じに増水したポイントへ。
すると、さっそくMiyaちゃんとつかさんがヤマメをヒット。
しかし、私は連続バラシ。(笑)
次のポイントでも、みやちゃんがヤマメをヒット。
私の引き出しの中で釣れそうな気がするポイントを使い果たしたので、次は適当な場所に入ったものの、そちらは惨敗。
用事があるMiyaちゃんと別れて、つかさんと最後のポイントへ。

そこで、やっとヤマメを連続ヒット。
まだ早い時間帯だったけど、二人とも満足したし疲れてきたので終了。
お疲れ様でした。(^^;

今シーズン初の尺もの

Miyaちゃんに連れてってもらい、ひげさんと三人でポイントへ。
朝一、さっそくイワナをヒット。
その後も、今シーズン初の尺ものをヒットしたりと、なかなか楽しめました。

しかし、この日の主役はMiyaちゃん。
尺もの連発でした。(^^;
大物をヒットして、ロッドをグンニャリ曲げたりと、最高の一日だったんじゃないかな?(^^;
全員、それなりに釣れたし、楽しい一日でした。
Miyaちゃん、ひげさん、ありがとうございました。(^^;

モーニング その3

前回、今期のファーストフィッシュにも出会えたし、今回は他のポイントの様子見をメインに出てみることにしました。

本来、ここで魚が出るようなら一安心のポイントへ。
でも、渓相変化はどうなっているのか心配。

ポイントに入ってみると、雪代増水で濁りもあるものの、まずは釣りできそうな感じ。
しかし、以前良い思いをした瀬の開きのあたりがすっかり、川幅が広くなって浅くなってしまっていました。

河原いっぱいに川が広がり、手前岸近くと対岸近くに少し深くて流れの早い筋があるだけで、ゆったり流れる深みは無い状態。

流れの早い手前岸は諦め、どうにか深くないところを探して真ん中の浅瀬に渡り、今度は対岸沿いの流れを探ってみる。

しかし、こちらも流れが速めで、ゆったりしたところはほとんどなし。
岸沿いくらいしか、魚が付きそうなところはない。
しばらく探ったものの反応なし。

諦めて上流へ移動。

段差のある川岸の上を歩きながら、上流の落ち込み方面に向かっていくと、一か所良い感じの深みがあったので、上からキャストして探ってみると、大きめの魚影がチェイス。

しかし、上からなのと距離がないのでうまく誘えないままUターン。

一旦河原に降りてキャストを繰り返してみたものの、水深がありすぎるのと距離がないのとで、うまく探れない。
反応もないので諦めて上流へ移動。

しかし、上流の落ち込み下は流れがきついし、流れが変わっていて対岸からじゃないと狙えそうにない。
ここは諦めて次のポイントへ移動。

次は支流に向かってみました。

現地に着くと、水量も大したことないので、まずは入渓。

いかし、去年の大雨増水で渓相は激変。

以前は良かった深みもなくなり、新しくできた落ち込み下もまだあまり深くない状態。

全体的に水深が足りないし、魚影も薄いみたいで反応がない。

それでも、しばらく上ったあたりに水深のある落ち込み下があり、かけあがり付近でヒット。
気を付けながら寄せて、そのままズリ上げ。
どうにか20cm台のヤマメでした。
魚影は薄いものの、とりあえずは居てくれて良かった。
坊主も免れたし一安心。(^^;

そのまま上って行ったものの、その後は反応なし。
諦めて終了。
ちょっと物足りないものの、持ち時間を考えると他には回れないし、戻りながら数か所のポイントを覗きつつ帰路につきました。

またまた、早朝のみの釣行となってしまったけど、とりあえず坊主は免れたし、パーマークのはっきりしたヤマメとも会えたんで良かったかな。

モーニング その2

前回はイマイチの釣行となってしまったので、今回は少し上流側の様子見に行ってみることにしました。

数か所気になったポイントがあったので、まずはその中の一か所から入ってみることにしました。

現地に着くと、雪代増水で濁りは入っているものの、どうにか勝負はできそう。
まずは下流側を探ってみたものの反応なし。
やっぱり魚はいないのかなー。

下流や中間の以前は良かったあたりはすっかり壊れていて流れが変わっている。
盛期なら良いかもしれないけど、この時期にしては流れが強すぎるし、魚が居そうな気はしない。
そう思いながらも探ってみたけど、案の定反応なし。

更に上っていくと、上の埋まりかけていた淵の方は、想像とは違って、逆に掘れたみたいで良い感じに水深がある。
手前側には沈んでる岩も見えて良い感じ。
水に色が入っているため、底が見えないくらいの水深があるので、もしかしたらチャンスかも。

そう思いながらキャストを繰り返していると、落ち込みからの流れの筋の向こうの深みでアタリあり。
しかし、フッキングせず。
諦めずにしばらくキャストしていると、対岸にキャストして、フォール&リフトでヒラヒラさせてたスプーンにヒット。

ドラグを緩めにしていたのでテンションに気を付けながら寄せる。
ここは落差があって岸際が立ち込めないので、寄せた後、「バレるなよー」と念じながら一気に引き抜きました。
無事引き抜きできたので、立ち込めるところまで移動してから記念撮影。
今年の初物は、20cm台中盤のヤマメでした。

色が薄めで尻尾の先も欠けていて痩せている感じ。
これは、去年の大雨を乗り越えた個体っぽい。

まずは今年のファーストフィッシュを確保で一安心。
写真を撮った後、浅瀬から岩の下へと消えていきました。(^^;

最初の一尾を上げた後は反応がないので次のポイントへ移動。

次も実績のあるポイントへ。
しかし、こちらも渓相がすっかり変わっていました。
下流側は、ところどころ良い感じの流れはあるものの、水温の低いこの時期としては流れはきつくて魚は居そうにない。
盛期の瀬に出てくるころには良さげだけど、まだ時期的に早いかも。

上流に向かうと、障害物が無くなってるのか、流れが平坦になった感じ?
水量が多いこともあって、以前より少し流れがきつそうな感じ。
以前は水深があったあたりも、濁りも入ってるし水量も多いので水深がわからず、ポイントの状況がよくわからない。

それでもキャストを繰り返していると、手前岸に近づいたあたりでヒット。
そのまま寄せて岸にズリ上げてみると、まずまずサイズのイワナ。
でも、残念ながら尺はない。
泣き尺の痩せたイワナでした。
やっぱり水温も低いし、虫もまだそんなに飛んでないだろうから餌が少ないのかも。

尺はなかったけど、先ほどのヤマメに続いて今季初のイワナもゲット。
流れに帰してやると、さーっと深みに消えていきました。

更に上のあたりは流れがきつくて反応がないので次のポイントへ移動。

しかし、その後に向かったポイントは、流れが変わったり埋まったりで、あまり水深がなくて平坦になって流れがきつい感じのところが多く、ゆったりしたところがほとんどない。
こうなると、盛期にならないと無理かも。
ということで、見るだけでほとんどキャストしないまま終了。
予定よりちょっと早いけど、6時頃には帰路につきました。

まずは今季のファーストフィッシュをゲットで一安心。
ヤマメとイワナの両方に会えてほっとしました。
尺ものに会えなかったのは残念だけど、とりあえずは魚に会えたし、早朝のみの短時間釣行だったけど、行った甲斐がありました。

モーニング その1

去年の大雨被害で私のホームリバーは今年はあまり期待ができなくて、なかなかテンションが上がらない。
と言っているうちに5月になってしまったので、とうとう初出撃してきました。

本流筋は時期的に雪代真っ最中みたいなので、久々、とある支流へ行ってみることにしました。

まずは薄暗いうちに現地に向かっていると、途中のコンビニの駐車場に、見覚えのある車が...
一旦通り過ぎた後、引き返して店の中を覗いてみると、やっぱりMiyaちゃんでした。(笑)
その場で少し話をして後はお互いポイントに向かいました。

まずは実績のあるポイントから入渓。
水色は良い感じ。
水量は平水かちょっと少な目って感じ?
もう雪代はすっかり終わってる感じ。
まずは少し下流側に少し下って様子見。
感じは良いものの魚影は無い。
ま、この辺はしょうがないかな。

そこから上りながら探ってみました。
しかし、しばらく上って行ったものの、やっぱり魚影は無し。

以前、良型イワナをヒットした落ち込み下も魚影は見られず。
更に上っていき、いつものポイントに近づくと、やっと魚影を発見。

あまり水深がなくて水もクリアで底が見える状態だったけど、岩盤の切れ目に合わせるように、群れてる魚が見える。
ということはウグイ?
しかし、ルアーには反応せず、ルアーを見て逃げていく状態。
更に上って、岩脇の深みや落ち込みの連続の深みを探るものの、魚影はあるものの反応するものは無し。
ここはイワナがいるはずなんだけど、水量が足りないのか、水がクリアで警戒しているのか?
いずれにせよ、反応が薄いので諦め。
帰る途中に先ほどの浅瀬で2回ほど少しチェイスがあった程度で、諦めて車に戻り移動。

ここでこの状況だと、この辺は無理っぽい。
支流に入るか別河川に向かうかしないと辛そう。
ということで、次は別河川に向かってみました。

現地に着くと、こちらはやや濃い目の濁りが入っている。
実績ポイントからスタートしたものの反応なし。
水量も少し多めかな。

少し上り、落ち込みからの流れが落ち着くあたりを探っていると、やっと反応あり。

一回、ルアーの後を追ってくる姿が見え、更にキャストを繰り返していると、一瞬アタリがあった後にギラっと反転していく魚影が見えたものの、フッキングはせず。
結局、その後は反応は続かず。

更に上って行ったものの、その後は反応がないままで、濁りも濃い目だし、諦めて終了。
結局9時前には引き揚げてきてしまいました。

まったく魚が見えなかったわけじゃないけど、予想通りというか、あまり良い反応はないままの初出撃。
ちょっとがっかりの一回目の釣行でした。
1/1