Yuuの釣り日記

渓流や湖でのルアーや氷上ワカサギ釣りなどの釣行記録を中心に
いろいろな情報を掲載予定

期待外れの低活性

チャップさんからお誘いがかかり、急きょ出撃してきました。

イベント終了後ということが心配だったけど、雨が降って水が引き始めた絶好のシュチュエーション。
期待が膨れ上がります。(^^;

現地に着くと、水は多めでやや色が入っている状態。
ギリギリ川通しで遡行もできそうだし、ベストの状況?

しかし、反応がない。
落ち込み下、岸のボサ下、石の入った瀬...チェイスがありません。

イベントで人が多かった後でスレてしまったのかも。
それに、減水続きから雨で一気に増水し、今日は曇り&小雨で陽は差してないので寒く水温も一気に下がったのかも。
まだ、魚が疲れていて、水温も低くて活性が上がらず、増水で流れもキツくて、動かないで休んでいるのかな?

たまに岸際でライズがあったり良型の姿が見えたりするものの、キャストしてもまったくチェイスがない。

そんな中、広い瀬をダウンクロスで探っていてやっとヒット。

パワフルに引く魚体を下りながら寄せ、ダッシュで走って逃げてく奴をいなして寄せて、一回失敗したものの二回目で無事ネットイン。
岸際に持って行って写真を撮って一安心。
測ってみると40cmちょいのニジマス。
まずはボウズ逃れと、大きくはないけど小さくもないサイズを釣れてホッとしました。

しかし、水の感じは悪くないのに、活性は低い状態。
私はチェイスすらない状態だったし、チャップさんも、数本ヒットはしたものの、サイズはイマイチ。
活性が低すぎるということで、そうそうに諦めて帰路につきました。

今日は大物のチャンスと期待してきただけに、釣果的には期待外れの状態。
でも、チャップさんとゆっくり釣りができただけでハッピー。
まずは納得の釣行となりました。

チャップさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。(^^;

恒例の...

ここ数年恒例となっている、この時期でも釣りのできる某河川に行ってきました。
Miyaちゃんとひげさんと私の三人で出発。
現地にはチャップさんとやなさんが先乗りです。

数日前に雨が降ったんで、濁りと水量が気になっていたけど、現地に着くと、水はクリアで水量はやや少な目って感じ。
で、さっそく入渓。

けっこう魚影は見える。
良いサイズもいるなー。
しかし、反応がイマイチ。

それでも、しらばく進んだ落ち込み下で、流れの向こうにキャストして、流れに乗せててヒット。
流れの筋を無事の通して寄せると、尺ちょいのニジマス。
まずはボウズ脱出で一安心。

しかし、後が続かない。
それでも、しばらく歩いてまたまたとある落ち込み下でヒット。
これは良い型みたい。
寄らない。
ドラグを鳴らしながら走る魚影はニジマス。
おー、ジャンプした。(^^;
途中まで寄せるものの、ネットに入れられるくらいまでは寄ってくれない。
寄せては逃げ、寄せては逃げを繰り返していると、フッと軽くなって...バラしてしまいました。(泣)
たぶん、50cmは超えていたでしょう。

友人たちは遠くで見てたらしいけど「浅い方に引いてくれば良かったんじゃない?」とのこと。
確かに、深いところに立ちこんでて、魚が自由に泳げたってのもネットインできなかった理由の一つかも。
勉強になりました。

その後、Miyaちゃんの50cmオーバーの連発を見た後いったん休憩。
再び入渓して少し歩いたところで、落ち込み下の下流が深瀬になってるところで、アップクロスで落ち込み下を狙うとヒット。
早い流れに苦戦しながらも、どうにか寄せ、苦労しながらネットイン。
と思った瞬間、インスタネットからはみ出した魚がこぼれ...どっかに消えていきました。(泣)
それでも、一応ネットインまでいったからキャッチということにしておいてください。
自作ミノーをくわえた50アップのニジマスの写真が欲しかった。
サイズも測りたかったなー。
50cmオーバーは確実だけど、果たしてどれくらいあったものか?
残念無念。
その後は、ひげさんが最後に大物ヒット。
落ち込み下の強い流れでヒットした後、難しいシュチュエーションにも関わらずきちんと取り込むところはサスガ。(^^;
60cm台中盤で胴回りが尺という、迫力あるニジマスが見られて、最後に華を添えました。
最後にというと、実はその後に、私がもう一尾かけたんだけどバラシ。
岩の入った瀬でアップクロスでキャストしたところでヒット。
しかし、寄せてる最中にバラシ。
今日は(も?)バラシの神が健在でした。(笑)

途中、チャップさんとやなさん達にもあったけど、あまり話ができないまま別れてしまったのは残念。
それでも、私たちは三人で記念撮影をして川から上がりました。
バラシ連発だったけど、良型をかけて引きは楽しめたし、最後にカッコいい奴も見られたし、楽しい釣行となりました。
Miyaちゃん、ひげさん、ありがとうございました。
1/1