初心者のためのトラウト系ルアー釣り講座 釣り方−キャスティング
ルアーの選択 ラインの結び方 ポイント選択 キャスティング
リーリング・リトリーブ フッキング・取り込み まとめ その他注意点

準備ができたら、川(湖)に向けてキャスティング。
とりあえずスプーン中心に考えてみます。

キャスティングは、ポイントによって、様々な方法を使い分ける必要があるし、ロッド・リール・ルアー・ラインのバランスによってかなり感じも変わってくる。
いろいろ試し、練習して覚えていくしかないでしょう。

投げ方
ポイントでキャストする場合の投げ方にもいろいろあります。周りの状況に合った投げ方が自由にできるよう、投げ方を使い分けられるよう練習しておくと便利です。
オーバーヘッド・キャスティング 通常使う上から投げる形のキャスティング方法です。遠投には丁度いいでしょう。目的ポイントにキチンと着水できるよう練習を重ねるべし。
サイドスロー・キャスティング 投げる位置の上に枝があったりして、オーバーヘッドキャスティングがやりづらい場合とか、狙うポイントにボサがある場合とかは、サイドスローの方が便利な場合があります。
バックハンド・キャスティング 上や横に障害物がある場合、位置的にバックハンドで投げた方が狙いやすい場合など、バックハンドキャスティングを行いたい時があります。これも練習するべし。
アンダーハンド・キャスティング 障害物や距離のために、アンダーから投げた方が良い場合もあります。覚えておくと便利。
慣れないうちなど、ロッドを大きく振って、ルアーを力で投げようとすると、キャストの瞬間ラインブレイク、ルアーだけ飛んでいってロストなんてことがあります。
そんな時は、ロッドのしなりを使った投げ方を覚えるとロストが減ります。
ルアーは力で投げるのではなく、ロッドのしなりを使って投げた方が遠くまで飛びますし、コントロールもしやすくなります。
ロッドにルアーを乗せるには、キャストを一度で行わず、数回振ってからキャストするという方法もあります。
ロッドにルアーを乗せる感触を身につけられれば、飛距離も出るし、力も少なくて済みます。

釣り上がりと釣り下がり
渓流のルアー釣りのマナーとして「釣り上がる」ということがあります。
餌釣りの人がいた場合は、そこで遡上を中止するか、大きく迂回してかなり上流から再度入渓することがマナーだし、フライの人の邪魔にならないためには「釣り下がらない」ということがあるようです。
本流だと「釣り下がる」こともあるようなので、ケースバイケースなのでしょうけど、一番の基本は、「他の人の迷惑にならない釣り方をする」ということ。
マナーの問題だし、気持ちの問題ですね。先行者を見たら、一声かけて、離れたところまで釣りしないくらいの気持ちの方が良いよいです。

通常渓流では、下流から上がっていく方が便利(上流は山の中だから交通の便の関係で下流からの遡上となる場合が多い)なので、釣り上がりが多くなります。
そして、渓流の場合流れがあるので、通常魚は上流を向いて泳いでいて、上流側からキャストすると、人影が見えて警戒されやすくなります。
また、釣り下がりながらのアップストリームキャストは、通り過ぎたところにキャストということになるから、魚に警戒されやすくなるので問題だし、ダウンストリームキャストだと、スプーンの場合浮き上がりやすくなります。ミノーを使えば逆引きでの浮き上がりは防げますが、魚は通常上流を向いて泳いでいるので、自分が魚に見つけられやすいという点は変わりません。
そういう意味で、一般的には釣り上がる方が無難でしょう。

釣り上がりながらのキャストの場合、自分が居る位置より上流に投げた方が、下流(自分が通ってきたところ)より魚に気づかれない可能性が高くなります。
そして、上流から流れてくる餌(ルアー)はよく見えるので早い段階で気づいてもらえ、その餌がだんだん近づいてくるわけだから、近くに来た時点でパクッって来る可能性が高くなります。反対に、下流から近づくルアーは、それまで見えてない(気が付いてない)ものが突然近くを通って、それから遠ざかっていくわけだから、ビックリする場合もあるだろうし、離れていくものを水流に逆らって追うのも大変かも。
ということで、通常は釣り上がりながら、アップストリーム(あとはアップクロス)でのキャストが中心になります。

キャストの方向
キャストする方向には、上流へ向けてキャストするアップストリーム、対岸に向けてキャストするクロスストリーム、下流へ向けてキャストするダウンストリームの三種類があり、更にアップとダウンにクロスを組み合わせる方法もあります。

「釣り上がる」うえでも、魚に警戒されないうえでも、普通は上流に向けて(アップストリーム)キャストするのが基本となります。
また、アップストリームでキャストすると、流れの抵抗が少ないので、スプーンが浮いてくるのを防ぐこともできます。

クロスストリームは川の対岸をめがけてキャストするもので、アップストリームと合わせ、アップクロスで投げるというのが、よく使われる方法です。
アップクロスの場合、下流に向けてルアーが泳いできて、魚の目の前を泳いだりすることで、魚に見せることができ、追いかけてきた魚が、U字ターン(クロスの場合、流れによりトレースコースはU字を描く。そのU字の底の方向が変わる部分。)をしたあたりで食ってくるケースがよくあります。
U字ターンは、魚が追いつきやすいタイミングを取ってやる効果の他に、流れの抵抗が変わることでルアーの動きも変わり、魚を誘う効果が期待されます。

ポイントによってはダウンストリームでキャストすることもあります。ダウンストリームの場合、逆引きになるので、流れの抵抗でスプーンが浮き上がりやすいので、注意が必要です。
ダウンストリームの場合は、スプーンよりミノーの方が、浮き上がりを防ぐことができて良いかもしれません。
また、水流の影響を受けるので、リーリングはゆっくりと行わないと、魚が追いついてこれません。
(濁りが多いときや状況によっては、ミノーを流し、ただ泳がせる、ゆっくりリトリーブなんて方法もあるようですけどね)

サミング
キャストする場合、目的ポイントにドンピシャでキャストできれるのがベストですが、目的ポイント付近の状況や、キャストの力加減が難しい時には、ブレーキをかけることで、飛び過ぎないようにするという手があります。それがサミングです。
サミングは、キャスト後にスプールに指を添えるようにして、目的ポイント以上に飛び過ぎないようにラインにブレーキをかけてやるものです。
キチンとサミングができるようになれば、ルアーを障害物に引っ掛ける危険性も減って、安心してキャストできるようになります。
サミングは難しいので練習が必要だと思いますが、是非覚えた方が良いテクニックです。

初心者の場合は、サミングが身につくまでは、両手サミングって手もあります。いざという時には、ロッドを持った手と逆の手で、無理やりサミングしてしまうという禁じ手ですが、とっさの時には役立つので、サミングに慣れるまでは覚えておいた方が良いかも。(もちろん片手でサミングができるのがベストなので、あくまで禁じ手ですけどね)

キャストと移動
キャストは同じところで何回もやっていても、魚にルアーを見切られて効果がなくなります。
また、バラすとよけい警戒されるなんてこともあるようです。
渓流の場合は、ヤマメねらいなら3回程度、イワナ狙いなら更に数回のキャストってのが多いようで、それで釣れなければポイント移動って人が多いようです。
あと、魚のいないところにキャストしても効果はなかなか出ません。
魚がいそうなところを見極め、そこをピンポイントで狙うというのが理想でしょう。

遡上してくる魚(サクラマス他)を狙う場合は、通り道で待ち構えているなんて方法もあって、その場合はあまりポイント移動はしないようです。
岩洞湖などの湖の場合も同様で、回遊してくるのを待つしかないから、あまり頻繁にポイント移動しても、サクラ狙いという意味では効果は薄いかもしれません。

ラインの撚れ防止
キャストを繰り返していると、ラインが撚れて来る場合があります。特に流れの早いところや逆引きなどを行った場合は、けっこう撚れてきたりします。
ラインが撚れると、ラインスラッグをとりづらくなったり、ラインが絡んでトラブルを起こしやすくなるので、そういう場合は、撚れ取りをしてやった方が無難です。

流れのある瀬などでラインを流し出してやって、撚れがなくなるところまで繰り出します。
手を水で濡らした状態でラインを軽く抑え、ロッドの先を下流に向け、ロッドとラインがまっすぐになるようにした状態でゆっくり巻き取ります。
下流に障害物などがある場合は、それに引っかかったりしますし、下流に落ち込みなどがあって流れが回ってると、ラインが絡んだりするので注意が必要です。

ライントラブルを減らすためにも、時々ラインの撚れはチェックした方が無難です。

ルアーの選択 ラインの結び方 ポイント選択 キャスティング
リーリング・リトリーブ フッキング・取り込み まとめ その他注意点
左側にインデックスが表示されてない場合は、こちらをクリック
Back