雑 記

岩洞湖漁協より(遊漁規則抜粋及び遊漁に際して守ること)
岩洞湖で楽しく遊ぶため、漁業資源確保や環境保全、安全確保のために、岩手県や岩洞湖漁協の規則やお願いは守りましょう。以下、基本的な部分のみ抜粋で紹介しておきます。
情報は、岩手県水産振興課及び岩洞湖漁協よりのものです。

遊漁に際して守るべき事項
氷上への立ち入りは午前5時から(2017年改訂)、釣りは午前5時からとなってます。
事故発生の危険性や、発見が遅れる可能性が高いので、それ以前には氷上に入らないでください。
また、ワカサギ釣りは、日没までとなっています。夜釣りは禁止です。
釣りの前に、必ず、釣り券を購入してください。遊漁承認証は必ず携帯し、岩洞湖漁協監視員の要求があった場合は提示してください。
※お持ちでない場合は、監視員から倍額請求されます。あらかじめご了承ください。
安全面を考慮して、柴沢方面『12番』より先は立ち入り禁止とします。
氷上ワカサギ釣りに際しては、氷上ワカサギ釣り専用のドリルを使用し、その直径は15cm以内としてください。
また、1平方メートルに二か所以上の穴開けはしないでください。
氷の薄いところや、大きな穴の開いてるところには近づかないでください。
レンタン、レンタンストーブは全面使用禁止です。(平成17年の氷上ワカサギ釣りより)
また、テント内で暖房を使用する場合は、換気にお気をつけください。
ごみは必ず持ち帰ってください
放置テントは禁止
釣りが終わりましたら、テントや道具を全て撤去してください。氷上への置きっぱなしを禁じます。
ゴミは必ず持ち帰ってください。湖上に物やゴミを残さないようにお願いします。
タバコのポイ捨てはやめましょう。
スノーモービル禁止
岩洞湖へのスノーモービル、車両等での立ち入りを禁じます。
駐車マナーの遵守をよろしく。
駐車は駐車場にお願いします。国道への路上駐車は絶対しないでください。
満車の表示があった場合は、他の駐車場へ。(無理に停めると、車が通れなくて帰れない人が出てくる場合もあるので)
その他の場所も、車の通るスペースを残しましょう。
駐車スペースに限りがありますので、できるだけ乗り合わせてお越しください。
岩洞湖では、釣魚の食の安全性・環境保護等を考慮し、撒き餌、人工餌(紅雪・寄せっコ等)の使用を禁止しております。ご理解とご協力をお願いします。
 
遊漁についての制限
魚種 全長制限 遊漁期間 漁法の制限
やまめ 13cm以上 3/1〜9/30 潜水漁法、動力船使用は禁止
さくらます 25cm以上 3/1〜6/30
ひめます 15cm以上 1/1〜12/31
いわな 13cm以上 3/1〜9/30
うぐい 10cm以上 1/1〜12/31
こい 10cm以上
ふな
ワカサギ
遊漁期間外の魚種が釣れた場合は、リリースお願いします。
 
遊漁承認証(釣り券)の料金 (2013/11/1改定)
日券 年券
600円 6,000円
高校生〜75歳未満は、600円(年券は6,000円)
中学生・身体不自由者・高齢者(75歳以上)は半額の300円(年券は3,000円)
小学生以下は無料
指定の遊漁券販売所以外の場所での納付は600円加算
氷上や現地での監視員からの購入は倍額=1,200円なので、あらかじめ釣り券をご用意ください。)
新料金は、平成25年(2013年)11月1日より適用です。
現在、岩洞湖漁協の年券をお持ちの方は、有効期限日までご使用いただけますので、ご安心ください。
ドーム船の利用についてはこちらからどうぞ
 
禁止区域
禁止区域 禁止期間
岩洞湖の堰堤(中心線)から50メートルまでの湖の区域 1/1〜12/31まで
岩洞湖の注水口(外山地内)に設置した禁漁区標柱ア点、浮標イ点、ウ点、エ点及びオ点を順次に結んだ線と陸岸とによって囲まれた区域
岩洞湖の取水口(大の平地内)に設置した禁漁区標柱ア点、イ点、及びウ点を順次に結んだ線と陸岸とによって囲まれた区域
 
日釣り券の発売開始時刻
2007シーズン(2006年11月以降)より、日釣り券の販売開始時刻が設定されました。
これまでは、各販売店の判断で開始してましたが、薮川地区の地元販売店では、期間中、午前4時以降の販売となりました。
又、前日にどうしても翌日の券を購入したい方は、日没後以降にしかご購入できませんのでご注意ください。


戻る